Wall of Goga - ブルズ戦【NBA_Pacers】

2019年11月04日 17:25

ターナーに続き、ドマスがふくらはぎ負傷で欠場。
スターターがサンプソンとゴガという不安しかない試合となりましたが、
ベンチから出たリーフのサポートもあり、終始リードして
試合を進めることができました。

ゴガはターナー不在を感じさせない4ブロック。
チームとしてもトータル10ブロック。
ディフェンスの動きもスターター、セカンドユニット共に
よく動けている印象でした。

オフェンス面ではウォレンが26pt、ブログドンが22ptsと貢献。
リーフが13pts、15rebとキャリアハイリバウンドを獲得。
アーロンも強気に攻め、2本の3PTを含む9pts。

ラムはFGは1本のみでしたが、FTを9/9で決めて11pts。
初のスターター出場を果たしたゴガは19分でファウルアウトとなりましたが、
9pts、4reb、3ast、4blkとしっかり貢献。

ブルズには去年までINDにいたThadがいましたが、
グッドディフェンダーである彼を置き去ってブログドンが
ドライブを決めきった時にはwowと言うしかありませんでした。

そのThad、試合後に
「彼らはものすごく成長している。自分にとって兄弟みたいで
 素晴らしい奴らだよ。
 僕たちはここで多くのことを成し遂げた。そしてこれからも
 多くのことをやってのけるだろうね。」

とコメント。"without me"という一言に寂しさを感じましたが、
今はもう別の道を進んだもの同士。
お互いに自分達の信じた道を進んでいってもらいたいです。

ありがとうThad。

wowといえばコービー・ホワイト君。
今日はFTによる1ptのみに抑えることができました。
マルケネンのシュートが不調だったのもあり、
主力不在の一戦を乗り切ることができました。

インサイドではカーターJrに決められまくっているので
早く怪我を治して戻ってきてもらいたいです。

CHI 95 - 108 IND

Game65:vsブルズ【NBA_Pacers】

2019年03月09日 08:58

ターナーが7ブロックしたこの試合と
17リバウンドのバックス戦は見れていないので
時間のある時に見ようと思います。

CHI 96 - 105 IND

Game38:vsブルズ【NBA_Pacers】

2019年01月06日 17:46

新年最初の試合はブルズ戦でした。
第1Qは12点ビハインドで終え、苦しい出だしでしたが、
セカンドユニットで追い上げに成功、第3Qにオラディポの
10連続得点で逆転に成功しますが、どちらも主導権を
握りきれず、終盤へ。この試合はもう映像を見た方が良い気がします。

お互いに完璧ではありませんでしたが、ハイライトの連続で
ハーデンとまではいきませんが、素晴らしい決め合いを演じました。

ラヴィーンの3PTにクリス・ダンのターナーにアタックしてのダンク。
オラディポ&サボニスのピック&ロールに、ターナーの3PT、
そして最後はオラディポの3PTで決めました。

最後のラヴィーンのショットには焦りました。
タイムアップとはいえ、あの場面であれを決めてくるとは恐ろしい。

Thad チームハイの41分に出場でFG8/9の16pts、5reb
3PTは決まらず初Bojaaaaaanはお預けだったボーギーでしたが、
オーバータイムでは貴重なミドルを決めて13pts、6reb。
ターナーはマスク姿で登場でしたが、いまひとつ調子をつかめず
8ptsでブロックも0で終わりました。しかし、彼が3PTを
決めていなければ試合はどうなっていたか分かりません。
オラディポは36pts、7rebで3PTは4/13と決してよくはありませんでしたが、
最後に決めるのがエースのお仕事ですから素晴らしい活躍でした。

ターナーが不調の時に補ってくれるのがドマス。
ベンチから31分出場で23pts、12rebの働き。
オラディポとの連携もバッチリでした。

IND 119 - 116 CHI

Game24:vsブルズ【NBA_Pacers】

2018年12月05日 14:09

マルケネンが復帰し、ホイバーグがクビになったブルズとの対戦。
ボーギーが上手いシュートを決めるなか、ターナーとタイリークの
コンビネーションがどうも決まらず。しかし、ターナー自身の
シュートは好調でした。ドマスが出てくると、タイリークも
本調子(?)になり、14-21とリードを広げましたが、CHIも
決め始めて21-23で第1Q終了。

第1Qフルで出たターナーとThadを変えて第2Qスタート。
お互いにシュートを外しますが、徐々にCHIが決め始めて
27-23と逆転されます。
アーロンの3PTやマクダーモットのシュートが決まり、
追いつきますが、ハッチソンやマルケネンの3PTで41-35。
一旦43-43で同点となりますが、最後にマルケネンに2点を決められて
45-43で前半が終了しました。

第3Qはお互いに決め合い、逆転のし合いになります。
マルケネンの2連続3PTで逆転されましたが、このQを67-70で終えました。

第4Q開始2分でジョセフの3PTが決まり、6点リードへ。
しばらくディフェンスリバウンドが取れなくなり、点を決められますが、
ドマスの2本のシュートで73-81、ジャバリ・パーカーに2本決められて
77-81と、残り6分の段階ではまだどちらにも転ばず。

すると、今日好調のターナーがダンクにブロックで貢献。
決められてもしっかり返していけた今日のペイサーズ。
3点を決められても無理に3点を狙わなかったのが
良かったかもしれません。

前半はCHIのサーカスショットやタフショットがよく決まりましたが、
試合を通してINDはディフェンスを頑張っていたのではないでしょうか。

アーロンとジャスティンのホリデー兄弟は試合後にユニフォームを交換。
接戦が続く中で12分しかプレイタイムを貰えませんでしたが、
アーロンには今後も期待したいです。
今日はアルゼイもサムナーもベンチ登録されていましたが、出番なく。
この二人もNBAで経験を積ませてあげたいです。

ボーギーは14点でアテンプトも10と少なく、3PTも1/4でしたが、
ターナーが18pts、11reb、3ast、5blkと攻守で貢献。
本当によくリバウンドを取ってくれました。

タイソン・チャンドラーのハードファウルで背中を痛めていた
ドマスも9点ながらベンチから11リバウンド。
前半はシュートイマイチでしたが、後半頑張ってくれました。

DCもシュートが好調で23pts、8reb、3ast。
チームアシスト30を越える日が多かったですが、今日は22本。
ロースコアでFG自体が35本しか入っていないので、ボールムーブ自体が
悪い訳ではなさそうです。

前回の24TOから18TOまで減らしましたが、もう少しミスを減らしたいですね。
ドマスはトラベリングを含め4つ。まだ本調子ではないのかもしれません。
オラディポの復帰時期も気になりますが、これ以上怪我人が出ないように
祈るしかありません。

CHI 90 - 96 IND

Game9:vsブルズ【NBA_Pacers】

2018年11月03日 11:39

今日はマクダーモットの古巣シカゴでの試合。
スタートからミス連発でやりたい事をブルズにやられ
早々に二桁ビハインド。
オフェンスでもディフェンスでも迷っている印象。

この試合に限らず、スターター陣がオフェンスで
フリーを作るのに苦労するシーズンとなっています。
ディフェンスからのファストブレイクが出せる試合や
個人技が決まる試合は強いですが、それがダメだと
とことんやられているような。

ターナーがディフェンスでブロックを連発しますが、
出血は止まらず。ブルズのシュートが入り過ぎたのもありましたが
絶望的なスタートとなりました。

セカンドユニットでは優位に立てるだろうと思いましたが、
点差を広げないようにするのが精一杯でした。
ドマスはさすがの安定感でしたが、アンド1が取れなかったり
点数を詰めるまでにはいたらず。

そんな中、タイリークが頑張ってくれました。
スターターを戻し始め、ようやくシュートが入り始めますが、
ターナーの細かいパスはThadがうまく処理してくれたから
良いですが、あまり狙いすぎない方が良い気がします。

ディフェンスが効き始め、リバウンドも取れる様になると
オラディポの連続得点でようやく2点差。更にスティールからDCが
レイアップを決めて50-50と同点になりました。
前半中に追いつけたのは非常に大きいですね。
やはりディフェンスから走るチームの様です。

兄ホリデーに3PTを決められ、オラディポが2回レイアップを
阻まれますが、前の試合でエア3PTを放ったボーギーが
3PTを決めて同点。ジャバリ・パーカーが決めると
またしてもボーギーがお返し。
最後はオラディポのジャンパーが決まり、その際にターナーが
ファウルを受けてアンド1。これを決めて60-58で前半終了。

第3Qがはじまり、点差を広げたい所ですがINDも決めきれず。
ターナーのブロックが5まで増えますが4ファウルでベンチへ。
代わりに出てくるのがドマスなので安心です。
DCが3PTを決め、オラディポが相手を飛ばせて2本のFTを獲得。
ティーグの姑息技が懐かしいです。
77-71とこの試合の最大リード。ブルズがシュートを外し、
一気にいきたいところですが、Thadがオフェンスファウルを取られます。

その後裏を取られてイージーバスケットを許しましたが、
今日はこれが何度か出ていて不安です。
オラディポが3PTを外しましたが、Thadがプットバックダンクの惚れる案件
さらに次の3PTも外れますが、リバウンド争いでファウルを貰い
立て続けに惚れられるThad。

今日はタイリークが頼りになり、ブルズもブレイクニーや
兄ホリデーが決めてきますが、最後はオラディポの個人技で
レイアップを決めて87-80で第3Qを終えました。

第4Q、アーチディアコノとハッチソンに3PTを立て続けに決められ、
一気に1点差になりますが、タイリークtoドマスのレイアップで得点。
しかし、また簡単に裏を取られて失点。嫌な空気になりかけますが、
マクダーモットが3PTを決めて92-88。しかしまたしても
完璧に合わせられてレイアップを決められてしまいます。
第3Q中に二桁差に持って行けなかったのが響いてきます。

INDがシュートを決められずにいると、
19-5のランを食らい、92-99とピンチになります。

ターナーがFT2本と、迷った末のミドルが決まり、
更にオラディポが3PTを沈めて99-99の同点となります。
ここでもスクリーンを決めたのはターナーでした。

ターナーとThadのナイスブロックにオラディポのFTで
105-101とリードをしましたが、ここでまさかのブレイクニーの
4ポイントプレイが決まり、残り30秒で同点。
INDポゼッションですが、どうやってもCHIに時間が残ります。

ここでINDはボールをしっかり回し、DCがフリーでミドルを打ち、
見事に決めます。

しかし今日のCHIはシュートが良く入るので安心できません。
残り17.8秒、ファウルはできません。

ラヴィーンのシュートが外れ、リバウンドが取れず
ホリデーに3PTを打たれますが、それも外れます。
しかしボールは今日当たり日のブレイクニーに渡りますが、
ここに立ちふさがったのは、マイルズ・ターナー。

この試合6個目のブロックで試合を終了させました。
この時のベンチのダン・バークのガッツポーズがとても良かったです。

サボニスが目立つ今シーズン、本人に不安もあったと思いますが、
ようやくターナーの持ち味が最大限に活かされた試合となりました。
ファンもみんな待っていたと思いますし、終了と共にかけよるチームメイトも
最高でしたね。

怪我人だらけのはずのCHIに苦戦させられるという、今後の両者の
対戦が心配になる展開ではありましたが、大量ビハインドを
跳ね返しての勝利というのは最高です。
見てる方も疲れますが。リバウンド一発で取りたいです。

IND 107 - 105 CHI

プレシーズン4戦目:ブルズ戦【NBA_Pacers】

2018年10月11日 10:17

今日からThadが復帰で、いつもの5人のスターターに戻りました。
しかしシュートもディフェンスもリバウンドも気が抜けていて
ブルズにリードをどんどん広げられていきます。

ドマス頼みで10点差に追い上げるところまでいきましたが、
前半はあまり良いプレイが出ていません。

ここの所好調ばかりだったので、プレシーズンのうちに
こういう展開を経験しておくのは良いと思います。
試合中に立て直す事ができるかというのは
シーズンを通して重要な課題になってきますからね。

前半は59-41と18点ビハインド。
昨年はここからの巻き返しが得意なチームでしたが、
今年もそれを実行できるでしょうか。

また、ホリデーの兄弟対決もありますが、直接マッチアップする時間はなさそう。
IND戦であれだけ活躍したMEMの渡邊雄太も今日は負け試合なのに
残り4分位まで出して貰えず。

ルーキー達のプレイタイムというのは本当に貴重です。

インディアナ観戦記2 ブルズ戦【NBA_Pacers】

2017年01月08日 19:08

遂にゲートが開いて会場の中へ。
会場内はBLF wifiがフリーで使え、ゲート前でも十分に利用可能な為、
海外用wifiを用意しなくても携帯のeチケットでも通れます。
充電切れや急な故障に備えてプリントアウトしておくと安心かと思います。

ゲートを通り、セクション3の選手が通る通路へ急ぎます。
最初にコートに出ていたのはティーグとサドやん。
後からアルジェファが出てきましたが、出て行く時にグータッチしてくれました。
そしてロッカーへ戻る際に、3人全員からサインを貰う事ができました。



試合以外にもこのサインやふれあいを楽しみにしていたので初戦で
クリアできてほっとしました。

そして選手がコートに出てくる所。


練習も撮ってみました。


選手紹介。長いので2回に分けましたが、カメラアングルがイマイチですね。



[インディアナ観戦記2 ブルズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む


New