レヴァートの怪我とかメロとかジミーちゃんの事【NBA】

2018年11月13日 13:58

4日間もペイサーズの試合がない為、他のチームにも目を向けてみたいと
思いましたが、嬉しくないニュースが舞い込んできました。

レヴァートの怪我
ネッツのカリス・レヴァートが今日のミネソタ戦で深刻な怪我を負ったとの事。
映像は見ていませんが、ヘイワードと同類の怪我という事で、今後も映像は探しません。

レヴァートはINDがピックしましたが、Thadとのトレードでネッツへ。
その後も何となく気にはしていましたが、今シーズンは平均得点を12.1から19まで
上げて順調に成長を遂げている所でした。

泣きそうなチームメイトや、顔を下げる者、タオルで顔を隠す者、
敵味方関係無く、非常に悲しい空間となっていました。
最後まで試合を戦い抜いた両チームの皆様、お疲れ様でした。

カーメロの動向
既にロケッツとしての最後の試合を終えたと言われているカーメロ・アンソニー。
スターターに拘っていた彼が新天地ロケッツでベンチを受け入れたと思ったら
10試合でそれも終わってしまったようです。どちらの言い分でこうなったかまで
調べていませんが、負け先行で始まったシーズンとは言え、優勝を狙えるチームにいても
こうだと彼を獲得したいと思うチームは出てこないかもしれません。

ジミーちゃんはフィットするのか
シクサーズへ移籍する事となったジミー・バトラー。
エンビード、シモンズがいて3PT職人のレディックもいます。
クラッチに強いとは言え、ちょっと癖の強い人のイメージが付いてしまった
ジミーちゃんにラストショットを打つチャンスは回ってくるのか。
自分がボールを保持してラストショットを打った時にチームメイトや
ファンが納得してくれるのか。本人も元々そのつもりしかないでしょうけど、
結果を出す他ありません。せっかく西へ行ったのに東に戻って来なくても
良かったのに。IND的にはあまり相性良くない選手なのでシクサーズが
更に苦手になってかもしれません。

Game11:vsロケッツ【NBA_Pacers】

2018年11月06日 12:00

強いチームとの試合が続きますが、今日はホームでロケッツ戦。

トランジションオフェンストップクラスのジェームズ・エニスIIIに
試合開始早々ボールを持って行かれてレイアップされるという
嫌な滑り出しでした。

ハーデンの攻め手の多さや、簡単にロブパスや裏を取られて
リードを奪われていった序盤。ディフェンスがいてもいなくても
お構いなしに決めてくるハーデンの3PTは厄介ですね。

ペイサーズはゴール下でのシュートが全く入らない時間もありましたが、
ドマスがプットバンクダンクで落ち着かせます。

第2Qに入るとベンチ陣がリズムを作りはじめ、
マクダーモットの3PTも決まり、オラディポのシュートで逆転。
リードを広げたい所でしたが、53-55の2点リードで前半終了。

第3Q開始すぐに逆転されます。
FTはしっかり決めておきたいです。

ターナーのミドルで再逆転に成功すると、DCがスティールからの
レイアップで3点リード。ディフェンスから得点を重ねて行く
自分達のスタイルへ持って行きたい所。

HOUが6連続TOでINDのターンとなりましたが、
そこまで点は伸ばせず、57-65の8点リードでHOUがタイムアウト。
ここではもっと点数を取っておきたかったです。

INDのオフェンスが好調ではない為、すぐに追いついて来るHOU。
かろうじて逃げますが、何試合も連続でクラッチタイムに決まる試合というのも
身体に悪いのですっきり快勝する所も見たいです。

FTは17/26と9点も損していますが、
なんとか69-75でリードを保ちながら第3Q終了。
タイリークさん、3PT決めてくれるならFTもしっかりお願いします。
悪くはないのですが、どこかピリッとしない今日の彼。
試合中のカムバックを期待したい所。

第4Qに入り、タッカーとカーメロの3PTで同点に追いつかれると、
CP3にも決められて一気に逆転。その後、レフリーにイライラしていた
マクミランがテクニカルを取られ、3点ビハインドとなります。

今日もオラディポのクラッチ3PTが決まりましたが、
ハーデンを始めとするロケッツには及ばず。
しっかりとFTを決めるハーデンと、ポロポロ外し続けたINDの差でもありました。

最後のオラディポの決まり具合は素晴らしかったですが、
それ以外にも攻め手が欲しいですね。アイソレーションだけだと
外れたら終わりなだけですし、スクリーン使ってフリーを探してパスとかも
出来ればフリーで打てるチャンスも増えると思います。

3点を追う場面だとどうしても外から打たないといけなくなりますが
もう一工夫欲しいですね。シーズンを通しての課題となりそうです。

HOU 98 - 94 IND

vs ロケッツ【NBA_Pacers】

2016年01月11日 20:53

またしても勝てそうな試合を落としたペイサーズ。
ということはまぁ勝てないチームという事なのでしょう。

同点でのラストショットはポールが打つべきだと思います。
アリーザが付いていたら厳しいのは分かりますが。

第4Q残り1分でせっかくスティールしたのに時間も使わずに
3PTを外したポール。モンテも前の試合に引き続きクラッチタイムのTO。
そして17秒にアリーザの3PTを食らい同点。
最後は何の工夫もないモンテのプルアップジャンパー。

そしてOTでせっかく6点連取したのに3PT連発で逆転を許し、
最後2回のチャンスを無駄にしてしまったペイサーズ。
しかもドワイトがリバウンドを取ったなら即ファウルにいっても
良さそうなのに諦めた(ように見えた)マヒンミ。
もっと早くファウルにいけましたよね。

しかし、そこで速攻で走られて負けが確実に。

スモールでいく為に色々と改革をしたのに相手によって結局
ラヴォイとマヒンミを使うという采配。
今はプレイオフ圏内ですが、早く方針を再決定しないと
来シーズン以降バラバラになってしまいそうな気がします。

IND 103 - 107 HOU

Game62 @ロケッツ【NBA_Pacers】

2014年03月08日 15:13

前回ホームで快勝したヒューストン・ロケッツ戦。
アウェイでは逆にぼこぼこにされました。

今季2回目の連敗で初の3連敗。
最近よくない試合が続き、見るに耐えませんが
どうにか復活してもらいたいですね。

IND 86 - 112 HOU 18332

Game 26 vsロケッツ【NBA_Pacers】

2013年12月21日 13:15

今日はプレシーズンで2連敗しているヒューストン・ロケッツと対戦。
オマー・アシクのトレード話で揺れていましたが、結局成立せず。
ジェレミー・リンが怪我で欠場という中、ペイサーズは
遂にダニー・グレンジャーが復帰しました。

出だしは少し遅れましたが、第1Q中に逆転すると、その後は
危なげなくリードを広げ、ダニーの背番号と同じ33点差で勝利。

ダニーは第1Q途中にスコラと共に出て来て、最初のプレイは
ドワイトに対するビッグブロックでした。
シュートタッチとTOはまだまだでしたが、3PTを1本決め、
パスもなかなか良い感じでした。

観客もダニーを待ち望んでいましたし、チームメイトのプレイも
いつもよりハッスルしていた感じがありました。
ランスとヒルの動きも良く、スコラは3PTを決めてしまいました。
ポールもファストブレイクからのリバースダンクを決めたり、
まさにダニー復活祭でした。

ダニーが3PTを決めた後、ヒバートが祝福。
第4Qに仕事を終えてベンチに戻った際にはポールとハグ。
その後、ポールとヒバートは観客を煽っていました。

ドワイト対ヒバートはドワイトに軍配が上がりましたが、
今日はハーデンとベンチが不調でINDとしては助かりました。

全てがうまく行き過ぎた感がありましたが、連敗を止め、
また立て直しするにはふさわしい試合でした。

HOU 81 - 114 IND 18165

ポール 30min 24pts 9reb 4ast 3stl
ランス 35min 16pts 6reb 6ast
ヒル 25min 12pts 5ast
スコラ 16min 13pts 6reb
ダニー 22分 5pts(1/7) 2reb 2ast
[Game 26 vsロケッツ【NBA_Pacers】]の続きを読む

プレシーズン第3戦 vs ロケッツ【NBA_Pacers】

2013年10月14日 04:06

今日は完璧に試合時間を間違えましたが、何故かオンタイムでは
iPhoneでの観戦ができなかったのでPCでじっくり見ました。
twitterを覗いてしまったので結果自体は分かっていましたが
これまでの試合よりは多少良くなった部分が見えたので楽しめました。

・台湾のお客さんの熱が素晴らしい。
 リンがいるので基本的にHOUのホームみたいな感じでしたが、
 両チーム共に良いプレーには全力で歓声をあげていました。
・リンは今も「持ってる」
 素晴らしい台湾凱旋となりましたね。
・HOUのパスワークがすばらしい。
 ドワイトはうまい所を見せつつも、まだ本調子では無い様子。
 彼がかみ合ってくると本当に優勝候補の一角となると思います。
・ダニーがようやくファストブレイクを決め、シュートタッチも好調。
 ウエストも喜んでました。
・ヒバートは完璧ではありませんし、オフェンスでは空気ですが、
 ディフェンスは良く頑張っていたと思います。
・ランスも見せ場を作り、ポールも良い場面がありました。
・前半は大差を付けられましたが、後半は2点差まで詰め寄る勢い。
 しかし、要所要所でHOUの3PTが決まり、結局追いつけず。
 やられっぱなしでないのは良いですが、もうワンパンチ欲しいです。
・コープランドは2本程3PTを決めましたが、本来打ちたいタイミングで
 貰えてないという事なのでしょうかね。ここは要修正です。
・ワトソンは今の所オーガスティンのアップグレードと
 考えてよさそう。ミスはありますが、シュートはうまいです。
・今日はスコラがお休み。
・ヒルはプレイを続行したものの、途中で足首を捻った。
・ベンチでのポパイ・ジョーンズの顔がホラーだった。
・洋服を脱いだおっさんが退場食らってた?

IND 98 - 107 HOU 13686

プレシーズン第2戦 vs ロケッツ【NBA_Pacers】

2013年10月11日 10:07

フィリピンで初のNBAの試合が行われましたが、
ペイサーズにとってはほろ苦い思い出となりました。

出だしからミス連発で12-0のランを食らうと一度も追いつくことなく
終始リードされてしまいました。
途中で追いつく場面もありましたが、チームとしての完成度に大きな
差を感じましたが大丈夫でしょうか。

HOU 116 - 96 IND 12885
・チームプレーで点を取るHOUに対し、ミスばかりで個人技に頼るIND
・ミスマッチを突いているのに、そこへ出すパスをミス
・早速ウエストがベンチで不機嫌な顔
・ダニーまたもやファストブレイクミス(味方のフォローあり)
・コープランドのグリーン臭(今までのところ)
・ワトソンのシュートは良さそう
・スコラが改善された
・後半のスタートはヒル、ポール、ダニー、ウエスト、ヒバート
・前回と違い、色んな組み合わせを試そうという意思が顕著だった
・INDはパスミスとFTミスが多い
・ポールとハーデンの安定感の違い
・オーランドのなんとかしようという姿勢は良かった
 髪型はあまり良くなかった
・INDが酷かったからか、HOUの完成度が高く見えた
 ドワイトという欲しかったものを得て全員が活き活きしているような
 ドワイト自身もミスは多いものの伸び伸びとプレイしている印象です

とにかく重いですね。オフェンスもディフェンスも昨年の最初みたいです。
特にスターター5人は変わってないのにプレイオフとは別物のような印象です。

そしてダニー。全体的にスピード感がありません。
シュートを打てているのは良いですが、この感じでは
ベンチから出てきて流れを変えるという役割は難しいかも。
一つスコラへのナイスパスがありました。

これがプレシーズンで良かったですね。
恐らく次の試合も放送があると思われるので楽しみです。


New