ゴガがスターターのウルブズ戦【NBA_Pacers】

2021年04月08日 09:10

ルバート、サムナー、マクダーモット、ジャスティン、ゴガがスタート。

相変わらずリバウンドが弱いながらもルバートが点を稼ぎ、
ゴガも3PTにダンクで良いスタートを切ったと思いましたが、
2ファウルでベンチへ。ターナー先輩がすぐにアドバイスにかけつけていました。

3分までほぼ互角の戦い、サンプソンが出てきてすぐに5本のFTを獲得し4/5。
しかしディアンジェロ・ラッセルのうまいレイアップで逆転されてINDはターンオーバー。
リムプロテクターのいなくなったディフェンスでは楽にレイアップを許してしまいます。
ラムのFTとマコネルのジャンパーで再逆転、さらにキーレン・マーティンのスティールから 3ポイントプレイのファストブレイクが決まり31−35。最後は防いで1Q終了。


2Q、アーロン、ラム、サンプソンが決めてなぜかリードを作っていくベンチメンバー。
アーロンが大当たり日で二桁リードまで広げ、残り6分を切って46−57。
ルビオのレイアップをラムがブロックし、アーロンが運んでマコネルtoゴガのダンクという
素晴らしい流れも見ることができました。
ゴガはオフェンスリバウンドからのプットバックも決め、46−61とリードを広げます。
更に2本目の3PTを決めるゴガ、タウンズにプットバックを返されますが、
ターナーほど押し込まれてやられていない印象を受けます。
53−71と勢いを止まらない元セカンドユニット達。もう少しリバウンドを拾いたいですが、
56−77で前半終了となりました。

ゴガ 12pts、3reb
ルバート 12pts
アーロン 14pts、3ast

3Q、ウルブズの3PTが当たり始め、72−85と追い上げを許します。
ゴガはキャリアハイの14点で今後の伸びに期待。
マクダーモットやジャスティンのアタック、ルバートの3ポイントプレイで
なんとかリードを保ちますが、20点あっても物足りないINDのリード。
セーフティリードという言葉がないため、全く安心が出来ません。
残り4分、マコネルのジャンパーで85−100。
前半好調のアーロンがレイアップを外しますが、サンプソンが拾ってプットバック。
87−102とすると、MINのターンオーバーで再びINDボール。
マコネルはFG5/5で10pts、10astのダブルダブルを達成。

しかし今日のセカンドユニットタイムに入ると徐々に詰められ、91−102。
残り2分20秒、ゴガがコートに戻ります。

ナズ・リードが連続で得点を重ねてきますが、
アーロンが3PTやマコネルのレイアップで94−109とリードを少し増やして3Q終了。


4Q、アーロンが3PTを決めますが、ミスもあり101−112と詰められてタイムアウト。
しかしマコネルが外し、アンソニー・エドワーズに走られてついに9点差へ。
7点差まで詰められますが、ジャスティンの3PTで105−115。
再びジャスティンが3PTを決めて13点リードとし、サムナーも3PTを決めます。
MINも落とさず、タウンズのドライブで8点差にされますが、再びサムナーの3PT。

しかしMINの追い上げは止まらず、エドワーズの3PTで120−135。
ここでジャスティンも3PTをお返しし、4分を切ります。

タウンズのユーロで2点を決められ、ルバートのレイアップはミス。
ラッセルの3PTが決まり125−128。ジャスティンが3PTをミスしますが、
なんとかオフェンスリバウンドを続き、同じ位置からジャスティンの3PT。
今度は決まり6点リードとするとグッドディフェンスでINDボールへ。
しかしマコネルもトラベリングで時間を消費したのみ。
タウンズに簡単にダンクを決められ、残り2分を切り127−131。

マコネルがゴール下まで切り込みレイアップを決めて6点リード。
ラッセルのシュートはショートとなり、先陣を走ったサンプソンにパスが通り2点追加。
ブロックに飛びそのまま走ったサンプソンがお見事でした。

ルビオにFTを与えてしまい、129−135。
時間を使いつつ、確実に決めていきたいINDでしたが、決めきれず。
逆に時間を使わずラッセルが3ポイントプレイを決めて132−135。
せっかく作ったリードを簡単に溶かしてしまいます。

残り50秒、ルバートがコントロールしますが、ディフェンスが厳しく、
時間ギリギリでマコネルが3ポイントを決めますが、レビューが入ります。
シュートモーションがゆっくりだったのでタイムオーバーかと思いましたが、 手からボールが離れておりセーフ。
またしてもクラッチショットを決めたマコネル。
決して得意とは言えない3PTをここで決めるとはさすが隊長。

残り24.9秒、132−138でリスタート。

ラッセルがすぐさま3PTを放ちますがミス。しかしリバウンドを取れずMINボール。
するとルビオの3PTに対してマコネルがファウル
3本のFTを与えてしまいます。
2本目を外し、2点で済みましたが、まだ4点差。

あまり時間を使えずファウルゲームとなります。
1本しか決められず、ラッセルが3PTを沈めて137−139。
残り9.4秒で再びファウルゲーム。
1秒しか使えずアーロンがFTをもらいます。
こういうところの時間の使い方が下手なINDと、
時間を使わずに決めてくるMIN。

アーロンは2本とも決めて4点リード。
最後はタイムアウトがなくなったため、時間を使わせることに成功。
ラッセルの3PTは外れて試合終了。
スターターがいない中、どんな形であれ勝ったことが重要。
お疲れ様でした。

MIN 137 - 141 IND

2試合連続の・・・ウルブズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月18日 20:52

ブログドンがインサイドでもアウトサイドでも得点を取り、
最近の不調から脱出してきた様子。INDがセカンドチャンスからの得点を
伸ばすという珍しい展開で前半途中までは良い流れでしたが、途中から一転。
MINにセカンドチャンスからの得点を増やされ、ルビオのコントロールによる得点や
ナズ・リードが目立つ試合となります。

ルーキーのアンソニー・エドワーズにも派手にダンクを決められるなどして、
4Qには二桁リードを許しますが、アーロンが奮起。タフショットやリムアタックから
FTを獲得し、2本決めて残り7分12秒で95−100。

ブログドンが3PTを決め、2点差とすると、インバウンド時にラムがファウルされ
FT1本獲得、これを決めさらにブログドンの3PTがヒットし、102−100と逆転に成功。
すぐにタイに戻されますが、ラムのFTとドマスの見事なスピンムーブで107−102。
一気に勝ちモードへ。しかしエドワーズの3PTミスをMINに拾われ、タウンズがFT。
ここを防いでもう1本決めていきたいところでしたが、突き放せず。

ラムのショットで3点リードとしますが、マクダニエルズに3PTを決められて同点。
その後もリードを奪い合う展開になりますが、残り1分21秒、タウンズが3PTを決めて
114−119とMINがリードを広げました。

かなりきつくなったINDでしたが、ブログドンが珍しいボースハンドダンク。
ペイント内でタウンズに楽に決められ再び5点ビハインドになったところで
今日プレイタイムの伸びていたラムが3PT。2点差とし、リビオのショットが外れると
タイムアウトの残っていないINDはそのまま攻め、厳しいディフェンスに合いながらも
ドマスがゴール下でFT獲得。これを2本決め、最後はMINのオフェンス。
エドワーズの3PTが危うく決まりそうになりますがリムから弾かれてオーバータイムへ。

[2試合連続の・・・ウルブズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む

seis - ウルブズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月20日 11:28

ミネソタとの2連戦、後半のホーム戦。
この試合が終わると、5試合のロードトリップに出発し、
次のホーム戦でオラディポが復帰という事になります。

オラディポは旅には同行せず、復帰に向けての準備をするとの事。

試合の方はというと、リードを作っても追いつかれ、
最後までもつれるヒヤヒヤする展開となりました。

この日から復活したタウンズは、ウルブズの最初の9得点を一人で取り、
試合感のなさなどお構いなし。実力を普通に発揮されました。
ドマスがファウルトラブルで厳しくなりますが、アーロンが
良いアーロンで助かりました。

最近不調だったラムも3PT以外は良く決め、18点。
ドマスとターナーが大人しかった中、彼の復活は大きかったです。

そのターナーは8pts、6reb、3blkに終わりました。
良いディフェンスを見せていましたし、悪くはありませんが
アテンプト3本はちょっと少なすぎるかもしれませんね。

ハイスコアゲームになるかと思いきや、第4Qで17点しか取れず、
116点止まり。

ウォレンが28ptsでチームを牽引。マクダーモットとアーロンが
ベンチから13pts。114-114で迎えた最終盤、試合を決めたのは
この試合12ptsだったブログドンのフローターでした。
タウンズが一歩下がった一瞬の隙を見逃さなかったセクシー大統領。

最後はネイピアのミスショットをウォレンが掴みましたが、
タイムアウトが取れずジャンプボール。
ウォレンが弾いたボールをラムがキャッチしてファウル。

まだFTにはならず、サイドラインからのインバウンズでしたが、
ジャスティンが後ろを向いていた相手にぶつけてそのまま終了。
キャッチミスもファウルゲームも避けた見事な策でした。

MIN 114 - 116 IND

siete - ウルブズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月18日 04:27

アウェイ&ホームの連戦で行われるウルブズ戦。
先日のアウェイの試合ではタウンズが欠場。

すると前半、ドマスがインサイドを支配します。
外へのディフェンスは完全に捨てられており、ドマスも
3PTを打つことはありませんでしたが、前半だけで25得点。

後半の得点は思ったより伸びませんでしたが、
29pts、13reb、6astと十分な活躍。
特に前半は苦戦を強いられた中でドマスがいなければ
もっと崩れていたかと思います。

セカンドユニットからはマクダーモットが14pts。
マコーネルが4ptsながらも、8astと本当によく動きます。

後半はブログドンが存在感を示します。
21ptsの内、後半で16pts。特に4Qだけで10ptsの活躍。
マクダーモットも14pts中、10ptsを第4Qで取る頼もしさ。

勝因の一つに、第2Qのドマスのチャージング判定が
チャレンジ成功で取り消されたシーンがありました。
あそこで3つ目のファウルとなっていたら厳しかったです。
マクミランもあれば大きかったとコメントを残しています。

ここのところ吹っ切れた様子を見せ、好調だったターナーですが、
23分の出場で7pts、3rebに終わっています。
タウンズがいないのでもうちょっとやってほしかったですが、
アグレッシブなオフェンスは見せていたので、腐っていないと信じたい。
彼の3PTがもうちょっと決まってくれればこちらの試合展開に
早めに持って行けたと思います。
次の試合に期待です。

MINには元INDのジェフ・ティーグがおり、
次の試合は地元インディアナ凱旋試合の予定でしたが、
アトランタへの出戻りトレードが起こり、なくなってしまいました。

IND 104 - 99 MIN

Game63vsティンバーウルヴズ【NBA_Pacers】

2019年03月02日 11:16

両チームとも連戦で迎えたインディアナでのウルヴズ戦。
ターナーがブロックとスティールで良いスタートを切ったものの
タウンズが止まらずファウルトラブルとなります。

ドマスがいないことが大きな穴となり、MINペースで試合が進みました。
しかしリーフの活躍もあり、第2Q中に逆転。
第3Q途中で10点リードとなりましたが、そこからMINのラン。
Thadもファウルトラブルになる中で、相手のランを止めたのは
オクインのミドルでした。その後もミドルを決めたオクイン。
ある程度の時間を与えると見事結果を出してくれるのがありがたい。

終盤まで競う展開となりましたが、今日はボヤンがボヤンしてくれたため
見事勝ちきることができました。

MIN
・タウンズすごい
・リバウンドをよく取る
・ティーグが積極的な時は結構やられた
・トリヴァーのシューターっぽくない体型からの3PTにやられる
・FTミスが多くてINDが助かった

IND
・FG40に対し35のアシスト
・ターナー6ブロック
・シュートスランプが続くDC
 8pts、7reb、9ast。もう少しシュートが決まれば楽になる
・INDでの最高得点37ptsのボヤン
 3PTにドライブにまさにエース
・判定に不服なThad
 それに寄り添うマシューズ
 ThadやCoJoとは違うタイプリーダー気質
 ましゅうずらぶ継続中
・リーフがキャリアハイの18pts
 ポジショニングが本当に素晴らしく、シュートの打てる
 ジェフ・フォスターになれるかもしれない

MIN 115 - 122 IND

デリック・ローズという人【NBA】

2018年11月01日 14:13

ペイサーズファンからすればプレイオフで痛い目に遭わされたイメージが強い。
終盤に10点差を付けて、勝てると思った試合をひっくり返される恐怖。
綺麗に入ってしまうシュートに止められないドライブ。度重なるアンド1。

IND-MIAで東の頂上決戦をやっていた時もあったけど、
ローズに怪我がなければ、INDはそこまでたどり着けてなかったと思う。
それほどあの時のローズとブルズには勢いがあった。

あるシーズンのユナイテッドセンターでの試合、INDがようやく勝てた試合の後、
ロッカールームでも凄い喜びようだったらしい。
それに対しローズは
「忘れないからな、たかが1試合かっただけでこんなに騒ぐなんて。
 次の対戦が楽しみだ。」
とプンプンでした。
そしてその次のユナイテッドセンターでの試合では20点差を付けられて
本当にボコボコにされました。ローズは13点だったけど。

そんな彼がレギュラーシーズンの1試合に勝っただけで泣いた。

勝っただけではなかった。

キャリアハイの50点を取った。
クラッチブロックで勝ちを確定させた。

ここに来るまでに色んなチームを渡りあるいて来た。
度重なる怪我があって、もう全盛期は過ぎ、終わったプレイヤーと
言われる事もあった。

最近は調子良さそうだとなんとなく見ていたけど
まさかここに来てキャリアハイとは。

今日は「ドマス凄かったDay」になるはずだったんだけど、
おめでとうローズ。(おめでとうでいいの?)


2013年の夏にローズ来日のイベントがあった際に初めて会った
NBAファンたちはたくさんいたと思う。
自分も会場まで言って、宮地陽子さんや、青木崇さんとお話させていただいた。
今思うとすごい場所を作ってくれたなと思う。

今でこそロペス兄弟やスティーヴン・アダムスが夏休みに日本旅行を
するようになったけど、当時はイベントを含めてNBA選手が
日本に来ることは少なかった。ドワイトの来日もあったけど、
日本人のファン同士が繋がり始めたのはローズイベントだった気がする。

そんな意味でも彼が復活してくれたのは嬉しいけど、敵としては複雑だ。
さすがに動きやキレが全盛期に戻ったとは思わないけど、
こうやって怪我をしても復帰してやれるというのを示す姿は格好いい。
開幕まで色々あったウルヴズだけど、今日のローズの祝福を見ていると
なんか一つにまとまった印象を受けた。
特にティーグがめちゃくちゃ喜んでいたのが嬉しかった。

ジミーちゃんはどうだか知らんけど。

Game4:ティンバーウルヴズ【NBA_Pacers】

2018年10月23日 11:31

サボニスが怪我から復帰という明るいニュースがあったものの、
出だしから何とも重いオフェンス。何とかリードを奪ったりしましたが、
第4Q頭に走られて対策できずに終戦。
次は昨シーズンの転機となったスパーズとの対戦。
ここで巻き返しましょう。

・オラディポはFT頑張ろう
・ターナー、やっぱり髪型変えてなかった。
・そろそろタイリークが格好良く見える髪の毛の角度を見つけたい

IND 91 - 101 MIN



New