開幕戦 vs DAL【NBA_Pacers】

2016年10月27日 12:23

ペイサーズ創立50周年記念イヤーの開幕戦。
GSWからハリソン・バーンズ、アンドリュー・ボーガットを
獲得したダラス・マーヴェリックスとの対戦。

地元出身のジェフ・ティーグはスクリーンの使い方が上手く、
判断も良好。FGは5/15と冴えませんでしたが、13本のFTを奪い、
10本を決めました。落としたのがクラッチタイムの1本だったので
そこだけは褒められませんが、OTにいかなければ今日の
盛り上がりはなかったので目をつぶりましょう。

サディアス・ヤング
ゴール下の上手いプレイもありましたが、ファウルアウトで
11点どまり。3PTを1本決め、軽やかなボールハンドリングも見せました。

アル・ジェファーソン
チームの求める早い展開とは正反対の位置にいますが、
ポストプレイのうまさは頼りになります。

ポール・ジョージ
周りを活かすことを第一に考えた様なプレイが増えた気がします。
25ポイント 8リバウンド 6アシスト
FG7/14 (3PT:4/5)とプレシーズンのシュート不調を克服。
OTでのターナーのスクリーンを貰っての3PTと
ゴール下にもぐり込んでのレイアップで意地を見せましたね。
マシューズか誰かに返されましたが、第4Q終盤の3PTもさらりと決め、
エース、そしてチームリーダーとして期待を持たせてくれる開幕でした。

C.J.マイルズ
怪我で出遅れるかと思われましたが、サラッと出てきて3PT2本沈め、
出来る男アピール。3本目は外しましたが、決められると思って
打っている内はどんどん打って良いと思います。

ロドニー・スタッキー
最初だけでしたが、出てきてすぐにセス・カリーをいじめる
悪いおじさん。彼がセカンドユニットをもうちょっと引っ張ってくれると
ありがたい。

マイルズ・ターナー
30ポイント (13/19) 16リバウンド 4ブロック
彼が活躍する度に父親が画面に映りましたが、OTでの活躍は見事でした。
既にダブルダブルを達成し、幸先良い2年目のスタートを切れていましたが、
試合を決定づけた3PT、その後もルーズボールにからみ、ジャンプボールからの
ファストブレイクダンクと、プレイだけでなく、チームに勢いを与えられる若者。
大事に育てていきたいです。

一方のDALは相変わらずフリーにしてはいけないノビツキーに
プレシーズンボロボロでどうなるかと思われたバーンズの復活。
全盛期は過ぎたと思っていたらまだまだ元気なデロン。
そして一番厄介だったのがバレアでした。好き放題やられましたね。

1 on 1のディフェンスも大事ですが、P&RやP&Pへの対応もまずかったです。
ここらへんはチームとしてどうやって修正していくかですね。

OTということもあり、130点という大量得点。チームの方向性は
浸透しているのかなと思います。第4Q終了時点で115点でしたしね。

途中までの経過を見れば接戦にせずに、勝ちきれるチームになって欲しいですが、
まだ1試合目ですし、今日のターナーが続く訳でも、ポールが
好調をキープするとも限らない訳なので単純に1勝目を喜びたいと思います。

DAL121-130IND

トレードでジェレミー・エヴァンスを獲得【NBA_Pacers】

2016年07月07日 02:49

残りロスター後一人となっており、ランス加入の噂もありましたが、
マヴスとのトレードでジェレミー・エヴァンスを獲得。
ペイサーズからはプレイヤーではなく、金銭が渡るとのこと。

エヴァンスは来季が契約最終年の1.3Mの契約。
ランスではなく、フロントコートの追加となりましたが、
悪くない選択かと思います。
サドヤン、ターナー、アルジェファまでは手堅いですが、
ラヴォイ、クリスマス、シェインではどうも物足りません。

ダンクチャンピオンでもあり、身体能力のあるフロントコートは
ラヴォイとは違い、良い流れを持ち込めるかもしれません。
激しいダンクを期待していますよ。
ようこそエヴァンス。

ハイライトを見る限り操作できるリモコン持ちがいればINDにあまりいなかった
アリウープマシンになれるかもしれません。出場時間帯を考えれば
ジョセフがその役割となれるかどうか。ブロックもできて良いですね。
最終年ですが、来季以降も契約を望まれる存在になってほしいです。

ここからは個人的な願望が混ざりますが、
シェインの契約は1M弱でチームオプションです。
8/1を過ぎると全保証となります。

ランスとの話し合いの話しが流れてから約2日。
決定とも破談とも言われず、もしかしたら他のトレードを
画策していてロスター整理してからランスを加えるのかなと
思っていましたが、このトレードでは誰も出ないとのこと。

そこでSF/PFであるエヴァンスを加えた事で
シェインの立ち位置が大分怪しいのではないかなと。

そこまでしてランスを加える意味があるのかと言われるとそれまでですが、
チームに勢いを与えられる存在、ドリブルだけで客を盛り上げられるランスは
やはり見ていて楽しいです。

モンテかスタッキーをトレードできないとポジション被りで
誰かの出番が大幅に削られる事になるので難しい話しですが、
破談の報が流れるまでは希望を持つ事にします。

モンテの古巣マヴスとの対戦【NBA_Pacers】

2015年12月17日 11:45

今日はモンテ・エリスの古巣、ダラス・マーヴェリックスとの対戦。
そのモンテ、前半は0/8とシュートが決まらず、これには
マーク・キューバンもニンマリ(したかは知りません)

前半の最後にフェルトンに3PTを決められて47-45とリードを奪われてしまいます。

今日はディフェンスを頑張っていてもタフショットを決められるシーンや
ピック&ロールでノビツキーがドフリーで3PTを打つ場面もありましたが、
今日のノビの3PTは1/7。IND的には助かりました。

後半、ポールのプルアップジャンパーで同点の追いつくと、
モンテもプルアップを決めて逆転。ノビツキーのターンアラウンドで
また同点となりますが、モンテがノビツキーからスティールでそのままダンク、
更にレイアップを決めて53-49とリードを広げます。
前半0/8だったモンテが一気に6連続得点。その前には
ノビツキーを相手にラヴォイがまさかのフェイダウェイを披露。
が、これは外れました。

ポールとモンテが得点を伸ばし、このQを30-17とほぼダブルスコアで
終えます。第4Qに入ると、DALも得点を決めてきますが、INDは
スタッキーとマイルズを中心に攻めてリードを広げます。
残り6分を切った所で、モンテが16点目となる3PTを決めた時には
93-75と大量リードでほぼ試合は決まっていました。

モンテは更にもう1本の3PTを決め、19点でお仕事終了。
残り3分からはGR3や、ジョー・ヤングらが出てきました。
二人とも得点を決められて良かったです。

今日も0-7と一方的にやられるスタートでしたが、すぐに追いついての
危なげない点差での勝利となりました。

マイルズ20点、ポール19点で共に7リバウンド。
スタッキーもベンチから12点、7アシストと好調。
3PTに関してはポールが2/8、マイルズも3/9とあまり良くありませんし、
結構単調で打つ事も多いのでもう少し控えても良いのかと思いますが、
彼らは打ってこそのプレイヤーなのかもしれません。

珍しくTOを8に抑えられたのは素晴らしかったです。
ペイント内も46-32と上回り、ファストブレイクポイントが
20-3と圧倒できたのは自分達のペースで試合を運べたということかも
しれませんね。

DAL 81 - 107 IND

遂に昨シーズンのスターター0へ - Game14 @マヴス【NBA_Pacers】

2014年11月25日 15:09

ヒバートが足首捻挫でルーキーシーズン以来となる怪我での欠場。
遂にスターター5人がいなくなるという緊急事態の中アウェイで行われたダラス戦。

試合自体は最後しか見れていないのですが、何ともびっくりな展開となりました。
スローンが第1Qから6/7の13点と一気に稼いだり、
後半にはスローンのターンが続いたり、
スローン
打ち合いに真っ向勝負を挑んだり、
決め合い
何故かスコラまでもが3PTを打っていたり。
間違い探し

この試合、スコラは1/3で3PTを決めていますが、何故3本も打ったのか。
後で映像確認できたらなと思います。

FG自体はDALの方が高いですし、INDの3PTが大当たり日だったのと、
FTが36対21と大きく勝ち越せたのが大きかったです。
24/36と12/21でDALもミスが多かったのも勝因の一つです。
しかしマヒンミが後半6連続ミスしなければもう少し楽に勝てたかもしれません。
十分過ぎる位の仕事をしてくれたので結果オーライではありますが。
FTミス後のブロック→またFT獲得で2投ミスはちょっと怖すぎます。

IND 111 - 100 DAL 19850

---追記---
スコラの3PTですが、1本はショットクロックギリギリで仕方なくでした。
2本目はドライブレーンを空ける為に下がったのか分かりませんが
何故か3PTラインで待機するスコラにボールが回ってきて決めました。
最後の外したものは1本決めているのでちょっと乗り気になったという感じかもしれません。

こちらから確認できますので気になる方はどうぞ。

わざわざ試合を通してみなくてもスタッツから確認できるとか
本当に便利な時代になりましたね。

不定期適当ニュース【NBA】

2014年06月23日 16:58

【怪我】
OKC ニック・コリソン 左膝の手術成功 復帰まで4-6週間

【噂話など】
NYK カーメロ・アンットニー オプトアウトでFAへ
   (NYKとの再契約も可能)
NYK アンドレア・バルニャーニ PO行使で12Mゲットへ
NYK アマレ・スタウダマイヤー PO行使で23.4Mゲットへ
MIA レブロン・ジェームズはマイケル・ビーズリーのバスケへの
   取り組み方に不満を持っていたとのこと
SAC ルディ・ゲイ PO行使で残留へ
GSW クレイ・トンプソンを出してでもケビン・ラブを狙うとか狙わないとか
    そこにLALの7位指名権が絡むとか絡まないとか。
DAL 「パウ・ガソルが欲しい」
CHI カーメロ獲りの噂の一方でアーロン・アフラロにも興味ありとのこと
   日本での別名、オフローロ氏は15-16シーズンがPOとなる残り2年15Mの契約
BKN ショウン・リビングストンとの再契約失敗に備えて
   CLEのジャレット・ジャックとのトレードを画策中
   対象はマーカス・ソーントン
LAC ダニー・グレンジャーは来季の1.3MのPOを行使するつもりはないが
   チームに残る事には興味がある様子

Game63 @マーベリックス【NBA_Pacers】

2014年03月10日 11:21

ロードトリップもようやく最終戦、ダラス・マーベリックスとの対戦でした。
ここに来て泥沼4連敗。後半はほとんど見ていないのでレビューもできません。

最近の負け試合にしては一度逆転したり、終盤も3点差に迫るなど
見せ場もあったようですが、ポールのファウルトラブルが響きましたかね。
シュート自体は好調で、第3Qの逆転時もポールの活躍あってこそのものだったので
厳しい試合となりましたね。

何が厳しいってベンチスコアが4点ですよ。
チームが勝てている時は入っていたスコラのミドルも決まらず、
肘の負傷で欠場中のワトソンの存在も響く中、ターナーも良いところなしの
ファウルトラブルで波に乗れず。

IND 94 - 105 DAL 20361

幸いシカゴがマイアミを倒してくれたおかげで、4連敗しても
追いつかれる事はありませんでした。もちろんこのままで言い訳ではありませんが、
一度抜かれたらまた抜くイメージができないので、まだINDに運があると思っています。

次はホームでボストン戦。その後またアウェイ多めの日程となりますが、
ここで一回悪い流れを切ってもらいたいですね。
ホームの観客も暖かく迎えてあげてもらいたいです。

3月はホーム&アウェイでシカゴ2戦、ホームでマイアミ、サンアントニオと
厳しい試合が残っています。心配ですが、今の不調がプレイオフ時期に
被らなかったのは不幸中の幸いです。

ここからまたエンジンをかけることができれば良い状態で
プレイオフに入れる可能性も十分ありますし、正念場ですね。

試合中はイライラさせられることも多いですが、
応援するしかありません。GO PACERS!

Game52 vsマーベリックス【NBA_Pacers】

2014年02月13日 11:42

オールスター休暇前最後の試合は連戦で移動してきた
ダラス・マーベリックス。

最初のオフェンスを24秒バイオレーションという最悪な形で入ったペイサーズ。
遠足前でそわそわする小学生の様に、休暇前で気持ちが入っていないような
プレイも多かったです。
オフェンスにはリズムが全くなく、見ていても面白くない試合が
ただ続いているだけに感じました。

それでもリードを奪えていた第3Q、マヒンミがフリーのダンクを外し、
ファストブレイクでエリスにレイアップを決められて62-62となったシーンで
崩壊は始まっていたのかもしれません。

前半は3PTを3/3で決めていたダニーも勝負所で2本外し、
第4Q終盤にはみんなミスを連発。スティールからのダブルドリブルや、
ポール対カルデロン(でしたっけ)のファストブレイクでは
シュートを決めきれず、何とかINDボールになりましたが、
これを決めてれば4点差。うまく3ポイントプレイに繋げれば3点差で、
その後ようやく決まった3PTがあれば良い勝負に持ち込める所でした。

しかし、最後まで上の空でここを決めればという場面でTOをし、
ポールが3PTを決めて3点差に詰めた後、30秒以上残っていたのに
ランスが無駄なファウルでFTを献上。その後もインバウンズ後に
ポールが無理な体勢からすぐ3PTを打つという、酷いプレイしか
見ることができませんでした。

ベンチもダニー以外の3人で5点と沈黙。
スコラのリバウンドから一人で持ち込んでPG気取りのパスからの
TOも酷かったですね。今日見に行ったお客さんには返金しても
良いくらいの酷い試合でした。

DAL 81 - 73 IND 17663


New