dos - ウォリアーズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月25日 13:06

今日はブログドンに加え、ゴガ、サンプソン、リーフのビッグマン達が
風邪(illness)や怪我でお休み。少し心配な布陣となります。
ブログドンの替わりのスターターはマコーネル。

アーロンは兄弟でベンチスタートとなります。

出だしはGSWの3PTが好調でリードされていきますが、
ウォレンとドマスが着実に点を取り、追い上げていきます。
ターナーのダンクやジャスティンの3PTもあり、22−22でタイムアウト。

マコーネルの早い攻めからウォレンがタフレイアップを決めて
この試合初リード。更にターナーが2本のFTを決めて26−22とします。

スティールからジャスティンが3PTを沈めますが、
スペルマンに3PTを返されます。
ウォレンのミドルが決まり、ハードにディフェンスに当たりますが、
バークスに4ポイントプレイを決められてしまい、突き放せず。
最後にドマスがFTを2本決め、35−30で第1Q終了。
出だしを考えれば上出来な終わり方でした。

==第2Q==
ターンオーバースタートとなりますが、アーロンの3PT、
スティールからドマスtoサムナーのアリウープレイアップが決まり、
40−32としますが、ラッセルの遠くからの3PTが2本決まり40−38。

しかしマクダーモットに1本返して43−38にしたところでGSWがタイムアウト。

ナイスディフェンスでタイムアウト明けのオフェンスを阻止したINDは
マクダーモットのタフレイアップで2点追加。
外だけではないところがボヤン化してきています。
更にバンクショットで3PTを沈めるマクダーモット。
48−38で10点リードとなりました。

再びスティールでGSWに攻めさせないディフェンスを見せるINDでしたが、
ここからお互いにミスが続きます。
マコーネルのリバースレイアップが決まり、50−38。

その後もディフェンスは集中しており、54−40となりました。

うまいオフェンスを引き続きみせるウォレンと
マクダーモットが追加の3PTを決め66−47とリードを広げます。
ゴガが欠場なのがほんとうに勿体無い。

そこから少し疲れたのか、ウォレンが外し続けますが、
前半を67-51で終了。

ウォレンが前半だけで21pts、マクダーモットが15pts。

===第3Q===
ドマスのキックアウトからラムが3PTを決めると
GR3がロングミドルを返してきます。
更にGR3が3PTを決めてきたところでドマスが倒れてタイムアウト。

タイムアウト明け、そのまま試合に出続けるドマス。
ラムがミドルを決めますが、その後TOがつづきます。
ラッセルのミドルが決まり72−58とリードを詰められたところで
マコーネルのフローターが決まり、スティール。

ドマスがファウルをもらい、FTで2点追加。
しかしウォレンが2本の3PT外す中で、GSWが3本の3PTを沈め
12−2のランを成功させ、80−71と一桁差に詰められます。

INDはタイムアウトを取りますが、ラッセルの3PTは止まらず。
ウォレンのレイアップでなんとか落ち着かせますが、82−75。
ラッセルのショットをウォレンがブロックし、その後FTをもらいますが
1本ミス。83−75となり、ドレイモンドに3ポイントプレイを決められ83−78。

ちょっと熱くなっているウォレンがタフショットを決めますが、
ラッセルが再び3PTを沈め4点差。
今日は吠えないタイプの野犬モードのアーロンが3PTを決め88−81。

お互いにミスが続いた後、アーロンの3PT、 ウォレンのスティールからのダンク、
GR3のプットバックダンク、
ラムの3PTが決まり、INDファンのターン。
GRは敵だけどナイスプレイだった。

96−83と再びリードを広げることに成功したIND。
ここでマクダーモットが投入されます。

ここのところ不調だったラムが後半に入りエンジンがかかってきます。
最後にバークスに3PTを決められてしまいましたが、98−86で第3Q終了。

====第4Q====
後半に入ってもマクダーモットの制度は落ちず、3PTを沈めます。
マコーネルtoドマスのアリウープレイアップも決まりますが、
GSWの勢いも止まらず、103-95と少し詰められます。

マコーネルがタイミングをずらしたレイアップを決めて再び10点リードへ。
スティールからのファストブレイクでまたしてもマクダーモットの3PT。
しかしパスカルが食らいついてきて一気に突き放せません。

ドマスがタフレイアップを決めてもプールが連続3PTを決めて
110−103とまた詰め寄ってきたところでINDタイムアウト。

タイムアウト明け、ウォレンとバークスがミドルをミス。
マコーネルがレイアップを決めてラムがスティール。
ドマスがファウルをもらい、インバウンズでプレイ再開。
ここは苦しいオフェンスとなり、マコーネルがシュートミス。
プールが3本のFTを獲得し、全て決めて112−106。

ドマスがダブルダブルに遭い、苦労しますが
マコーネルが決めて、プールの3PTはミス。

再びドマスにはダブルチームにきますが、ラムがうまいこと
走りこんできてレイアップを決めます。
プールがチャージングを取られ、INDボール。
ウォレンとドマスがオフェンスリバウンドを粘り2点をねじ込みます。
118−106と再び突き放しにかかったところでGSWタイムアウト。

マクダーモットがこの試合初のミスショットとなりますが、
続いての3PTは見事に沈めて6本目の3PTを決めて24pt。
ラッセルも好調のままで3PTをお返しされます。
ドレイモンドに2本のFTを決められて121−113。
残り4分を切りましたが、安心できません。

ここからはマコーネルに替わってアーロンが出ますが、
ターナーは出てきません。
パスミスでTOとなり、パスカルにFTを与えてしまいます。
1本目を決めたところでターナーがコートに戻ります。

121−115、残り3分というところでアーロンの3PT。
リードを9点に広げるビッグショットが決まりました。

ラッセルがFTで2点を追加しますが、ラムのレイアップが
ゴールテンディングとなり点差は変わらず。
ドマスのキックアウトからウォレンが3PTを決め129−118。

ラッセルへブロックにいったラムがファウルを取られますが、
「絶対にファウルじゃない」アピールをしたラム。
それに応えてチャレンジをするマクミラン。
良いコーチだと思います。

結果、チャレンジ成功でラムのブロック。
ターナーも最後にブロックにはならなかったようですが、
ナイスディフェンスで失点を防ぎ、129−118で勝利。

楽な時間帯があったと思ったら、かなり苦戦させられましたが、
こういった試合でも崩れずに勝ち切れたのは大きいですね。
ロードトリップも3勝1敗で残すところ1試合。

IND 129 - 118 GSW

tres - サンズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月24日 12:39

ウォレンがINDに来て初のフェニックスでの試合。
ゲームハイの25点だけでなく、元チームメイトのブッカーに対しても
良いディフェンスを見せました。

「色んな感情があったけど、試合が始まってしまえば関係無い。
 集中するだけだった。」と格好いいコメントを残しています。

途中でブログドンがターナーの肘が当たってしまい額から出血、
3針縫って試合に戻りませんでしたが、マコーネルとアーロンが
しっかりと不在をカバー。

安定のドマスもエイトンをものともせず24pts、13rebの活躍でした。
一方のサンズは3PTが絶不調で4/20。ペイサーズは9/20で
ベンチスタートのマクダーモットが2本、ジャスティンが3本と
良く決めてくれました。

ラムは相変わらずトンネルから抜け出せていませんが、
ターナーは今日ディフェンスで相当良い仕事をしたと思います。
4ブロックの他に、スタッツに残らない所でも身体を張っています。

これでロードトリップを2勝1敗として残り2試合。
それが終わればあのお方が帰って来ます。

次のGSW戦、ブログドンは脳震盪の症状で欠場が決まっていますが、
GR3との対決を楽しみにしつつも、サムナーの出番が増えると思うので
こちらも期待していきたいです。

IND 112 - 87 PHX

cuatro - ぼやぁぁぁぁん戦【NBA_Pacers】

2020年01月21日 17:17

残念ながら今回の旅にオラディポは同行していませんが、
ジャズと言えばボヤン(とニヤン)。

ナゲッツとの厳しい戦いの翌日という事もあり、
エンジンのかからなかったペイサーズ。

チームハイがターナーとアーロンの12ptsという低迷っぷり。
ターナーの6stlやジャスティンの5blkという珍しい記録も
ありましたが、30点差で敗北。

もうちょっとゴガを出してあげてもらいたいですが、
10分で5pts。ブロックも出来る子のはずなので
15〜20分は見たい所です。

IND 88 - 118 UTA

cinco - ナゲッツ戦【NBA_Pacers】

2020年01月21日 11:51

昨日のナゲッツ戦。
ここから5試合のロードトリップの開始となります。

第3Qまでのペイサーズはあまり良い動きが出来ていませんでした。
ナゲッツペースで試合が進むものの、ちょっと追い上げてはまた
離されて、を続けていました。

しかし第4Qに入り、ジャスティンとマクダーモットの3PTで89-91と2点差へ。
更にマコーネルからのナイスアシストをもらったマクダーモットが
レイアップを決めて同点。

お互いに決めあって95-97とリードされた所で
マクダーモットが3PTを決めて98-97、この試合初のリードを奪います。

ドマスがオフェンスリバウンドを取り続け、チップイン、
グラントにも決められますが、ドマスがリング正面からの
シュートを決めて102-99。

プラムリーにFTを与えますが、2本ミス。ここでもドマスが右手での
難しいフックを決めてリードを5点に広げました。

ヨキッチを止められず、FTを2本決められましたが、
マクダーモットがここでも3PTを沈めます。ここで試合を決めたい所ですが、
バートンに3ポイントプレイを決められて107-104。

決め続けないと苦しくなるというこの場面。
なんとブログドンが突っ込んでダンクを決めます。
クインも絶叫していました。

プラムリーがゴール下に入ってきた所でターナーがファウル。
先ほど2本外していたプラムリーなのでこのファウルは正解。
実際に1本しか決められなかったので残り36秒で109-105。

その後、ブログドンとウォレンがFTを2本ずつ決め、
更にファウルゲームとなりますが、115-107で勝利。

ドマス 22pts、15reb、10astでキャリア初のトリプルダブル。
10本目のアシストとなったクリティカルな3PTを決めた
マクダーモットは24pts中、第4Qだけで18ptsの大活躍。

それに加えてブログドンとウォレンが22ptsを取り、
4人が20ptsオーバーという高水準のバランスアタックでした。

ナゲッツはハリス、マリー、ミルサップを欠いており、
ヨキッチを止める事も出来ませんでしたが、勝ちは勝ち。
2007年以来となるデンバーでの白星となりました。

IND 115 - 107 DEN

seis - ウルブズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月20日 11:28

ミネソタとの2連戦、後半のホーム戦。
この試合が終わると、5試合のロードトリップに出発し、
次のホーム戦でオラディポが復帰という事になります。

オラディポは旅には同行せず、復帰に向けての準備をするとの事。

試合の方はというと、リードを作っても追いつかれ、
最後までもつれるヒヤヒヤする展開となりました。

この日から復活したタウンズは、ウルブズの最初の9得点を一人で取り、
試合感のなさなどお構いなし。実力を普通に発揮されました。
ドマスがファウルトラブルで厳しくなりますが、アーロンが
良いアーロンで助かりました。

最近不調だったラムも3PT以外は良く決め、18点。
ドマスとターナーが大人しかった中、彼の復活は大きかったです。

そのターナーは8pts、6reb、3blkに終わりました。
良いディフェンスを見せていましたし、悪くはありませんが
アテンプト3本はちょっと少なすぎるかもしれませんね。

ハイスコアゲームになるかと思いきや、第4Qで17点しか取れず、
116点止まり。

ウォレンが28ptsでチームを牽引。マクダーモットとアーロンが
ベンチから13pts。114-114で迎えた最終盤、試合を決めたのは
この試合12ptsだったブログドンのフローターでした。
タウンズが一歩下がった一瞬の隙を見逃さなかったセクシー大統領。

最後はネイピアのミスショットをウォレンが掴みましたが、
タイムアウトが取れずジャンプボール。
ウォレンが弾いたボールをラムがキャッチしてファウル。

まだFTにはならず、サイドラインからのインバウンズでしたが、
ジャスティンが後ろを向いていた相手にぶつけてそのまま終了。
キャッチミスもファウルゲームも避けた見事な策でした。

MIN 114 - 116 IND

siete - ウルブズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月18日 04:27

アウェイ&ホームの連戦で行われるウルブズ戦。
先日のアウェイの試合ではタウンズが欠場。

すると前半、ドマスがインサイドを支配します。
外へのディフェンスは完全に捨てられており、ドマスも
3PTを打つことはありませんでしたが、前半だけで25得点。

後半の得点は思ったより伸びませんでしたが、
29pts、13reb、6astと十分な活躍。
特に前半は苦戦を強いられた中でドマスがいなければ
もっと崩れていたかと思います。

セカンドユニットからはマクダーモットが14pts。
マコーネルが4ptsながらも、8astと本当によく動きます。

後半はブログドンが存在感を示します。
21ptsの内、後半で16pts。特に4Qだけで10ptsの活躍。
マクダーモットも14pts中、10ptsを第4Qで取る頼もしさ。

勝因の一つに、第2Qのドマスのチャージング判定が
チャレンジ成功で取り消されたシーンがありました。
あそこで3つ目のファウルとなっていたら厳しかったです。
マクミランもあれば大きかったとコメントを残しています。

ここのところ吹っ切れた様子を見せ、好調だったターナーですが、
23分の出場で7pts、3rebに終わっています。
タウンズがいないのでもうちょっとやってほしかったですが、
アグレッシブなオフェンスは見せていたので、腐っていないと信じたい。
彼の3PTがもうちょっと決まってくれればこちらの試合展開に
早めに持って行けたと思います。
次の試合に期待です。

MINには元INDのジェフ・ティーグがおり、
次の試合は地元インディアナ凱旋試合の予定でしたが、
アトランタへの出戻りトレードが起こり、なくなってしまいました。

IND 104 - 99 MIN

ocho - シクサーズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月14日 12:05

シクサーズはエンビードが左手靱帯の怪我で欠場。
ペイサーズはブログドンとドマスが復帰となりました。

前半、どちらもあまり良くなく、
ターナーとドマスの布陣がホーフォード、トバイアスの布陣との
相性が悪く、身長の差を上手く活かせない。
エンビードがいても苦手には変わりないけどちょっと苦しい。

背中の痛みからの復帰のブログドンはFGを決められず、
ジャスティンもレイアップを2本ミス。
シクサーズが3PTを外していたり、本調子でなさそうだったのに
後手後手に回ってしまったIND。

49-40と9点ビハインドで迎える事になった後半。
ドマスに変えてジャスティンをスタートにするマクミラン。
怪我以外で変えてくるのは珍しい采配、
なんてことはありませんでした。
何を見間違えていたのか。失礼いたしました。

相手が決めると決め返す、を繰り返し、点差がほぼ変わらない数分間。
ジワジワと点差を詰めていったINDでしたが、結局63-52と11点差へ。

ターナーとウォレンが6点を取り、更にターナーが3PTを決めて63-61。
シモンズにFTを2本決められますが、ブログドンが3PTを決めて65-64。
トバイアスがチップインを決め、両者3PTをミスした後、
アーロンの3PTが決まり67-67と遂に同点。

第4Qに入ると今度は兄ジャスティンの3PTで73-74と逆転に成功。
ネトに3PTを決められますが、マクダーモットがすぐにお返しをして78-79。
ネトにFTを2本決められ、また逆転されますが、マコーネルが2点を決め、
ボールを運んでいたネトに後ろから忍び寄りスティール、ジャスティンのダンクを
演出して80-83とリードを作りました。
インバウンズのボールを積極的に狙ったり、ボールに対する執着心が
すばらしいマコーネル。古巣相手にその大きすぎる存在感をアピールします。

しばらく点が止まり、何とか逃げ切ろうとするINDでしたが、
POWを獲得したジョシュ・リチャードソンが敵ながら見事なプレイを続け
92-89と逆転されていきます。

ちょっと苦しくなるかと思ったところで出てくるのが大統領。
今日3本目となる3PTを決めると、アーロンのスティールで得たチャンスに
プルアップジャンパーを決めて92-94と逆転。

しかしここでもリチャードソンに3PTを決められて95-94。
残り1分42秒から、INDオフェンスでのインバウンズで再開。
この場面でターナーがボールを受取り、すぐにリムアタック。

ホーフォードのファウルを誘いFTを獲得します。
そしてこれを2本しっかり決めたターナー。偉い。

両者外し続け、ブログドンがオフェンスリバウンドを取る所でファウルを貰い
FTラインへ。1本目を外し、2本目は成功、これで95-97。

タイムアウト後、PHIはトバイアスの3PTを狙いましたが、
これをウォレンがブロック。ファウルせずに見事に守り切りました。
ブログドンがファウルをもらい、今度は2本成功で95-99。

リチャードソンの3PTが外れファウルゲームへ。
ドマスのFTは1/2でしたが、タイムアウト明けのインバウンズで
5秒バイオレーション。更に最後にはシモンズが運ぶボールを
ブログドンがスティールして試合終了。

最後の最後に切れてしまったシクサーズ。
INDもそうなる事が多いだけに、しっかりと決め切れたのは良かったです。

ブログドンは5/15と確率はあまり良くありませんでしたが、
終わってみれば21pts、7reb、9astでTOは1のみ。
彼の復活はチームにとって大きな助けとなりました。

同じく復帰組のドマス。
FG3/12は褒められませんが、10pts、16reb、3astでチームに貢献。

前の試合オフェンス好調だったターナーも4/10と苦労しましたが、
14pts、10rebに加え3blk。先ほども書いた最後のプレイは見事でした。

ウォレン21pts、ジャスティン14ptsは流石と言った所ですが、
ここの所ラムの調子が落ちているのが気がかりです。
今日は6リバウンドながら4ポイント止まり。

オラディポが復帰すると役割も変わってくるので気持ちが落ちないか心配です。

PHI 95 - 101 IND


New