Game17:vsジャズ【NBA_Pacers】

2018年11月20日 14:23

オラディポが右膝を痛めている為欠場となったジャズ戦。
苦戦が強いられると覚悟していましたが、予想に反して
オフェンスもディフェンスも好調なペイサーズ。

オラディポの代わりにスターター出場となったタイリークも
開始5分で3アシスト。6分過ぎからボーギー、DC、ターナーが
3PTを決め、ベンチから出てきたジョセフも3PTを決めます。
残り2分を来てアーロン・ホリデーも登場。

スティールからの得点が多く、19-32と最高のスタートを切りました。

第2Q、今度はドマスの3PT。最大20点リードを奪いましたが、
ルビオが3PTにレイアップと点を取り10点差まで詰められました。
ミッチェルやイングルスが乗ってくると厳しかったと思いますが、
好調なのはルビオのみ。ピック&ロールからのイージーバスケットを
許すシーンは少なくありませんでしたが、INDはバランス良く点が取れ
47-57とリードをキープしたまま前半が終了しました。

第3Qに入っても好調のルビオが止まりませんでしたが、
INDはボーギーを中心に点を取り続けます。
アーロンが3PTを決めるとベンチも大盛り上がり、
誰が出ていてもディフェンスの集中が保たれていました。

最後まで緩む事なく、94-121の快勝でオラディポの不在を
全員でカバーし合いました。

ミッチェル7点、イングルス5点に抑えられたのが大きかったです。

INDはボーギーが21pts、ターナーが12pts、6reb、4ast、3blk、
アーロンが21分で19pts、7rebと安定した活躍を見せました。
ドマスはトリプルダブル目前の19pts、9reb、9ast。

チームアシストが35という数字に表れている様に、ボールがよく周り、
ディフェンスから得点に繋げる事ができました。
ジャズより19本も多くのシュートを打ち、13本も多く決めました。
序盤あれだけ入った3PTも結果的にはIND:12/25。UTA:11/25と
ほとんど差は出なかったので、ここがアドバンテージになった訳では
ありませんでした。

TOからの得点が33-11と圧倒できた事、
11ブロックはされましたが、ペイント内の得点が54-36と
外だけに頼らなかったのが効きました。

昨年オラディポが欠場した試合は7戦全敗だった事を考えると
チーム作りに成功していると言えそうです。
アーロンがこのまま活躍を続けてくれると更に層が厚くなりますし、
来年以降も期待が持てます。

次はここ2試合で100点を取ったケンバ・ウォーカーのいる
ホーネッツとの対戦です。ディフェンスで抑えられたらいいですね。

UTA 94 -121 IND

Game16:vsホークス【NBA_Pacers】

2018年11月19日 18:20

昨日はback to backでホークス戦がありました。
開始早々オラディポがアタックをしかけた時にカメラにぶつかり、
客席に突っ込んでロッカールームへ下がると、そのまま戻らず。

タイリークが出てきますが、13-5のランを食らって27-25と逆転されます。
第2Qに入っても9-0のランを食らい、追いかける展開へ。
残り4分をきったあたりからINDが14-1のランで44-44の同点に追いつくと
ボーギーの3PTで逆転。このまま行きたい所でしたが、
ここからATLに12-0と走られ56-47で前半終了。

ボーギーが12点、タイリークとターナーが10点ずつでしたが
チームのFGが38%と低く、オラディポの抜けた穴を
埋め切る事ができませんでした。
ドマスの3ポイント、3リバウンド、3アシスト、3ファウル。

一方のATLは元INDのアレックス・ポイスレスが
無得点ながら3リバウンド、2ブロック。スターター起用されていました。

第3Qはオラディポの所にタイリークを入れてスタート。
ベイズモアに3PTを決められ、59-47。更にスティールから
ダンクを決められた所でマクミランが早々にタイムアウト。

ここでThadがチームと自分自身に喝を入れたそうで、
DCが3PTとレイアップを決めると、レンのショットをターナーがブロック。
Thadのハッスルでボールをセーブした後、ボーギーも3PTを沈め、
更にタイリークがドライブからファウルを貰いFT獲得。
1本しか決められませんでしたが、9-0のランで61-56。

しかしここからミスが続き、一気にとらえる事ができず。
Thadが4ファウルとなり、ドマス投入。
少しずつATLがリードしかけますが、DCの3PTと
ドマスからのアシストでマクダーモットがレイアップを決めて67-65。

そしてここでこの日多くのファンを驚かせる事になる
るーキー、アーロン・ホリデーの登場となります。

ダン・バークのテクニカルという珍しいシーンもありましたが、
FTは外してくれて2点差のまま。ATLのオフェンス中、
立って応援するターナー、リーフ、アニボグとアルゼイ。
ドマスがリバウンドを取るとガッツポーズを取るターナー。
ダブルダブルに3ブロックと充実している中、味方の応援も
忘れません。

そしてそのリバウンドの直後、アーロンが3PTを決めて逆転に成功。
ベンチの立ち上がり応援団にタイリークも加わっていました。

ThadがFTを2本外しますが、その後のプレイでは
強引に中に入り込みアンド1を成功させます。
11-0のランで67-71とリードを広げ、ATLはトラベリング。
しかしINDもドマスのムービングスクリーンを取られます。
長老ヴィンス・カーターに3PTを決められましたが、
72-73となんとかリードを保ったまま第3Q終了。

ジョセフの2連続スティールがありましたが、INDもミスがあり
リードを広げられず。するとアーロンが2本目の3PTを決めます。
更にドマスがオフェンスリバウンドを拾うとアーロンが
リムアタックから難しいレイアップを決めて74-80。
本人もだいぶ気合いが入っていました。

ベンブリーにレイアップを返された所でINDのタイムアウト。
ここでアーロンが下がるかと思いましたが、マクミランは
コートに残しました。トレイ・ヤングに攻め込ませないディフェンスを
見せるアーロン。今日は彼のアウトサイドが外れてくれて助かっています。

ボーギーがレイアップを決めて17点目。
更にドマスがチップインレイアップ。本当にリバウンドで頼りになります。
アーロンのファウルがかさんでいきますが、マクミランはベンチに戻さず。
アーロン、ジョセフ、マクダーモット、ボーギー、ドマスという布陣で
試合時間5分を切りました。

するとジョセフからパスを貰ったアーロンが3本目の3PTを決めて
78-89。更にアーロンのドライブからビハインドバックパスで
ドマスのレイアップをアシストすると、ジェレミー・リンから
オフェンスチャージを奪い取り、会場も大盛り上がり。
もちろんこの間、ターナーはベンチで大騒ぎしてました。

この後パスミスからファストブレイクを許し、ファウルを取られましたが、
後ろからものすごい跳躍力でブロックを狙っていました。
タイムアウトとなり、一番に迎えに出たのは同期のアルゼイ。
マクミランはメンバーを変えず、ボーギー以外はベンチメンバーで
試合を決めさせます。ボーギーがとどめとも言える3PTを決めると
ATLのシュートは決まらなくってきます。

INDは良い形でシュートは打てていましたが、決まらず。
カーターのFTで2点を返され、インバウンズをスティールされますが、
ATLは決めきれず。助かりました。

その後、キレイに試合を終わらせたとは言えませんでしたが、
リバウンドで54-41と圧倒。TO22とFTは改善の余地ありですが、
オラディポが抜けた試合でよく勝利をもぎ取りました。

まさかその立役者がルーキーとは思いもしませんでしたが、
マクミランはINDで100勝目。
ボーギーの22点を筆頭に、ターナーとドマスはリバウンド、
DCとジョセフは5アシストずつと、みんながそれぞれの仕事を
しっかりした結果かと思います。

アーロンによりチームが活気づくという、ATLにとってもINDにとっても
思いがけない結果となりました。

ATL 89 - 97 IND

Game15:vsヒート【NBA_Pacers】

2018年11月18日 20:16

久しぶりの試合はホームでヒート戦。
いつものスロースタートという程ではなかったものの、
ゴール下のシュートが悉く外れ、リードを奪われていきます。
ターナーは3PTも決め、2ブロックにシュートも好調の出だしでした。
終盤はTOも続き、27-15までリードを広げられましたが、
タイリークの3PTでなんとかお返しし、27-18で第1Q終了。

第2Qに入ると、ジョセフが5点をとり、相手に24秒オーバータイムさせると
マクダーモットの3PTで1点差まで詰める事に成功。
お互いにシュートを決め、ドマスのアンド1で逆転。
タイリークの3PTもあり、ベンチメンバーが全員躍動していました。

タイリークtoドマスのレイアップの直後に
リバウンドからドマスが運んで外で待っていたタイリークの
3PTをアシストという二人の世界が展開されました。

更にドマスのミスマッチを突いたポストから
ジョセフの3PTをアシストし、29-5のランで32-41と
リードを広げました。

残り2分13秒、ようやくオラディポがこの日初めての
シュートを決め、50-40。シュートは決まりませんでしたが、
ディフェンスはかなりタイトに頑張っていました。
前半で3回の24秒バイオレーションをさせ、チームとしての
ディフェンスも機能していましたし、リバウンドも22-22で
取れていました。

何よりもボールがよく回っている印象がありました。

第3Qに入ってもオラディポのシュートは決まらず1/8。
MIAに47-50まで詰められますが、ボーギーが3PTを決め、
ウィンズロウをターナーがブロック、更にDCが3PTを沈めて
47-56とまたリードを広げました。

9-0のランでリードを広げましたが、9-0のランを
返されて、一気に試合を決められず67-72で第3Q終了。

第4Q、ジョセフのリードからドマスのゴール下、
更にタイリークが3PTを決め、スティールからボーギーのダンクで
69-79と10点リードとなります。

オラディポがここまで5点と低迷する中、ベンチメンバー3人が
二桁得点とバランス良く攻める事が出来ているIND。

更にタイリークドマスコンビでダンク、タイリークが3PTを決めて
71-86とベンチメンバーでリードを広げていきました。

一気にいきたい所でしたが、MIAも粘ります。
ジョシュ・リチャードソンに6本目の3PTを決められて80-90。

INDは得点が決まらず停滞しますが、MIAも決めきれず、
ドマスがリバウンドを取り続けてくれたおかげで
なんとかリードをキープする事ができました。

残り2分、試合を決めにかかったオラディポの3PTは外れ、
リチャードソンにレイアップを決められ86-92。
DCのレイアップが外れ、またしてもリチャードソンに3PTを
決められて89-92と一気に詰められてしまいました。

タイムアウト明け、残り1分15秒で3PTを決めたのはエースオラディポでした。
この日は8点と、これまで続いた20点オーバーからは
かなり下がりましたが、味方を活かす場面も多く見え、
3PTの後のオフェンスではTOとなりましたが、
ここぞの場面で沈めたオラディポはさすがでした。

連休前の課題をほぼクリアした形で勝利。
オラディポのシュートが普通に入る日であれば
違った展開も見られたかと思います。

彼が8点でも勝てた、みんなが集中してプレイできていた事が
勝利に繋がりました。FTも8割超えていたので改善されましたかね。

MIA 91 - 99 IND

勝ち試合と負け試合のベンチメンバースタッツ【NBA_Pacers】

2018年11月15日 00:01

ドマンタス・サボニス
 WIN 16.1pts FG.733 8.9reb 2.4ast 2.1TO
 LOSS 11.7pts FG.614 8.8reb 2.5ast 2.0TO

 勝ち試合に関してはベンチスタートとは思えない成績のドマス。
 ミニッツを増やせばその分上乗せ出来そうな可能性も十分秘めています。
 リバウンドが取れる事もあり、彼が出てくると安定する事が多いですね。
 彼がいなかったらINDは一体どうなっていたのでしょうか・・・ 


タイリーク・エヴァンス
 WIN 13.0pts FG.443 3PT.407 3.1ast 1.6TO
 LOSS 7.2pts FG.326 3PT.286 1.5ast 1.7TO

 昨年は19.4pts、5.1reb、5.2asstと高水準のスタッツを残しましたが、
 今期はここまで10.3ptsm2.2reb、2.4astと下げています。
 出場時間が11分減っているので下がるのは当たり前ですが、
 ここの所アシストが減っているのが気になる所。
 決まらない日もありますが、ドライブに関しては一流のスキルを持っているので
 それを武器にチームメイトへのパスも増やして貰えれば。
 ドマスだけじゃなくてマクダーモットも見てあげて欲しい。
 タイリークがはまればINDは強くなれると思うので、是非頑張って欲しいです。


コーリー・ジョセフ
 WIN 8.4pts FG.583 4.0reb 3.8ast 0.8TO
 LOSS 4.3pts FG.379 2.0reb 2.3ast 1.0TO

 控えポイントガードとしてはインディアナ史上トップレベルと言っても
 過言ではないジョセフ。Thadが退場になった試合の後半でも
 チームに良い影響を与えていました。3ガードにしても他のPGと
 役割が被らない点も魅力の一つ。
 勝ち試合ではやはり調子の良い事が多いようです。
 本数は少ないながらもFT.429は低すぎなので何とかお願いします。


ダグ・マクダーモット
 WIN 6.5pts FG.563 3PT.455 1.1ast 0.3TO
 LOSS 3.7pts FG.350 3PT.375 0.2ast 0.3TO

 好調のボーギーほどではないですが、3PTを良い形で打たせれば
 決められる能力はあるはず。平均2.7本打っているようですが、
 もっとシュートチャンスがあっても良いですね。
 アシストは少ないですが、そもそも彼にボールが回ってきていないので
 仕方がありません。タイリークよりも確率いいので
 彼がかき回して外で待つマクダーモットへパスという流れを
 もっと作れればいいのですが。

勝ち試合と負け試合の個人スタッツ【NBA_Pacers】

2018年11月14日 10:34

ダレン・コリソン
 WIN 10.1pts 2.1reb 4.4ast 1.4stl 1.4TO
 LOSS 8.8pts 2.2reb 3.5ast 1.2stl 1.5TO

 他のプレイヤーほど勝ち負けで差が出ず。
 勝敗に関係しないという訳ではなく、安定してると言えそう。
 今シーズン2回の0点ゲームがあったけど、ここぞという時には
 ベテランらしいショットを決めてくれたりもします。
 昨年好調だった3PTが今年は3割ちょっとしか決められてないのが
 影響しているかもしれないですね。


サディアス・ヤング
 WIN 9.0pts 5.9reb 2.3ast 1.4stl 1.1TO
 LOSS 9.8pts 4.7reb 0.3ast 1.2stl 1.3TO

 11月に入ってから3PTを1本も決められていない事が判明。
 コートを広く使う必要もあるんだろうけど、ボーギーとか
 マクダーモットに任せてもっとインサイドで勝負して欲しい。
 彼がゴール下でリバウンドに絡んでる時は強いイメージがある。
 負け試合になると極端にアシストが減りますが、ボールを
 回せずに自分が打たないといけない場面が増えるのでしょうかね。
 彼がボールを持ちたがる事もないと思うので、チームオフェンスが
 うまくいってない証明かもしれません。


ボヤン・ボグダノヴィッチ
 WIN 14.5pts FG.603 3PT.567 3.1reb 0.8ast 1.9TO
 LOSS 13.5pts FG.400 3PT.464 4.5reb 2.0ast 1.3TO

 今年も勝ち試合には大きな貢献をしているボーギー。
 FGも凄いですが、3PTを5割越えはお見事。
 しかしFT.756はキャリア最低となっています。
 Thadとは逆で負け試合でアシストが増える謎。
 もっと彼が打てるシチュエーションを整える必要がありそうです。


マイルズ・ターナー
 WIN 11.6pts FG.565 5.3reb 1.6ast 2.6blk 1.9TO
 LOSS 10.0pts FG.390 4.2reb 0.5ast 2.2blk 1.0TO

 勝ち負けでFGの差が開いています。
 その他はアシスト以外安定していますが、
 もうちょっとリバウンドを伸ばしたいですね。
 ビッグマンでFGを4割切るのはまずいです。
 ミドルも多用するビッグマンではありますが、もっとインサイドで
 ファウルを貰いつつ勝負して貰いたいです。
 ホワイトサイド相手に見せたレイアップはお見事でしたし、
 あれを続けられれば得点もFTも増えそうな気がします。


ヴィクター・オラディポ
 WIN 22.6pts FG.496 7.1reb 5.3ast 2.5stl 2.4TO
 LOSS 25.3pts FG.407 7.2reb 4.5ast 0.8stl 2.3TO

 勝っている時はバランス良くシュートの打てるINDですが、
 負け試合になるとやはりオラディポ頼りというか、オフェンスが
 1本化してしまう傾向にありますね。
 それでも得点できるだけありがたいのでしょうけど、
 もうちょっと役割分担をしっかりしてあげた方が
 チームにとっても良い気がします。

 フロントコートがしっかりリバウンドを取ってあげれば
 負担も減りますし、オラディポが前を走ってファストブレイクも
 増えるかもしれません。オールラウンダーも良いですが、
 チームメイトを信じてそれぞれの役割に徹する方が
 今のメンバーにはあっている様な気がします。

 クラッチタイムには活躍が期待できるのは十分分かりましたし、
 そこまでをいかに全員で戦うか、が課題でしょうかね。

スターターだけ見ても分からないと思うので、次の試合が始まるまでに
セカンドユニットも覗いてみたいと思います。

Game13:vsヒート【NBA_Pacers】

2018年11月11日 17:58

オリニクゲームになりそうだった昨日のヒート戦。
前半でThadがフレグラント2で退場となりましたが、
第3Q開始にチームを救ったのはジョセフでした。

プレシーズンの流れでいえばここでリーフを使いたい所でしたが、
ここはコーチ陣の采配が当たったと言えそうです。
チームのファウルがかさんだときにマクダーモットを出しましたが、
そこでもリーフを出せる状況に育てば良いですね。

MIAは終盤、ウィンズローが大エースっぷりを発揮し、
苦しい状況になりましたが、ボーギーの3PTと
オラディポのミドルで逆転に成功、その後のディフェンスも
締めて逆転勝利となりました。

ただ、この試合輝いていたのはターナーでした。
クラッチタイムに2本のレイアップとリバウンドを取り続け、
ブロックで相手を防ぎました。ゴールに向かって行く
オフェンスが出来たという事は気持ちがそれだけ乗っていたのでしょう。
そして逆転と決めてになた上の2本のシュートのスクリーンを
かけたのがターナーでした。

ボーギーのシュートが好調だったのも大きかったです。
毎度の事ながらベンチから17pts、11rebと安定のドマス。
ゴンザカの先輩オリニクを相手に好プレイ連発でした。
オラディポは22pts、10astと味方を活かしつつ20点越え。

ターナーはスタッツこそ目立ちませんが、+20が示す通り、
チームに良い影響を与えていたと思います。
自信持って欲しいですね。

IND 110 - 102 MIA

Game12:vsシクサーズ【NBA_Pacers】

2018年11月08日 12:52

東のプレイオフ争いをする上で
ホームでは勝っておきたいシクサーズとの一戦でしたが、
スタートからシュートが入らずミス続き。
オラディポしか点が取れないペイサーズでしたが、
前半はなんとか同点まで追いつきました。

しかし第3Q最後の1分でコヴィントンに6連続得点を許し、
結局そのままズルズルと終わりました。
最後は少し反撃に出ましたが、ちょっと遅すぎました。

オラディポは前半キャリアハイペースで点を重ねて行き、
36点、6リバウンド、7アシストと頑張りましたが、
ドマス(16点、11リバウンド)以外のサポートがなく、
シクサーズのバランス良いオフェンスの前に散りました。

タイリークは同点に追いつき、逆転する所までは良かったですが、
その後は鳴かず飛ばず。マクダーモットの活用方法も見いだせていません。

出だしからスッキリしないのが続くので、一回ターナーとドマスを
入れ替えてみても良いかもしれませんね。
ベンチタイムで圧倒する作戦は捨てがたいですが、
試合開始と共にリードを奪われてからでは
ちょっと流れが悪すぎて耐えられません。
せっかく同点にしても後半の開始でまたグダグダでは勿体ないです。

後は今シーズンの課題でもありますが、
FTはきっちり決めましょう。マクダーモットも少ないチャンスの中で
FTを外していてはいけません。

今日はレディックが3PT 0/7というINDにとってはラッキーデーだったはずが、
シャリッチに4本、ルーキーのシャメットに3本決められました。
シャメットはINDにもワークアウトに参加していましたが、ここまで
平均20分弱のプレイタイムを貰えています。
きっとINDに来てもプレイタイムは貰えなかったでしょうし、
ルーキーにとってはピックされるチームによって本当に将来が変わりそうです。

PHI 100 - 94 IND



New