アフリカゲームで輝いたペイサーズのオラディポ【NBA】

2017年08月08日 13:13

数日前の事ですが、NBAアフリカゲームがヨハネスブルグで行われました。
オラディポがスターターだったのももちろんですが、実況解説が
FSIのクリス・デナリ&クイン・バックナーだった事が嬉しかったですね。
201708081312151a1.png

20170808131217888.png

0時頃から始まったのでハーフタイムで寝落ちしましたが、
負けた試合でもオラディポがMVPを獲得しました。
28pts、9reb、5ast、FG 11/25、3PT 4/14、4TOと
手放しで喜べるものではありませんが、こういうのを選出される
運っていうのは必要かもしれません。

レギュラーシーズンでもプレシーズンでもありませんが、
ペイサーズの選手のプレイを見る事ができるのは良いですね。

17-18 ペイサーズロスター 8/4時点【NBA_Pacers】

2017年08月04日 10:17

来シーズンのロスターとサラリー
17-18.png

あと一人くらい追加あるかもしれませんね。
PG DC、CoJo、ジョセフ、(サムナー)
SG Vic、GR3
SF ランス、ボヤン、ニヤン
PF サドやん、サボさん、リーフ
C ターナー、セラフィン、アルジェファ、アニボグ

CoJoの補強によってランスPGはどうやら
考えていなさそうなので安心しました。
試合の中で彼がボールを運ぶのは大賛成です。

できればオラディポかランスを控えに回して
オフェンス力の均衡を図りたい所ですが、
CoJo-ボヤンラインが機能してくれれば楽しい事になりそうです。

サボさんもスクリーンからリムへ向かう意識は高いですし、
早く来シーズンを見てみたいです。

---8/4追記---
ニヤンとセラフィンのカットでまた空きができました。
この後に追加がないとセラフィンのウェイブの真意が伝わってきません。
オンコートでもオフコートでもランスの良いお供になりそうだっただけに 残念な動き。
アルジェファを多く起用することも考えにくいし
ベテランビッグマンの追加が来ると思うけど一体どう動くのか。

ここに来てノエルに突っ込むなんてことはないだろうし、
まさかのヒバート戻しがあったりして。
メイソン・プラムリー、タイラー・ゼラーなんかは
まだ契約していなければ金額によってはありかもしれない。

ケヴィン・セラフィンをウェイブ【NBA_Pacers】

2017年08月01日 07:47

そろそろロスターが固まったかと思ったら8/1の保証確定前に
セラフィンをウェイブ。ラキームはまだ分かるけど
それほど高くもないセラフィンを外すのは分からない。

シーズン終盤の数試合だったとはいえ、ランスが来てから
良い働きをしていたし、もう1年見ても全然良かったはず。

セラフィン-ランスコネクションだけでなく、あのままもう一年見たかったので
このオフは本当にタフだ。

ジョージがいなくなっただけでなく、仲良しだったセラフィンまでいなくなって
ランスは大丈夫だろうか。自身が「ビジネス」をたくさん経験して来ただけに
理解はするだろうけど、チームに納得できるのか。

今の契約が終わったあとの延長は怪しいかもしれない。
KPとバードは違うというのがこの数ヶ月でもよく分かる気がする。

まだ追加があるのか分からないけど、現時点でこの動きにはBoo.

新しいユニフォームとコートの発表【NBA_Pacers】

2017年07月29日 14:22



若干ラプターズユニに似ている気がしますが、ターナーには似合っていたので
よいかもしれません。正直まだ見慣れませんが、ヒッコリーを受け入れた
ペイサーズファンならなんでも大丈夫だと思います。

前面のチーム名と番号が近過ぎるのは気になります。

ジョージ・ニヤンをウェイブ【NBA_Pacers】

2017年07月16日 04:40

昨年ペイサーズ50周年の年に50位でドラフトされた
ジョージ・ニヤン(Georges Niang)をウェイブ。

ロスター上にポテンシャル枠が多いのは少し気になっていましたが、
ラキームに続いてニヤンまでカットされるとは思いませんでした。
サマーリーグでいきなり怪我をして出番のないままカット。
本人としても納得のいかない最後かと思います。

ドラフトされた時から身体能力はないけど状況判断は良いと
無理矢理褒める所を探した評価を受けて来たニヤン。
年末に見に行った試合では運良く彼のプレイを見る事が
できましたが、良い動きからダンクに行ったのに
ブロックされました。
23試合しか出ていないので貴重な彼のプレイを見る事が
できてラッキーだったと思います。

Dリーグでは19ポイント、7.2リバウンド、3.3アシストと
活躍できる彼ですが、もっと圧倒的に支配できていた
先輩タイラー・ハンズブローもNBAから声がかからない
という事はそれだけ厳しいという事なのでしょう。

それにしてもKP本当に良く動きますね。
ありがとうニヤン、さようならニヤン。
本当にニヤンという表記でよいのか分からないままでした。

アニボグと契約でロスター15人決定【NBA_Pacers】

2017年07月13日 11:14

ドラフト2巡目47位で指名したイケ・アニボグと契約に至ったとのこと。
結局即戦力のリバウンダーを補強する事なく、ポテンシャル採用の
アニボグをそのままロスターに追加となりました。

PG:DC、CoJo、ジョセフ、(サムナー)
SG:Vic、ランス
SF:ボヤン、GR3、ニヤン
PF:サドヤン、サボさん、リーフ
C:ターナー、セラフィン、アルジェファ、アニボグ

バックコートはなかなかバランス良さそうですが、
ビッグマン達大丈夫でしょうかね。
サドやんかターナーが怪我で離脱した途端に詰みそうです。

セラフィンはまだ保証されてないかもしれませんが、
彼を外すとランスがふてくされる可能性があるので
絶対キープでお願いします。

熱烈歓迎を受けたジョージ【NBA_Pacers】

2017年07月12日 12:46

会見の為にオクラホマシティへ飛んだポール・ジョージ。
空港のフェンスの外にはジョージを歓迎するたくさんのファン。

想像通りというか想像以上に熱いサンダーファン。
会場内外問わず本当に熱心なファンのいるチームへトレードされたのは、
ジョージ本人にとって幸運だ。

親友のKDからは「オクラホマシティは素晴らしい場所だ」と
アドバイスを受けたらしいジョージ。
日本のサンダーファンも直接関わった事はないけど、かなり熱い。
この一年、彼らはジョージの長期契約に向けて全力でサポートしてくれるだろう。

ペイサーズについては、大雑把に言えば再建が進むなかで
方向性の違いを感じたとでも言えばいいですかね。
インディアナで優勝したかった事、勝つことが全てという事、
そしてそれが適わずに申し訳ない気持ちがあるという事。
レイカーズ希望というのはちょっと周りが騒ぎすぎてるという事。

まぁ、新天地に着いてすぐに「来季はレイカーズ行くっス」とかいうはずも
なく、本当は何を考えているか分からないけど、このままOKCに残る
可能性も0ではないのではないかと感る。

バードが迷走したのはファンの目にも明らかで、
インディアナで優勝するのは難しいと感じたのはやはり事実だったようで。

これってすなわちレジーの言葉を借りれば
「王様が自分の国を捨てた」って事なんだろう。

結果的にレジーは最後まで自分の国で戦って、守り抜いて
最後は後継者まで育てた。途中で移籍の可能性もあったり、
本当に結果論でしかないけど、インディアナのファンが求めるのは
こういった王様なのかもしれない。

一見ハードルが高いようだけど、ポール・ジョージであれば
その壁を乗り越えられると本気で信じていた。

しかし、その本人が「自分中心のチームでは勝てない」と認めた。
「オクラホマシティでは大きな助けを借りる事ができる」の助けは君自身だ。
来シーズンは君がウエストブルックの助っ人としてオクラホマを救うんだよ。

スーパーチームが流行る今、GSWかCLEであってもどちらかは
優勝できないという事実。そんな中で自分以外のスター選手がいない
INDではどうにもならないと感じてしまっても仕方がない。
だってスター選手来ないからね。
自分がラストピースとなって他に行くしかないという結論に
もう何も口だしできなかった。

INDポールとOKCジョージは自分の中ではもう別物。
NBAファンとして見ればウエストブルック-ジョージのデュオは楽しみ。
でも悪いけど君たちの成功を願う事はできない。
もちろん失敗を望む訳ではないけど。

臨機応援に対応できないペイサーズファンだから。

来季OKC最高とか言っておきながら本当にLAL移籍して
OKCファンをずっこけさせる可能性が0ではないと思う、とだけ書いておく。


New