Story Seller 3を読んだ

2011年05月30日 12:40

新潮社による7人の著者による短編集の3作目、
Story Seller 3を読み終えました。
この企画はこれで終わりの様で、Fantasy Sellerと
趣旨を変えて次の本が出るようです。

△:沢木耕太郎 / 男派と女派 ポーカー・フェース
 男と女、どちらから学んできたかということについて。
 靴磨きのおばあちゃんと寿司職人の親父さん。
 特に感銘は受けなかったけど読み物としてはそこそこ面白い。

○:近藤史恵 / ゴールよりももっと遠く
 ストーリーセラー1~3を通してロードレースという
 同じ題材を扱い、1と2では現役選手、3では引退後に
 思い出話といった内容となっている。

◎:湊かなえ / 楽園
 話としては相当悲しい話ではありますが、この設定すごいですね。
 完璧主義者の母親による仕打ちが恐ろしいものです。
 トンガで出会う子供の母親も酷いもので腹が立ちます。

△:有川浩 / 作家的一週間
 作家の1週間をおもしろおかしく描いたもの。
 担当とのやりとりや、短編の依頼をされて題材を探して
 書き終えるまで。内容的には普通でしたが、こんな感じの
 切り口は面白かったです。

○:米澤穂信 / 満願
 米澤さんらしい人間の怖さが素晴らしいです。
 達磨に背を向かせたものの、わざと掛け軸は避けなかったという
 計算高い計画。
 
×:佐藤友哉 / 555のコッペン
 3作を通じて全く馴染めなかった。主人公の語り口調が
 中学生みたいで読んでいるこっちが恥ずかしい。
 毎度毎度事件に巻き込まれ、探偵赤井が登場。
 むしろこの探偵が事件を仕向けてるんじゃないのか?という
 程不自然な登場。今回も土江田の過去は明らかにされず、
 警察が必要以上に絡んでいる描写のみ。
 過去に罪を犯したものの、更正させ、社会に復帰させたが
 その後の様子を見ているというもので、それが何?という位
 今回のなすりつけ方は酷かった。

○:さだまさし / 片恋
 最初はただのマスコミ批判かと思いましたが、
 後半ガラッと変わってそこからは面白くなりました。
 現実にあった池田小の事件だったり、秋葉原の通り魔事件を
 題材にしており、この為に取材もしたのかな?という程
 後者は記者目線の描写がしっかり書かれていました。
 でもオチは酷かった。ストーカーに同情して泣くなんてことが
 あり得るのでしょうか。その家族も人の話を全く聞かずに
 酷い一家ではある。一方通行過ぎる。

Story Seller〈3〉 (新潮文庫)

Story Seller 2を読んだ

2010年11月30日 16:36

7人の作家さんの短編集を収録したStory Seller 2を読みました。
これの1で米澤穂信に出会い、ハマりました。今作も伊坂幸太郎と
米澤さんの両名が収録されていることもあり、楽しんで読めました。

△ マリーとメアリー ポーカーフェイス:沢木耕太郎
 物語ではなくエッセイのようです。お酒の面白い話。
 
○ 合コンの話:伊坂幸太郎
 面白い書き方のこの物語。最初はん?って思ったけど
 徐々に面白くなってきたし、やっぱり伊坂作品が好きだと思った。
 
○ レミング:近藤史恵
 1に続き、ロードレースの話。結構面白いんだけど、
 短編だから続きが気になってちょうどいい感じ。
 他の作品を読みたいと思える程ではない。

○ ヒトモドキ:有川浩
 人の怖さを見事に表現していて、読みながら感情移入ができた。
 ゴミ屋敷が登場したけど、1の時も出て来たような。。。
 違ったかな。

○ リカーシブル―リブート:米澤穂信
 1の玉野五十鈴の誉れ程ではなかったけど、やはり好き。
 登場人物に親しみを持てる。ラストで、複雑な関係の弟、
 に対する感情は 俗にいうツンデレ化ということ?
 弟の今後が気になる所だけど姉弟で
 乗り越えて行ってくれる事でしょう。

× 444のイッペン:佐藤友哉
 やはりどうもこの方の文章はなじめない。
 主人公の土江田に関する情報も結構出てきましたが、
 中途半端な情報開示。だから何?という感じがする。
 むしろ土江田の過去の設定がない方が面白く読める気がする。
 それにしても333も444もトリックが残念すぎる。

○ 日曜日のヤドカリ:本多孝好
 父と再婚した母の連れ子の関係が面白い。
 暗い方向へ進んで行くかと思いきや、そうでもなく。
 ある意味良い家族の話。展開が面白かった。

Story Seller〈2〉 (新潮文庫)


New