ルビオを狙う?【NBA_Pacers】

2019年06月19日 09:55

ルビオをトップターゲットにしているという噂の出てきたペイサーズ。
シューターとしてはDCより劣りますが、パサーとしては
ステップアップを望めるという意見がある中でスタッツを比べて見ました。

昨年のルビオ
68試合出場 12.7pts 3.6reb 6.1ast 1.3stl 2.6TO
FG.404 3PT.311 FT.855

昨年のDC
76試合出場 11.2pts 3.1reb 6.0ast 1.4stl 1.3TO
FG.467 3PT.407 FT.832

チームが変われば役割も変わるので気休め程度ですが、
この2年のDCはかなり良い働きをしてくれていた為、
ルビオの良さがスタッツではあまり見えてきません。
特にTOの少なさは素晴らしかったですしね。

ただ、プレイオフに入ってそこまで役割の変わらなかった
DCに対し、ルビオは15.4pts、3.2reb、8.6astと
リバウンド以外は成績を上げています。
シュートに関しては完全にDCに軍配が上がりますし、
3PTはほぼ期待できません。

選択肢として悪くないと思いますが、金額次第。
スーパーアグレッシブに攻めるオフとしては
ディアンジェロ・ラッセルやトバイアス・ハリスを
狙っていく噂の方が合っていると思いますが、
IND的には地道に足場を固めて行く方が似合っている気もします。

ドラフトも近くなり、トレードも含めて色々な噂が
楽しくなってきました。

2019ドラフトワークアウト 8、9回目【NBA_Pacers】

2019年06月17日 14:02

8回目のワークアウト参加者
Devin Cannady (Princeton)
JaKeenan Gant (Louisiana-Lafayette)
Tyler Herro (Kentucky)
Cameron Jackson (Wofford)
Christian James (Oklahoma)
Lamar Peters (Mississippi State)

9回目のワークアウト参加者
Nickeil Alexander-Walker (Virginia Tech)
Phil Booth (Villanova)
Kris Clyburn (UNLV)
Matt Mooney (Texas Tech)
KZ Okpala (Stanford)
Justin Robinson (Virginia Tech)

追記:AD to LAL【NBA】

2019年06月16日 12:33

ファイナルも終わり、以前から噂されていたアンソニー・デイビスの
LAL行きが現実のものとなったようです。

LAL - NOP
レイカーズ獲得
 アンソニー・デイビス

ペリカンズ獲得
 ロンゾ・ボール
 ブランドン・イングラム
 ジョシュ・ハート
 2019年4位指名権
 2021年1巡目指名権プロテクト付
  (NOPが2021年8位以内の権利を得た場合、2022年のプロテクトなしへ変更)
 2023年1巡目指名権交換権利
 2024年1巡目指名権(2025年への変更可能オプション付き)

2023年の指名権はNOPがLALよりも高い順位だった場合は
延期できる権利が付いているようで、正直あまり良く分かっていません。
プロテクトガチガチのトレードが結構ある中で
ノンプロテクトの指名権放出とはLALもなかなかの大盤振る舞いを
したのでしょうか。

レブロンとADがいればLALの1巡目にはあまり意味が無くなるという
意味合いだと思いますが、レブロンやADの契約が終わる頃に
また大きな変革期がやってきそうです。

2019ドラフトワークアウト 7回目【NBA_Pacers】

2019年06月13日 18:27

7回目のワークアウト参加者
Sandy Cohen III (Wisconsin-Green Bay)
Bruno Fernando (Maryland), Daniel Gafford (Arkansas)
Paul Jorgensen (Butler)
Terance Mann (Florida State)
Jaylen Nowell (Washington)

Tremont Waters (LSU) は怪我の為ワークアウトには参加しない予定



New