クリッパーズ戦【NBA_Pacers】

2021年04月14日 09:49

スリック訃報の数時間後に始まったタフなクリッパーズ戦。
”Boom Baby!!”を言われて育ったポール・ジョージの凱旋試合でもあります。

連続ターンオーバーなどで波に乗れないペイサーズでしたが、
ブログドンやルバートの個人技でなんとか得点。
LACがリードする出だしとなりました。

残念な事に放送がTNTでレジーでもなく。
デナリさんとクイン、JJの声が必要だっただけに残念。

ズバッツにインサイドで簡単にやられる中、
ドマスとジャスティンの3PTが決まり23−26と逆転に成功。

ブログドンとルバートのオフェンスが決まり続け、25−31。
二人とも体の使い方がうまく、ドライブから得点を重ねました。

ポール・ジョージがスリックに叫んで欲しいらしく、1Qだけで
3本の3PTを決めてきますが、INDも最後にマコネルがブザービーターで
3PTを沈めて31−34で1Q終了。


2点差に詰められたところで、レイアップ→インバウンドパスを
スティールしてレイアップで34−40とするマコネル劇場。
しかしINDは3PTが決まらず、リバウンドも取れず逆転を許します。

少しの間は耐えましたが、一気に52−43と9点ビハインドへ。
ブログドンの3PT、ドマスのリムアタック、再びブログドンの3PTで
同点としますが、モリスの3PTで再びリードを奪われます。

それでもジャスティンの3PT、ルバートのタフフローターで点を重ね、
最後はサムナーのFT1本で67−65で前半終了。
ポール・ジョージを全く止めることができず、23点も取られました。

前半スタッツ
 ドマス 10pts、7reb
 ブログドン 16pts
 ルバート 16pts
 マコネル 9pts


3Q、ドマスのリムアタックで逆転するとサムナーも後半に入り4点を加えて70−73。
しかしレジー・ジャクソンの3ポイントプレイとケナードの3PTで再逆転。
ドマスがなんとか2点を加えますが、ジョージの3PTも決まり79−75。

思うように攻められずオフェンスが停滞するIND。
ジョージのボースハンドダンクにはドマスのファイダウェイでお返し。
ルバートが3PTを決め、プルアップも決めて83−84。

今度はズバッツ、ジョージ、レナードが決めて89−86。
かなり頑張って耐えたINDに対し、楽に点を取るLAC。
どこかで一気に離される展開が予想されてしまいます。

モリスに同じポストプレイで点を取られ、バトゥームの3PTで98−91。
ブログドンの3PTも決まらなくなり、マコネルのスティールからのファストブレイクも
バトゥームに阻まれますが、何とか得点。しかしモリスも止められず。
もう少し点差を詰めるチャンスは何度もありましたが、100−97で3Q終了。
何とか踏ん張りました。

4Q、ジョージのミドルが決まり、INDはターンオーバー
ロンドからバトゥームのアシストでダンクを決められ104−97。
アーロンがハッスルでボールを救いますが、決めきれず。
ジョージに決められ、一気に108−97と主導権を奪われます。

ここまでLACのFG42本中、29アシスト、
INDは37本中12アシストとチーム力の差が出始めました。
個人技だけではそこが止まってしまうとどうにも厳しくなってしまいます。

ドマス、ルバート、ブログドンが20点オーバーではありますが、
ほとんどが個人技によるもの。
パスやチームオフェンスで相手を崩して得点できたイメージがありません。

2分過ぎてマコネルがようやく初得点となるレイアップを決めますが、
パスを回されてテレンス・マンの3PT。
再びマコネルがレイアップを決めますが、12点ビハインドとなります。

アーロンがチーム8本目となる3PTを決め、113−104。
ボールを回して3PTを決めるLACと勝手に打って外すINDの差。
せっかくボールを奪ってもわざわざ狭いところへパスを出してターンオーバー。
楽にアリウープを決められて120−106と一気に傾きました。

ブログドンが3PTを決め、一桁差にするチャンスを得たものの、
ジョージにスティールされてその機会を失うIND。
ブログドンのレイアップで120−111とし、ジョージがターンオーバー。
ジャスティンが外し、セカンドチャンスでルバートが3PTを放ちますがミス。
残り2分を切り、いよいよ厳しくなるIND。

最後まで3PTにこだわり、外し続けたINDが負け。
攻めさせなかったLACディフェンスを褒めるべきではありますが、
もう少し何とかしようとする姿勢を見たかったです。

今日は9 Boom Baby!で終了。
スリックよ、永遠に。

スリック・レナードが旅立つ【NBA_Pacers】

2021年04月14日 04:00

インディアナファンにとって辛いお知らせ。

Boom Baby!!でおなじみのボビー・レナード、通称スリック・レナード氏が
88歳でこの世を去りました。

インディアナに生まれ、インディアナの高校、インディアナ大へ進み、
1956年にNBA入り。
ABA時代のミネアポリス・レイカーズ、シカゴ・パッカーズ(元ウィザーズ)でプレイし、
選手としての最終年はコーチとしてもチームに所属。
翌年から本格的にコーチとなるという経歴の持ち主。

1968年から1980年まではインディアナ・ペイサーズのHCとなりました。
12年の内最初の8年はABA、残りの4年はNBAに所属。

ペイサーズのABA時代3回の優勝は全てスリック時代のものでした。

その後1985年にはコメンテーターとしてペイサーズに復帰。
最初はテレビだったそうですが、後にラジオへ移動。
そこでトレードマークである”Boom Baby"が登場。
これはペイサーズの選手が3PTを決めた時に言われる言葉で、
これを一番言われたのは間違いなくレジー・ミラーだったでしょう。

2014年にバスケットボール殿堂入り。
NCAAチャンピオンにもなったスリック。
ペイサーズのコーチとして529勝を飾り、永久欠番バナーには
その数字が記されています。
IMG_2148_convert_20210414035232.png

まだ映像が日本にすぐ渡って来ない頃、某団長の掲示板で
試合のラジオが聴けるということを知り、Play by play を見ながら
ラジオを聴いていたことを思い出します。

ありがとうスリックさん。
安らかな最期だったことを願います。

あなたが愛したペイサーズを今後も見守っていてください。

Boom Baby forever...

ゴガがスターターのウルブズ戦【NBA_Pacers】

2021年04月08日 09:10

ルバート、サムナー、マクダーモット、ジャスティン、ゴガがスタート。

相変わらずリバウンドが弱いながらもルバートが点を稼ぎ、
ゴガも3PTにダンクで良いスタートを切ったと思いましたが、
2ファウルでベンチへ。ターナー先輩がすぐにアドバイスにかけつけていました。

3分までほぼ互角の戦い、サンプソンが出てきてすぐに5本のFTを獲得し4/5。
しかしディアンジェロ・ラッセルのうまいレイアップで逆転されてINDはターンオーバー。
リムプロテクターのいなくなったディフェンスでは楽にレイアップを許してしまいます。
ラムのFTとマコネルのジャンパーで再逆転、さらにキーレン・マーティンのスティールから 3ポイントプレイのファストブレイクが決まり31−35。最後は防いで1Q終了。


2Q、アーロン、ラム、サンプソンが決めてなぜかリードを作っていくベンチメンバー。
アーロンが大当たり日で二桁リードまで広げ、残り6分を切って46−57。
ルビオのレイアップをラムがブロックし、アーロンが運んでマコネルtoゴガのダンクという
素晴らしい流れも見ることができました。
ゴガはオフェンスリバウンドからのプットバックも決め、46−61とリードを広げます。
更に2本目の3PTを決めるゴガ、タウンズにプットバックを返されますが、
ターナーほど押し込まれてやられていない印象を受けます。
53−71と勢いを止まらない元セカンドユニット達。もう少しリバウンドを拾いたいですが、
56−77で前半終了となりました。

ゴガ 12pts、3reb
ルバート 12pts
アーロン 14pts、3ast

3Q、ウルブズの3PTが当たり始め、72−85と追い上げを許します。
ゴガはキャリアハイの14点で今後の伸びに期待。
マクダーモットやジャスティンのアタック、ルバートの3ポイントプレイで
なんとかリードを保ちますが、20点あっても物足りないINDのリード。
セーフティリードという言葉がないため、全く安心が出来ません。
残り4分、マコネルのジャンパーで85−100。
前半好調のアーロンがレイアップを外しますが、サンプソンが拾ってプットバック。
87−102とすると、MINのターンオーバーで再びINDボール。
マコネルはFG5/5で10pts、10astのダブルダブルを達成。

しかし今日のセカンドユニットタイムに入ると徐々に詰められ、91−102。
残り2分20秒、ゴガがコートに戻ります。

ナズ・リードが連続で得点を重ねてきますが、
アーロンが3PTやマコネルのレイアップで94−109とリードを少し増やして3Q終了。


4Q、アーロンが3PTを決めますが、ミスもあり101−112と詰められてタイムアウト。
しかしマコネルが外し、アンソニー・エドワーズに走られてついに9点差へ。
7点差まで詰められますが、ジャスティンの3PTで105−115。
再びジャスティンが3PTを決めて13点リードとし、サムナーも3PTを決めます。
MINも落とさず、タウンズのドライブで8点差にされますが、再びサムナーの3PT。

しかしMINの追い上げは止まらず、エドワーズの3PTで120−135。
ここでジャスティンも3PTをお返しし、4分を切ります。

タウンズのユーロで2点を決められ、ルバートのレイアップはミス。
ラッセルの3PTが決まり125−128。ジャスティンが3PTをミスしますが、
なんとかオフェンスリバウンドを続き、同じ位置からジャスティンの3PT。
今度は決まり6点リードとするとグッドディフェンスでINDボールへ。
しかしマコネルもトラベリングで時間を消費したのみ。
タウンズに簡単にダンクを決められ、残り2分を切り127−131。

マコネルがゴール下まで切り込みレイアップを決めて6点リード。
ラッセルのシュートはショートとなり、先陣を走ったサンプソンにパスが通り2点追加。
ブロックに飛びそのまま走ったサンプソンがお見事でした。

ルビオにFTを与えてしまい、129−135。
時間を使いつつ、確実に決めていきたいINDでしたが、決めきれず。
逆に時間を使わずラッセルが3ポイントプレイを決めて132−135。
せっかく作ったリードを簡単に溶かしてしまいます。

残り50秒、ルバートがコントロールしますが、ディフェンスが厳しく、
時間ギリギリでマコネルが3ポイントを決めますが、レビューが入ります。
シュートモーションがゆっくりだったのでタイムオーバーかと思いましたが、 手からボールが離れておりセーフ。
またしてもクラッチショットを決めたマコネル。
決して得意とは言えない3PTをここで決めるとはさすが隊長。

残り24.9秒、132−138でリスタート。

ラッセルがすぐさま3PTを放ちますがミス。しかしリバウンドを取れずMINボール。
するとルビオの3PTに対してマコネルがファウル
3本のFTを与えてしまいます。
2本目を外し、2点で済みましたが、まだ4点差。

あまり時間を使えずファウルゲームとなります。
1本しか決められず、ラッセルが3PTを沈めて137−139。
残り9.4秒で再びファウルゲーム。
1秒しか使えずアーロンがFTをもらいます。
こういうところの時間の使い方が下手なINDと、
時間を使わずに決めてくるMIN。

アーロンは2本とも決めて4点リード。
最後はタイムアウトがなくなったため、時間を使わせることに成功。
ラッセルの3PTは外れて試合終了。
スターターがいない中、どんな形であれ勝ったことが重要。
お疲れ様でした。

MIN 137 - 141 IND

怪我人の増えたブルズ戦【NBA_Pacers】

2021年04月08日 07:50

昨日のブルズ戦、マイルズ・ターナーが左足首を負傷し途中で退場。
これにより、
ブログドン 右腰
ドマス 左足首
ターナー 左足首
ウォレン 左足
スターター4人が離脱となりました。

ブーチェビッチを補強したブルズは伊達男Thadの存在感もあり
リバウンドで57−33と大差をつけられました。
今シーズンはブルズに勝てず。

ターナーの連続ブロック記録はキープ。
ゴガは19分に出場し、4pts、3reb、6ast。

今日のウルブズ戦ではスターター出場となっているので楽しみです。

CHI 113 - 97 IND

ブログドンとドマスが欠場のスパーズ戦【NBA_Pacers】

2021年04月05日 19:36

主力二人にラムも欠場という厳しい状況のペイサーズ。
マクダーモットとサムナーがスターターに入りました。
出だしからルバートがアグレッシブに攻めて決めていきますが
一時10点差をつけられ、2Qには二桁リードを作り、3Qに追いつかれるという
浮き沈みの激しい試合となりましたが。

ターナーの連続ブロック記録は続き、
キーラン・マーティンとサンプソンが久しぶりに登場。
ゴガは引き続きオフェンスリバウンドにダンクと
地味ながらも確実にチームに貢献。
サムナーのリムアタックも非常に効いていました。

しかし、3Qには80−91と再び二桁ビハインドを負います。
なかなか追い上げを許してもらえませんでしたが、残り2分を切ってから
ルバートのレイアップ、マコネルのブロックからマーティンの連続3PTが決まり
ゴガのFTで逆転して3Q終了。ベンチも大盛り上がりでした。

4Q、ゴガとサンプソンがセカンドチャンスを狙い、サンプソンがFTを獲得。
この二人のリバウンド意識は見ていてとても気持ちが良いです。
サンプソンのFTとターンアラウンドからのショットで102−99と逆転。

そのままベンチメンバーでリードを作り、ターナーの3PTで7点リードになったところで
勝ちを意識し始めましたが、そうは簡単にいかないスパーズ。

ルバートがボールを失いそうになったところでサムナーがうまく切り込んで
2点を追加しますが、ルディ・ゲイに決められて3点差。
するとルバートがダブルドリブルという痛恨のミス。
デローザンのプルアップは外れますが、
パッティ・ミルズのハッスルでボールをセーブするとゲイがFT獲得。
これを2本決めて126−125。

ルバートのドライブからのパスは読まれていてボールを失うと
残り29秒、今度はデローザンのアタックでFT獲得。

1本目を決めて同点となりますが、2本目を外し同点のままINDポゼッションへ。
ターナーが3PTを外し、リバウンドをとったSASはそのまま攻め上がり
デローザンがジャンパーを放ちますがミス。延長となりました。

今シーズンオーバータイムは4勝1敗のペイサーズ。
お互いに2本ずつシュートを決め、デローザンのFTとなりますが、ここも1/2。
するとマコネルがジャンパーを決めて132−131とリードすると、
ターナーがリムアタックからFT獲得。ターナーも1/2で133−131。

ゲイの3PTが外れ、ルバートのアタックからターナーへパスしたところでデローザンがファウル。
ターナーのFTとなり、今度は2本決めて残り1分23秒で4点リード。

デローザンのアタックからカットしてきたゲイに簡単にダンクを決められ、
その後はお互いにミス。すると残り17.8秒、クラッチショットを決めたのは
なんとマコネル隊長。

137−133で迎えたSASポゼッション、
ゴール下に切り込んだデローザンのボールを叩き、ルーズボールに飛び込んで
ジャスティンにパスを出したマイルズ・ターナー。ファウルゲームとなり、
最後はもつれることなく試合終了。

最後に両エンドでビッグプレイが出て久しぶりの心地よい勝利。
7人が二桁得点というバランスの良さも見ていて楽しい要因の一つでした。

IND 139 - 133 SAS
ジャスティン 10pts、4reb、3stl
マクダーモット 10pts
ターナー 18pts、7reb、4blk
サムナー 15pts、6reb、3ast
ルバート 26pts、4reb、9ast、3stl
 マコネル 18pts、7reb、8ast
 アーロン 18pts、3reb、3ast
 ゴガ 8pts、7reb

ブログドン欠場のホーネッツ戦【NBA_Pacers】

2021年04月04日 08:48

試合直前にブログドンが欠場となり、サムナーがスタート。
コミュニケーションミスや凡ミスが多く20ターンオーバーと壊滅的。

ホーネッツに先制される中、諦める点差にはならず終盤まで我慢。
6点差にしたまでは良かったのですが、そこからのCHAのクロージングが見事でした。

INDにもチャンスはあったと思いますが、素直に相手が強かった。
ドマスも程度は未定ですが負傷。

マクダーモットとサムナーのオフェンスしかワクワクする部分がないなか、
ゴガが11分de10pts、7rebはなかなか。

良かった点はターナーの連続ブロック記録が続いた事でしょうかね。
いまいちルバートのシュートタッチが定まりませんが、ちょっとスターターいじっても
良いのかもしれませんね。

ジャスティンとサムナーを入れ替えて、セカンドユニットで
マクダーモットとジャスティンのオフェンスを見たいです。

CHA 114 - 97 IND

オラディポ不在のヒート戦【NBA_Pacers】

2021年04月02日 21:29

昨日のヒート戦、1Qしかs観れていないまま明日の試合を迎えそうなのでBOXのみ。

MIA 92 - 87 IND

念願のヒート入りを果たしたオラディポでしたが、
IND戦でデビューとはならず。嬉しいような悲しいような。

今回の移籍劇で、結果的にオラディポという素晴らしいプレイヤーへの
興味がすっかり削がれてしまったことだけが残念。
嫌いになった訳ではないし、マイアミで深く愛されて欲しいと思うけど、
振られた側のこちらとしては追うべき必要も理由もなくなってしまった。

INDとの契約延長を拒否し、ロケッツにトレードされ、
そこでも延長を拒否してオフを待たずにヒート入り。
トレードで希望のチームに行けることなんて稀な気がしますし、
ペイサーズとしてはルバートがきてくれただけでありがたい話です。

ただ、いつも倒したい相手であるヒートに行ってしまったのがきつい。
彼の能力を知っているだけになおさら驚異。
プレイオフで倒せていない相手なだけに、正直もう当たりたくないです。

そんな相手なだけに、昨年のプレイオフで頑張って欲しいなんて思えたのが
自分でも不思議でした。



New