クリッパーズ戦【NBA_Pacers】

2021年04月14日 09:49

スリック訃報の数時間後に始まったタフなクリッパーズ戦。
”Boom Baby!!”を言われて育ったポール・ジョージの凱旋試合でもあります。

連続ターンオーバーなどで波に乗れないペイサーズでしたが、
ブログドンやルバートの個人技でなんとか得点。
LACがリードする出だしとなりました。

残念な事に放送がTNTでレジーでもなく。
デナリさんとクイン、JJの声が必要だっただけに残念。

ズバッツにインサイドで簡単にやられる中、
ドマスとジャスティンの3PTが決まり23−26と逆転に成功。

ブログドンとルバートのオフェンスが決まり続け、25−31。
二人とも体の使い方がうまく、ドライブから得点を重ねました。

ポール・ジョージがスリックに叫んで欲しいらしく、1Qだけで
3本の3PTを決めてきますが、INDも最後にマコネルがブザービーターで
3PTを沈めて31−34で1Q終了。


2点差に詰められたところで、レイアップ→インバウンドパスを
スティールしてレイアップで34−40とするマコネル劇場。
しかしINDは3PTが決まらず、リバウンドも取れず逆転を許します。

少しの間は耐えましたが、一気に52−43と9点ビハインドへ。
ブログドンの3PT、ドマスのリムアタック、再びブログドンの3PTで
同点としますが、モリスの3PTで再びリードを奪われます。

それでもジャスティンの3PT、ルバートのタフフローターで点を重ね、
最後はサムナーのFT1本で67−65で前半終了。
ポール・ジョージを全く止めることができず、23点も取られました。

前半スタッツ
 ドマス 10pts、7reb
 ブログドン 16pts
 ルバート 16pts
 マコネル 9pts


3Q、ドマスのリムアタックで逆転するとサムナーも後半に入り4点を加えて70−73。
しかしレジー・ジャクソンの3ポイントプレイとケナードの3PTで再逆転。
ドマスがなんとか2点を加えますが、ジョージの3PTも決まり79−75。

思うように攻められずオフェンスが停滞するIND。
ジョージのボースハンドダンクにはドマスのファイダウェイでお返し。
ルバートが3PTを決め、プルアップも決めて83−84。

今度はズバッツ、ジョージ、レナードが決めて89−86。
かなり頑張って耐えたINDに対し、楽に点を取るLAC。
どこかで一気に離される展開が予想されてしまいます。

モリスに同じポストプレイで点を取られ、バトゥームの3PTで98−91。
ブログドンの3PTも決まらなくなり、マコネルのスティールからのファストブレイクも
バトゥームに阻まれますが、何とか得点。しかしモリスも止められず。
もう少し点差を詰めるチャンスは何度もありましたが、100−97で3Q終了。
何とか踏ん張りました。

4Q、ジョージのミドルが決まり、INDはターンオーバー
ロンドからバトゥームのアシストでダンクを決められ104−97。
アーロンがハッスルでボールを救いますが、決めきれず。
ジョージに決められ、一気に108−97と主導権を奪われます。

ここまでLACのFG42本中、29アシスト、
INDは37本中12アシストとチーム力の差が出始めました。
個人技だけではそこが止まってしまうとどうにも厳しくなってしまいます。

ドマス、ルバート、ブログドンが20点オーバーではありますが、
ほとんどが個人技によるもの。
パスやチームオフェンスで相手を崩して得点できたイメージがありません。

2分過ぎてマコネルがようやく初得点となるレイアップを決めますが、
パスを回されてテレンス・マンの3PT。
再びマコネルがレイアップを決めますが、12点ビハインドとなります。

アーロンがチーム8本目となる3PTを決め、113−104。
ボールを回して3PTを決めるLACと勝手に打って外すINDの差。
せっかくボールを奪ってもわざわざ狭いところへパスを出してターンオーバー。
楽にアリウープを決められて120−106と一気に傾きました。

ブログドンが3PTを決め、一桁差にするチャンスを得たものの、
ジョージにスティールされてその機会を失うIND。
ブログドンのレイアップで120−111とし、ジョージがターンオーバー。
ジャスティンが外し、セカンドチャンスでルバートが3PTを放ちますがミス。
残り2分を切り、いよいよ厳しくなるIND。

最後まで3PTにこだわり、外し続けたINDが負け。
攻めさせなかったLACディフェンスを褒めるべきではありますが、
もう少し何とかしようとする姿勢を見たかったです。

今日は9 Boom Baby!で終了。
スリックよ、永遠に。

ロードトリップ最終戦のクリッパーズ戦【NBA_Pacers】

2021年01月18日 17:11

サンズ戦が延期になった為、5試合だったはずのロードトリップも
4試合で終了。最後の相手はLAクリッパーズでした。

ペイサーズはターナーが右手の痛みで欠場、オラディポもいなくなり、
ウォレン、ラム、サンプソンが負傷や痛みで欠場。

ブログドン、サムナー、マクダーモット、ジャスティン、ドマスという
本来のベンチメンバー3人がスターターとして出場となりました。

マクダーモットがシーズンハイ、そしてチームハイの23ptsと頑張ってくれましたが、
ただでさえ強敵のLACの3PTが大当たりした第3Qに突き放されました。

4Qにもスターターを戻す時間がありましたが、ゴガがシーズンデビューで
16分に出場、ボウエンやキャシアスにもプレイタイムが回ってきました。

それでもドマスとブログドンは34分、ジャスティンは35分に出場。
これ以上怪我人を出さないためにも、もう少し若手に時間を
あげてしまっても良かったかもしれません。

ゴガは5ptsに2stl、1blkでしたが、もう一つスティールに絡んでるシーンがありました。
ルーキーのキャシアス・スタンリーはブロックされましたが、高さのあるダンクを
試みたり、味方からの高すぎるパスをなんとかアリウープも持ち込もうと頑張りましたが
無得点で終わりました。しかし、サムナーもキャシーもリムアタックを
続けていて良かったです。容易に3PTを打って外すのは見ていて楽しくないですからね。

LACはレナードやジョージのうまさを見せつつ、モリスとDET時代からの天敵ケナードが
ベンチからそれぞれ20ptsと層の厚さも見せつけられました。

リバウンドも52−33と大敗。13スティールは見事でしたが、
自分たちも16TOとミスが多かったです。

IND 96 - 129 LAC
ドマス 34min、19pts、14reb、6ast
マクダーモット 32min、23pts
ブログドン 34min、16pts、8ast
サムナー 21min、9pts、3reb、3stl
ジャスティン 35min、15pts、3reb、3stl

HOLLYWOOD vs HOOSIER【NBA_Pacers】

2019年12月10日 10:21

ロードトリップ5試合を終え、一日休んでからのクリッパーズ戦。
相手は連戦の為、カワイ・レナードがお休み。

注目の的はやはりポール・ジョージになってしまいます。

ボールを持つ度にブーイング、シュートを外せば大歓声と
熱烈な歓迎を受けた彼は、序盤こそシュートを外していたものの
前半だけで21点。実力は間違い無く本物です。

試合前に「ここは特別な場所」とかコメントがあったようですが、
オクラホマシティでもLAでも色々と余計な事を話しているので
まぁ心に響きません。

個人的にはオラディポとドマスを連れてきてくれたので
ある意味感謝していますし、IND在籍時の彼の功績は
間違い無くチームの歴史に残るものでした。

それだけに勿体ない。。。

ターナーにはジョージをブロックして色んな思いを払拭して
貰いたい所でしたが、前半時点では静かな感じ。

スタッツで目立たないとあまり褒められないのかもしれませんが、
ここ数試合でオフェンス、ディフェンスで勝利をもたらしているので
自信をもってプレイを続けて貰いたい。

ウォレンがファウルトラブル気味で思うようにプレイできていないのと
ドマスのシュートの確率が2/9と低迷中。
チーム全体で32%はマクミランとバークさんの檄が飛ぶ事でしょう。

LACはベンチからルーとハレルが出て来てからが本番、みたいな
印象を受けますし、本来はここにレナードがいると思うと
INDの層の厚さとは違う強さがありますね。

60-48で後半立て直せるかどうか。
マクダーモットの11ptsがどこまで伸びるかも期待です。


Game72:vsクリッパーズ【NBA_Pacers】

2019年03月20日 14:19

連戦でクリッパーズ戦。
終始LAC優勢で進んだ試合でしたが、
タイリークやマクダーモットが奮起。

スターター陣がお疲れモードだった為か、
苦しい展開でしたが、ベンチメンバーが
試合を崩さずに支えてくれました。

タイリークは何度もゴール下へ切り込み、
19pts、8reb、7astの活躍。
マクダーモットも3PTは1本ながら、17pts。
ドマスは13pts、16reb、6ast。

ボヤンは最後スリップ2回で悔しい思いをしましたが、
オラディポが抜けてから、スターターを中心として
負担が増えているので責められません。
ここまでよく戦いました。

ターナーは5ブロック、DCに替わってスターター出場の
CoJoは4stlとディフェンスも頑張りましたが、
自分達のTOが20で思うようにプレイできず。

勝てばプレイオフ確定という所で足踏みが続きますが
次はGSW戦・・・

IND 109 - 115 LAC

Game55:vsクリッパーズ【NBA_Pacers】

2019年02月08日 13:47

ほとんど動きのなかったペイサーズとは対象的に
トレードやウェイブでそれなりに移動のあったクリッパーズ。

そのLACがスタートからパーフェクトでシュートを落とさず
絶好調でしたが、INDも高確率で決めていきます。
LACにTOを強いる事で突き放される事なく、
試合を展開していけたのが大きかったです。

LACもあれだけ決めてもリードを作れない事で
焦りやフラストレーションが溜まったかもしれません。

ボヤンがダンクに行った所で激しく落下し、
後頭部を打っていましたがそのまま試合に出続け、
29ptsのチームハイ。
ターナーとThadも得点を獲りつつ、6ブロックと
5スティールという鉄壁具合。
前半終了間際から完全にペースを握りました。

試合の途中でコウモリが乱入し、一時中断となりましたが、
結局捕まえられず、そのまま試合再開する場面もありました。

タイリークの数字が伸びてきませんが、無理なプレイが
減って丁度良くはまっている感じにも思えます。
バランス的にCoJoが出ている時間が多くなりますが、
13pts、9reb、6astとシュートスランプを抜けたベテランは
頼りになります。

今後NYKをウェイブされたウェスリー・マシューズと
契約することになっているようで、マクダーモットは
DAL時代のチームメイトと再合流する事になります。

マクダーモットもThadもマシューズの加入は
チームの助けになるとコメントしているので、
楽しみです。

正式に契約したらまた個別に書こうと思いますが、
きっとINDファンに溺愛される事になると思います。

LAC 92 - 116 IND

ロードトリップ2試合目 vsLAC【NBA_Pacers】

2016年12月06日 10:12

前のPOR戦からロード5連戦の旅に出ているペイサーズ。
相手はホームで対戦したばかりのクリッパーズ戦でした。

ポールとCJが怪我から復帰という良いニュースがありましたが、
先日の借りを返されるんじゃないかとびくびくして観戦開始。

案の定INDはシュートが入らず、一方的な展開のスタート。
特に前回大外れだったレディックが前半だけで5本の3PTを
沈めてきました。

立ち上がりは最悪でしたが、LACもポロポロとTOが増え始めます。
そして前半の内に逆転に成功、逆転されてハーフとなりましたが、
第3Q、まさかのINDペース。そのままリードを広げて前回と
同じ様な展開へ。
終盤に4点差まで追いつかれましたが、最後にポールが3PTを沈め、
ターナーがデアンドレをボックスアウトして追加点を許さず勝利。

トリップ5連敗を避けただけでも十分でしょうかね。
連戦でGSなのでこちらはちょっと厳しい試合になりそうですが。

・ティーグがアグレッシブに攻めるシーンが目立った
・サドやんがリム近辺をぽんぽん決めてくれて助かった
・ベンチからCJ、スタッキーの援護
・レディックはシュート後の着地が結構前に出てきて足下怖い
・鼻血ポール最後はお見事
・GR3はもうちょっと積極的に攻めること

クリッパーズ戦【NBA_Pacers】

2016年11月29日 10:48

今日もポール、CJ、セラフィンがお休み。
相手は好調クリッパーズとあって苦戦を予想しましたが、
LACはミス続きでペイサーズが主導権を握ることとなりました。

いつか追いつかれるんだろうと思ってみてましたが、
レディックは最後まで当たりが来ず、延々とTOを
繰り返してくれた為、危なげなく逃げ切ることができました。

・LACのフロントコート相手にリバウンド52-40
・FTは7-27と20本多く打たれましたが、FGAは70-92とINDが圧倒
・チームアシスト26、ティーグは初の二桁10アシスト
・ターナーが前半ファウルトラブルになりかけながらも17pts、12reb
・Flying Thad
・Hustle Al
・GR XVII

LACのTOだったりシュートミスのおかげではありましたが、
INDも少し動きが良くなってきた気がしました。
ディフェンスのカバーだったりリバウンドの意識といった部分は
今日は見れる形になっていました。

この後ロード連戦が続くようなのでそこでも維持してくれるといいのですが。

LAC 70 - 91 IND


New