ロードトリップ2戦目のウォリアーズ戦【NBA_Pacers】

2021年01月13日 23:54

サクラメントから移動してのウォリアーズ戦。

GSWのスターターはドレイモンド・グリーン、アンドリュー・ウィギンス、
ジェームズ・ワイズマン、ケリー・ウーブレJr、ステフ・カリー。
ワイズマンは初めて見るので楽しみにしていました。

INDは連戦の為オラディポが休みで
ブログドン、サムナー、ジャスティン、ドマス、ターナーというスタート。

シーズン開幕直後は使われなかったサムナーですが、徐々に出番が増えてきました。

ワイズマンにいきなりファウルをするターナー。
少し不安になりましたが、最初のディフェンスは24秒バイオレーションで成功。
ブログドンの3PTミスをサムナーが拾い、ドマスからのキックアウトで
ターナーの3PTが成功。ワイズマンがミドルを決めて33番対決が始まりました。

ワイズマンからファウルをもらい、ターナーがFTを2本決め5−4。
更にレイアップを決めてペイサーズの7点全てをターナーが決めてきます。
ワイズマンも負けじとアリウープを決め7−8で最初のタイムアウト。
サムナーはディフェンスでステフにつき、よく頑張っていました。

タイムアウト明け、3連続ターンオーバーとなりますが、GSWが珍しい8秒バイオレーション。
しかし9−18とどんどんリードを広げられていきました。
ステフが3PTを2本外し、マクダーモットが1本決めて11-18。
サムナーがベンチに下がってからステフが持って、シュートも打つようになりました。

3PTを決めたマクダーモットですが、早くも3つ目のファウルでサムナーが戻ります。
ターナーも戻り、キーレン・マーティンが起用される珍しいローテーション。
サンプソンとアーロンとの組み合わせでしたが、オフェンスが停滞し、19−28で1Q終了。

同じメンバーで臨んだ2Q、サムナーがドライブでアンド1のチャンスを得ますがFTミス。
1Qでもレイアップを決めており、こういう攻める姿勢がサムナーの良いところです。
アーロンもフローター気味のレイアップ、サムナーがもう1本ドライブを決め、
ターナーがワイズマン相手にスピンムーブからのショットで27−31。

アーロンが3PTを決め、更にドライブを決めて32−32と同点。
良い具合に暴れ始めてくれました。

タイムアウト明け、ターナーがワイズマンをブロックし、アーロンから
キャシアスへのアリウープパスが飛び出します。ファウルされてダンクとはなりませんでしたが、
ジャンプの高さを見せつけました。FTは2本決めて34−32。

ウーブレや、デイミアン・リーの3PTなどで36−43とリードを広げられ、
ブログドンの3PTで追い上げを試みますが、ウィギンスに3PTを決められ39−48。

タイムアウト後、INDが少し追い上げ、ワイズマンが4つ目のファウル。
ターナーがうまいことボックスアウトをしていました。
しかし追い上げきれず、50−57で前半終了。

前半終了時のチームスタッツ
IND:FG41%、3PT 4/16、11ast、7TO
GSW:FG48%、3PT 6/18、15ast、4TO

3Q、2点差まで詰めますが、お互いにグダグダになりつつGSWが再びリードを広げます。
ブログドン、サムナー、ドマス対ドレイモンド・グリーンの3対1でボールを捨てたのには
頭を抱えましたが、サムナーはディフェンスをよく頑張ってくれたと思います。

ワイズマンが6分くらいで5ファウルとなり、交代。
ドマスのフックで1点差に詰め寄ると、サムナーのリムアタックで65−64と逆転。
スターター起用に応えます。

しかしステフの3PTとターンオーバーからウーブレにダンクを決められて5点ビハインドへ。

連戦ということもあってか、今日はブログドンがいつもほど決めきれないなか、
ドマスが連続得点。しかしステフも5点連取で69−75。

今日もサンプソンがしっかりと仕事をこなし、苦しい時間に点を取りチームを助けます。

73−75で迎えた4Q、まさかの3連続ターンオーバー。しかしGSWも決めきれず、
アーロンからサンプソンへのナイスアシストで75−77。
更にスティールからサムナーのレイアップで77−77と同点にしたところでウィギンスが3PT。
しかしターナーもお返しの3PTを決め、80−80のタイゲーム。

ディフェンスがよく効き、アーロンがターナーへ良いパスを出しゴール下を決めて2点リードへ。
ステフやグリーンが休んでいる間にリードを広げたいINDでしたが、なかなかそうもいかず。
サンプソンのハッスルで85−82とするとステフとグリーンがコートに戻ってきます。

リーに3PTを決められ同点、ムルダーという謎の伏兵にも3PTを決められ3点ビハインド。
タイムアウト明け、アーロンが3PTを決めて再び同点にすると、ステフが2点を決めてきます。
INDは24秒バイオレーションを取られますが、お互いにシュートを外した後、アーロンが
ステフ相手にドライブをしかけ、うまくタイミングをずらしてレイアップ。

90−90とした後、堅いディフェンスで守るとターナーが3PTを決め93−90。
更にアーロンがリムアタックで2点を追加するとブログドンがグリーンのレイアップに手を出し、
ファウルを吹かれますが、ビヨークレンがチャレンジ要請。ブログドンも自身有り気だったこのプレイは
ファウルが取り消され、センターからのジャンプボールとなりました。

ターナーがジャンプボールに勝ち、アーロンのコントロールから
コーナーで待っていた兄ジャスティンへスキップパスを出し、3PTを決め8点リード。
GSWはオフェンスチャージでボールを失うと、ドマスのプットバックで100−90と一気に10点リード。
スターターを外れることになったアーロンですが、ここで自分がやれることを証明してきました。

その後時間を使いながらもファウルゲームとなり、時間がかかりましたがなんとか勝利。
昨日のキングス戦は終盤やられてしまいましたが、今日は見事に修正できました。

IND 104 - 95 GSW
ドマス 37min、18pts、14reb、6ast
ターナー 42min、22pts、12reb、5blk
ブログドン 33min、13pts、8ast
サムナー 31min、12pts、4reb
ジャスティン 29min、8pts
 アーロン 28min、16pts、12ast

最多42分の出場のターナーは両エンドで見事な働きを見せてくれました。
サムナー、アーロン、サンプソンも勝利に貢献し、オラディポ不在を埋めてくれました。

dos - ウォリアーズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月25日 13:06

今日はブログドンに加え、ゴガ、サンプソン、リーフのビッグマン達が
風邪(illness)や怪我でお休み。少し心配な布陣となります。
ブログドンの替わりのスターターはマコーネル。

アーロンは兄弟でベンチスタートとなります。

出だしはGSWの3PTが好調でリードされていきますが、
ウォレンとドマスが着実に点を取り、追い上げていきます。
ターナーのダンクやジャスティンの3PTもあり、22−22でタイムアウト。

マコーネルの早い攻めからウォレンがタフレイアップを決めて
この試合初リード。更にターナーが2本のFTを決めて26−22とします。

スティールからジャスティンが3PTを沈めますが、
スペルマンに3PTを返されます。
ウォレンのミドルが決まり、ハードにディフェンスに当たりますが、
バークスに4ポイントプレイを決められてしまい、突き放せず。
最後にドマスがFTを2本決め、35−30で第1Q終了。
出だしを考えれば上出来な終わり方でした。

==第2Q==
ターンオーバースタートとなりますが、アーロンの3PT、
スティールからドマスtoサムナーのアリウープレイアップが決まり、
40−32としますが、ラッセルの遠くからの3PTが2本決まり40−38。

しかしマクダーモットに1本返して43−38にしたところでGSWがタイムアウト。

ナイスディフェンスでタイムアウト明けのオフェンスを阻止したINDは
マクダーモットのタフレイアップで2点追加。
外だけではないところがボヤン化してきています。
更にバンクショットで3PTを沈めるマクダーモット。
48−38で10点リードとなりました。

再びスティールでGSWに攻めさせないディフェンスを見せるINDでしたが、
ここからお互いにミスが続きます。
マコーネルのリバースレイアップが決まり、50−38。

その後もディフェンスは集中しており、54−40となりました。

うまいオフェンスを引き続きみせるウォレンと
マクダーモットが追加の3PTを決め66−47とリードを広げます。
ゴガが欠場なのがほんとうに勿体無い。

そこから少し疲れたのか、ウォレンが外し続けますが、
前半を67-51で終了。

ウォレンが前半だけで21pts、マクダーモットが15pts。

===第3Q===
ドマスのキックアウトからラムが3PTを決めると
GR3がロングミドルを返してきます。
更にGR3が3PTを決めてきたところでドマスが倒れてタイムアウト。

タイムアウト明け、そのまま試合に出続けるドマス。
ラムがミドルを決めますが、その後TOがつづきます。
ラッセルのミドルが決まり72−58とリードを詰められたところで
マコーネルのフローターが決まり、スティール。

ドマスがファウルをもらい、FTで2点追加。
しかしウォレンが2本の3PT外す中で、GSWが3本の3PTを沈め
12−2のランを成功させ、80−71と一桁差に詰められます。

INDはタイムアウトを取りますが、ラッセルの3PTは止まらず。
ウォレンのレイアップでなんとか落ち着かせますが、82−75。
ラッセルのショットをウォレンがブロックし、その後FTをもらいますが
1本ミス。83−75となり、ドレイモンドに3ポイントプレイを決められ83−78。

ちょっと熱くなっているウォレンがタフショットを決めますが、
ラッセルが再び3PTを沈め4点差。
今日は吠えないタイプの野犬モードのアーロンが3PTを決め88−81。

お互いにミスが続いた後、アーロンの3PT、 ウォレンのスティールからのダンク、
GR3のプットバックダンク、
ラムの3PTが決まり、INDファンのターン。
GRは敵だけどナイスプレイだった。

96−83と再びリードを広げることに成功したIND。
ここでマクダーモットが投入されます。

ここのところ不調だったラムが後半に入りエンジンがかかってきます。
最後にバークスに3PTを決められてしまいましたが、98−86で第3Q終了。

====第4Q====
後半に入ってもマクダーモットの制度は落ちず、3PTを沈めます。
マコーネルtoドマスのアリウープレイアップも決まりますが、
GSWの勢いも止まらず、103-95と少し詰められます。

マコーネルがタイミングをずらしたレイアップを決めて再び10点リードへ。
スティールからのファストブレイクでまたしてもマクダーモットの3PT。
しかしパスカルが食らいついてきて一気に突き放せません。

ドマスがタフレイアップを決めてもプールが連続3PTを決めて
110−103とまた詰め寄ってきたところでINDタイムアウト。

タイムアウト明け、ウォレンとバークスがミドルをミス。
マコーネルがレイアップを決めてラムがスティール。
ドマスがファウルをもらい、インバウンズでプレイ再開。
ここは苦しいオフェンスとなり、マコーネルがシュートミス。
プールが3本のFTを獲得し、全て決めて112−106。

ドマスがダブルダブルに遭い、苦労しますが
マコーネルが決めて、プールの3PTはミス。

再びドマスにはダブルチームにきますが、ラムがうまいこと
走りこんできてレイアップを決めます。
プールがチャージングを取られ、INDボール。
ウォレンとドマスがオフェンスリバウンドを粘り2点をねじ込みます。
118−106と再び突き放しにかかったところでGSWタイムアウト。

マクダーモットがこの試合初のミスショットとなりますが、
続いての3PTは見事に沈めて6本目の3PTを決めて24pt。
ラッセルも好調のままで3PTをお返しされます。
ドレイモンドに2本のFTを決められて121−113。
残り4分を切りましたが、安心できません。

ここからはマコーネルに替わってアーロンが出ますが、
ターナーは出てきません。
パスミスでTOとなり、パスカルにFTを与えてしまいます。
1本目を決めたところでターナーがコートに戻ります。

121−115、残り3分というところでアーロンの3PT。
リードを9点に広げるビッグショットが決まりました。

ラッセルがFTで2点を追加しますが、ラムのレイアップが
ゴールテンディングとなり点差は変わらず。
ドマスのキックアウトからウォレンが3PTを決め129−118。

ラッセルへブロックにいったラムがファウルを取られますが、
「絶対にファウルじゃない」アピールをしたラム。
それに応えてチャレンジをするマクミラン。
良いコーチだと思います。

結果、チャレンジ成功でラムのブロック。
ターナーも最後にブロックにはならなかったようですが、
ナイスディフェンスで失点を防ぎ、129−118で勝利。

楽な時間帯があったと思ったら、かなり苦戦させられましたが、
こういった試合でも崩れずに勝ち切れたのは大きいですね。
ロードトリップも3勝1敗で残すところ1試合。

IND 129 - 118 GSW

Game73:vsウォーリアーズ【NBA_Pacers】

2019年03月22日 13:50

個人プレイでどうにか出来るのはGSWのはずなのに、
INDがチームプレイをさせて貰えず、アイソレーションが増える。

その一方でチームプレイで点を重ねてくるGSW。
スターターが2枚抜けているというのもありますが、
チャンピオンチームになるにはまだまだ遠い道が
待っていると感じさせる一戦でありました。

IND 89 - 112 GSW

Game49:vsウォーリアーズ【NBA_Pacers】

2019年01月29日 11:39

このタイミングでGSW戦という、厳しいスケジュールを組んでいたNBA。
試練に試練が重なりますが、試合前に病室のオラディポからの
ビデオレターが届き、開始直前の最終確認の時間なのにドマスや
他数人はビデオに釘付けになっていました。

普段はGリーグを主戦場としているサムナーが
タイリークの代わりにスターターとして出場。
GリーグとNBAでも結構な差があると思いますが、
キャリア初のスターター出場が王者相手とは
サムナーも持っているのか持っていないのか分かりません。

前半終了時点でステフがFG9/10、3PT5/5で23ポイントと
手の付けられない状態でした。

サムナーは第1Qにボヤンとの良い合わせでレイアップを決めましたが、
FG1/5で2点止まり。さすがにGリーグでの様に得点を
重ねて行く事はできていませんでした。

後半はカズンズのリハビリの場みたいな時間帯がありましたが、
INDも流石に今日は30分越えは一人もおらず。
FG1/10のサムナーにとってはお勉強の場となりました。

もう一人のお勉強の試合だったアーロン・ホリデーは
3PTを4/5で沈め、12ポイント。4アシストも決めています。
今後に繋がる何かが少しでも握っていて欲しいです。

今日の敗戦よりも、次負けないことが大切です。
タイリークが戻るとサムナーはほとんど時間を貰えないと思いますが、
数試合続けてチャンスを与えてあげて貰いたいです。
今日の試合だけでテスト終了だったら不運過ぎます。

GSW 132 - 100 IND

Thank you Warriors【NBA_Pacers】

2019年01月29日 08:19


今日はタイリークが欠場で代わりにエドモンド・サムナーがスターターとなります。

マクミランも思い切った采配しますね。楽しみです。
そしてGSWありがとう。

怪我人追加のウォーリアーズ戦【NBA_Pacers】

2016年11月22日 16:51

連戦でホームに戻ってGSWとの対戦。

ポール・ジョージ 21.0pts 足首
マイルズ・ターナー 15.0pts 足首
C.J.マイルズ 13.0pts 膝

とチームのトップスコアラー4人の内3人を怪我で欠いての
試合となりました。(残りはティーグの15.7pts)

ステフ、クレイ、KDと誰も休ませる事なく
戦いに応じてくれたGS。歓声もホームチームに対するものよりも
大きかったような気がしましたが、今の状況を考えると仕方なしですかね。

GR3、アルジェファがスターターとして出場しましたが...
GSW 120 - 83 IND

ティーグが足首を捻りましたが、コートに戻るべき状況であれば
戻れたとの事で問題ないそうです。無理をせずに済んだので
不幸中の幸いと言えそうです。

お疲れ様でした。
試合は夜にでも観ます。

Passion Pride Pineapple vsウォーリーアーズ【NBA_Pacers】

2015年12月09日 12:30

今日はブランドン・ラッシュがスターターとしてインディアナに帰ってきました。
相方には絶賛ブレイク中のとにかく外さないトンプ村を率いて、こんな田舎に
営業に来てくれました。

序盤こそ良い勝負を演じましたが、途中から完全に相手ペース。
トンプ村の「安心してください、決めますよ」砲が炸裂し、
一時は30点ものリードを奪われ、ブローアウトモード突入になりかけたのですが、
第4Qに入り、チェイスが爆発、マイルズの3PTも決まり始め、
あれ?という点差に。

もちろん勝ちに繋がる程ではありませんでしたが、名将ウォルトンが
ステフ、トンプ村、グリーンを戻した事からも少しは焦りが見えました。
ポールが30点目となる3PTを決めて108-121。
まだまだ足りませんが、その後もオフェンスリバウンドを取り続けて
ポールのチップインで114-125。

ソロモンがダンクとレイアップを決め、チェイスのプットバックレイアップで
120-127。ファウルを貰っており、FTは外しましたが、ソロモンが
オフェンスリバウンドを取りました。ここでマイルズの3PTは外れて
しまいましたが、これが決まっていればもう少し面白くなったかもしれませんね。

最後、ファウルゲームとなりますが、ステフがなんと2/4。
これは珍しいです。そして尚更マイルズのミスが悔やまれました。
何とかワンポゼッションゲームに持って行きたかったですが、そこまでは
許して貰えず。

ステフには結局29点取られましたが、本調子ではありませんでした。
ただ、クレイが3PT10/16で39点とバカ当たり。
そして二人を止めようとすると簡単に裏を取られ、イージーバスケットや
アリウープが飛び出す始末。

この試合をただの休める試合にしなかったのは素晴らしいですが、
GSWに勝てるビジョンは見当たりませんでした。

マイルズが24点、ポールが33点、8リバウンド、6アシスト、3スティールと
二人の頑張りはありましたが、チャンピオンチームを倒すには不十分でした。

ただ、これ相手がGSWでなければ勝ち試合だった可能性がとても高いです。
こういう仮定は何の意味もありませんが、こういう試合も出来るというのを
見せて貰えたのは良かったかなと思います。

足首を捻ったクレイが心配ではありますが、平気であるといいですね。

GSW 131 - 123 IND


New