cinco - ナゲッツ戦【NBA_Pacers】

2020年01月21日 11:51

昨日のナゲッツ戦。
ここから5試合のロードトリップの開始となります。

第3Qまでのペイサーズはあまり良い動きが出来ていませんでした。
ナゲッツペースで試合が進むものの、ちょっと追い上げてはまた
離されて、を続けていました。

しかし第4Qに入り、ジャスティンとマクダーモットの3PTで89-91と2点差へ。
更にマコーネルからのナイスアシストをもらったマクダーモットが
レイアップを決めて同点。

お互いに決めあって95-97とリードされた所で
マクダーモットが3PTを決めて98-97、この試合初のリードを奪います。

ドマスがオフェンスリバウンドを取り続け、チップイン、
グラントにも決められますが、ドマスがリング正面からの
シュートを決めて102-99。

プラムリーにFTを与えますが、2本ミス。ここでもドマスが右手での
難しいフックを決めてリードを5点に広げました。

ヨキッチを止められず、FTを2本決められましたが、
マクダーモットがここでも3PTを沈めます。ここで試合を決めたい所ですが、
バートンに3ポイントプレイを決められて107-104。

決め続けないと苦しくなるというこの場面。
なんとブログドンが突っ込んでダンクを決めます。
クインも絶叫していました。

プラムリーがゴール下に入ってきた所でターナーがファウル。
先ほど2本外していたプラムリーなのでこのファウルは正解。
実際に1本しか決められなかったので残り36秒で109-105。

その後、ブログドンとウォレンがFTを2本ずつ決め、
更にファウルゲームとなりますが、115-107で勝利。

ドマス 22pts、15reb、10astでキャリア初のトリプルダブル。
10本目のアシストとなったクリティカルな3PTを決めた
マクダーモットは24pts中、第4Qだけで18ptsの大活躍。

それに加えてブログドンとウォレンが22ptsを取り、
4人が20ptsオーバーという高水準のバランスアタックでした。

ナゲッツはハリス、マリー、ミルサップを欠いており、
ヨキッチを止める事も出来ませんでしたが、勝ちは勝ち。
2007年以来となるデンバーでの白星となりました。

IND 115 - 107 DEN

2020年年明け2連敗- ナゲッツ戦、ホークス戦【NBA_Pacers】

2020年01月07日 17:54

2020年に入って1週間となりますが、ペイサーズは開幕2連敗。

ナゲッツ戦は第1Qは調子良かったものの、徐々に崩れはじめ、
マイケル・ポーターJrにFG11/12で25ptsとやられにやられ、
ファウルトラブルで24分しか出なかったヨキッチにも
22pts取られてしまいました。

INDはラムがシーズンハイの30pts、ターナーが積極的に攻めて
21ptsと良い部分もありましたが、リバウンドで47-34と大きく
差を付けられて敗戦。

DEN 124 - 116 IND

======
ホークス戦は第1Qを26-43とやられますが
第2Qを34-21とやりかえし、逆転にも成功。

しかしアレックス・レンが16pts、9reb、3blkと躍動し、
INDをかもにしているトレイ・ヤングに41点も取られて敗戦。

最後はもうちょっと頑張って欲しかったですが、
前半のトレイ・ヤングは凄まじかったです。
対戦相手でなければ見ていて楽しい選手ではあるのですが、
やられてしまうと楽しくはないです。

IND 111 - 116 ATL

Game74:vsナゲッツ【NBA_Pacers】

2019年03月25日 13:06

連敗中に他チームの勝敗の関係で
プレイオフ進出を決めていたペイサーズ。
4連敗と結果を残せなかったロードトリップからホームへ戻った
ナゲッツ戦。先日のリベンジマッチでもありましたが、
ボヤンが正しいボヤンに戻り、絶好調。

23歳の誕生日だったターナーも
Coast to Coastのダンクを魅せてくれました。

ベンチからは安定のドマスに加え、
タイリークも復調気味。プレイオフに向けて彼が
この調子でいてくれると非常に助かります。

出だしからDENにTOをさせて、最後まで緩まなかった
今日のペイサーズ。
前半26点のボヤンはどこまで点が伸びるか楽しみでしたが、
35点でストップ。全力で続ければ50点も見えたかもしれませんが、
26分に抑えられたのは素晴らしいです。スターターもほぼ30分を切る
プレイタイムで若手にも僅かながら時間を与える事ができました。

やはりホームで強いIND。
相手がどこであろうと苦戦は免れませんが
ホームコートアドバンテージは何が何でも
取っておきたいです。

まだまだ厳しい日程は続きますが、
今日みたいな試合が出来る事を思い出して
プレイオフへの準備を進めて貰いたいです。

DEN 88 - 124 IND

Game70:vs ナゲッツ【NBA_Pacers】

2019年03月17日 16:00

サンダー戦で気を良くしたペイサーズ一行は
今日のナゲッツ戦、出だしからシュートがよく決まり、
DEN相手に早くも二桁リードを奪っていきます。

ヨキッチを止めることができませんでしたが
他のスイッチがまだ入っていなかったようで、
マリク・ビーズリーや、ウィル・バートンの3PTが決まり出し、
INDはちょっとずつオフェンスが停滞し、前半を終えた時には
3点リードに変わっていました。

後半に入ると一気にDENモード。
なんとか追いついていましたが、6点差となるヨキッチの
3PTが決まってからINDの勢いが先に落ちました。

第4Q、また少しずつ詰めていくIND。
残り3分を切った所でリバウンド争いで笛を吹かれた
ヨキッチがトニー・ブラザーズに激怒。
テクニカル2つで退場となりました。
テクニカル2つ分とファウル分で4本のFTを決めて
93−96と3点差に追いつきました。

また6点差にされますが、ボヤンのFTと
ターナーのand1で99−100。
このあとDENは2連続3PTを外し、リバウンドをとった
ターナーがルーズボールファウルを受けFT2本を得ます。

しかし1本しか決めきれず、同点止まり。
最後はミルサップに決められ、ボヤンは3PTを外し終了。
西の2位相手に戦えたのは収穫でしたが、
試合を通してFTが26/37はちょっと落としすぎ。

最後もターナーが2本とも決められていれば
ミルサップももう少しプレッシャーがかかったはず。

まだまだ学ぶべきことはたくさんありそうです。

タイリークが久しぶりに出場しましたが、
チームメイトとの合わせはうまくできていましたし、
後は外がもう少し決まってくれると助かりますね。

ヨキッチはよく走りますし、プレイが的確。
切れて退場こそしましたが、点を取らない時間も
プレイに絡んでいて見事でした。

マレーの3PTが1/7で助かりましたが、
彼やハリスがもっと決めていたらここまでの接戦には
ならなかったかもしれませんね。

ボヤンにも同じことが言えますが、今日は3PTが0/5の
ノーボヤンデー。1本当たっていれば、と思ってしまいますが、
最後打ち切ったのは良かったです。

IND 100 - 102 DEN

ファリードがネッツへ、リンがホークスへ、トーマス君がナゲッツへ【NBA】

2018年07月13日 14:36

渡邊雄太君のネッツが色々と動き、トレード相手のナゲッツも
フリーターとなっていたトーマス君を獲得しました。

=ATL-BKNトレード=
ホークス獲得
 ジェレミー・リン
 2025年2巡目指名権(23年へのスワップ権付)
ネッツ獲得
 2巡目指名権
 16年44位指名のIsaia Cordinierの交渉権

怪我明けとは言え、ポイントガードを獲得したホークス。
シュルーダーをトレードするつもりなのでしょうかね。
MILやINDみたいなチームに興味はあるとトレード要求を仄めかす
コメントをしていましたが、INDは既に埋まっています。

ティーグを出してシュルーダーに任せてからパッとしないATLですが
今後誰を軸にするのでしょうかね。
ネッツはこれだけでは終わらず、デンバーともトレード。

=BKN-DENトレード=
ネッツ獲得
 ケネス・ファリード
 ダレル・アーサー
 2019年1巡目指名権(1-12位プロテクト)
 2020年2巡目指名権
ナゲッツ獲得
 アイザイア・ホワイトサイド

ファリードは契約最終年で13.7M、アーサーも同じく最終年で7.4M。
ミルサップの29Mに加え、バートン、ヨキッチの再契約が大きい為、
サラリー調整が必要でしたが、うまく相手先を見つけた形に。

なお、ナゲッツはこのアイザイアをウェイブし、
FAとなっていたアイザイア・トーマスとベテランズミニマムで契約。

いつか出されると言われていたファリードが遂にトレードされました。
一時はINDも獲得するのでは?と噂が出ていただけに気になっていましたが、
伊達男Thadが残ってくれたので実現することはありませんでした。

ヒルがブロンドをやめたナゲッツ戦【NBA_Pacers】

2016年02月01日 14:53

マヒンミが腰を痛めた為、ダンヒルがスターターで出場、
PFは前の試合同様、ターナーでした。
しかしターナーの絶好調は少しお休み、FG3/11で8ポイント、9リバウンドでしたが
4ブロックと存在は十分にアピールしました。

一発目の3PTを決めて良い感じのスタートを切ったポールも
19点、7アシスト。ピック&ロールでターナーへパスを出すことが
何度もあり、関係は良さそうだと感じました。
まだフィニッシュしきれないターナーですが、将来が楽しみです。
サイズもあり、動けてミドルも打てる。良いですね。

この試合で輝いたのがダンヒルとモンテ。
ダンヒルは20点、7リバウンド、そしてなんと6ブロック。

モンテは勝負所で点を決め、OTにもつれ込ませるFTを決めたり
(1本外しているので決まっていればそこで終わった可能性ありですが)
最後、1点リードの場面でカウントのレイアップをねじ込むなど
32点の活躍。今シーズンOT5試合目にして初勝利となりました。

しかしやはり気になるのが第4Qの終わり方。
特に策もなくモンテが3PTを外してOTへ移行しただけ。
同点だったのでまだいいですが、負けている場面でもこの
単純なオフェンスで終わる事が多いのでなんとかなりませんかね。

DEN 105 - 109 IND

3連敗【NBA_Pacers】

2016年01月18日 13:10

最近は勝敗しかチェックできていませんが、
順調にインディアナのバスケットボールを展開して連敗しているようです。

BOS戦と違い、今日はTOではなく、FTを外して敗戦への
道を作ってあげてしまいました。一応攻撃できてはいるので
進歩したことにします。

今日のDEN戦はマヒンミ、スタッキー、ヒルが欠場の為、
ルーキーのジョー・ヤングとマイルズ・ターナーが
多めに時間を貰えていた様です。

ターナーがチームハイの25ポイント、7リバウンド、2ブロックでしたが、
際どいタイミングでゴールテンディングを取られ、DENに勢いを
与えてしまいました。

ヤングは15ポイント、7アシストとスタッツ上は良い感じ。
二人とも11/13、7/11とFGが好調でした。

が、やはりディフェンス面でウィークポイントとなる様です。

点数だけ見ると惜しい負けですが、毎度追いつかれて
負けるだけなので、惜しくもないですね。

IND 126 - 129 DEN


New