TJマコネル劇場:キャブス戦【NBA_Pacers】

2021年03月05日 07:31

ロードトリップ最終戦のキャブス戦。
1Qからやられ始めるものの、マコネル登場と共にスティールを量産。
サムナーもそれに反応してよく決めて同点で終えましたが、
2Qから徐々に離され、前半は51−61で終了。

ペイサーズはチームとして6リバウンドという頭を抱えたくなる前半でした。

3Qに入ると最大19点差をつけられますが、ターナーの連続リムプロテクトや
CLEのミスも続いて点差をどんどん詰めていきました。

4Q残り6分36秒、サムナーのスティールからのファストブレイクで96−95と逆転。
その後お互いにリードを奪い返す展開となりますが、途中まで0/6とかだった
ジャスティンの3PTが当たり始め、残り1分18秒に108−106とすると、
マコネルがこの試合10個目となるスティールからブログドンが
速攻を決めてリードを広げ、なんとか逃げ切りに成功。

3分を切ってから2回の24秒バイオレーションと精彩を欠く場面もありましたが、
今日のブログドンの高精度のオフェンスは見事でした。
マコネル劇場に押されて試合が終わるまで気が付きませんでしたが。

マコネル隊長の窃盗時系列
1Q
4:13 ダリウス・ガーランド
3:50 ジャレット・アレン
3:28 ダリウス・ガーランド
3:00 アイザック・オコロ
2:36 ディラン・ウィンドラー

2Q
6:24 セディ・オスマン
5:22 ディーン・ウェイド
4:10 アイザック・オコロ
15.2 コリン・セクストン

4Q
1:06 ディラン・ウィンドラー

1Qだけで5、前半だけで9というハイペースでトリプルダブルを達成。
ベンチから36分に出場し、16pts、4reb、13ast、10stl、1blkで
FGは8/8でパーフェクト、TO2という素晴らしいプレイを見せてくれました。

後半のスティールは伸びませんでしたが、ブロックも最後のスティールも
クラッチタイムのここぞという場面で勝利に直結する内容でした。

ジャスティンの3PTも2/10でしたが、逆転の3PTを決めるという
大きなお仕事。そして、最近プレイタイムが伸びつつあるサムナーですが、
+23が物語っています。ドマスもFG7/12、そしてTO1と復調の兆し。
試合開始の最初のポゼッションでファウルをして思い切りの良い
ディフェンスのできなくなったターナーも、追い上げの際にはブロック、
3PTも決めチームに貢献。

ブログドンは先にも書いた終盤の24秒バイオレーションは反省点ですが、
12/15で29ptsで最後のFTもしっかり決めてくれました。

ディフェンス面ではガーランドが途中からいなくなってしまった事も影響してか、
CLEが勝手に崩れてくれた点も大きかったですし、前の試合と同じように
セクストンには好き勝手点を取られました。
若い選手が多い中で今後また嫌な相手になりそうな気はしました。
ディーン・ウェイドがチャンドラー・パーソンズに似ていません?

マコネルの前半だけで9stlはNBA記録とのこと。
FSIの解説のクイン・バックナーは1Qだけで7stlの記録を持っていますが
NBA記録は8だそうです。

IND-CLE.png
IND 114 - 111 CLE

4チーム間のビッグトレードでカリス・ルバートを獲得【NBA_Pacers】

2021年01月14日 08:53

トレードに関して複雑な思いですが、
第一印象は「巻き込まれた」、「見返りそれだけ?」と思いましたが、
ルバートが来るなら話は別。オラディポ放出の悲しさとは別に、チームのことを
考えるとKPがよくここに入り込んだものだと印象が変わりました。

2巡目だけが引っかかりますかね。下位でも良いので1巡目が欲しかったです。
ルバートともう一人追加とかも更に今いる人を出さないといけないので論外。

ネッツ- ペイサーズ - キャブス - ロケッツ
BKN獲得 ジェームズ・ハーデン
IND獲得 カリス・ルバート、2巡目指名権
CLE獲得 ジャレット・アレン、トーリアン・プリンス
HOU獲得 ビクター・オラディポ、ダンテ・エクサム、ロディオンス・クルッツ
      1巡目指名権(BKN×3、MIL×1)、1巡目スワップ権(BKN×4)

まずオラディポを出すに至ったには、
・ブログドン、ドマス中心(ターナーも含まれていて欲しい)で確信が持てた
・オラディポが復調状態にあり、契約延長の金額を払えないのが見えた
こんなところだと思います。
これを考慮すると、チーム運営としてトレードに踏み切るのは理解できます。

オラディポ 28歳 残り1年 21M
ルバート 26歳 残り3年 16.2M、17.5M、18.7M

これにより今シーズンのタックス回避も成功のはず。
この3年契約というのも大きく、次のオフも大きく動く必要がなく、
ブログドン、ターナー、ジャスティンと契約が切れるタイミングが同じです。
ドマスが4年ありますので、コアメンバーが動きません。
ウォレンとラムの契約が来シーズンまでで二人とも怪我があり、全員が
揃わないのがもどかしいですが、ルバート追加はありがたいです。

能力的にも間違いありませんし、戦力キープで新しいフェーズに移行できるのは
チームを考えると良い一手だったと思います。

本人から再契約しないと言われるよりもショックが少ないかもしれません。
フロントへの批判は少なからずあると思いますが、チームの将来を考えれば
ここに入り込んでルバートをこっそり連れてきたのはうまいと思います。

オラディポ出してそれだけかよ、と自分も思いましたが
間違いなくスティール案件になると信じています。

元々ルバートはThadとのトレードの為にペイサーズが指名。
来るべくしてインディアナに来たのだと思います。これも縁。
よろしくルバート!

他のチームはというと、一番最初にサンダーを出て行ったハーデンが
去年はウエストブルックと組み、今年はデュラントと組むという
「今一緒になったらどうなるんだろう」を実現させているのは面白いです。
ここにカイリーなのでうまくいくかは分かりませんが、守る方は難しいでしょうね。

ロケッツもウォールとオラディポのスピード感のあるバックコートは楽しみです。
二人に加えてカズンズも怪我明けなので、体をいたわる会が結成されるかもしれません。

キャブスはラブ、ドラモンド、ナンス、マギー、メイカーに加えてアレン。
ビッグマンで5人+6thマンロスターを構成。こちらはデッドラインまでに
動く予定なのかもしれません。

オラディポに関してはすでに書きましたし、トレードについてはここまで。
突然のお別れ【NBA_Pacers】

オラディポの最後の試合が負け試合だったのが残念ですが、
最近はドライブのキレも戻ってきていましたし、ダンクも勢いがありました。
これまでずっと一緒だったドマスのメンタルだけが心配です。

ドニー・ウォルシュ引退発表後のキャブス戦【NBA_Pacers】

2021年01月01日 12:35

昨日、長きにわたってペイサーズに貢献してきたドニー・ウォルシュが
引退を発表しました。既に社長やGMといった役職からは離れていましたが、
コンサルタントとしてチームに所属。ラリー・バードやKPと一緒に
試合を観にくるのがBLFの名物となってもいました。
IMG_1666.jpg
お疲れ様でしたウォルシュさん。
健康にお気をつけてまた観客席でその姿を見せてください。

さて、試合は3勝1敗同士のキャブスとの対戦。
3試合連続でホーム、しかも今日は会場に少数のお客さんを入れての試合。
途中でサンキューフレンズアンドファミリーとあったので関係者のみ
入ることができたのかもしれません。

コートサイドや1階部分ではなく、上の方の階層のみの客入れでしたが、
当分はこういった形でも良いのかもしれませんね。

しかし、この試合欠場したTJウォレンが左足の疲労骨折による手術で
復帰時期設定なしの欠場が発表されました。
ラムも戻ってきていない中、非常に厳しいですが、ジャスティンや
サムナーによるバックアップを期待したいところです。

ガーランドとセクストンがシュートもうまく、速さもあって
良い選手という印象を受けました。ボールを持たれて嫌なのはセクストンですが、
どちらにもシュートを打たせたくありませんでした。

いつも苦手なドラモンドはファウルトラブルということもあり、
11pts、13rebといつもよりもおとなしくしてもらえました。
それでもダブルダブルなので苦手には変わりないと思いますが、
ターナーは序盤から攻め気の良いオフェンスを見せていました。

今日はマクダーモットがベンチから18ptsと得点で貢献してくれましたが、
ウォレンが離脱するとベンチからの得点がもっと必要になります。
ターナーとドマスの疲労も気になってくるのでゴガが安定して
試合に出られるようにコンディションを整えてもらいたいです。

今日は終盤にまた試合を面白くする展開を見せましたが、
序盤に作ったリードを溶かすことなく勝利。
4勝1敗と素晴らしいスタートを切ることができました。

他のチームと違い、すでに同じメンバーで戦ってきた強みを
活かせているのかと思います。メンバーが変わった他のチームも
うまくいくチーム、あまりうまくいかないチームが出てくると思いますが、
去年より変化するにはそれぞれがステップアップするしかありません。

今日は3PTが16/35で結構決まるようになり、TOは14とミスを減らし、
13スティールとディフェンスの良く動けていました。

=第2Q、ドラモンドと交錯するもののころりんしないアーロン
 不必要な接触でアーロンがテクニカルを取られましたが、派手に転ぶドラモンド。
 その後もテイクチャージを狙って派手に転びましたが、それはスルーされていました。
=笛に納得いかないマギーがベンチでイライラ
=良い形でシュートチャンスが来たものの0/6で終わったキーラン・マーティン
=対照的に3PTを決めるキャシアス・スタンリーとアンド1を決めるジェイレン・レキュー

CLE 99 - 119 IND

ターナー 33min、14pts、7reb、4stl
ドマス 37min、25pts、11reb、7ast
ブログドン 37min、17pts、3reb、5ast、3stl
アーロン 22min、12pts
オラディポ 34min、16pts、4reb、8ast
 マクダーモット 25min、18pts、9reb

シューターマイルズ君 - キャバリアーズ戦

2020年03月02日 14:32

昨日のキャブス戦。
いつもの様にセカンドユニットで勢いを作る事が出来ませんでしたが、
オラディポがシーズンハイの19pts、ブログドンが高確率で22pts、
ドマスは後1astでトリプルダブルという安定の活躍、
ウォレンはタフショットも決めてチームハイの30pts。
そして今日も勝利を呼び込む3PTを沈めたマイルズ・ターナー。

相変わらずドラモンドが苦手で最後まで接戦という苦しい展開でしたが、
終盤にリードをし、ターナーがドマスからのパスを受取り、フェイクからの
横へスライドしての3PTを沈めてゲームを決めました。

迷うことなく、打つ事を選択しているのも成長ですし、
2試合ともドマスからのキックアウトというのがまた良いです。

ピストンズのドラモンドとは既に4試合終えていて、もう対戦は
ないはずだったのですが、今日が5試合目、更にもう1試合残っているそうです。
最初からドマスをぶつけた方が良いと思います。

3連勝で36勝24敗、残り22試合。
まだまだホームコートアドバンテージを取れる可能性は残っています。

IND 113 - 104 CLE

本気を出し始めたゴガ - キャブス戦【NBA_Pacers】

2019年11月02日 10:57

DET、CLEと開始5試合でリベンジ戦2回という
サマーリーグ感満載のスケジュールですが、今日はホームでの試合。

ターナーが足首の捻挫でweek to week、
サムナーが右手骨折で3週間の欠場。手術が必要ないので
復帰にそこまでかからないらしいです。

いきなりローテーションに不安の残る開幕となりましたが、
今日はリーフがスターター。リバウンドまでは良いのですが
フィニッシュが相変わらず弱い。

早々に2ファウルで下がると今日はサンプソンが登場。
プレシーズンからのハッスルをそのまま持ち込んでくれました。
とにかくブロックに飛ぶのでファウルが心配でしたが、
後半はすぐに飛ばなくなってました。

そしてゴガ・ビターゼ。
ターナーの怪我で今後出番が増えてくると思いますが、
ホームデビューで自信をつけられたのではないでしょうか。

ミドルにオフェンスリバウンドからのレイアップに
初の3PTにFT、ブロックにラブの3PTをスティールと
素晴らしい働きをしてくれました。

25分の出場で10pts、9reb、4blkとダブルダブルまで
後少しでした。

ゴガの活躍で今日の試合の流れをほぼ忘れてしまったので
後で時間のある時に見直したいと思います。

ドマス 18pts、17reb、4ast
ブログドン 25pts、8reb、6ast
ラム 21pts 10reb

ウォレンは不調でしたが、ラムがしっかり支えてくれました。
ドマスとブログドンのコネクションが試合ごとによくなります。
ラムは終盤にしっかりと点を決めてくれ、ワンハンドリバウンドで
しっかりと勝ちをものにしてくれました。

マコーネルの技ありアンド1に、兄デーのディフェンスと2本の3PT、
豪快なダンクをミスったマクダーモットでしたが、積極的に
ドライブで攻めてくれていました。

アーロンは2試合連続となるテイクチャージでチームに貢献。
興奮しすぎてテクニカルを取られ、シュートも決まってませんが、
マコーネル先輩に思いっきり褒められてました。

CLE 95 - 102 IND

実在したGoga キャバリアーズ戦【NBA_Pacers】

2019年10月27日 11:37

今日から3試合アウェイが続きます。TTとラブという
ターナーとドマスを試すには良い相手、と言いたいところでしたが、
キャブス優位で試合が進みます。

ドマスが早々にファウルトラブルになり、ターナーも2つ目を
とられたところでゴガ・ビターゼがデビュー。
すぐに初得点を決め、マクダーモットの3PTでチームも逆転。
するとゴガは膝を痛めてすぐにロッカールームへ。
ラムが腰を痛めたことにより、スターター出場となったサムナーは
良いプレーが続きましたが、その後、ずるずるとCLEに走られ、
失点が止められないIND。
オフェンスもディフェンスもぱっとせず、第3Qには22点ビハインド。
サムナーも4つ目のファウルでベンチへ。

頼れる人がブログドンしかいなくなってしまいました。
24点ビハインドまでいきましたが、ブログドンが3PTとレイアップを決め、
ターナーもようやく3PTがきまり58−76。まだまだ差はありましたが、
ここでゴガの膝は深刻なものではなく、ゲームに戻れるとの情報が。

15点ビハインドまで戻し、ゴガの影響力のすごさを実感しましたが、
その後勢いが収まり、74-90で第3Q終了。
まだ全然諦める点差ではありません。

ブログドンが本領発揮、CLEも外のシュートを外し始め
81-92と徐々に追い上げて行きます。

しかしINDのミスが続き、81−96。
残り6分14秒でターナーのFT1本が決まり84−100となります。
ここら辺で勢いがついていかないと厳しい時間帯ですが、
兄デーが3PTを決め13点差。

アウトオブバウンズでCLEのチャレンジが失敗した直後だったので
大きなプレイでした。
ドマスがレイアップをねじ込み89−100。

残り3分29秒、ブログドンのスティールからウォレンがレイアップを決めて91−101。

サムナーではなく、兄デーを使い続けた結果、ディフェンスがよくなり、
ブログドンの個人技のうまさもあって99−106としますが、
TTに決められて54秒で99−108。
残り時間の関係でほぼ試合は決まりました。

ドマスターナーという並びでインサイドを支配したいのに、
ドラモンド、ラブとTTに強みを活かせず。
ブログドンが淡々と仕事をしてくれてる中で、目指していたチームが
果たして良い結果をもたらすものなのかが不安になりますが、
まだ2試合。

今日欠場のラムが潤滑油的な働きをしてくれてるのかなと
思ってみたりもしたり。

IND 99 - 110 CLE

Game56:vsキャヴァリアーズ【NBA_Pacers】

2019年02月12日 11:21

今日の試合の他にも色んなニュースのあるINDですが、
現地9日のキャヴス戦から。

第3Qの序盤にターナーが右膝を負傷し、
かなり痛そうに離脱した以外は順調な試合でした。(雑)
ターナーの膝も試合に戻れる程度のものだったようで、
帰ってきてからブロックを見せてくれました。

リバウンドを54-38、ペイント内のポイントも54-32と
インサイドを制圧。
CoJoがベンチから10pts、9reb、10astでトリプルダブル目前。
彼の存在は本当に大きいです。ドマスもベンチから
13pts、10rebのダブルダブル。復活した感じでしょうか。

スーパースターモードに入っているボヤンは23ptsでチームハイ。
そしてここの所本当に調子が良く、チームを引っ張っている
DCは29ptsと9ast。彼の状況判断はいつこんなに鍛えられたのでしょうか。

オラディポ詣でから負けなしです。
更にここにウェスリー・マシューズが加わる事になります。
オラディポの不在は本当に残念ですが、残りのシーズンも
ここまで楽しめそうなチームを作ってくれたフロントには感謝です。

CLE 90 - 105 IND



New