クリッパーズとのハック対決【NBA_Pacers】

2015年12月03日 16:52

西のデアンドレ、東のマヒンミというFT下手王者対決(他にもいるかもしれませんが)
の他に、ヒバートに続いてランスとの同窓会という今日のクリッパーズ戦でした。

クリス・ポールが欠場、更に開始十数秒でレディックが
足首を捻挫し、そのまま戻らないという、LACに取ってはきつい試合となりました。

が、その二人の時間を貰った元INDのランスが躍動。
ボールを持てればこれだけできるという力を見せつけたくれました。

C.J.マイルズのブザービーター3PTで72-69として終えた第3Q。
第4Q開始後、ポールの3PTを含む14-1のランを成功させ、86-70と
一気に突き放しました。

ジョーダン・クロフォードの追い上げもありましたが、
CP3のいないLACはデアンドレが4点止まりでパッとしませんでした。

デアンドレ 2pt 15reb
グリフィン 19pts 6reb
と二人に思ったように仕事をさせず、更に二人のブロックは0。
LACのチームFG%をシーズンで二番目に低い38%に抑える事ができました。

フロントコートは圧倒的に不利なはずでしたが、
終わってみればリバウンドは47-40、ペイント内も34-32と
僅かでしたがリードすることになりました。

ちょっと下らないTOは多すぎましたがポールが今日も30点オーバー。
マヒンミ、モンテ、スタッキー、マイルズ、ダンヒルが二桁得点と
ヒルのFGが0/6でしたが、全員でその穴を埋めての勝利。

一方のINDはマヒンミが14pts 7reb 4blk
ポールが31pts 10reb 4ast 3stlでした。

明日もポートランドで試合があるので40分もプレイすることになった
ポールが少し心配です。

IND 103 - 91 LAC

今日の勝利でペイサーズは通算2000勝を達成とのことです。
ABA時代も合わせ、49シーズンでの記録。(ABA 9シーズン、NBA 40シーズン)

なお、デアンドレは341試合連続出場で現役最長記録を続けているそうです。
CLEのトリスタン・トンプソンが次いで307試合とのこと。

Game20-22 @キングス、vsホークス、vsクリッパーズ【NBA_Pacers】

2014年12月11日 11:39

IND 101 - 102 SAC OT 15512
ATL 108 - 92 IND 14519
LAC 103 - 96 IND 16392


ヒバートとウエストが戻っても厳しい状況は続いているようです。
やはりセカンドユニットがスターターで出られるという気持ちと
彼らのケミストリーが良かったのかもしれません。
スターターが戻ればまた役割も変わりますし、また慣れるまでに
時間がかかるかもしれませんね。

ヒルはもう少しかかるみたいです。

13-14シーズン各賞受賞者【NBA】

2014年06月05日 10:09

2013-14シーズンの各賞の受賞者のメモ

Defensive Player of the Year
 CHI ジョアキム・ノア  Media Voting Results

Coach of the Year
 SAS グレッグ・ポポビッチ  Media Voting Results

Most Improved Player
 PHX ゴラン・ドラギッチ  Media Voting Results

Rookie of the Year
 PHI マイケル・カーター-ウィリアムズ voting results

MVP
 OKC ケビン・デュラント voting results

Sixth Man Award
 LAC ジャマール・クロフォード voting results

2013-14 All-Rookie Team  First Team
  PHI マイケル・カーター-ウィリアムズ
  ORL ビクター・オラディポ
  UTA トレイ・バーク
  BKN メイソン・プラムリー
  NYK ティム・ハーダウェーJr

 Second Team
  BOS ケリー・オリニク
  MIL ギニアス・アンテトコウンポ
  MIN ゴーギー・ジェン
  CHA コーディ・ゼラー
  OKC スティーブン・アダムス

2014 All-Defensive Team
 First Team
  CHI ジョアキム・ノア
  IND ポール・ジョージ
  LAC クリス・ポール
  OKC サージ・イバカ
  GSW アンドレ・イグオダラ

 Second Team
  MIA レブロン・ジェームズ
  HOU パトリック・ビバリー
  CHI ジミー・バトラー
  SAS カワイ・レナード
  IND ロイ・ヒバート

2013-14 All-NBA Team
 First Team
  OKC ケビン・デュラント
  MIA レブロン・ジェームズ
  CHI ジョアキム・ノア
  HOU ジェームズ・ハーデン
  LAC クリス・ポール
 Second Team
  LAC ブレイク・グリフィン
  MIN ケビン・ラブ
  HOU ドワイト・ハワード
  GSW ステフ・カリー
  SAS トニー・パーカー
 Third Team
  IND ポール・ジョージ
  POR ラマーカス・オルドリッジ
  CHA アル・ジェファーソン
  PHX ゴラン・ドラギッチ
  POR デイミアン・リラード

2014 Playoffs 2nd Roundメモ【NBA】

2014年05月16日 18:49

East------------- 
IND 4 - 2 WAS  
 Game1 96 - 102 
 Game2 86 - 82 
 Game3 85 - 63 
 Game4 95 - 92 
 Game5 79 - 102 
 Game6 93 - 80 
   --- 
MIA 4 - 1 BKN  
 Game1 107 - 86 
 Game2 94 - 82 
 Game3 90 - 104 
 Game4 102 - 96 
 Game5 96 - 94 
   
West------------- 
SAS 4 - 1 POR  
 Game1 116 - 92 
 Game2 114 - 97  
 Game3 118 - 103 
 Game4 92 - 103 
 Game5 104 - 82 
 --- 
OKC 4 - 2 LAC  
 Game1 105 - 122
 Game2 112 - 101
 Game3 118 - 112
 Game4 99 - 101
 Game5 105 - 104
 Game6 104 - 98
2014 Playoffs 1st Roundメモ【NBA】
 

ダニー・グレンジャーがLACと契約、そして初出場【NBA】

2014年03月05日 16:33

トレード後、バイアウトが成立し、どこへ行くかが話題となった、
ダニー・グレンジャーですが、既に今シーズンのINDとの対戦を終えている
LAクリッパーズに落ち着いてくれました。

話に上がったSASやMIAはこれからも対戦があるので
行って欲しくありませんでしたが、NBAファイナルで当たる以外は
今年の対戦はないということで少しホッとしました。

そして、今日、クリッパーズとしての初陣となりました。
本来は前の試合でも準備できていたそうですが、試合前に提出する
ロスター表に不備があったそうで、出場できなかったそうです。


思ったより似合っていますね。
LACのユニフォームと言えば水色半袖のパジャマユニが鬼門かと思われますが、
青は大丈夫でよかったです。

試合はLACが勝ちましたが、ダニーは3分46秒の出場にとどまり、
得点もありませんでした。
彼の新天地での活躍を願います。

Game39 vsクリッパーズ【NBA_Pacers】

2014年01月19日 23:59

今日はLAクリッパーズとホームで対戦。
相手は連戦でクリス・ポールを怪我で欠いていました。
前回の試合ではレディックが欠場で、フルメンバーでの対決は
今シーズンはありませんでした。

ペイサーズはヒバートを中心に攻めますが、あまり決まらず、
LACに先制を許しますが、開始8分でヒバートが5ブロックと
そこから立て直しに成功。

ポールの&1で15-15に追いつくと、最後はポールがブザービーター3PTを
決めて18-28で第1Qを締めました。

第2Qもワトソンの3PTから始まり、ランスが得点、リバウンド、アシストと
フル回転でベンチメンバーが良く頑張り、ポールも残り3分まで休む事が
できました。しかし、ラストプレイでのインバウンズボールをスティールされ、
グリフィンにゴール下まで持ち込まれますが、ここでウエストがグリフィンに対し、
肘を使ったということでまさかのフレグラント2で即退場。
大量リード、タイムアップ後にとんでもなくアホな行為をしたウエストが
100%悪いのですが、あれで退場とは驚きでした。


レジー・ミラーもすぐさまこんなツイートをしていました。
インバウンドをカットされなければこんなプレイ自体が生まれなかったので、
自分達の責任とも言えます。これはチームとしても、ウエストとしても
反省しなければいけない点です。

グリフィンとジョーダンという強烈なフロントコートを守るのに、
ウエスト抜きというのはとても心配でした。
後半はスコラがスターターとして登場。BS実況がスコラのディフェンスを
褒める程頑張ってくれましたが、やはり完璧に止める事はできず、ファウルトラブルに。
ここでボーゲルはダニーを4番として起用。元々できなくはないポジションですが、
グリフィン相手というのは厳しいのは明らかです。

しかし、2度ボールを弾いたりと巧いディフェンスを見せ、
グリフィン押しで来たLACに勢いを奪われるまでには至りませんでした。

が、ウエストの暴挙で印象が悪くなったのか分かりませんが、
ヒバートとランスに対するタフコールが連発して起こると、
リードが10点にまで縮まってしまいました。

ヒバートのは仕方がないにしても、ランスのは不運中の不運でした。
FSIのデナリさんも「スティーブンソンによるナイスディフェンス!」
と叫び終わった後でのコール。悪いランスになる可能性もありました。

第4Qはグリフィンのショットをダニーがブロックし、ポールの3PTで開始。
68-81とすると、ランスがタフなレイアップを2連続で72-85とします。

マヒンミ、ダニー、ポール、ランス、ワトソンという布陣で
ディフェンスが効き始め、スティールからの得点もあり、
ポールの3PTで再びリードを20点にした所でハイライトプレイが生まれました。
[Game39 vsクリッパーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

12/10 契約・怪我人情報(フロップもあるよ)【NBA】

2013年12月10日 14:17

<怪我>
MIL ザザ・パチュリア 右足骨折で4週間欠場
MEM クインシー・ポンデクスター 右足疲労骨折で今季終了の可能性
PHI マイケル・カーター-ウィリアムズ 右膝皮膚感染症で数試合欠場
NOP タイリーク・エバンス 左足首負傷で1-2週間欠場

<契約>
TOR D.J.オーガスティンをウェイブ
LAC スティーブン・ジャクソンと契約へ

<その他>
MIN コーリー・ブリュワー フロップ2回目で5000ドルの罰金
   


New