Game26:vsキングス【NBA_Pacers】

2018年12月09日 12:03

オーランドから戻ってback to backでキングス戦。
食中毒からなんとか復活したドマスが出場、同じものを食べたらしい
マクミランは無事だったようです。(多少影響はあったらしいですが)

この試合9点だったターナーですが、最初から力強くリバウンドを取り、
4ブロックと自分の仕事を見事にしてくれました。
タイリークは出だし3PTを決め、2アシストと素晴らしい滑り出しでした。
ゴール下での強さも見せましたが、やはりとんでもない凡ミスもありました。
イマイチ乗り切れませんが、ゴール下での強さもあり、
3つのオフェンシブリバウンドをもぎ取りました。

ドマス最初に数本外しましたが、途中から急にエンジンがかかり、
攻守に渡ってチームを牽引。ジョセフも11pts、5reb、8astと
要所要所で素晴らしいプレイを見せてくれました。

ドマスとのナイスコンビネーションを見せたマクダーモット。
ダンクに、突き放しの3PTで10pts。あれが無かったら
SACに逆転を許していたかもしれません。

ボーギーは3PTは1本でしたが、18pts。
FTは7本全て決めてくれました。毎度助かります。

そして復活のThad。
昨日から好調の3PT1本目を決め、ディフェンスでの貢献に加えて
20pts、9reb。38分の出場でしたが、たくさんのファンを
惚れさせていました。

SACはヒールドの3PTが大当たりした序盤でしたが、最終的に4/12に落ち着き、
もっと決められた印象のあるボグダン・ボグダノヴィッチも11点止まり。
フリーの作り方と、そこからのミドルを外さなかったフォックスは
脅威でしたが、Thadの復調したINDディフェンスでビエリーツァには
オフェンスであまり仕事をさせず。

チームリバウンド52-43で競り勝ち、オフェンス分も15-12。
前回プットバックでやられた分をしっかりお返しできました。

アーロンは得点はありませんでしたが、ナイスディフェンスで
接戦だった今日の試合でもプレイタイムを16分まで伸ばしました。
3スティールは見事です。

試合中味方の応援で立ったり座ったりを繰り返すオラディポ。
アウトオブバウンズのボールを取りに行こうとするオラディポ。
試合が終わっていないのに、コートに入ろうとするオラディポ。

もう試合出てても一緒じゃないですかね?

Game25:vsマジック【NBA_Pacers】

2018年12月08日 12:39

オラディポが欠場、マジックにドラフトされたドマスは
食中毒で試合に出られず。元マジックの二人がいないなか、
オーランドでの試合。

もう一人元マジックがいるのを忘れてはいけませんでした。

元々ボーギーのチームだったかの様に点を重ねて行くエース代理。
ターナーもよくシュートを決めていましたが、ファウルトラブルで
21分しか出場せず。ドマスがいないなかでフロントコートどうするかと
おもいきやチームを救ったのは元マジックのカイル・オクイン。
彼が試合を決めたとかいう訳ではありませんが、12pts、10rebと
久しぶりに試合に出たにも関わらず見事にドマスの代役を
こなします。最初はシュートが入らず不安でしたが、慣れ親しんだ
会場なのか、徐々に調子を上げて行きました。

久しぶりにプレイタイムをもらったリーフは16分出場で
8pts、6reb。オフェンシブリバウンド3個とは見事。

ドマス欠場でいつもより気合いが入っていたのがジョセフ。
いつもはあまりやらない様なドリブルでの個人技からの
ショットなど、ドマスへ捧げる15pts。
さすが互助精神の先駆者。

リバウンドも53-47と競り勝ち、TOも9まで減らせました。
Thadは3ポイント2本で14ptsでしたが、一番の見せ場は
アーロン・ゴードンへのディフェンスだったかもしれません。

トータルで20点は取られましたが、終盤の
あるポゼッションのディフェンスは凄まじかったです。
ペイントへの侵入を許さず外へ押し出したあのディフェンス。
彼もまた復調間近かもしれません。

じっくり映像を見ていた訳ではないので
夜にでもまた見直そうかと思います。

IND 112 - 90 ORL

ヨキッチを参考にするターナー【NBA_Pacers】

2018年12月07日 11:43

マイルズ・ターナーはナゲッツのオフェンスを参考にしているそうで、
DCと共に彼らのピック&ポップを練習に取り入れているとの事。


この5試合ターナーの得点とDCのアシストは増えており、
二人のコンビネーションによるオフェンスが増えるかもしれない。

マイルズ・ターナー シーズン平均と直近5試合のスタッツ
 11.6pts → 14.0pts
 FG.484 → FG.555
 6.2reb → 9.2reb
 1.7ast → 2.6ast
 2.7blk → 3.2blk

ダレン・コリソン シーズン平均と直近5試合のスタッツ
 9.6pts → 12.4pts
 FG.439 → FG.452
 3PT.358 → 3PT .461
 2.6reb → 4.6reb
 5.0ast → 8.2ast
 1.7stl → 3stl

特にDCは昨年の水準に戻っています。
SAC戦では6TOとやらかしましたが、それ以外の4試合では平均1.3と
少なめ。2試合は0でした。

ターナーにはポップするよりも中に向かってイージーバスケットとかアリウープに
繋げて欲しいものですが、一緒に映像を見て研究というのは良い関係ですね。
ターナーの場合はゴール下でボール持ってもパニックになって
結局打てないという事もあるので、外で待つのかもしれないけど、
そもそも練習を積んで焦らずに決められる様になって欲しい。

どうしても外ばっかりになると当たり外れの日が出てくるし、
決まらない日はどうしようもなくなってしまう。
外から打ってもロングリバウンド取れるとも限らないし、
やはりゴール下での強さを手に入れて欲しいです。

ヴーチェヴィッチとアーロン・ゴードンの協力なフロントコートのいる
マジックとの対戦。ベンチから14.3pts、10.1rebのドマスもいる為
ここでの勝負は負けないで貰いたいですが、どうもThadに
昨年のような力強さを感じないのでここらで存在感を示して欲しい所です。

練習するオラディポ【NBA_Pacers】

2018年12月06日 13:00

別メニューで軽い動きですが、トレーニングはしている様子。
無理をして出てプレイオフでまた痛めるとかは意味がないので
本人の言う通り、100%になるまで復帰しなくて良いと思います。


オラディポが抜け、今の所これといった打開策はありませんが、
マクダーモットの活躍が増えてきたのは良い兆候です。
サムナーを試す余裕はありませんが、アーロンは現状でローテに
入っています。これもオラディポの怪我がなければ
試せていなかったので悪い事ばかりではありません。

ブルズ戦で活躍したターナーは、元コルツのロバート・マティスらと
ボウリング大会を行っていたり、子供達とスパイダーマンの
鑑賞会をしたりと、オフコートでも地域交流をしています。
Thadと子供達も鑑賞会には参加したそうです。

ボウリング・・・



New