昨シーズンと今シーズンのジェフ・ティーグ【NBA_Pacers】

2017年03月17日 18:14

Just a boy from Indianapolis, ジェフ・ティーグの
昨シーズンと今シーズンのスタッツを見比べて見ました。

MP 28.5m → 32.3m
PTS 15.7 → 15.0 
FG 5.5/12.5 .439 → 4.8/11.0 .438
3PT 1.4/3.5 .400 → 1.0/2.9 .349
FT 3.3/3.9 .837 → 4.3/5.0 .860
REB 2.7 → 3.9
AST 5.9 → 7.9
STL 1.2 → 1.3
TO 2.8 → 2.9

プレイタイムが伸びたのと
アシストがキャリアハイ(過去の最高は7.2)をマークしている所以外、
大きな変化は見られません。
ジョージ・ヒル時代にはあまりなかった二桁アシストも見られる様になり
INDにはこのアシストが欲しかったので彼の加入はプラスと考えて良いと思います。

スクリーンを使ってファウルを貰うのがうまくなった為、FTアテンプトも増えていますね。

アトランタに在籍した7シーズン、全てのプレイオフに出場しているというのも
これからのプレイオフ争いで重要な経験値となってくると思います。
ニックス戦後のミーティングはアーロン・ブルックスが開いたようですが、
ティーグにもリーダーの一人としてもっと積極的にチームを動かして貰いたいです。

前半戦の印象【NBA_Pacers】

2017年02月23日 17:22

ポール・ジョージ
 たまに空気になる事もあるけどクラッチタイムは頼りになる事が
 増えてきた。昔に比べてハンドリングが向上したとはいえ、
 誰を相手にしても自ら仕掛けられるとは言いきれない。
 ファウルを貰えないと露骨に態度に出て、レフリーに文句を言って
 ディフェンスに戻らない事もある。
 試合後タオルを頂戴と言った子供に投げてあげる優しい人。

ジェフ・ティーグ
 念願のポイントガード。
 ユニフォームを買って観戦したらキャリアハイの17アシスト。
 これはもう応援しない訳がないということで是非延長お願いします。
 ファウルを貰いながら3ポイントを打つのがちょっとした必殺技に
 なってきたけど、最近は不発。
 ウォールとかウエストブルックには到底かなわないけど、
 結構スピードもあるし、緩急つけたドライブやFTを貰うのが上手い。
 個人的にはマーク・ジャクソン以来となる頼れるPG獲得と
 言っても過言ではないと思う。(ティンズリーは惜しかった)

マイルズ・ターナー
 流石に50-40-80(FG%-3PT%-FT%)は難しそうだけど
 昨年に比べて出来る事が本当に増えた。まだまだ立ち位置とか
 スクリーンを学ばないといけないし、ポストでのプレイも
 増やしていきたいところ。
 ゴールを背にしてボールを貰って、さあポストプレイかと思いきや
 振り向いてすぐシュートを打つあれはもうちょっと入るといいけど
 自分のタイミングで打ってるのかちょっと謎。

サディアス・ヤング
 昨年のネッツでの働きを期待してた分、少し期待値からは劣るけど
 オフェンスでもディフェンスでもよく走る。バードが欲しかった
 ストレッチ4をこなしてるとも言えるけど、ここに来てスモールは
 (ようやく)違うと思ってきた様子。
 ファストブレイクでパスせずに突っ込んでミスをする事が
 少し増えて来た気もする。
 もう少しリバウンドを取って欲しいけど、彼だけの問題ではないので
 仕方ない。結構重要な場面で3PTを決めているイメージがある。

グレン・ロビンソンIII
 今シーズンの不確定枠SGのスターターを争う若いの。
 ダンクコンテストで見せたアレは試合でも味方スクリーンごと飛び越えて
 ダンクにいけるというウルトラCに化けないか期待している。
 3PT、リバウンド共に良い時は良いけど目立たない時は無になるので
 何か強みを見つけて欲しい。

C.J.マイルズ
 3ポイントが好調な時は3Jとも呼ばれ、CJお兄さんとして頼られる。
 しかし決まらない時はとことん決まらない。たまに4番も守るけど
 文句も言わずにこなすプロ。
 ポールとはティップオフ直前に矢を打つジェスチャーで遊ぶ仲。
[前半戦の印象【NBA_Pacers】]の続きを読む

インディアナ観戦記7

2017年02月01日 15:34

気付けば観戦に行ったのも一ヶ月前。
今回で最後の更新となります。

サインをもらう、テレビに映り込む、選手とハイファイブの
目標を全て達成し、大満足で帰路へ。

本来は試合後のダウンタウンから直接空港へ行き、
朝7時のフライトまで空港で待つ予定でしたが、
ロンさんが家で仮眠した後に送ってあげるとのことで
すっかり甘えてしまいました。

最初から最後までいろんな人にお世話になりっぱなしだった
この旅行。行程はこんな感じでした。

12月29日
 夕方成田発 → 現地29日 15時頃 アトランタ空港
 20時 アトランタ発 → 21時半頃 インディアナ空港
 22時過ぎ ホテルチェックイン

12月30日
 ブルズ戦

12月31日
 モールや街を歩き回る
 ロン&マーク氏とディナー
 BLF前のカウントダウンイベント

1月1日
 マジック戦

1月2日
 7時 インディアナ発 → 8時過ぎ ミネアポリス空港着
 10時半 ミネアポリス発 → 1月3日 14事頃 羽田着

各所wi-fi情報
空港
 アトランタ空港 フリーwi-fiあり
 インディアナ空港 フリーwi-fiあり
 ミネアポリス空港 2時間制限のフリーwi-fiあり

インディアナポリス
 ホテル ウェスティンは有料のみ(1日15ドル弱)
 市内 中心部はパブリックwi-fiが使える(最初に登録必要だったかも/完全フリー)
 サークルセンター内 サイモンwi-fiがフリー(最初に登録が必要)
 BLF内 完全フリー(建物内、グッズショップでも使える)

という事でホテル内にwi-fiが完備されていれば
常時連絡を取る必要がなければ特別必要ないかもしれません。

自分は試合後の1日だけホテルのを契約してつかってみましたが、
後々考えたら携帯会社の海外利用の1日分(980円)の方が
安く済みました。事前準備が必要ですが。

年末年始休暇を有効活用した観戦旅行。
インディアナへの直通便があればもっと楽に行けるのですけどね。

最後に一度載せたか覚えてませんが、twitterで更新したものを
メモとして残しておきます。(画像と映像多数なので閲覧にはご注意を)
[インディアナ観戦記7]の続きを読む

インディアナ観戦記6 続・マジック戦

2017年01月26日 13:06

席を確保した時から選手が真横を通る事は分かっていましたが、
それにしても近い。ベンチもすぐ側でした。
PG.jpeg

席に座ると、ロンさんやマークさんが席に来てくれて
色んなスタッフとも会話をする事ができました。
JJが席に来るとすぐに挨拶に来てくれ、放送関係者用の
ロスターや様々な情報が載った分厚いメモを持ってきてくれました。

JJが「後でモニターに映すから」と
名前の綴りや読み方、今回が初めての観戦か、どこから来たか等を
聞いてくれました。
昨日マークさんが、「君たちが来た事をJJに伝えておくから」と言われ、
友人の時の様なインタビューだと受け答え出来る自信がなかったので、
その旨を伝えると、「問題ないよ」と笑っていましたが、
こういう形で放送に乗せてくれました。
自分の分の情報収集が終わると、ぺいきち君分の情報も聞いてくるJJ。
まずは席を伝え、名前などを伝えると、熱心にメモを取っていました。

いつ映るか分からず、会場モニターには映っていなかった為、
自分もぺいきち君も何のリアクションも取れず。
自分は途中でJJ横のモニターで映っている事に気付きましたが、
上と画像が違うとは知らず、認識するまで時間がかかりました。
自分は前半に映してもらい、ぺいきち君は後半でした。

そんなこんなで試合内容はほとんど覚えてなかったりしますが、
ペイトンの揺れる前髪はしっかり見ておきました。
なんでしょうね、あれ。

以前にも一度アップしましたが、改めてこの日撮った画像や動画を
貼り付けておきます。

50周年記念の動画。
90年代のロスターからの流れが最高。ジェフ・フォスターも入っており、
最後はレジー、かと思いきやスリック・レナード。
これを現地で見る事が出来て良かったです。
[インディアナ観戦記6 続・マジック戦]の続きを読む

インディアナ観戦記5 マジック戦

2017年01月20日 11:13

すっかり間も空いてしまいましたが、一応最後まで
メモとして残しておこうと思います。

前回書いた通り、6列目のチケットを持っていたので、
バンカーズライフ・フィールドハウスのセキュリティを通ってから
チケットゲートの所には並ばず、エレベーター前に並びました。

そこでいつも選手が出てくる時にハイファイブをしている、
一部で有名なキャシーおばちゃんと話をする事ができました。
おばちゃんとその家族(ジェイさんと娘さん)がすみこさん作のターナーパペットに
興味津々で話しかけてきてくれました。

(そういえば親密そうに話していたので勝手に家族扱いしていましたが、
正確には確認してません。)

彼らもまた自分達のつたない英語に耳を傾けてくれて
楽しい待ち時間となりました。

すぐにゲートオープンの時間となり、エレベーターで地下に下がって
バーの入り口に向かいました。結構広いのでフラフラしていると
先ほどのジェイさんが手招きしていました。
我々の為にサインを貰える最高の席を確保してくれていたのです。

この席のおかげでスタッキー、ティーグ、ターナーから
サインを貰うことができました。ターナーにはパペットを見せて
スモールトークと握手もしてくれました。

これだけで満足していたので完全に思考が飛んでいましたが、
写真を頼めばみんな撮ってくれる感じでした。
ここらへんはグイグイ行った方が良いです。

関係者パスを持った人が入ったり出たりしていて
その中にやけにデカイ人がいました。何か見たことあるような気がしましたが、
その時はスルー。後に彼はターナーの父であることを教えてもらいました。
パペットを見せたかった・・・

ですが、ジェイさん親子にパペットをプレゼントした結果、
ターナーパパに見せに行ってくれたようです。
結果オーライでしたね。

その後、選手がコートへ走って行くトンネルへ行き、
全員とハイファイブする事ができました。
(これもジェイさんがタイミングを教えてくれて、場所をキープしてくれていました)

そして自分の席に着いたのですが、選手との近さに圧倒されました。
この日会場で仕事のあったロンさんや、マークさんも挨拶しに来てくれて
周りのスタッフに彼は日本から来たからよろしくねと伝えてくれたようで、
次々といろんな人が歓迎しに来てくれました。

また、少し後ろに座っていたキャシーおばちゃんもブーマーやPacemateに
声をかけてくれたようで、席まで来てくれました。
試合が始まる前から一試合終わったような感じで喉もカラカラでしたが、
これでもまだ序の口でした。。。

インディアナ観戦記4 箸休め篇

2017年01月12日 15:45

急に決まった今回の観戦旅行。
正月の予定が特になく、何となくペイサーズのスケジュールを見てみたら
12月30日、1月1日とホームで試合があり、現地2日に出発すれば
日本時間3日に帰ってくる事ができるので、仕事納めと仕事始めに
全く影響が出ない事が判明。

この段階ではまだ行くとは決めていませんでしたが、
何となくチケット情報を見ていたら普段出てこない様な席が
リセールで出ている。しかも安い。
ここで行きたい度合いが急上昇。

一応航空券とホテルを検索してみると、年末にしては安い。
日本からインディアナポリスへの直通はないので、どこかしら
経由しないと行けませんが、アトランタ経由で乗換時間4時間の
フライトがヒット。飛行機は遅れるかもしれないし、アトランタ空港は
かなり広いらしいので余裕を持つには十分かなと、一旦保留。

再度試合のチケットを見るとまだリセールチケットが残っている。
航空券も残り僅かと出ていたけど先に試合のチケットを確保。
2000年にチケットマスターの登録をしていたのですんなり買えました。
確保した席がこちら。
マジック戦
IND選手がかならず目の前を通る最高の席。
ここがぽつりと空いてるとはラッキーでした。

その後ダウンタウンのホテルと共に航空券も確保。
こうして12月7日の昼頃に急遽インディアナ行きが決定しました。

当初一人旅の予定でしたが、その日の夜
ノリでぺいきち君も行くことになりました。
そしてまだ取っていなかったブルズ戦のチケットを探す事になるのですが、
1席ずつで空いてる良い席はなく、連番の席を買うには2枚共買わないといけないようで、
彼が来てくれた事で楽にチケットを買うことができました。

なお、ペイサーズのホームであるバンカーズライフフィールドハウスの
試合では、コートサイド7列目以内の席を買うと、ロッカールームへ続く
通路の途中にあるバーを利用することができます。


これにより、選手がロッカーからコートに走って出て行く際に
通路でハイファイブをする権利を得られます。(あらかじめ並ぶ必要あり)
[インディアナ観戦記4 箸休め篇]の続きを読む

インディアナ観戦記3

2017年01月11日 14:45

ブルズに勝利、テレビに映り込む、サインを貰うを達成した翌日は大晦日。
朝食に選んでみたのは、昨日の試合のSHAKE CAMでキャップをくれた
Steak'n Shake。ハンバーガー屋さんです。

相変わらず飲み物のサイズがおかしいですが、おいしかったです。

この日はフリーで用事がなかったので、モールで買い物をしたり、
インディアナvsルイビルをやっているBLFに寄ってみたり、
とにかくダウンタウンを歩き回り、色んなお店にも入ってみました。

サークルセンターにはペイサーズキャップだけで
こんなに取り扱いのあるお店もありました。


ダウンタウンの南の方のショップに
昨日の試合ですっかり虜になったティーグのサイン刺繍入りキャップが
売っていたので即購入。20ドル位でした。


夕飯は友人とロンさんの共通のお友達である、
ペイサーズの記者のマーク・モンティースさんと一緒に
夕飯を食べるというウルトラC。

自分の身に何が起きているのか分からない中での食事となりましたが、
ラザニアおいしかったです。

[インディアナ観戦記3]の続きを読む


New