Game15:vsヒート【NBA_Pacers】

2018年11月18日 20:16

久しぶりの試合はホームでヒート戦。
いつものスロースタートという程ではなかったものの、
ゴール下のシュートが悉く外れ、リードを奪われていきます。
ターナーは3PTも決め、2ブロックにシュートも好調の出だしでした。
終盤はTOも続き、27-15までリードを広げられましたが、
タイリークの3PTでなんとかお返しし、27-18で第1Q終了。

第2Qに入ると、ジョセフが5点をとり、相手に24秒オーバータイムさせると
マクダーモットの3PTで1点差まで詰める事に成功。
お互いにシュートを決め、ドマスのアンド1で逆転。
タイリークの3PTもあり、ベンチメンバーが全員躍動していました。

タイリークtoドマスのレイアップの直後に
リバウンドからドマスが運んで外で待っていたタイリークの
3PTをアシストという二人の世界が展開されました。

更にドマスのミスマッチを突いたポストから
ジョセフの3PTをアシストし、29-5のランで32-41と
リードを広げました。

残り2分13秒、ようやくオラディポがこの日初めての
シュートを決め、50-40。シュートは決まりませんでしたが、
ディフェンスはかなりタイトに頑張っていました。
前半で3回の24秒バイオレーションをさせ、チームとしての
ディフェンスも機能していましたし、リバウンドも22-22で
取れていました。

何よりもボールがよく回っている印象がありました。

第3Qに入ってもオラディポのシュートは決まらず1/8。
MIAに47-50まで詰められますが、ボーギーが3PTを決め、
ウィンズロウをターナーがブロック、更にDCが3PTを沈めて
47-56とまたリードを広げました。

9-0のランでリードを広げましたが、9-0のランを
返されて、一気に試合を決められず67-72で第3Q終了。

第4Q、ジョセフのリードからドマスのゴール下、
更にタイリークが3PTを決め、スティールからボーギーのダンクで
69-79と10点リードとなります。

オラディポがここまで5点と低迷する中、ベンチメンバー3人が
二桁得点とバランス良く攻める事が出来ているIND。

更にタイリークドマスコンビでダンク、タイリークが3PTを決めて
71-86とベンチメンバーでリードを広げていきました。

一気にいきたい所でしたが、MIAも粘ります。
ジョシュ・リチャードソンに6本目の3PTを決められて80-90。

INDは得点が決まらず停滞しますが、MIAも決めきれず、
ドマスがリバウンドを取り続けてくれたおかげで
なんとかリードをキープする事ができました。

残り2分、試合を決めにかかったオラディポの3PTは外れ、
リチャードソンにレイアップを決められ86-92。
DCのレイアップが外れ、またしてもリチャードソンに3PTを
決められて89-92と一気に詰められてしまいました。

タイムアウト明け、残り1分15秒で3PTを決めたのはエースオラディポでした。
この日は8点と、これまで続いた20点オーバーからは
かなり下がりましたが、味方を活かす場面も多く見え、
3PTの後のオフェンスではTOとなりましたが、
ここぞの場面で沈めたオラディポはさすがでした。

連休前の課題をほぼクリアした形で勝利。
オラディポのシュートが普通に入る日であれば
違った展開も見られたかと思います。

彼が8点でも勝てた、みんなが集中してプレイできていた事が
勝利に繋がりました。FTも8割超えていたので改善されましたかね。

MIA 91 - 99 IND

Game13:vsヒート【NBA_Pacers】

2018年11月11日 17:58

オリニクゲームになりそうだった昨日のヒート戦。
前半でThadがフレグラント2で退場となりましたが、
第3Q開始にチームを救ったのはジョセフでした。

プレシーズンの流れでいえばここでリーフを使いたい所でしたが、
ここはコーチ陣の采配が当たったと言えそうです。
チームのファウルがかさんだときにマクダーモットを出しましたが、
そこでもリーフを出せる状況に育てば良いですね。

MIAは終盤、ウィンズローが大エースっぷりを発揮し、
苦しい状況になりましたが、ボーギーの3PTと
オラディポのミドルで逆転に成功、その後のディフェンスも
締めて逆転勝利となりました。

ただ、この試合輝いていたのはターナーでした。
クラッチタイムに2本のレイアップとリバウンドを取り続け、
ブロックで相手を防ぎました。ゴールに向かって行く
オフェンスが出来たという事は気持ちがそれだけ乗っていたのでしょう。
そして逆転と決めてになた上の2本のシュートのスクリーンを
かけたのがターナーでした。

ボーギーのシュートが好調だったのも大きかったです。
毎度の事ながらベンチから17pts、11rebと安定のドマス。
ゴンザカの先輩オリニクを相手に好プレイ連発でした。
オラディポは22pts、10astと味方を活かしつつ20点越え。

ターナーはスタッツこそ目立ちませんが、+20が示す通り、
チームに良い影響を与えていたと思います。
自信持って欲しいですね。

IND 110 - 102 MIA

開幕勝利の後2連敗【NBA_Pacers】

2017年10月22日 18:58

ゲーム2、3とターナーが脳震盪で欠場。
代わりにスターターに入ったのはサドやんに
「サンダーからスティールした」と言わせたサボニス。

流石に大黒柱を抜いての2試合は厳しかったですが
良い部分も結構あるので開幕直後くらいはそういうところに
目を向けていきたいものです。

まずはオラディポですが間違いなくオフェンスのリーダーと
なれる逸材ですね。過去のIND戦でも見せたクラッチの
強さは元々期待していましたが、ドライブ、3に加え、
暴投と思われたアリウープパスを見事に決める
ミスターアグレッシブ。今日はビッグブロックもありました。

不調が続くランスと共にどんどん
リムにアタックしてもらいたいです。

リムアタックといえばサボニスも。
リバウンドも頑張りますし、スクリーンのセットも
昨年のターナーよりうまいのでは。

ターナー不在でチームを勝たせられる力は今は
ないかもしれませんが、オラディポとサボニスを
獲得できたのはラッキーでした。

今日の試合では3ファウルにも関わらずベンチに下げられず
すぐさま4ファウルになって下がるという事態に陥りましたが
ターナーがいればもうちょっと負担も軽減できますし、
彼らが残り3,4年契約が残っているというのは素晴らしいですね。
Foul.jpeg
コーリー・ジョセフもコーチの信用を勝ち取っている様で
敵として嫌だった部分がペイサーズの一員として発揮されているのは
喜ばしい限り。ランスの不調が続く間は彼のプレイタイムも増えそう。

ブレイザーズ戦で早くも二桁の17点を取ったルーキーのリーフ。
これがシーズンハイとなる可能性もあるかもしれませんが、
GR3が復帰してからもウィルキンスに負けない様頑張ってもらいたい。

ボヤンは今の所外のシュートというよりもドライブが多目ですが、
こういったプレイもできるというのは選択肢が増えていいですね。

次は現地24日のウルヴズ戦。
個対個のタレントでは負けますが、開幕戦でみせた様な
チームとしての戦いをみせてもらいたいです。

ティーグのいなくなった悲しさはありますが。。。

やっぱり5割が大好きだったヒート戦【NBA_Pacers】

2016年12月15日 13:35

かつてのイーストライバル対決もどこへやら、
ゲーム開始時は前の方の席も空席が目立ちました。

ヒートは第1Qだけで10のTO、しかしINDはこのチャンスをものにできず
シュートを外しまくり1点リードしか作れませんでした。

第3Qは何とかリードして終えることができましたが、
最後の12分でペイサーズは10点しか取れず。

リバウンドでもアシストでも負けたINDは結局13勝13敗の
5割生活へ。

ホワイトサイドに好き勝手やられましたが、それでもこの試合
もう少し何とかできたはず。

ターナーは自分を3ポイントシューターだと思い込まず、
チームも打たせすぎずの方向で進んで欲しい。
確かに最近は高確率で決めましたが、本来はポールやCJに
3ポイントをフリーで打たせるのも君の仕事の一つでは。
5ブロックに関しては脱帽

今日はスタッキーも何だか不調で勢いを作れませんでした。
INDにもリバウンド20個取っちゃうようなリバウンドモンスターが欲しいです。

IND 89 - 95 MIA

1週間で2回目のミスコール vsヒート【NBA_Pacers】

2016年01月06日 13:46

この試合はリアルタイムで見ることができませんでしたが、
先日のシカゴ戦に続き、相手のファウルと取られることなく、
それが負けに繋がった(かも)との事。

NBA Self-Analysis Shows Missed Calls in OT Losses

とは言え、最大18点のリードを守りきれなかったINDが
悪いのでしょうし、仕方ない、で済ますしかないのでしょう。

ポールは確率が良いとは言えませんが、32点、モンテも17点と
チームとしての形はまずまずだったかもしれません。
ヒルも食中毒で欠場でした。

マイアミもホワイトサイドがいなかったのですが、
ボッシュとウェイドがまだまだやれることをアピールし、
このような結果になりました。

が、流石にイーストの強豪相手の2試合の勝敗が
笛に左右されるというのは萎えます。

来年からはWWEの映像サービスにでも加入しますかね。
あちらはどんなレフリーの采配でも納得できますから。

その場でのジャッジミスは仕方ないと思いますが、
こういって後から誤審と認められたケースについては
プレイオフの順位を決める際の当事者同士のその試合の勝敗アドバンテージを
なしにするとかあっても良いかもしれませんね。
実際の勝敗はどうなるか分かりませんが、誤審なのに勝敗はそのままなら
それくらいの救済があっても良い気がします。

IND 100 - 103 MIA 

ヒート戦とピストンズ戦【NBA_Pacers】

2015年12月14日 12:21

新旧ライバル対決がありました。
まずはヒート戦。

ポールの3PTはエアボール、ジャンパーもミスと決まりませんが、
FTで稼ぎ、後半は少し盛り返しました。

チーム全体で13スティールとディフェンス面での改善が見られましたが、
どちらかというとヒートがミスをしていたような印象があります。
あとはホワイトサイドをファウルトラブルに追いやることができたのが
相手に乗らせ切れずに済んだ結果となりました。

我慢の前半から第3Qでリードを奪い、終盤も逃げ切り。良い形でしたね。
マヒンミとモンテが素晴らしかったです。
マヒンミはダンクしてよし、中継点としてのパスも悪くありませんでした。

マイルズとポールの3PTが併せて2/15というのが気がかりですが、
今日はうまいことボールも回っていましたし、ヒルの調子がイマイチな時は
モンテに任せるという形も取れて良かったです。

MIA 83 - 96 IND 

続いてピストンズ戦。
こちらは内容見ていないのでスタッツだけ。
ポールはシュート不振が続き、テクニカルを貰っているので
相当イライラしたようですね。
ヒルが7/12で14点ですが、他に目立つスタッツもなく、
DETには20点オーバー二人に18点と16点とアシストも26で
翻弄されたようです。

両チームともFGは5割ですが、3PTがINDは3/16、DETは13/29と
この10本差も響いたかもしれません。
リバウンドが46-33と全く取れず、連戦のアウェイとは言え、
やっぱり素の力が見えてきた感じかもしれないですね。

IND 96 - 118 DET

怪我人が増えた vs ヒート【NBA_Pacers】

2015年11月08日 13:39

マヒンミは復帰しましたが、試合中にスタッキーが
右足首を思いっきり捻るという不運がありました。
マイルズも右足首を痛めて欠場中ですし、そういった中でも
今日の試合を取れたのは大きいですね。

ポールのシュートが復活の兆しを見せ、
ダンヒルとGR3のオフェンスリバウンドで試合をつかみ取りました。
ダンヒルのチップは見事でいsたし、GR3は1本FTをミスしましたが、
コーチの期待に見事に応えられる適応力は素晴らしいです。

が、タイラー・ジョンソンに2連続でやられたプレイ、
あれを許してしまうのはどうなのでしょうね。
2本目はファウルになり、FTを外してくれたので
助かりましたが。

ポールが14/27で36pts、12reb、3ast、3stl
ベンチからダンヒルが10pts、10rebでダブルダブル。

ヒートはハッサン・ホワイトサイドとルーキーの
ジャスティス・ウィンズローが素晴らしかったです。

IND 87 - 90 IND


New