長かった19−20シーズンが終了【NBA】

2020年10月12日 16:20

通常通りのシーズン開始からコービー・ブライアントの衝撃の事故死、
Covid-19によるシーズン中断とバブルでの再開、そしてプレイオフ。
辛く、長いシーズンがついに終わりました。

ペイサーズは何とも言えない終わり方をして、ネイト・マクミランが解雇。
未だ新ヘッドコーチは決まっていません。オラディポやターナーにトレードの
噂が出る等、気楽に待てるオフシーズンではありませんが、ようやく一区切りです。

これまでINDが倒された相手を応援したり贔屓目で見ることはありませんでしたが、
今年のマイアミ・ヒートはなぜか気になるチーム、少し応援したくなる気持ちがありました。
ついに居場所を見つけたジミー・バトラーを筆頭にINDとのシリーズで活躍してくれた
圧倒的スパーズネームのダンカン・ロビンソン、勝ち進むにつれどんどん成長を見せた
タイラー・ヒーロー、描いていたマイルズ・ターナーの将来像をあっという間に
築いてしまったバム・アデバヨ、過去に「ロイ・ヒバートなんてちょろい」と
有言実行でINDを苦しめたゴラン・ドラッギッチなど、見ていて楽しいチームでした。

ファイナルの対戦相手はLAレイカーズ。
20年前にやられているので応援する義理はありませんでした。

しかし、スター街道から一旦道を外れ、故郷アトランタでも
完全復活できなかったドワイト・ハワードの見事な活躍ぶり、
外が入らないが定説だったラジョン・ロンドの長距離砲と数々のアシスト、
毎試合のように怪我をしていたアンソニー・デイビス、
そしてファンにはなれないけど、凄まじい支配力健在のところを
見せつけてくれたレブロン・ジェームズ。

ドラギッチとアデバヨが負傷した時には、シリーズが
早く終わるかもしれないと思いましたが、最終戦以外は
どれも最後まで緊迫した良い試合を見せてくれました。

元INDのHCフランク・ボーゲルがスポルストラ率いるヒートを
破ってファイナル制覇というのは喜ばしいことなのですが、
あの時も今回も勝者の側にいたのはレブロンでした。

少し複雑です。

今年は例年に比べ、ファイナル以外も多くの試合を観ることができ、
とても充実したプレイオフ期間でしたが、選手にとってはいつもよりも
ハードなスケジュールだったと思います。移動こそありませんでしたが、
ほとんどが中1日で行われ、ファンとしては楽しめましたが、
タフなプレイオフだったのではないでしょうか。

ジャマール・マレー対ドノバン・ミッチェルのDEN-UTAシリーズも
とても面白かったです。

オーランドバブル内で一人もCovid-19新規感染者を出さずに
全てのスケジュールを遂行してくれたNBAと参加チーム、その他大勢の
関係者に感謝です。

来シーズンがどのような形で始まるのか分かりませんし、
本来オールスターが行われる予定だったインディアナ開催が
どうなるのか気になることは多いですが、ひとまず19−20シーズン
お疲れ様でした。

シーズン再開 Game5/8:レイカーズ戦【NBA_Pacers】

2020年08月09日 20:17

再開シーズンも折り返し、5試合目はレイカーズ戦。
レブロンへのディフェンスのマッチアップはブログドンが付きます。

ペイサーズは立ち上がりよく点を決めました。
アーロンがレブロンに向かってレイアップを決めたり、
ブログドンもスムーズな動きで点を重ねました。

一度逆転されますが、リードを奪い返し、
入ったばかりのマコーネルがADからスティール、
ウォレンのアンド1に繋げました。

アーロンが技ありのレイアップを決めた後、
ウォレンが体勢を崩しながらもレイアップをねじ込みアンド1を成功。
徐々に天才らしさを見せつけていくと3PTを沈め17−25。
更に良くボールが回った後、オラディポからのパスを受けて
もう1本の3PTを沈め17−28。ウォレンも第1Qで18ptsと天才モード。

次の3PTは外したウォレンですが、サンプソンがプットバックダンク、
その次のオフェンスでもマクダーモットの3PTミスに対して
プットバックダンクを決めるサンプソン。
ベンチから出てきて流れを持ってくることができるサンプソン。
これインディアナのホームだったら大変な大騒ぎになっていたと思います。

その後も崩れる事なく24-34で第1Qを終えました。

第2Q
レイカーズベンチに突っ込んだマコーネルを支えてくれたKCPありがとう。
バブル移行後外のシュートに苦しんでいたジャスティンとマクダーモットの
3PTが決まり、出だしは互角に戦っていましたが、ブロックにスティールと
徐々に西1位の実力を見せてくるレイカーズ。

オラディポが良い動きを見せて点を取りますが、御構い無しに逆転していくLAL。
ゴガがコートに入り、すぐにADにファウルしてしまいますが、
その次のプレイでレブロンのレイアップをブロック。
更にクズマのレイアップもブロックしましたが、これはその前にアーロンのファウル。
惜しかったです。
ゴガのスクリーンを使い、オラディポがレイアップを決めると
ADに少し嫌がらせをするゴガ。(どかなかっただけですが)

59−54と逆転され前半を終えました。

第3Q
ターナーのミドルが決まり、シュートを外したオラディポが
レブロンからテイクチャージ。コンディションを気にしてきたオラディポですが、
バブルに入ってもテイクチャージを良く狙います。

アーロンとウォレンの3PTで61−62と逆転しますが、
すぐにマギーが逆転のレイアップアンド1を決めてきます。

3PTを2本外してきたターナーがドライブからレイアップを決め、
マギーのダンクにチャレンジして失点を防ぐとブログドンから
パスをもらいFTを2本獲得。これを2本決めて66−66の同点としました。
ADの3PTが外れ、リバウンドを取ったオラディポが自ら持ち込み
3PTを沈め3点リード。

残り5分53秒、レブロンへのファウルで4つ目となったターナーと変わり
ゴガ投入。今日はよくコートに出てきます。
するとすぐに3PTを決めるゴガ。

アーロン、マコーネル、オラディポ、ウォレン、ゴガと、
この状況でなければ見られないような組み合わせ。
早いオフェンスでリードを広げていき、ADから謎のテイクチャージを取るゴガ。
その後もオフェンスリバウンドから得点を決め、存在感を見せるゴガ。

オラディポがボールを失いますが、ゴガが広い更に2点を追加。
JRスミスに3PTを決められますが、オラディポがお返しの3PTを決め81−87。
そのまま第3Qが終わりました。

第4Q
LALがじわじわ詰めてくる中、2分経過したところでゴガ投入。
ブログドンが3PTを決め、86−90とします。
ゴガが連続でファウルをとられ、ドワイトとやりあいます。
1個目は明らかにドワイトのファウルでしたが、見逃されたのが
気に入らなかったのかテクニカルを取られるゴガ。
その後、リバウンドからダンクを叩き込まれてドワイトに軍配。
さすがに元スーパースター、まだまだルーキーなんぞに負けていられません。

ゴガはベンチに戻り、ターナーが入りました。
4点ビハインドになったところでブログドンが3PTを決めますが、
ドワイトに3PTプレイで返されます。ターナーでも守りきれないなら
ゴガが守れなくても仕方がありません。

ウォレンが倒れこみながらレイアップを沈め同点にすると
ターナーのオフェンスリバウンドからウォレンが3PTを決めて97−100。

クイン・クックに3PTを決められ同点となりますが、
ナイスディフェンスでボールを奪い、ブログドンが3PTを決め再び3点リード。
よくボールが動いていました。

FTが苦手なイメージしかなかったドワイトが外さず102−103。
更にポストアップしたドワイトからKCPへパスが通りレイアップを決められ逆転。
残り4分を切り、レブロンがレイアップを決めて106−103とやられていくIND。

タイムアウト明け、オラディポがボールを失いますが、LALもシュートミス。
更にオラディポがミスをしますが、ブログドンがリバウンドを取り、
ドワイト相手に仕掛けてファウルをもらいます
このFTを2本決め、残り2分39秒、1点差。

ここでオラディポがアイソレーションで仕掛けて逆転に成功。
2本ミスした後でよく決めましたが、ADがオフェンスリバウンドから
得点を決めて再び逆転されたところで、今度は天才ウォレンがAD相手に
ドライブして2点を追加。

残り1分を切り、ウォレンがユーロステップから
フローター気味のシュートを決め108−111。
LALはタイムアウト明け、クックの3PTで来ましたが、ミスし、ターナーが
リバウンドを確保。

残り30秒を切り、オラディポがボールをキープしてから
マッチアップがレブロンのウォレンにボールを託します。

ターナーのスクリーンでマッチアップがADに変わるところを見て
ウォレンがとどめとなる3PTを決めました。
先日のサンズ戦では少し落ち着きましたが、この日はまた39pts。
バブル・ウォレンは本物のようです。

そして ボールを託し、決めたウォレンに対して大喜びでかけよるオラディポ。
試合後、
「もちろん自分で決める事もできたよ。でもここにきて
 ホットなプレイを続けている彼を信頼しているということさ。」
とコメント。また、
「僕たちはプレイオフで何か特別なことを達成できると思っているよ。」
とも言っています。本当に自分のことだけでなく、
チームの事を第一に考えてプレイしてくれています。

レブロンが時間を使わずに3PTを決めてきましたが、
ファウルゲームで追いつくには時間が少なすぎました。
ジャスティンがレブロンの背中にボールを当ててマイボールにして
時間を稼ぐ作戦も成功しました。
INDは なんとか逃げ切り再開後4勝1敗。
ドマス抜きでこの結果は大成功と言えそうです。

LAL 111 - 116 IND
オラディポ 35min 22pts 7reb 5ast
ウォレン 37min 39pts 5reb
ブログドン 39min 24pts 5reb 6ast
ターナー 25min 7pts 3reb
アーロン 35min 7pts 6reb 7ast 3stl

[シーズン再開 Game5/8:レイカーズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む

Sad Day【NBA】

2020年01月28日 08:24

自分がNBAを見始めた時、レイカーズはシャックのチームだった。
2000年のNBAファイナルでペイサーズとレイカーズが戦った時も
シャックは平均38pts、16.7rebという異次元のスタッツを残して
優勝とファイナルMVPを持って行ってしまった。

それから3連覇を果たしたLAL。3年連続でファイナルMVPを受賞したシャック。

しかし、多くのインディアナファンが憎むのはシャックだけではない。

ファイナルゲーム4のオーバータイムでそのシャックがファウルアウトした時、
9割以上のINDファンは勝利を信じたと思う。

それを見事に潰してくれたのがその男だった。
ゲーム2で足首を捻挫し、ゲーム3を欠場。
まだ完治していないのにゲーム4では強行出場してきた。

INDが点を決めてもタフショットを決め続け、
ようやくLALのシュートが外れたと思ったら
どこからともなくあわられてプットバックを決め、
最後まで逆転をすることができなかった。

ファイナルのフォーマットが2−3−2だったあの頃、
ホームコートアドバンテージを持たないINDにとって
ホームで3連勝することが優勝への大きな鍵となっていたのに
それを阻止されてしまった。

ゲーム5で一矢報いたものの、シリーズはゲーム6で終了。
シリーズはシャックが支配していたものの、その原動力となったのは
コービー・ブライアント、あなただった。

レイカーズファンや、あなたのファンにとって
多くの思い出深い試合がそれぞれに刻まれていると思う。

プレイオフのサンズ戦とかキャリアハイの81点ゲームとか
引退試合の60点ゲームとか。
あなたの熱心なファンではなかったので、多くの試合を
挙げる事はできないけど、たくさんあるのだろう。

コービー・ブライアントという偉大なバスケットボールプレイヤーの
歴史の一部を見ることができたのは幸せだったのかもしれない。
憎い相手であったはずなのに、ニュースを知った時涙が出てきた。

想像もしなかった不幸な事故でこの世を去ってしまった。
娘のジアナちゃんも同じヘリに乗っていたということもあり、
考えるだけで言葉では言い表せない感情になってしまう。

スポーツ選手のファンにとって
引退というのは悲しい最終地点だと思っていたけど、
通過点でしかなかったのかもしれない。

引退を見届けることが出来るということの素晴らしさを
教えてもらった気がする。

そして表舞台にいてもいなくても、第二の人生を
進んでいてくれるだけで十分幸せなんだと。

あなたを意識して毎日を過ごしていた訳ではないのに
あなたがいないという事実がとても悲しい。
自分の中でそれほど大きな存在だったことに
今更気付かされた。

あなたの生き様は紛れもなくスーパースターだった。

コービーとジアナちゃん、被害に遭われた方のご冥福をお祈りいたします。

大統領はセクシー - レイカーズ戦【NBA_Pacers】

2019年12月19日 10:28

一日経ちましたが昨日のレイカーズ戦。

ロードで滅法強い今シーズンのレイカーズ。
ADが欠場という事もありましたが、マギーとドワイトの
使い方がうまく、インサイドではペイサーズ有利かと思いましたが
そんなこともありませんでした。

レブロンにマッチアップするのはウォレンではなくブログドン。
もちろん完璧に止める事はできませんでしたが、かなり良いディフェンスを
していました。
しかし、ビッグマン達へのパスや、自らの得点能力もあり、
更にその上をいかれた感じがありました。

今シーズンのINDのセカンドユニットは
勢いを持ってくるのが本当に上手。バックアップPGはアーロンで
マコーネルはその次、という予想のシーズン前でしたが、
同時に出ることで良いケミストリーが生まれています。
兄の存在も大きいですし、マクダーモットの成長もあり
後はドマスの変わりにゴガがここに入ってくる事ができれば。

後半、最大9点リードを奪いますが、2点差に詰められて第4Qへ。

IND優勢で進みますが、カルーソが3ポイントプレイから流れが変わりはじめ、
点を決めているのにジワジワと迫ってきます。

ドワイトのダンク、レブロンのフローターで1点差にされるとしばらく得点が止まり、
残り6分強にマギーのダンクで92-91と遂に逆転されてしまいます。

INDがタイムアウトを取りますが、TOからカルーソの3PTが決まり4点ビハインド。
ここはウォレンがFT2本と、オフェンスリバウンドからのゴール下を決めて95-95としますが、
今度は静かだったダニー・グリーンが3PTを決めまた3点ビハインドと開きます。
更にドワイトのアリウープが決まり、5点差にされますが、ここからセクシーモードに
入ったマルコム・ブログドンの真価が発揮されていきます。

自ら運び、そのまま3PTを決めて100-98。
しれっと決めてしまう所が痺れます。

ターナーがレブロンにファウルし、FTを与えますが、ここは2本ミス。
更にドワイトにもFTのチャンスが来ましたが両方ミス。
終盤のFT4連続ミスを逃さないブログドンのセクシーフローターが決まり100-100の同点。

LALは残り6分の時点で残りタイムアウト1になっていたので、この場面でも流していきます。
最近ブルズのHCのタイムアウトの使い方がどうとか話題になっていましたが、
今日は相手のタイムアウト不足に助けられました。チャレンジにも来れませんでしたしね。

ロンドのシュートが外れ、ターナーがリバウンド争いでファウルを貰いFTラインへ。
かつてラリー・バードに「チームで一番のシューターだ」と言わせた実力通り、
2本とも決めます。

続くLALはレブロンのアイソレーション。ターナーのナイスブロックかと思いましたが
ドマスがファウル。ここのFTは2本決められて102-102。

続くINDはブログドンが3PTを放ちますが、ここはノーセクシー。
カルーソの3PTも外れ、再びブログドンの出番。

アイソレーションからドワイトのブロックを防ぐバックシュートを華麗に決める大統領閣下。
最後のタイムアウトを取ったレイカーズはもちろんレブロンのアイソ。
何度かドライブをしかけようとしますが、中に入れさせないINDディフェンス。

最後はターナーにスイッチしてレブロンがステップバック3を狙いますがミス。
リバウンド争いでリプレイセンターが入りましたが、本当にギリギリの所で
INDボールへ。

ファウルゲームはドマスが1本FTをミスしますが、そこからボールを運んだLALは
最後はロンドの3PTで来ました。今シーズン確率を上げてきたようですが、
外れてINDの勝利。レブロンやグリーンに打たれなくて良かったです。

ドマス 26pts、10reb、4ast
ウォレン 12pts、5reb、3blk
ターナー 16pts、7reb、2blk
ブログドン 14pts、5reb、6ast
アーロン 11pts、4ast
マコーネル 10pts、4reb、4ast

ターナーはオフェンスも好調でディフェンスでもチームを救い向上中。
アーロンはレブロンにドライブをしかけ成功させたり、サーカスショットを
決めたりと相変わらず空気を読まず我が道を爆走中。

暴走とならないのはジャスティンお兄様のおかげです。

それにしてもドワイトの復活劇は素晴らしい。
スーパースター時代は試合中でもヘラヘラして正直あまり好みではありませんでしたが、
故郷のチームからも放出され、どん底を味わった彼の集中具合は見事。
ドワイトに注目して見ていた訳ではありませんが、LALで復活というのも
彼にとっては大きな自信になるのではないでしょうか。

INDの良いプレイの後にオラディポカメラのインサートが入るのは
今後も続けて頂きたいですが、やはり彼の復帰したチームが
見たいです。

LAL 102 - 105 IND

ジョー・ヤングLAL入りの確率アップ?【NBA】

2019年06月28日 11:53

アンソニー・デイビスのトレードにWASが参戦。

LAL-NOP-WAS
 LAL獲得 Anthony Davis
 NOP獲得 Lonzo Ball、Brandon Ingram、Josh Hart
      4位指名権 (De’Andre Hunter)→ホークスへ
      21年1巡目指名権
      23年1巡目指名権(LALとNOPの高い方への交換権付)
      24年1巡目指名権(25年とどちらか選択可能)
 WAS獲得 Moritz Wagner、Isaac Bonga、Jemerrio Jones
      将来の2巡目指名権

LALとNOPによるADのトレードですが、WASが入りLALの
人員を更に放出、そしてADがトレードキッカーを放棄することで
32Mのキャップスペースを捻出したようです。

あと一人MAXオファーをかけられるようですが、
レブロン、AD、クズマのみとなったロスター+FAに
サラリー安くても良いと来てくれる人を探す事になるのでしょうか。

しかしこうなってくるとサマーリーグに参加するジョー・ヤングには
追い風の様な気もします。ボーゲルがHCですし、中国では
大活躍してきましたからね。大金を求めることもないはずです。
これはINDファンにとってはちょっと嬉しい一面ではあります。

AD to LAL【NBA】

2019年06月16日 12:33

ファイナルも終わり、以前から噂されていたアンソニー・デイビスの
LAL行きが現実のものとなったようです。

LAL - NOP
レイカーズ獲得
 アンソニー・デイビス

ペリカンズ獲得
 ロンゾ・ボール
 ブランドン・イングラム
 ジョシュ・ハート
 2019年4位指名権
 2021年1巡目指名権プロテクト付
  (NOPが2021年8位以内の権利を得た場合、2022年のプロテクトなしへ変更)
 2023年1巡目指名権交換権利
 2024年1巡目指名権(2025年への変更可能オプション付き)

2023年の指名権はNOPがLALよりも高い順位だった場合は
延期できる権利が付いているようで、正直あまり良く分かっていません。
プロテクトガチガチのトレードが結構ある中で
ノンプロテクトの指名権放出とはLALもなかなかの大盤振る舞いを
したのでしょうか。

レブロンとADがいればLALの1巡目にはあまり意味が無くなるという
意味合いだと思いますが、レブロンやADの契約が終わる頃に
また大きな変革期がやってきそうです。

Game54:vsレイカーズ【NBA_Pacers】

2019年02月06日 14:03

ADトレード情報で揺れる2チームと連戦のペイサーズ。
移動しての連戦は厳しいはずでしたが、試合開始と共に
ボヤンが10連続得点で止まらず。ターナーも3PTやブロックで
続き、最初からペースを握っていきました。

ランス凱旋も目玉の一つでしたが、
今日のINDは当たりすぎで途中からはレイカーズを寄せ付けず。

オラディポに会ってから3連勝と、
マクダーモットが彼は今でもボーカルリーダーだと
言っていた通り、言葉だけでチームを変えてしまいました。

チームに帯同できるようになるだけでも大分変わりそうですね。
インディアナは真のエースを抱えることに成功しました。

Thadはトリプルダブルに2アシスト足りず。(24分のプレイタイム)
スターターに戻ったタイリークは7ptsでしたが、6reb、6ast。
序盤にターナーの3PTをアシストした場面がありましたが、
自分で無理に突破せず、あれを出来る時は強いです。

ドマスもベンチから17pts。
セカンドユニットに戻ったCoJoは、最近のシュートスランプから抜け、
FG 5/7で13pts、4reb、4ast。
ボヤンとターナーが効率良くシュートを決めて20点オーバー。
ボヤンは脅威の+37、ターナーは4ブロックも光りました。

ベンチからサムナーとアーロンが17ptsと
嬉しいステップアップも見られ、最高の試合となりました。

LAL 94 - 136 IND



New