ミニトンプソン、ダムヤン・ルーデス【NBA_Pacers】

2015年01月27日 10:43

西海岸のトップを走る勇士というチームには第3Qだけで37点を取る
クレイ・トンプソンという化け物がいるらしいですが、インディアナにも
連敗を止める勇士が誕生しました。


本人はDAMOと呼んで欲しいらしく、ルーデスというよりもルーデシュとかいう
表記の方が発音に近いですが、面倒なのでルーデス表記のままにしておきます。

第4Qでのビハインドを跳ね返す原動力となったこの日のDAMO。
3PTに同点のダンク、これはマヒンミのディフェンス抑えが効きました。
更に3PTにフローター、そしてオフェンスリバウンドから立て直しての
とどめの一発。痺れましたね。

このハイライトにはありませんが、ヒルのスティールからのダンクも
ビッグプレイでしたし、ヒバートのブロック、そしてゴール下での存在感も
勝因となりました。

ワンポゼッションゲームをずっと落としてきていたので
こういう展開で勝てたのは嬉しいですね。
ベンチではポールも大喜びしていました。

来シーズンのロスター【NBA_Pacers】

2015年01月21日 10:09

気が早いですが来シーズンの契約状況をチェック。
(それくらいしか楽しみがなくなってきたという意味では決してない)

今シーズンまで
 ルイス・スコラ 4.5M
 クリス・コープランド 3.1M
 C.J.ワトソン 2M
 ロドニー・スタッキー 1.2M
 ラヴォイ・アレン 0.9M
 ドナルド・スローン 0.9M

15-16シーズンまで
 ロイ・ヒバート 15.5M PO
 デイヴィッド・ウエスト 12.6M PO
 イアン・マヒンミ 4M
 シェイン・ウェッティントン 1M QO

16-17シーズンまで
 ジョージ・ヒル 8M
 ダムヤン・ルーデス 1.2M TO

17-18シーズンまで
 C.J.マイルズ 4.7M
 ソロモン・ヒル 3.3M QO

18-19シーズンまで
 ポール・ジョージ 20.5M

金額は最終年のサラリーです。
今シーズン74.8Mでオフには6人がFAとなりますが、12.6Mしか空きません。

今の状態でその次の年が最終年となるウエストがPO行使して
チームに残るとも限りませんし、なかなか難しいオフになりそうです。
今年のデッドラインまでに人員整理する可能性も十分にあります。

金額が高くなく、貢献もできるスコラなんかは人気株になるかもしれませんし、
INDは強気でセットでトレードに挑むという可能性も0ではありません。
今年はそこまで動く必要はないとは思っていましたが、これだけの
メンバーがFAになる中、再契約が不透明な6人をこのまま残す必要も
ないのかもしれません。

ラヴォイはもっとインディアナで見たいですし、場合によっては
マヒンミを出してラヴォイの枠を空けるというのも手かと思います。

PGが戻ればプレイオフ争いには戻れるかもしれませんが、
頂点を目指すチームを作るのには結構時間かかるかもしれませんね。

ヒバートがPO蹴って安価で再契約とか、サラリー面で
ラッキーな事が起こらない限り再建も難しそうです。
---
PG復帰に関しては1試合も出場しなければサラリーは保険で
まかなえてオーナー的には痛手がないのかなと思いましたが、
そもそも一年分のサラリーが浮いても今後タックスを払って
チームを作るなんてことはしないでしょうから、PGが元気なのであれば
今シーズンの復帰もありかなと思い始めました。

試運転でレギュラーシーズンを戦えるのは良い事かもしれません。
ただ、無理をしての復帰であれば全力で周りが止めてあげて貰いたいです。

ポール・ジョージのダンク【NBA_Pacers】

2015年01月16日 13:06

骨折から5ヶ月が過ぎ、これまで3ポイントやドリブルのドリルなどを
披露してきたポールですが、遂にダンクを解禁です。

ゲームレベルとは程遠いですが、ターンしてからのダンク。
あのレベルの骨折からの復帰としては驚異的な回復力を
見せているのではないでしょうか。

ここ最近、勝ちを逃す試合が続き、ストレスが溜まる中での良いニュースです。
PG Dunk
Paul George Dunks at Practice
Paul George is now dunking at Indiana Pacers' practice

ロイ・ヒバートの不運な日々【NBA_Pacers】

2015年01月08日 15:06

サンズのドラギッチに
「あいつから点を獲るのはリーグ1簡単。」と言われ、
LAL戦ではブーザーに押されて激怒、その後
「あいつがタフじゃないなんてことは誰もが知っている」と
好き勝手言われたヒバート。

実際にドラギッチは苦手で、昨年からはやりたい放題やられていますね。
ヒバートだけの問題ではありませんが、彼には言う資格があるのでしょう。

ブーザーはまぁヒバートが吹っ飛び過ぎではありましたが、
押したのはブーザーですし、倒れるのはヒバートの特徴でもあります。
あそこまで切れたというのはそれまでに何かあったのかもしれません。

それでもそんな口撃を受けてから、少し向上しました。

vs MIL 18pts(6/11) 7reb
vs LAL 12pts(5/12) 11reb
vs UTA 22pts(8/13) 8reb

ブロックが足りていないですが、3試合でFT14本パーフェクトは
センターとしてはお見事です。もう少し多いと良いですけどね。

が、今日のGSW戦、6分弱経過した所で足首を捻りそのまま戻らず。
長引かないと良いのですが。。。

---追記---
今シーズン足首を捻って4試合を欠場しましたが、「その時程悪くは無い」
との事です。


New