back to back ネッツ、グリズリーズ戦【NBA_Pacers】

2015年12月21日 13:51

ホームでネッツ、アウェイでグリズリーズという連戦のあったペイサーズ。
最初にネッツ戦後のポールのコメントを載せておきましょう。

「あの縞々の服着た人達は本当に酷かったね。イライラしたよ。
 リーグが今日みたいなアホくさいものから改善されるといいんだけど」

レフリーを直接批判すると罰金を食らうからと"Stripes"という表現を用いましたが(違)
結局3万5000ドルの罰金となりました。試合終了後のインタビューで使うには
Suckは強すぎたようです。デナリさんとクインが即座に謝る始末でした。

確かにイライラする笛には見えましたが、
ずっと食い下がるBKNに対して自らのファストブレイクダンクで鬱憤を晴らし、
決定打とも言える3PTを決め、最後には勝ちきるという良いゲームをしただけに
最後勿体なかった気がします。

相手はブルック・ロペスのファウルトラブルが響いたかもしれません。
ヒバートと比較してた頃が懐かしいですが、相変わらずシュート巧いですね。
そして元INDのジャレット・ジャック。出て行ったあとずっと思ってますが、
IND時代こんなに良い選手でしたっけね。。。

もう一人元INDのドナルド・スローンも元気に6点、6リバウンドでした。

この試合の主役はなんといってもダンヒルでしょうね。
終盤、得点面で貢献し、オフェンスリバウンドも5で計11リバウンドの
ダブルダブル。スタッキーもベンチから15点と頑張ってくれました。

BKN 97 - 104 IND

---
連日の試合、次はグリズリーズと。
この試合は全くみれていないのですが、3PTが酷かったようですね。
それでもそれなりに接戦に持ち込めていたのは謎ですが、
最後までシュート力は戻らずズルズルとリードを奪われての敗戦。
連戦に弱いイメージが強まります。

マイルズが0/9の0点、ポールが一人奮起の29ポイントと頑張りましたが、
それを支えるプレイヤーが現れず。調子の上がりきっていないMEMと言えども
そんな状況で勝てる相手ではありませんでした。

3PTがポールの4/12、その他のメンバーで1/16でした。

前から心配でしたが、完全にセットして打つ3PTとは違って
結局個人技で打つ事が多いので、このように決まらない試合では
修正する力がありませんね。

せっかく途中までは付き合ってくれたのに勿体ないです。
もうちょっと良い勝負になれば。。。

IND 84 - 96 MEM

パイナップルデビュー vsグリズリーズ【NBA_Pacers】

2015年10月30日 12:33

ジーボ&弟ガソル相手にどう立ち向かうのか楽しみでしたが、
ヴォーゲルはダンヒル-マヒンミというフロントラインで対抗。

いや、それヒバート出した意味なくない?
スモールでいくならとことん同じスターターで強みを見い出して
貰いたかった所ですが、開幕2試合目ですんなり折れました。

とは言っても普通にスモールで戦える相手ではないのは
分かっていますけどね。それにしても・・・
スモールでいく「時間帯を増やす」とかで良かったんじゃないかと。

しかしながら、マヒンミに関しては頑張ってくれていますね。
29分で11pts(5/7)、9rebでした。

ヒルとマイルズの3PTも良く決まり、昨日空気だったチェイスも
2本の3PTを沈めました。

ダンヒルに関しては今の所効果的ではなさそうです。
あとモンテとポールのシュートスランプ。
ポールは18pts-8reb-5astと他で貢献を見せていますが
モンテは3/12というシュートが寂しいです。

また、ポール4、モンテ4、ヒル5のTOは酷い。
セカンドユニットの勢いは素晴らしかったのですけどね。
スターターがもうちょっと頑張ってくれないと。

昨日の試合、少しだけ出たジョー・ヤングですが、
前半終わりにいらないFTを与えるなど若さが出ました。
それでお説教という訳ではないとは思っていましたが、現段階で
ローテに入っていない様ですね。
昨日はファウルトラブルの影響でたまたま出られただけかもしれません。

そして、今年の楽しみの一つ。マイルズ・ターナーがNBAデビューを果たしました。
ブロックにダンクにジャンパーと存在をアピール。これは楽しみです。
いや、下手すると彼とジョーくらいしか今年の楽しみはないかもしれないので
頑張って貰いたいです。

ポールとモンテはもっと精進するように。
そしてヒルとポールは既にテクニカル累計2ずつです。
レフリーに文句言う前にディフェンスに戻りましょう。
そして文句言って相手に1点献上する馬鹿な真似は止めましょう。

MEM 112 - 103 IND

シーズンエンド【NBA_Pacers】

2015年04月16日 14:01

昨日あそこまで盛り上がったのにBKN勝利、IND敗退で
今シーズンの幕が閉じました。
終盤の直接対決に勝ってさえいればこうならずに済んだのですが、
自分達の力不足ですね。

最後の最後でポールが左足のふくらはぎを負傷という
最悪の終わり方でしたが、軽傷である事を願います。
本人曰く、何かがはじけた感じがしたとのことなので心配です。

ポール骨折、本来のスターターも怪我続出、Cope事件
色々ありましたが長いシーズンも終了。
久しぶりの長い休みとなります。

最後に契約状況を見て今シーズンを終えたいと思います。

18-19シーズンまで
 ポール・ジョージ

17-18シーズンまで
 C.J.マイルズ PO
 ソロモン・ヒル QO

16-17シーズンまで
 ジョージ・ヒル
 ダムヤン・ルーデス TO

15-16シーズンまで
 ロイ・ヒバート PO
 デイビッド・ウエスト PO
 イアン・マヒンミ
 シェイン・ウィッティントン QO

今シーズン限り
 ルイス・スコラ
 クリス・コープランド
 C.J.ワトソン
 ロドニー・スタッキー
 ラヴォイ・アレン
 ドナルド・スローン

セカンドユニット再構築がうまくいくといいですね。

Welcome Damo! - Game 2 vsグリズリーズ【NBA_Pacers】

2014年11月01日 23:52

インディアナ出身者の多いグリズリーズとの対戦でした。

開始5分でスコラが4TOと絶望的なスタート。チームとしてもTOが多く、
いきなり9点差を付けられますが、マイルズの3PTとラヴォイが第1Q終了
ギリギリでファウルをもらい、FTを2本決めて23-19で終了。

第2Qに入ると、ダムヤン・ルーデス(本人はDamoと呼んでもらいたいらしい)が
3PTを決め、その後スタッキーのジャンパーで逆転。
ルーデスは3本の3PTを決め、ソロモンも1発、ラヴォイからの
アシストを受けてヒバートのダンクで38-51と一気に突き放しました。

しかし第3Q中盤から一気に詰められ、そのまま逆転されていきます。
ここで思い切ったメンバーチェンジをしなかったヴォーゲル。
スタッキーはまだ怪我が影響しているようですが、起用には
今年も悩まされる事があるかもしれません。

試合はそのままほぼ一方的な感じで終わりましたが、Copeは昨年よりも
積極的に攻めていますし、ルーデスのシュートも安定してくれば面白いかもしれません。
取りあえずヒルが戻ってくるまでは我慢ですね。

MEM 97 - 89 IND 14441

2014FA解禁直前【NBA】

2014年07月01日 10:15

オフシーズンのドラフトの次の楽しみ、FA解禁があと数時間後に
迫っております。
QOを提示された選手、されなかった選手も明かになってきておりますね。
噂レベルのものも交じっているかもしれませんが
取りあえず拾っていこうと思います。

【解雇】
ORL ジャミーア・ネルソン、ドロン・ラム 

【契約】
ORL ウィリー・グリーン LACからウェイヴされたグリーンを獲得

【QO提示】
ATL シェルヴィン・マック
ATL マイク・絵文字・スコット

【QOなし】
NOP ダリウス・ミラー
MIL エクペ・ユドー
GSW ジョーダン・クロフォード
LAL ケント・ベイズモア
MEM エド・デイビス

【願望】
NBA ジョーイ・クロフォードを追放

Game70 @グリズリーズ【NBA_Pacers】

2014年03月23日 23:59

ブルズとの試合の後に移動してメンフィス・グリズリーズと対戦。
ディフェンシブチーム同士の対決が続くと見ている側も息がつまりそうです。
次はまたブルズ、そしてヒートという日程ですが、ここを2-2でいければ十分ですね。
ゲーム差の関係からヒートに勝ちたい所ですが。

さて、試合の方はまたしても酷い立ち上がりでした。
第1Qが終わる頃には修正できましたしたが、追いかけようという所で
3PTを決められ、リードを広げられました。

ディフェンス対決と言ってもこちらはトランジションを守ることができず、
ポールも2/10と安定の低迷期。もはや言葉の意味も分かりません。
ウエストもいつもの得意のミドルを中心というよりはゴール下に
突っ込む回数が多く、5/15とあまり頼りにならず。

点数的にはまだ救いがあったかもしれません。
71点しか取れないのは問題ですが、ディフェンスチームに100点取られるような
負けをするとダメージも痛いですし、まだまだ日程は厳しいですが、
ポールの復調が見られないと更に辛いシーズン終盤を過ごす事になりそうです。

IND 71 - 82 MEM 18119人 

キャブス-ブルズ間でトレード【NBA】

2014年01月07日 16:43

キャブスがアンドリュー・バイナムをトレードorカットするという流れに
なっていましたが、遂にその日がきました。交換相手はブルズです。

CLE獲得
 ルオル・デン

CHI獲得
 アンドリュー・バイナム
 2014年の1巡目指名権(from SAC)
 2015年、2016年の2巡目指名権(from POR)
 2015年の1巡目指名権(1-14位プロテクト)とCHIの指名権の交換権利

なお、CHIはバイナムを現地火曜日の午後5時までにウェイブすると見られており、
デンの分と合わせて約15Mのサラリーを節約したことになるとのこと。

Cavs Acquire Luol Deng from Bulls
---
また、昨日はセルティックスとグリズリーズの間でもトレードがありました。
BOS獲得
 ジェリッド・ベイレス
MEM獲得
 コートニー・リー

Celts agree to Jerryd Bayless deal
---
更にチームから出場停止処分を科されたナゲッツのアンドレ・ミラー。
チームは彼を積極的にトレードしたい意向だそうです。

その他契約に関するニュース等
PHX リアンドロ・バルボサと10日間契約
LAC スティーブン・ジャクソン カットの予定

NYK J.R.スミス パイレーツ・オブ・カリビアンの靴紐のビル(Bootstrap Bill)に
   憧れ、靴紐のスミス(Bootstrap Smith)と呼ばれたくなり、試合中に
   ショーン・マリオンのバッシュの紐を解く珍事件が発生。
   J.R.Smith改めB.S.Smithとなるかもしれない。
   そこらへんは改名の先輩世界なんとか平和に聞いたら良いです。

なお、靴紐のビルに関しては日本で吹き替えが放送されると
「靴紐伸びるだ」と聞こえなくもない為、twitterでそうつぶやく人が
少なくとも一人はいるらしい。


New