がっとぱんちは遠い過去へ - サンダー戦【NBA_Pacers】

2019年11月13日 14:23

今日はホームでサンダー戦。
ポール・ジョージさんがいなくなり、トレード相手として
バチバチやりあう理由が無くなってしまったサンダー。

クリス・ポールの巧さや、スティーブン・アダムスの強さを
見るシーンもありましたが、INDディフェンスにより
相手の良い所を多く出させない事に成功。

・ブログドンの多才な点の取り方
・ドマスのインサイドでの強さ
・ウォレンの安定したショット
・砲台として優秀なアーロンとそんな
 アーロンへの愛情表現を忘れないマコーネルの存在
・ちょいちょいカメラに抜かれてリアクションを披露するオラディポ

第3Q終盤、マコーネルがチームメイトを活かして点を取った後の
客を煽るシーンは今日一番の見所かもしれません。エース様もご満悦でした。

第4Q出だし、ディフェンスが素晴らしく、リードを広げていきます。
リーフのダンクに大盛り上がりのベンチ。
マコーネルも更にキレキレの動きを見せ、マクダーモットが3PTを
決めると天との交信をはじめるオラディポ。

毎試合の様に出るアーロンのテイクチャージ。
タフなレイアップもねじ込み、鉄砲玉アーロンとしての役割を
思い出していきます。
自分で打つだけでなく、ファストブレイクで走ってきたマクダーモットに
しっかりとパスを出しレイアップをお膳立て。決めたマクダーモットも
偉いですが、しっかり状況を判断しているアーロンも偉いです。

残り3分を切り、アーロンが2回目のテイクチャージを取った所で
本格的にガベージタイムへ。ボーウェンIIとミトロ君出場。
NAZ MITROU-LONG、ちょっと発音怪しいのでナズ君で良いですかね。

ドマス 18pts、16reb
ウォレン 23pts、3reb、3ast
ブログドン 20pts、6reb、5ast
アーロン 17pts、3reb、4ast

この2試合、TO無しでパーフェクトだったマコーネルが4TOでしたが、
6pts、6reb、3ast。マクダーモットの連続二桁得点は途絶え、
3PTも1/6と低迷しましたが、9pts、3reb。うまく連携を取って
点を取るシーンが目立ちました。

リーフは5点ながらブロックにダンクと見せ場を作り、
これを続けていければ、といった所。
アルゼイはリバウンドの強さを見せ、アンド1で3pts。

ジャスティンはFG0/6で不調の3ptsでしたが、ディフェンスではしっかりと。
6リバウンドも助かりました。

インサイド2枚とラムの欠場という本来厳しい状況の中
3連敗後、7勝1敗と素晴らしい切り返しを見せています。

次から対戦相手も厳しくなってくるので、どこまでこのペースで
いけるか分かりませんが、怪我人も戻って来れば十分チャンスはありそう。

オラディポもまさかのマッドアンツで調整をしていくそうで
焦る必要はありませんが、確実に復帰の日が近付いている事を実感。
調整というか練習しただけっぽいですね。

ゴガも早く見たいです。

OKC 85 - 111 IND

ゴガのいない日々 - マジック戦【NBA_Pacers】

2019年11月11日 12:32

No Lamb、No Turner、No Gogaという厳しいロスター状況が
続きますが、今日もブログドン、アーロン、ウォレン、ジャカー、ドマスという
布陣でマジックに挑みました。

ブーチェビッチとゴードンに2枚看板に加え、ワールドカップでも好調だった
フォーニエ、そしてINDの天敵テレンス・ロスがいる為、苦労する事になるだろうと
思いましたが、立ち上がりはまさに苦戦。ORLの3PTが絶好調で二桁リードを許しました。

しかし、3PTを決められている割には絶望的な展開に陥るまででもなく。
相手の3PTさえ落ちてくればなんとかなるかも、という内容でした。

ハーフタイムでダン・バーグACの説教があったらしく、
後半開始から点を重ね逆転に成功するIND。
ORLもチームとして3PTを打ってくるのですが、序盤の高確率を
キープする事はできず、落ち始めるとINDペースになりました。
インサイド2枚を使ってゴリゴリやられた方が脅威に感じるので
そこを徹底的に突いて来なかったのはラッキーでした。

終盤にORLの3PTがまた決まりはじめ、安心しての勝利とは
なりませんでしたが、チームプレイで確実に点を取り続けたINDが勝利。

点を取るバランスが本当に素晴らしいこの頃の試合です。

ドマス 21pts 16reb 7ast
ウォレン 19pts
ブログドン 19pts 6reb 8ast
アーロン 11pts 3ast
マクダーモット 18pts 6reb
マコーネル 12pts 3reb 8ast

少し前にマコーネルと周りの連携が心配と書きましたが、
ドマスを中心としてかなり良いコンビネーションを見せるように
なってきました。マクダーモットも良く動きますし、マコーネル自身が
ロングシュートはなくてもアタックしてからのミドルを良く決めてくれます。

インサイド不足なのでどうしてもドマスのプレイタイムが長くなってしまいますが、
マコーネルが安定してくれているのでブログドンを29分の出場に抑える事が
できました。

アルゼイも10分だけでしたが、リバウンドで持ち味を出してくれましたし、
兄デーも5点ながらアーロン・ゴードンをしっかり抑えるディフェンスを見せ、
相変わらず頼りになる兄ちゃんでいてくれています。

ドマスもまだふくらはぎの状態が完璧ではないらしいので、
そろそろターナーがゴガのどちらかにでも戻って来て貰わないと。

IND 109 - 102 ORL

9試合で3回目の対戦 - ピストンズ戦【NBA_Pacers】

2019年11月09日 12:27

ターナー、ゴガアウトでインサイドの厳しいペイサーズでしたが、
ピストンズもレジー・ジャクソンや天敵デリック・ローズがお休み。
ブレイク・グリフィンもまだ出てきていません。

出だしからDETペースで第1Qが終わる頃には15点ビハインド。
しかしそこから徐々に自分たちのリズムを作り始め、
前半終了時には逆転に成功しました。

第3Q開始数分はディフェンスも素晴らしく、15点ビハインド時から
53−23のランを成功させ、こちらのリードも最大17に広げました。

今日もジャカーが両サイドで活躍を見せてくれ、
ウォレンも徐々にオフェンスのエンジンをかけはじめました。

何よりもドラモンドをファウルトラブルに追いやることができたのが
大きかったように思います。追い上げをはかるDETは第3Qで4ファウルの
ドラモンドを起用してきます。一桁差にされましたが、
ジャスティンのレイアップで再び15点リード。

メイカーとケナードに3PTを決められ、じわじわ詰められますが
メイカーの3PTはブザー後だったことが判明し、取り消し。
14点リードをキープとなりました。
ゴールテンディングはチャレンジをしないと巻き戻せないようですが、
ショットクロックに関しては自動的に判定が入るようです。

最近のドラモンドは自分でリバウンドをとってそのまま
リングまで走ることがありますが、ジャカーがそれをスティール。
FTをもらい、1/2で二桁得点に乗せました。
72-85で3Qを終えました。

リーフに関してはコートに出ていてもほぼ気付かない状況なのが
ちょっと心配ですが、ジャカーがこの調子で、ターナーとゴガが
戻ってきたら出番ないかもしれません。

と思っていたらポストプレイを1本決めました。

スネルが2本の3PTを決めてきますが、マクダーモットもお返し。
しかし82−92とリードが少しずつ溶けています。

タイムアウト明け、ギャロウェイに3PTを決められ、
INDはマコーネルがレイアップを決めると、マコーネルの
ナイスDからターンオーバーを誘います。
更にミドルを決めて85−96とします。
しかしギャロウェイにまたしても3を決められ、8点差。
ドラモンドが得点だけでなく、アシストでも素晴らしい働き。
ここでもマコーネルが2点を返し、一人で6連続得点。
それで終わらずもう1本レイアップを決めて10点リードをキープします。

DETも点を取り続けますが、ウォレンがスティールからファストブレイクを決めると、
続いてマコーネルのナイスパスからドマスが楽にダンクを決めます。
粘るDETもケナードの3PTで応戦。10点前後の点差を行き来します。

ジャスティン・兄デーのFTで95−108とすると、
ドラモンドがスクリーンでファウルを取られ5つ目。
残り3分半を切り、本格的に締めにかかる時間となります。

毎試合のようにチャレンジするブログドンの「トドメの3PT」は外れ、
ウォレンが肘を使ってしまったため、フレグラント1を取られます。
2ショットを決められ、与えたポゼッションではスネルに3PTを決められ
102−108とリードがたったの6点に。

ブログドンからのパスを受けたアーロンの3PTも外れ、
DETも3PTを外します。残り1分8秒、ブログドンのレイアップが
外れますが、ドマスがプットバックレイアップで8点差。
なんとか有利な状況を作ります。

スネルが3PTを外しますが、DETオフェンスは続きます。
なんとか3PTを打たせないディフェンスを成功させますが、
ケナードにFTを与えてしまい、2本決められて再び6点差。

ブログドンが時間を使ってアーロンへパスをしますが、
これを打ちきれず24秒を取られます。ここは外れてもいいから
何をしてでも打つべきだった。

シャーロット戦も終盤にアーロンを起用していましたが、
マクミランは彼に経験を積ませているのでしょうか。
結構ギリギリなところで冒険しています。

残り25秒で6点差。
クインによるところの「Solid Defence」でケナードに
難しいステップバックの3PTを打たせ、INDがリバウンド。

その後はファウルゲームとなり、
オラディポ、サムナー、ターナー、ラムの黒ジャケット組みが
映し出されます。

アーロンがファウルをもらい、2本決めて試合終了。

苦しい展開からよく自分たちのゲームを作り上げました。
DETも怪我人続出ですが、INDも主力を欠く中で
ベンチメンバーが本当にステップアップしてくれています。

今日はドラモンドは15pts、13rebと彼にしては少しおとなし目ですが、
8astとファウルトラブルの中でも34分に出場されました。

ケナードには29点とられ、ギャロウェイにも19点を取られています、
3PTを封じる手立てが欲しいですね。

INDはブログドンが11pts、6rebとシュートで苦しむ中
マコーネルが14ptsで援護。兄デー16点、マクダーモット14点と
今日も層の厚さを活かすことができました。

ドマスが17pt、14rteb、6blkとドラモンドに負けない活躍。
ウォレンは17pts、アーロンは6ptsでしたが、6reb、5astと貢献。

怪我人が一人戻るだけでもみんなの負担が軽減できますし、
早くフルメンバーが見たいです。

DET 106 - 112 IND

ゴガ、脳震盪で明日の試合欠場【NBA_Pacers】

2019年11月08日 10:13

成長著しいゴガ・ビターゼですが、脳震盪の診断で
明日のピストンズ戦は欠場との事です。
併せてラムの欠場(左足首捻挫)も発表されています。

ターナーが右足首捻挫から戻れれば良いのですが・・・

というかまたDET戦?今シーズンもう3度目の対戦になります。

ゴガ・ビターゼを振り返ってみる【NBA_Pacers】

2019年11月07日 22:57

まだ全然振り返る時期ではないのですが、
ペイサーズが2019年ドラフトにおいて18位で指名した
ジョージアのゴガ・ビターゼを今のうちに振り返っておこうと思います。

事前にドラフト情報はほとんど追っていなかった為、
モックドラフトなどでの前予想は分かりませんでしたが、
この画像を見た人はたくさんいるはず。

メディア対応で隣のザイオン・ウィリアムソンに全て持って行かれ
それを眺めるルーキーの図。彼がゴガです。

ドラフト当日も、18位指名された時はザイオンの映像に変わり、
ほとんどゴガの姿やインタビューを見ることが出来ませんでした。

そしてチームに加わってからもビザの問題でサマーリーグに出場できず、
怪我もあってプレシーズンでも姿を見ることができず。
最後の1試合には出場しましたが、日本では放送されなかった為
結局実戦での姿を見ることができず、「本当にゴガは実在するんだろうか」
と不安になるINDファンが続出しました。

開幕戦にも出場しなかったゴガ。
昨年ヨーロッパで1年プロとして活躍し、ドンチッチと同じ賞を取った逸材を
教育枠で1年費やしてしまうのか不安になりました。

2試合目となったキャブス戦、ターナーとドマスがファウルトラブルになったことで
ついにNBAデビューを果たしたゴガ。初得点もなんなく決め、
スター街道の始まりかと喜んだのも束の間、膝を痛めてロッカーへ。
大事には至りませんでしたが、4分の出場でデビュー戦が終わってしまいました。

続く3試合目には登場せず、4試合目のネッツ戦。
ターナーが足首を負傷し、いきなり出番がきます。
しかし9分に出場しただけで何もできず、させてもらえず。

ROYを夢見たあの頃はなんだったのか、と思い始めましたが、
ゴガはその力を徐々に見せ始めました。

自身3試合目となるキャブス戦で25分に出場し、10pts、10rebのダブルダブル。
更に4ブロックと、YOUTUBEのハイライトで見たブロック力を見せました。

続くブルズ戦とホーネッツ戦でも4ブロックを決め、3試合連続4ブロック。
スターター出場も果たし、いきなりNBAに順応し始めました。
ファウルへの対応はまだまだこれからですが、バックアップセンターとして
十分やっていけると思います。

ゴガを17位までに指名しなかった事を後悔するチームが出てくる事でしょう。
ドラフト前日、ゴガでなくて、ザイオンに行ってしまった記者も後悔する事でしょう。

しかし今からでも遅くないです。ゴガワールドはこれからです。
何よりも愛嬌のある顔が良い。88番という記事を存分につかったジャージで
購入した人にお得感まで与えるゴガ。

11月に入って25.3min、8.3pts、8.3reb、4blkのゴガをみんなで見守りましょう。

Go Goga!君はINDの未来だ。

ゴガ vs 八村塁のROY争奪戦 - ウィザーズ戦【NBA_Pacers】

2019年11月07日 13:16

連戦でホームに戻ってウィザーズと対戦。
ドマスが怪我から戻りましたが、ターナーは戻れず、ラムが欠場。
ブログドン、アーロン、ウォレン、サンプソン、ドマスがスタートでした。

ドマス対八村のゴンザガ対決や、ゴガ対八村のルーキー対決を
楽しみにしていました。

前半のゴガは楽にポイントを重ねていました。シュートの軌道が
とても綺麗です。WASは3PTが良く入り、嫌なパターンにはまるかと
思いましたが、マクダーモットが3PT好調、ウォレンも安定したオフェンスで
リードを奪っていきました。

アーロンも自分で全てを組み立てなくて良いからか、
彼の持ち味が出されていました。

ジャカーがリバウンドを取ってからコーストtoコーストで
八村相手にレイアップを決めたり、ドマス対八村のマッチアップでは
走り込んできたブログドンにナイスパスを出してレイアップをお膳立てしたり
八村君はオフェンスもディフェンスもあまり目立たず。

ビールのオフェンスを止める事は出来ませんでしたが、
相手ターンオーバーを誘発して自分達のペースに持って行けました。

第4Q、3PTを決められ83-94と、安全圏には入れず。
兄デーとマクダーモットを入れ替えます。
するとコートに残ったアーロンが3PTを決め、ホリデー家をアピール。
更にもう1本3PTを決めて、めっty(省略)
2本ともオフェンスリバウンドからのセカンドチャンスでした。

タイムアウト明け、CJマイルズお兄さんに3PTを2本返されます。
すると今度はマクダーモットとドマスの合わせでアンド1。
ドマスはここまで11pts、16reb、7astと先日更新したリバウンド自己記録更新と
トリプルダブルが視野に見えてきます。

89-103となり残り8分30秒。
昨日は二桁リードをあっさりと逆転されて負けているので安心できません。

ファストブレイクで走ったドマスに対し、ベルタンスが腕を肩に引っかけて
投げ飛ばすと、ドマスはすぐに立ち上がりベルタンスに向かうではなく
FTラインへ直行。ファウル直後二人ともポンポンと叩きあっており、
遺恨は残っていませんが、これはフレグラント1の判定。確かに危なかったです。

FTは1本しか決められず、次のオフェンスも失敗したのでここで一気に
決めにかかることもできず。WASもシュートを外すと今度は
ブログドンがドライブからファウルを貰いFT獲得。こちらは2本決めて89-106。

ドマスはよくイリーガルスクリーンを取られますが今日も取られます。
TDがかかっていましたが、ゴガと交代。見所がたくさんあって楽しいチームです。

その後がもすぐにファウルを取られてしまいます。
ヒバートも最初の数年はよくファウルトラブルに陥ってました。
ここら辺は試合に出て経験を積むしかありません。

マイルズお兄さんにレイアップを決められて残り6分で95-108。

いつの間にかヘッドバンドを外したビールにカウントを決められ10点差。
アーロンが3PTを外しますが、マクダーモットがリバウンドを取りFT獲得→2本成功。
更にブログドンのレイアップミスをゴガが拾いFT獲得→2本成功で100-114。

残り3分半、ここまでのINDはFG42本中、35アシストと
個人技ではなくチームとして戦えている情報が出てきます。

またしてもイリーガルスクリーンを取られるドマス。
ここでファウルアウトとなり、ゴガの出番。

アシストが云々書きましたが、ここでブログドンが時間をつかって3PTを沈めます。
104-119となり残りも2分。ほぼ決着がつきました。

前半にアルゼイが出て来て、難しめのファストブレイクを決めましたが、
最後は出番なし。ディフェンスは最後まで緩める事なく、106-121で決着。

そして最後は八村とドマスが肩を組んで仲良く話していました。
あまり接触しているのを見たことがありませんが、やはり先輩後輩の姿を
見ることが出来て嬉しかったです。

今日の八村君はFG0/5でキャリア初の0点ゲームとなってしまいましたが、
IND戦以外ではどんどん爆発しちゃって下さい。好調不調で色々言われる事も
あると思いますが、それも含めてのNBAプレイヤーです。

ゴガよりも優先順位は劣りますが、応援し続けます。
そのゴガは13pts、3reb。後半得点は伸びず、ブロックも0でしたが、
彼を加える事が出来たのはラッキーです。

昨日の悔しい敗戦から一点、しっかり勝つことができ、4勝4敗。
怪我人が多いなかでよく戦ってくれています。

ドマス 13pts 17reb 7ast
ジャカー 14pts 6reb
ウォレン 21pts 4reb
ブログドン 12pts 13reb
アーロン 18pts
マクダーモット 19pts 7reb

WAS 106 - 121 IND

今日もスターター、4ブロック、そしてファウルアウトのゴガ - ホーネッツ戦【NBA_Pacers】

2019年11月06日 12:17

今日はラムの古巣ホーネッツと対戦。

勝てる試合を落としたとも言えるし、
勝つべきプレイが出来なかった(特に最終盤)とも言える試合でした。
最後はなんともスッキリしない終わり方でしたが、
やり方次第ではこういう展開にしないで終われた試合にも思えます。

ウォレン、ラム、ブログドンのオフェンスはお見事。
特にラムは苦しい場面で何度もチームを救ってくれました。
しかし勝ちに繋がる得点を誰も決める事ができず。

ゴガがファウルアウトしてからはリバウンドも厳しくなり、
ビヨンボに押し込まれる場面もありました。
リーフの前の試合の出来はまぐれでしたかね。
サンプソンも良い動きをしてくれていましたが、
普段クロージングタイムに出る選手ではないので、クリティカルな
ミスもありました。(最後のファウルではなく、リバウンド争いで
相手を押してFTを与えたところ)
最後のやつはレフリーのさじ加減。仕方がないやつ。

マコーネルは悪くはないのですが、外のシュートがない為、
ボールを持つ時間が多くなりがちだったりします。
きっちり決めたりするので評価の分かれる所かと思いますが。
シュート力に関してはアーロンの方が間違いなく上ですが、
終盤使うのは逆だったような。

ゴガはまたしてもファウルアウトでしたが、
32分に出場。6ptsながら11reb、4ast、4blkは
十分褒められる結果。3試合連続4ブロックです。

ドマスかターナーがいてくれたらもう少し楽に戦えそう。
というか、この2試合でゴガが十分戦力として使える事が判明
しただけでも長いシーズンにとっては明るい材料です。

オフェンス時のゴール付近においてはターナーよりも落ち着いています。

FT7本しか打てなかったのに対し、CHAは42本。
その内14本を外してはいるのですが、プレイヤーにとっては
フラストレーションの溜まる展開だったかと思います。

第4Qに入ってリードを全て溶かす時間にもう少し何とかできれば。
今日はCHAのグレアムを褒めるしかないでしょうね。

IND 120 - 122 CHA



New