やっぱり5割が大好きだったヒート戦【NBA_Pacers】

2016年12月15日 13:35

かつてのイーストライバル対決もどこへやら、
ゲーム開始時は前の方の席も空席が目立ちました。

ヒートは第1Qだけで10のTO、しかしINDはこのチャンスをものにできず
シュートを外しまくり1点リードしか作れませんでした。

第3Qは何とかリードして終えることができましたが、
最後の12分でペイサーズは10点しか取れず。

リバウンドでもアシストでも負けたINDは結局13勝13敗の
5割生活へ。

ホワイトサイドに好き勝手やられましたが、それでもこの試合
もう少し何とかできたはず。

ターナーは自分を3ポイントシューターだと思い込まず、
チームも打たせすぎずの方向で進んで欲しい。
確かに最近は高確率で決めましたが、本来はポールやCJに
3ポイントをフリーで打たせるのも君の仕事の一つでは。
5ブロックに関しては脱帽

今日はスタッキーも何だか不調で勢いを作れませんでした。
INDにもリバウンド20個取っちゃうようなリバウンドモンスターが欲しいです。

IND 89 - 95 MIA

1週間で2回目のミスコール vsヒート【NBA_Pacers】

2016年01月06日 13:46

この試合はリアルタイムで見ることができませんでしたが、
先日のシカゴ戦に続き、相手のファウルと取られることなく、
それが負けに繋がった(かも)との事。

NBA Self-Analysis Shows Missed Calls in OT Losses

とは言え、最大18点のリードを守りきれなかったINDが
悪いのでしょうし、仕方ない、で済ますしかないのでしょう。

ポールは確率が良いとは言えませんが、32点、モンテも17点と
チームとしての形はまずまずだったかもしれません。
ヒルも食中毒で欠場でした。

マイアミもホワイトサイドがいなかったのですが、
ボッシュとウェイドがまだまだやれることをアピールし、
このような結果になりました。

が、流石にイーストの強豪相手の2試合の勝敗が
笛に左右されるというのは萎えます。

来年からはWWEの映像サービスにでも加入しますかね。
あちらはどんなレフリーの采配でも納得できますから。

その場でのジャッジミスは仕方ないと思いますが、
こういって後から誤審と認められたケースについては
プレイオフの順位を決める際の当事者同士のその試合の勝敗アドバンテージを
なしにするとかあっても良いかもしれませんね。
実際の勝敗はどうなるか分かりませんが、誤審なのに勝敗はそのままなら
それくらいの救済があっても良い気がします。

IND 100 - 103 MIA 

ヒート戦とピストンズ戦【NBA_Pacers】

2015年12月14日 12:21

新旧ライバル対決がありました。
まずはヒート戦。

ポールの3PTはエアボール、ジャンパーもミスと決まりませんが、
FTで稼ぎ、後半は少し盛り返しました。

チーム全体で13スティールとディフェンス面での改善が見られましたが、
どちらかというとヒートがミスをしていたような印象があります。
あとはホワイトサイドをファウルトラブルに追いやることができたのが
相手に乗らせ切れずに済んだ結果となりました。

我慢の前半から第3Qでリードを奪い、終盤も逃げ切り。良い形でしたね。
マヒンミとモンテが素晴らしかったです。
マヒンミはダンクしてよし、中継点としてのパスも悪くありませんでした。

マイルズとポールの3PTが併せて2/15というのが気がかりですが、
今日はうまいことボールも回っていましたし、ヒルの調子がイマイチな時は
モンテに任せるという形も取れて良かったです。

MIA 83 - 96 IND 

続いてピストンズ戦。
こちらは内容見ていないのでスタッツだけ。
ポールはシュート不振が続き、テクニカルを貰っているので
相当イライラしたようですね。
ヒルが7/12で14点ですが、他に目立つスタッツもなく、
DETには20点オーバー二人に18点と16点とアシストも26で
翻弄されたようです。

両チームともFGは5割ですが、3PTがINDは3/16、DETは13/29と
この10本差も響いたかもしれません。
リバウンドが46-33と全く取れず、連戦のアウェイとは言え、
やっぱり素の力が見えてきた感じかもしれないですね。

IND 96 - 118 DET

怪我人が増えた vs ヒート【NBA_Pacers】

2015年11月08日 13:39

マヒンミは復帰しましたが、試合中にスタッキーが
右足首を思いっきり捻るという不運がありました。
マイルズも右足首を痛めて欠場中ですし、そういった中でも
今日の試合を取れたのは大きいですね。

ポールのシュートが復活の兆しを見せ、
ダンヒルとGR3のオフェンスリバウンドで試合をつかみ取りました。
ダンヒルのチップは見事でいsたし、GR3は1本FTをミスしましたが、
コーチの期待に見事に応えられる適応力は素晴らしいです。

が、タイラー・ジョンソンに2連続でやられたプレイ、
あれを許してしまうのはどうなのでしょうね。
2本目はファウルになり、FTを外してくれたので
助かりましたが。

ポールが14/27で36pts、12reb、3ast、3stl
ベンチからダンヒルが10pts、10rebでダブルダブル。

ヒートはハッサン・ホワイトサイドとルーキーの
ジャスティス・ウィンズローが素晴らしかったです。

IND 87 - 90 IND

結果のみ - Game9-11 @ヒート、vsナゲッツ、@ブルズ【NBA_Pacers】

2014年11月19日 10:21

シカゴ戦しか見れていませんがナゲッツ戦を除いて頑張りましたね。

IND 81 - 75 MIA 19658
 Cpoe 17pts 5reb
 ヒバート 16pts 15reb 3blk
 スローン 15pts 6reb 3ast

DEN 108 - 87 IND 16286

IND 99 - 90 CHI 22248
 スコラ 21pts 11reb
 ソロモン 21pts 12reb
 プライス 21pts 3reb

開幕11試合を終えて4勝7敗。怪我人が戻ってきた後にどうなるかが楽しみです。

不定期適当ニュース【NBA】

2014年06月23日 16:58

【怪我】
OKC ニック・コリソン 左膝の手術成功 復帰まで4-6週間

【噂話など】
NYK カーメロ・アンットニー オプトアウトでFAへ
   (NYKとの再契約も可能)
NYK アンドレア・バルニャーニ PO行使で12Mゲットへ
NYK アマレ・スタウダマイヤー PO行使で23.4Mゲットへ
MIA レブロン・ジェームズはマイケル・ビーズリーのバスケへの
   取り組み方に不満を持っていたとのこと
SAC ルディ・ゲイ PO行使で残留へ
GSW クレイ・トンプソンを出してでもケビン・ラブを狙うとか狙わないとか
    そこにLALの7位指名権が絡むとか絡まないとか。
DAL 「パウ・ガソルが欲しい」
CHI カーメロ獲りの噂の一方でアーロン・アフラロにも興味ありとのこと
   日本での別名、オフローロ氏は15-16シーズンがPOとなる残り2年15Mの契約
BKN ショウン・リビングストンとの再契約失敗に備えて
   CLEのジャレット・ジャックとのトレードを画策中
   対象はマーカス・ソーントン
LAC ダニー・グレンジャーは来季の1.3MのPOを行使するつもりはないが
   チームに残る事には興味がある様子

C-Finals Game6 @ヒート【NBA_Pacers】

2014年05月31日 23:49

ペイサーズ対ヒートの第6戦、NHKBSでも生放送がありましたね。

最終戦はこんな結果になるような予感がしてましたが、
本当にそうなるとは。強かったですね。

最後がこういう試合になってしまったのが残念です。
昨年もゲーム7は一方的で終わってしまいましたが、
今年もマイアミの壁を越える事はできませんでした。

チームとしての完成度が年々アップして行くMIAに対し、
現状維持すらできていたか怪しいINDという感じでした。
結局スターターしか頼れなかったということで、
今年全てを賭けて補強した意味もなくなってしまいました。

ランスがこの試合でもレブロンに仕掛けるとは思いませんでしたが、
直前の3PTでブロックに来たレブロンに顔をぺたりと触られた事への
仕返しだったようですね。ルーズボールでのフレグラントは
何とも言えませんが。ボールを追いかける延長とも言えますが、
なんとなく狙っていた感じもありました。

バードでも扱い切れている様には見えませんが、このオフの
目玉の一つとなるでしょうね。どんなチームに移るのか、
それとも残るのか。サラリー的にも残るのは難しいと思いますが、
ヒバートの契約が切れる2年後まではチームも再構築しないといけませんし
層の厚さを考えると今年で一区切りなので仕方ないですね。

タイラー以上に相手にしたくない対戦相手です。
ネタ選手で終わるのか、リーグを代表する選手の一人になれるのか、
彼の今後はとても楽しみです。
たくさんの思い出をどうもありがとう。

取りあえず自分の中でも一区切りです。
この4年間みっちり見てきましたが、ステップアップしていく姿は
とても楽しかったです。オールスターを機に徐々に崩れてしまったのが
残念でなりません。そういったシーズンの戦い方、プレイオフへの
整え方というのがまだまだだった様ですね。

今のINDの形はこれ以上続かないでしょうが、ポール・ジョージの
NBAでのキャリアはまだ始まったばかりです。今のレブロンやKDと
比較するにはまだ早いですが、数年後、彼らのようなポジションに
ステップアップすることができたらまたチャンスは巡ってくると思います。

その時には自分の力でチームを勝たせる事のできる力を身につけているでしょうし、
本当にそうなってくれるのを願うばかりです。
ドラフト後、4年でここまでの経験をできる選手はそうそういません。

これを糧に伸びてもらいたいです。
みなさま、今シーズンもありがとうございました。

IND 92 - 117 MIA 20021


New