vs ロケッツ【NBA_Pacers】

2016年01月11日 20:53

またしても勝てそうな試合を落としたペイサーズ。
ということはまぁ勝てないチームという事なのでしょう。

同点でのラストショットはポールが打つべきだと思います。
アリーザが付いていたら厳しいのは分かりますが。

第4Q残り1分でせっかくスティールしたのに時間も使わずに
3PTを外したポール。モンテも前の試合に引き続きクラッチタイムのTO。
そして17秒にアリーザの3PTを食らい同点。
最後は何の工夫もないモンテのプルアップジャンパー。

そしてOTでせっかく6点連取したのに3PT連発で逆転を許し、
最後2回のチャンスを無駄にしてしまったペイサーズ。
しかもドワイトがリバウンドを取ったなら即ファウルにいっても
良さそうなのに諦めた(ように見えた)マヒンミ。
もっと早くファウルにいけましたよね。

しかし、そこで速攻で走られて負けが確実に。

スモールでいく為に色々と改革をしたのに相手によって結局
ラヴォイとマヒンミを使うという采配。
今はプレイオフ圏内ですが、早く方針を再決定しないと
来シーズン以降バラバラになってしまいそうな気がします。

IND 103 - 107 HOU

Game62 @ロケッツ【NBA_Pacers】

2014年03月08日 15:13

前回ホームで快勝したヒューストン・ロケッツ戦。
アウェイでは逆にぼこぼこにされました。

今季2回目の連敗で初の3連敗。
最近よくない試合が続き、見るに耐えませんが
どうにか復活してもらいたいですね。

IND 86 - 112 HOU 18332

Game 26 vsロケッツ【NBA_Pacers】

2013年12月21日 13:15

今日はプレシーズンで2連敗しているヒューストン・ロケッツと対戦。
オマー・アシクのトレード話で揺れていましたが、結局成立せず。
ジェレミー・リンが怪我で欠場という中、ペイサーズは
遂にダニー・グレンジャーが復帰しました。

出だしは少し遅れましたが、第1Q中に逆転すると、その後は
危なげなくリードを広げ、ダニーの背番号と同じ33点差で勝利。

ダニーは第1Q途中にスコラと共に出て来て、最初のプレイは
ドワイトに対するビッグブロックでした。
シュートタッチとTOはまだまだでしたが、3PTを1本決め、
パスもなかなか良い感じでした。

観客もダニーを待ち望んでいましたし、チームメイトのプレイも
いつもよりハッスルしていた感じがありました。
ランスとヒルの動きも良く、スコラは3PTを決めてしまいました。
ポールもファストブレイクからのリバースダンクを決めたり、
まさにダニー復活祭でした。

ダニーが3PTを決めた後、ヒバートが祝福。
第4Qに仕事を終えてベンチに戻った際にはポールとハグ。
その後、ポールとヒバートは観客を煽っていました。

ドワイト対ヒバートはドワイトに軍配が上がりましたが、
今日はハーデンとベンチが不調でINDとしては助かりました。

全てがうまく行き過ぎた感がありましたが、連敗を止め、
また立て直しするにはふさわしい試合でした。

HOU 81 - 114 IND 18165

ポール 30min 24pts 9reb 4ast 3stl
ランス 35min 16pts 6reb 6ast
ヒル 25min 12pts 5ast
スコラ 16min 13pts 6reb
ダニー 22分 5pts(1/7) 2reb 2ast
[Game 26 vsロケッツ【NBA_Pacers】]の続きを読む

プレシーズン第3戦 vs ロケッツ【NBA_Pacers】

2013年10月14日 04:06

今日は完璧に試合時間を間違えましたが、何故かオンタイムでは
iPhoneでの観戦ができなかったのでPCでじっくり見ました。
twitterを覗いてしまったので結果自体は分かっていましたが
これまでの試合よりは多少良くなった部分が見えたので楽しめました。

・台湾のお客さんの熱が素晴らしい。
 リンがいるので基本的にHOUのホームみたいな感じでしたが、
 両チーム共に良いプレーには全力で歓声をあげていました。
・リンは今も「持ってる」
 素晴らしい台湾凱旋となりましたね。
・HOUのパスワークがすばらしい。
 ドワイトはうまい所を見せつつも、まだ本調子では無い様子。
 彼がかみ合ってくると本当に優勝候補の一角となると思います。
・ダニーがようやくファストブレイクを決め、シュートタッチも好調。
 ウエストも喜んでました。
・ヒバートは完璧ではありませんし、オフェンスでは空気ですが、
 ディフェンスは良く頑張っていたと思います。
・ランスも見せ場を作り、ポールも良い場面がありました。
・前半は大差を付けられましたが、後半は2点差まで詰め寄る勢い。
 しかし、要所要所でHOUの3PTが決まり、結局追いつけず。
 やられっぱなしでないのは良いですが、もうワンパンチ欲しいです。
・コープランドは2本程3PTを決めましたが、本来打ちたいタイミングで
 貰えてないという事なのでしょうかね。ここは要修正です。
・ワトソンは今の所オーガスティンのアップグレードと
 考えてよさそう。ミスはありますが、シュートはうまいです。
・今日はスコラがお休み。
・ヒルはプレイを続行したものの、途中で足首を捻った。
・ベンチでのポパイ・ジョーンズの顔がホラーだった。
・洋服を脱いだおっさんが退場食らってた?

IND 98 - 107 HOU 13686

プレシーズン第2戦 vs ロケッツ【NBA_Pacers】

2013年10月11日 10:07

フィリピンで初のNBAの試合が行われましたが、
ペイサーズにとってはほろ苦い思い出となりました。

出だしからミス連発で12-0のランを食らうと一度も追いつくことなく
終始リードされてしまいました。
途中で追いつく場面もありましたが、チームとしての完成度に大きな
差を感じましたが大丈夫でしょうか。

HOU 116 - 96 IND 12885
・チームプレーで点を取るHOUに対し、ミスばかりで個人技に頼るIND
・ミスマッチを突いているのに、そこへ出すパスをミス
・早速ウエストがベンチで不機嫌な顔
・ダニーまたもやファストブレイクミス(味方のフォローあり)
・コープランドのグリーン臭(今までのところ)
・ワトソンのシュートは良さそう
・スコラが改善された
・後半のスタートはヒル、ポール、ダニー、ウエスト、ヒバート
・前回と違い、色んな組み合わせを試そうという意思が顕著だった
・INDはパスミスとFTミスが多い
・ポールとハーデンの安定感の違い
・オーランドのなんとかしようという姿勢は良かった
 髪型はあまり良くなかった
・INDが酷かったからか、HOUの完成度が高く見えた
 ドワイトという欲しかったものを得て全員が活き活きしているような
 ドワイト自身もミスは多いものの伸び伸びとプレイしている印象です

とにかく重いですね。オフェンスもディフェンスも昨年の最初みたいです。
特にスターター5人は変わってないのにプレイオフとは別物のような印象です。

そしてダニー。全体的にスピード感がありません。
シュートを打てているのは良いですが、この感じでは
ベンチから出てきて流れを変えるという役割は難しいかも。
一つスコラへのナイスパスがありました。

これがプレシーズンで良かったですね。
恐らく次の試合も放送があると思われるので楽しみです。

T-Mac引退 & バトラーオフ2度目のトレード【NBA】

2013年08月30日 10:51

一時期に比べて少し動きがありますが、その都度チェックできずにいます。
晩年は怪我で思うような動きができませんでしたが、オールスターで
一人アリウープのを綺麗に決めて見せたトレイシー・マグレディが引退を発表しました。

トロントにいた時はビンス・カーターとの従兄弟コンビで注目を集めましたが、
その後お互いに色んなチームを渡り歩く事となりました。
二人ともミドルネームがラマーだったとHoopに書いてありました。

ラマーと言えばオドム。
過去に薬物依存に苦しんで行方不明だとかそうでないとか。
LACとの契約という噂もありましたが、そのLACはアントワン・ジェイミソンと
1年1.4Mのベテランズミニマム契約となりました。
LAL→LACの為、引っ越しの必要もありません。

【契約等】
HOU ロニー・ブリュワーと契約
アイバン・ジョンソン 中国へ

【トレード】
バックス-サンズ間
 MIL獲得 カロン・バトラー
 PHX獲得 イシュ・スミス、Viacheslav Kravtsov

 バトラーのトレードはなんか複雑ですね。
 FA解禁後にLAC-PHX-MIL間のトレードの一貫で
 LACからPHXに移籍しましたが、約2ヶ月後にもう一つの取引先の
 MILへ行くこととなりました。

【姉さん、事件です】
ATL マイク・バデンホルツァーが飲酒運転で逮捕
 去年でしたか、ジェイソン・キッドも飲酒運転で車を大破させていましたが、
 一歩間違えば大惨事になりかねません。ばれてないだけでやってる人も多いと
 思いますが、自らの事故でファンをガッカリさせないで貰いたいですね。
 
 飲酒とは関係があったかは知りませんが、過去にブルズのジェイ・ウィリアムズという
 将来が楽しみと言われていた選手がバイク事故で選手生命を絶たれてしまった
 という事もありました。事故に関しては様々な要因が絡むので
 運という一面もあると思いますが、飲酒運転に関しては防げる事ですからね。

2013年版・入れ替えの多いチーム【NBA】

2013年08月01日 17:09

2013年オフにトレードやFAによる出入りの多いチームを
挙げてみました。

ミルウォーキー・バックス 計16人
 +FA C.デルフィノ、O.J.メイヨ、G.ニール、Z.パチュリア
 +トレード B.ナイト、V.Kravtsov、K.ミドルトン、L.リドナー
 -FA S.ダレンベア、MDJ、M.エリス
 -トレード B.ジェニングス、バームーテ、J.J.レディック
 -ウェイブ G.アヨン、D.グッデン
  +8人 -8人


ダラス・マーベリックス 計13人
 +FA D.ブレア、J.カルデロン、S.ダレンベア、W.エリントン
    M.エリス、G.Mekel
 -FA E.ブランド、DC、C.ケイマン、O.J.メイヨ、A.モロー
 -トレード J.カニンハム
 -ウェイブ J.Akognon
  +6人 -7人

ブルックリン・ネッツ 計13人
 +FA A.アンダーソン、A.キリレンコ、S.リビングストン
 +トレード KG、P.ピアース、J.テリー
 -FA C.J.ワトソン
 -トレード K.ボーガンス、M.ブルックス、K.ハンフリーズ
       K.ジョセフ、G.ウォレス
 -ウェイブ D.J.ホワイト
  +6人 -7人


ボストン・セルティックス 計12人
 +FA V.Faverani、P.プレッシー
 +トレード K.ボーガンス、M.ブルックス、K.ハンフリーズ
       G.ウォレス
 -トレード KG、P.ピアース、J.テリー、D.J.ホワイト
 -ウェイブ K.ジョセフ、T.ウィリアムズ
  +6人 -6人

ゴールデンステイト・ウォーリアーズ 計12人
 +FA T.ダグラス、JO、M.スペイツ
 +トレード A.イグダラ
 -FA J.ジャック、C.ランドリー
 -トレード R.ジェファーソン、A.ビードリンス、B.ラッシュ
 -ウェイブ -D.ジョーンズ、S.マチャド、K.マーフィー
  +4人 -8人


トロント・ラプターズ 計11人
 +FA D.J.オーガスティン、T.ハンズブロー、A.デイ、D.バイクス
 +トレード S.ノバック、Qリッチ
 -FA A.アンダーソン、J.ルーカス
 -トレード A.バルニャーニ
 -ウェイブ 勉族、L.クレイザ
  +6人 -5人

ヒューストン・ロケッツ 計11人
 +FA 勉族、O.カスピ、R.ウィリアムズ、R.コビントン
    ドワイト、B.J.ヤング
 -トレード T.ロビンソン、R.ホワイト
 -ウェイブ J.アンダーソン、C.デルフィノ、T.オルブレヒト
  +6人 -5人

ユタ・ジャズ 計11人
 +FA I.クラーク、J.ルーカス
 +トレード R.ジェファーソン、A.ビードリンス、B.ラッシュ
 -FA アルジェファ、D.キャロル、P.ミルサップ、E.ワトソン
 -トレード R.フォイ、K.マーフィー
  +5人 -6人

ニューオーリンズ・ペリカンズ 計11人
 +FA A.モロー、G.スティームズマ
 +トレード 大陸、T.ホリデー
 -FA L.アマンドソン、X.ヘンリー、R.メイソンJR
 -トレード R.ロペス、T.ハリス、G.バスケス
 -ウェイブ L.トーマス
  +4人 -7人


フェニックス・サンズ 計10人
 +トレード E.ブレッドソー、C.バトラー、G.グリーン
       M.プラムリー、M.リー
 -FA W.ジョンソン、JO
 -トレード J.ダドリー、L.スコラ
 -ウェイブ H.ハッダディ
  +5人 -5人

ロサンゼルス・レイカーズ 計10人
 +FA E.ハリス、W.ジョンソン、C.ケイマン
    N.ヤング、J.ファーマー
 -FA E.クラーク、A.ガウデロック、ドワイト
 -ウェイブ C.デュホン、世界暴力
  +5人 -5人

ロサンゼルス・クリッパーズ 計10人
 +FA DC、B.マレンズ
 +トレード J.ダドリー、J.J.レディック
 -FA C.ビラップス、R.トゥリアフ
 -トレード E.ブレッドソー、C.バトラー
 -ウェイブ D.サマーズ
 -引退 G.ヒル
  +4人 -6人

デトロイト・ピストンズ 計10人
 +FA C.ビラップス、L.Datome 、ジョスミ
 +トレード B.ジェニングス
 -FA J.カルデロン、J.マキシール
 -トレード B.ナイト、V.Kravtsov、K.ミドルトン
 -ウェイブ K.イングリッシュ
  +4人 -6人

2013-14 Player Movement Tracker
2012年版


New