大統領はセクシー - レイカーズ戦【NBA_Pacers】

2019年12月19日 10:28

一日経ちましたが昨日のレイカーズ戦。

ロードで滅法強い今シーズンのレイカーズ。
ADが欠場という事もありましたが、マギーとドワイトの
使い方がうまく、インサイドではペイサーズ有利かと思いましたが
そんなこともありませんでした。

レブロンにマッチアップするのはウォレンではなくブログドン。
もちろん完璧に止める事はできませんでしたが、かなり良いディフェンスを
していました。
しかし、ビッグマン達へのパスや、自らの得点能力もあり、
更にその上をいかれた感じがありました。

今シーズンのINDのセカンドユニットは
勢いを持ってくるのが本当に上手。バックアップPGはアーロンで
マコーネルはその次、という予想のシーズン前でしたが、
同時に出ることで良いケミストリーが生まれています。
兄の存在も大きいですし、マクダーモットの成長もあり
後はドマスの変わりにゴガがここに入ってくる事ができれば。

後半、最大9点リードを奪いますが、2点差に詰められて第4Qへ。

IND優勢で進みますが、カルーソが3ポイントプレイから流れが変わりはじめ、
点を決めているのにジワジワと迫ってきます。

ドワイトのダンク、レブロンのフローターで1点差にされるとしばらく得点が止まり、
残り6分強にマギーのダンクで92-91と遂に逆転されてしまいます。

INDがタイムアウトを取りますが、TOからカルーソの3PTが決まり4点ビハインド。
ここはウォレンがFT2本と、オフェンスリバウンドからのゴール下を決めて95-95としますが、
今度は静かだったダニー・グリーンが3PTを決めまた3点ビハインドと開きます。
更にドワイトのアリウープが決まり、5点差にされますが、ここからセクシーモードに
入ったマルコム・ブログドンの真価が発揮されていきます。

自ら運び、そのまま3PTを決めて100-98。
しれっと決めてしまう所が痺れます。

ターナーがレブロンにファウルし、FTを与えますが、ここは2本ミス。
更にドワイトにもFTのチャンスが来ましたが両方ミス。
終盤のFT4連続ミスを逃さないブログドンのセクシーフローターが決まり100-100の同点。

LALは残り6分の時点で残りタイムアウト1になっていたので、この場面でも流していきます。
最近ブルズのHCのタイムアウトの使い方がどうとか話題になっていましたが、
今日は相手のタイムアウト不足に助けられました。チャレンジにも来れませんでしたしね。

ロンドのシュートが外れ、ターナーがリバウンド争いでファウルを貰いFTラインへ。
かつてラリー・バードに「チームで一番のシューターだ」と言わせた実力通り、
2本とも決めます。

続くLALはレブロンのアイソレーション。ターナーのナイスブロックかと思いましたが
ドマスがファウル。ここのFTは2本決められて102-102。

続くINDはブログドンが3PTを放ちますが、ここはノーセクシー。
カルーソの3PTも外れ、再びブログドンの出番。

アイソレーションからドワイトのブロックを防ぐバックシュートを華麗に決める大統領閣下。
最後のタイムアウトを取ったレイカーズはもちろんレブロンのアイソ。
何度かドライブをしかけようとしますが、中に入れさせないINDディフェンス。

最後はターナーにスイッチしてレブロンがステップバック3を狙いますがミス。
リバウンド争いでリプレイセンターが入りましたが、本当にギリギリの所で
INDボールへ。

ファウルゲームはドマスが1本FTをミスしますが、そこからボールを運んだLALは
最後はロンドの3PTで来ました。今シーズン確率を上げてきたようですが、
外れてINDの勝利。レブロンやグリーンに打たれなくて良かったです。

ドマス 26pts、10reb、4ast
ウォレン 12pts、5reb、3blk
ターナー 16pts、7reb、2blk
ブログドン 14pts、5reb、6ast
アーロン 11pts、4ast
マコーネル 10pts、4reb、4ast

ターナーはオフェンスも好調でディフェンスでもチームを救い向上中。
アーロンはレブロンにドライブをしかけ成功させたり、サーカスショットを
決めたりと相変わらず空気を読まず我が道を爆走中。

暴走とならないのはジャスティンお兄様のおかげです。

それにしてもドワイトの復活劇は素晴らしい。
スーパースター時代は試合中でもヘラヘラして正直あまり好みではありませんでしたが、
故郷のチームからも放出され、どん底を味わった彼の集中具合は見事。
ドワイトに注目して見ていた訳ではありませんが、LALで復活というのも
彼にとっては大きな自信になるのではないでしょうか。

INDの良いプレイの後にオラディポカメラのインサートが入るのは
今後も続けて頂きたいですが、やはり彼の復帰したチームが
見たいです。

LAL 102 - 105 IND

ジョー・ヤングLAL入りの確率アップ?【NBA】

2019年06月28日 11:53

アンソニー・デイビスのトレードにWASが参戦。

LAL-NOP-WAS
 LAL獲得 Anthony Davis
 NOP獲得 Lonzo Ball、Brandon Ingram、Josh Hart
      4位指名権 (De’Andre Hunter)→ホークスへ
      21年1巡目指名権
      23年1巡目指名権(LALとNOPの高い方への交換権付)
      24年1巡目指名権(25年とどちらか選択可能)
 WAS獲得 Moritz Wagner、Isaac Bonga、Jemerrio Jones
      将来の2巡目指名権

LALとNOPによるADのトレードですが、WASが入りLALの
人員を更に放出、そしてADがトレードキッカーを放棄することで
32Mのキャップスペースを捻出したようです。

あと一人MAXオファーをかけられるようですが、
レブロン、AD、クズマのみとなったロスター+FAに
サラリー安くても良いと来てくれる人を探す事になるのでしょうか。

しかしこうなってくるとサマーリーグに参加するジョー・ヤングには
追い風の様な気もします。ボーゲルがHCですし、中国では
大活躍してきましたからね。大金を求めることもないはずです。
これはINDファンにとってはちょっと嬉しい一面ではあります。

AD to LAL【NBA】

2019年06月16日 12:33

ファイナルも終わり、以前から噂されていたアンソニー・デイビスの
LAL行きが現実のものとなったようです。

LAL - NOP
レイカーズ獲得
 アンソニー・デイビス

ペリカンズ獲得
 ロンゾ・ボール
 ブランドン・イングラム
 ジョシュ・ハート
 2019年4位指名権
 2021年1巡目指名権プロテクト付
  (NOPが2021年8位以内の権利を得た場合、2022年のプロテクトなしへ変更)
 2023年1巡目指名権交換権利
 2024年1巡目指名権(2025年への変更可能オプション付き)

2023年の指名権はNOPがLALよりも高い順位だった場合は
延期できる権利が付いているようで、正直あまり良く分かっていません。
プロテクトガチガチのトレードが結構ある中で
ノンプロテクトの指名権放出とはLALもなかなかの大盤振る舞いを
したのでしょうか。

レブロンとADがいればLALの1巡目にはあまり意味が無くなるという
意味合いだと思いますが、レブロンやADの契約が終わる頃に
また大きな変革期がやってきそうです。

Game54:vsレイカーズ【NBA_Pacers】

2019年02月06日 14:03

ADトレード情報で揺れる2チームと連戦のペイサーズ。
移動しての連戦は厳しいはずでしたが、試合開始と共に
ボヤンが10連続得点で止まらず。ターナーも3PTやブロックで
続き、最初からペースを握っていきました。

ランス凱旋も目玉の一つでしたが、
今日のINDは当たりすぎで途中からはレイカーズを寄せ付けず。

オラディポに会ってから3連勝と、
マクダーモットが彼は今でもボーカルリーダーだと
言っていた通り、言葉だけでチームを変えてしまいました。

チームに帯同できるようになるだけでも大分変わりそうですね。
インディアナは真のエースを抱えることに成功しました。

Thadはトリプルダブルに2アシスト足りず。(24分のプレイタイム)
スターターに戻ったタイリークは7ptsでしたが、6reb、6ast。
序盤にターナーの3PTをアシストした場面がありましたが、
自分で無理に突破せず、あれを出来る時は強いです。

ドマスもベンチから17pts。
セカンドユニットに戻ったCoJoは、最近のシュートスランプから抜け、
FG 5/7で13pts、4reb、4ast。
ボヤンとターナーが効率良くシュートを決めて20点オーバー。
ボヤンは脅威の+37、ターナーは4ブロックも光りました。

ベンチからサムナーとアーロンが17ptsと
嬉しいステップアップも見られ、最高の試合となりました。

LAL 94 - 136 IND

Game22:vsレイカーズ【NBA_Pacers】

2018年11月30日 21:27

怪我をした当初は昨年より酷くないという感じだったと思いますが、
結局未だに復帰できていないオラディポ。
100%になるまで復帰しないとの事ですが、
チームメイトの信用してのことかもしれません。

が、今日はそのオラディポ不在が響いたかもしれません。
移籍後のランスとの初対決でしたが、そのランスが5分しか出ず。

今シーズン最悪の立ち上がりの後、追いつき、逆転しましたが、
最後は力尽きてしまいました。
序盤のレイカーズによるブロックパーティや
勝負所でのレブロンの強さに一歩及ばず。

苦しい試合でしたが、こんな試合でも20pts、15rebのドマス。
セカンドユニットが試合を立て直せたというのは
敗戦のなかでも良かった点かと思います。

タイリークがスターターでイマイチ結果を残せていないのが
気になりますが、要所要所でいいショット決めるんですよね。
それ以上にミスが多いのも確かですが。

オラディポ不在でも勝てる、良い勝負ができる様に
あっているというのはこのオフにやってきたことは
間違いなかった事の証明になるでしょうし、
前向きに次のキングス戦で巻き返してもらいたいですね。

IND 96 - 104 LAL

ランスとレブロンが正式にレイカーズと契約【NBA】

2018年07月11日 10:51

レイカーズのGMロブ・ペリンカ氏
「ランスをチームに加える事ができるのはとても素晴らしい事だ。
 プレイオフを経験している彼はチームに自信とタフネスをもたらしてくれる。
 複数のポジションでプレイでき、プレイメイクできる能力は
 来シーズンの重要な要素だ。」

Lakers Sign Lance Stephenson

2010年ドラフト40位でピックされ、IND-CHA-LAC-MEM-NOP-MIN-INDと
移動を繰り返しながらLALへ。定住の地となるのでしょうか。
地元ブルックリンの方がユニフォーム似合いそうですけどね。

そしてランスのチームメイトになるのがレブロン・ジェームズ。

Lakers Sign LeBron James

レブロンがランスを欲しがり、電話をかけたという話もありますが、
人生何が起こるか分かりませんね。
対戦時に面倒な奴は手元に置いておくという事かもしれませんが
レブロンがランスの凡ミスや自分勝手なプレイにどこまで耐えられるかが
話題にもなりそうです。JRスミスで慣れているでしょうか。

ランスに加えてマギーもいるのでショータイムとしても楽しめる
チームになったのではないでしょうか。
それをまとめるのがロンドというのも良い補強してるなと思います。

INDにも来て欲しいポイントガードの一人でしたが、
実現することはなさそうですね。

ヒバートがレイカーズに行った時よりも観戦する比率が上がると思います。
INDとは試合時間が被らない事も多いですし、来シーズンのリーグパスは
例年以上に活躍してくれそうです。

wojさんがランスについて語る【NBA_Pacers】

2018年07月06日 16:10

多くのペイサーズファンがショックを受けた
ランス・スティーヴンソンのTO破棄。

wojさんとボビー・マークス氏はこれについて"Woj Pod.”で、
ランスがLAと長期契約を結ぶ可能性は低いと言っているとのこと。

「彼はインディアナ以外で良いプレイをして来ることができなかった。
 陸に打ち上げられた魚の様だった。シャーロットは最初の3週間で
 彼をインディアナにトレードで戻そうと試みた。その後どうなったかは
 知っての通りだ。

 11月か12月には彼らはペイサーズにトレードを持ちかけるんじゃないかな。
 他ではうまくやれないよ。」

マークス氏
「インディアナでは本当に良い。での他だと酷いね。
 レイカーズに行くことになったけど、フィットするとは思えない。
 レブロンのレイカーズ入りが決まった途端、次々の契約が決まって行くのは
 面白かったね。ランスもその中の一人だった。」

IND - CHA - LAC - MEM - NOP - MIN - IND - LAL
と次が7チーム目となるランス。
IND ラリー・バード
CHA マイケル・ジョーダン
LAL マジック・ジョンソン
の3人の元でプレイする事になるランス。

しかし彼よりも先に、ロイ・ヒバートがその3人の元でプレイしています。
(IND - LAL - CHA - DEN・・・)

いつか帰ってくるならもちろん歓迎すると思いますが、
彼が自分の居場所を確率してくれる事を願います。

3度目の正直でまたインディアナに戻ってきてもそれはそれで面白いと思いますし。
トレードだとちょっと難しくなるかもしれませんけどね。

Why Lance Stephenson could be available to the Pacers again


New