2018FA解禁2日目〜【NBA】

2018年07月20日 05:01

初日の動きはこちら
2018FA解禁初日【NBA】

NBA free agency

現地時間7/2
DET Jose Calderon 1年2.4M
GSW DeMarcus Cousins 1年5.3M
LAC Mike Scott 1年
LAL Rajon Rondo 1年9M
MIN Anthony Tolliver 1年5-6M
NOP Julius Randle 2年18M
OKC Nerlens Noel 2年
PHI JJ Redick 1年13M
POR Seth Curry 2年
UTA Derrick Favors 2年36M

現地時間7/3
GSW Kevon Looney 1年
HOU Michael Carter-Williams 1年
IND Tyreke Evans 1年12M
LAC Avery Bradley 2年25M
OKC Raymond Felton 1年2.4M
UTA Raul Neto 2年4.4M
UTA Dante Evam 3年33M
WAS Jeff Green 1年2.5M

現地時間7/4
PHI Amir Johnson 1年
PHI Nemanja Bjelica 1年

現地時間7/5
ORL Isaiah Briscoe 

現地時間7/6
CHA Tony Parker 2年10M
IND Kyle O'Quinn 1年4.5M
NOP Ian Clark 1年
POR Jusuf Nurkic 4年48M

現地時間7/7
PHX Devin Booker 5年158M Max Offer

現地時間7/8
DET Zaza Pachulia 1年2.4M
MIL  Brook Lopez 1年3.4M

現地時間7/9
LAC Luc Mbah a Moute 1年4.3M

現地時間7/10
SAS Bryn Forbes 2年

現地時間7/11
HOU James Ennis 2年

現地時間7/12
DEN Isaiah Thomas 1年ベテランズミニマム
MIA Wayne Ellington 1年
WAS Dwight Howard 1年

現地時間7/13
UTA Georges Niang 複数年契約

現地時間7/14
BKN Shabazz Napier 2年
CHI Jabari Parker  2年40M
LAL Channing Frye 1年2.4M

現地時間7/16
SAS Dante Cunningham 1年

現地時間7/19
BOS Marcus Smart 4年52M
DAL Yogi Ferrell 2年5.3M


Offer Sheet
SAC→CHI Zach LaVine 4年78M CHIがマッチ
MEM→SAS Kyle Anderson 4年37.2M SASはマッチせずMEMへ

アルゼイ・ジョンソンと契約【NBA_Pacers】

2018年07月17日 04:45

今年のドラフト50位指名のアルゼイ・ジョンソン君が
正式にペイサーズの一員となりました。

サマーリーグで良い活躍をしていたので期待大です。
元々ポイントガードということもあり、ハンドリングにも
期待されるアルゼイ。リバウンドも良く取りますし、
第2のランスになれるかもしれません。

また、2年目のイケ・アニボグもカットされた情報が
流れて来ていないので契約が保証されたものと思われます。
二人ともおめでとう。

ファリードがネッツへ、リンがホークスへ、トーマス君がナゲッツへ【NBA】

2018年07月13日 14:36

渡邉雄太君のネッツが色々と動き、トレード相手のナゲッツも
フリーターとなっていたトーマス君を獲得しました。

=ATL-BKNトレード=
ホークス獲得
 ジェレミー・リン
 2025年2巡目指名権(23年へのスワップ権付)
ネッツ獲得
 2巡目指名権
 16年44位指名のIsaia Cordinierの交渉権

怪我明けとは言え、ポイントガードを獲得したホークス。
シュルーダーをトレードするつもりなのでしょうかね。
MILやINDみたいなチームに興味はあるとトレード要求を仄めかす
コメントをしていましたが、INDは既に埋まっています。

ティーグを出してシュルーダーに任せてからパッとしないATLですが
今後誰を軸にするのでしょうかね。
ネッツはこれだけでは終わらず、デンバーともトレード。

=BKN-DENトレード=
ネッツ獲得
 ケネス・ファリード
 ダレル・アーサー
 2019年1巡目指名権(1-12位プロテクト)
 2020年2巡目指名権
ナゲッツ獲得
 アイザイア・ホワイトサイド

ファリードは契約最終年で13.7M、アーサーも同じく最終年で7.4M。
ミルサップの29Mに加え、バートン、ヨキッチの再契約が大きい為、
サラリー調整が必要でしたが、うまく相手先を見つけた形に。

なお、ナゲッツはこのアイザイアをウェイブし、
FAとなっていたアイザイア・トーマスとベテランズミニマムで契約。

いつか出されると言われていたファリードが遂にトレードされました。
一時はINDも獲得するのでは?と噂が出ていただけに気になっていましたが、
伊達男Thadが残ってくれたので実現することはありませんでした。

ランスとレブロンが正式にレイカーズと契約【NBA】

2018年07月11日 10:51

レイカーズのGMロブ・ペリンカ氏
「ランスをチームに加える事ができるのはとても素晴らしい事だ。
 プレイオフを経験している彼はチームに自信とタフネスをもたらしてくれる。
 複数のポジションでプレイでき、プレイメイクできる能力は
 来シーズンの重要な要素だ。」

Lakers Sign Lance Stephenson

2010年ドラフト40位でピックされ、IND-CHA-LAC-MEM-NOP-MIN-INDと
移動を繰り返しながらLALへ。定住の地となるのでしょうか。
地元ブルックリンの方がユニフォーム似合いそうですけどね。

そしてランスのチームメイトになるのがレブロン・ジェームズ。

Lakers Sign LeBron James

レブロンがランスを欲しがり、電話をかけたという話もありますが、
人生何が起こるか分かりませんね。
対戦時に面倒な奴は手元に置いておくという事かもしれませんが
レブロンがランスの凡ミスや自分勝手なプレイにどこまで耐えられるかが
話題にもなりそうです。JRスミスで慣れているでしょうか。

ランスに加えてマギーもいるのでショータイムとしても楽しめる
チームになったのではないでしょうか。
それをまとめるのがロンドというのも良い補強してるなと思います。

INDにも来て欲しいポイントガードの一人でしたが、
実現することはなさそうですね。

ヒバートがレイカーズに行った時よりも観戦する比率が上がると思います。
INDとは試合時間が被らない事も多いですし、来シーズンのリーグパスは
例年以上に活躍してくれそうです。

カイル・オクインと1年4.5Mで契約【NBA_Pacers】

2018年07月07日 03:07

サマーリーグ(とワールドカップ)の為に仮眠していたら
ペイサーズがカイル・オクインを獲得していました。

今年勝負に出たいINDとそれに1年4.5Mで応じてくれたオクイン。
これでブッカーとの再契約は無いでしょうし、ポイスレスもウェイブされる
そうですが、手堅い補強。KP本当に優秀。

オクインのここがすごい!とすぐに言えないので勉強が必要ですが
地味にファンが多い様で、特に彼が所属したチームのファンからは
特に愛されている様子。これはもうインディアナファンすぐに好きになりますね。

for the Team感満載のハッスルプレイヤーは
どこのチームでも必要とされます。

2015までマジック、今2018までニックスという事で
オラディポ、マクダーモットとそれぞれのチームで一緒に
プレイしてきたというのも良い材料となりそうです。

ようこそオクイン!よろしく!

タイリーク・エヴァンスと1年12Mで契約【NBA_Pacers】※追記あり

2018年07月04日 05:35

ルーキーシーズンが一番輝いていたと言われがちで、
怪我が気になりますが、タイリーク・エヴァンスを獲得しました。\ ティレケ!! /
OKC、LALと面談をした後で、インディアナに飛んだとの事。

正直あまりプレイをみた記憶がありませんが、ハイライトを見ると
オフェンスに関してはかなり期待できるのではないでしょうか。
フロントが欲しがるのも頷けます。\ ティレケ!! /
ポイントガードを努めた事もあるという経験も活かせそうです。

ここ数年の出場試合数はやはり気がかりですが、
17-18シーズンは52試合出場で平均19.4ポイントと上昇。
ベンチスタートを受け入れてくれれば6thマン\ ティレケ!! /も狙えるかもしれません。

新人王の時の輝きをインディアナで取り戻しましょう!
よろしく\ ティレケ!! /

[タイリーク・エヴァンスと1年12Mで契約【NBA_Pacers】※追記あり]の続きを読む

アル・ジェファーソンがFAへ【NBA_Pacers】

2018年07月03日 10:59

ペイサーズはアル・ジェファーソンのTOを破棄し、ロスターを
更に空けました。アルジェファはFAになっても4Mのサラリーが保証されています。

昨シーズンはターナーとドマスの教育係としてほぼ裏方さんに
回っていましたが、試合に出ればそのオフェンス能力は健在で
彼から色んなものを学んでくれていればいいなと思うばかりです。

3年30Mで最終年TOというチーム有利の契約、
そして控えメンバーから教育係へ移行してもそれを受け入れ、
チームを支えてくれたアルジェファ。

今となっては優勝チームへのラストピースとして迎えるチームはないかもしれません。
そんな大事な時期をインディアナで過ごしてくれてありがとう。
DDDuM_6UIAA9N0_.jpg
あと現地観戦した時にサインくれてありがとう。
[アル・ジェファーソンがFAへ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New