動くディポさん【NBA_Pacers】

2020年07月02日 12:31

久しぶりにセントビンセントセンターで動くオラディポの様子を
見ることができました。

まだ再開シーズンに参加するか決められない状況にいるそうですが、
不安を抱えたままプレイするのは良くないと思うので、メンタル的に100%と
言えないのであれば無理しないで貰いたいです。

21年オフにINDとの再契約が成功するか分かりませんが、
この時期にまた怪我してしまうと、個人の大型契約にも大きく響きます。

もちろんオラディポ込みでのプレイオフを見たいですが、
一度試合中の大怪我を見てしまっているだけに無理して欲しくありません。

社長による現状の説明【NBA_Pacers】

2020年07月01日 11:09

この1ヶ月ほど、再開シーズンに向けて使用制限をかけて
セントビンセントセンターで調整を行ってきた各選手たち。

現地水曜日からオーランドに向かう35名を決定し、
調整がが始まっていく予定。(non-voluntary workout )

リーグがシーズン中断を決定したのが3月11日、
ペイサーズは3月10日のセルティックス戦を最後にプレイをしていません。

プレイオフチャンスのある22チームの全てがオーランドに到着するまで、
「コーチングスタッフが関与する公式練習を許可されていない」とのこと。
なのでインディアナで行われるのは公式練習ではないようです。

また7月9日にオーランドに行くペイサークルーは
滞在先のグランドフロリダンホテルで48時間隔離され、
その後11日または12日に練習をスタートさせる予定。

最初の試合はは8月1日のシクサーズ戦となります。
プレイオフは8月17日に開始。

ケビン・プリチャード(メディアメンバーとのZoomカンファレンスにて)
「世界が注目するだろう。この状況での再開シーズンは
 最高の視聴率を獲得するはずだ。スポーツに対する需要が
 増していることを実感している。

 不安もあるが、期待もしている。
 この特殊な状況でバスケットボールをすることに興奮している。
 これが我々が取るべき道であることを願っている。」

シーズンが中断される前、ペイサーズは11試合で8勝を記録していた。
39勝26敗で4位のヒートに2ゲーム差と迫っていたが、
オーランドでの再開シーズンということで、ホームコートアドバンテージが
存在しなくなった。

KP「我々は闘いたい。ハードにプレイし、賢く、共にプレイしたい。」

この数週間、施設で行われてきた調整の内容
・7:30〜16:00まで解放
・同時に2人までのプレイヤーしか建物に入れない
・コートでのトレーニング、コンディショニング、理学療法を時間単位で実行
最後の調整方法については、来シーズン移行もいくつか取り入れていく
可能性があるとのこと。

新型コロナウイルスに感染したマルコム・ブログドン
検疫期間中の今、自宅でウエイトやヨガのトレーニングを行なっている。
「前にここで会った時、彼はとても調子良さそうだった。
 現在はちょっと離脱してしまっているが、家でできる限りのことをして
 戻ってくるだろう。」

中断前の最後の試合で27pts、7reb、4astと今季のベストゲームを
見せたビクター・オラディポ。

「(シーズン中は)ずっと見てきた彼の姿ではなかったからね。
 この期間で肉体的にも精神的にも向上している。
 今彼はとても良い状態でいるよ、感動するくらいね。
 彼のプレイに関する準備にたくさんの時間をかけてきたんだ。」

オーランドにはロックダウン前にチームに所属していた17名全員を連れていく予定。
ブライアン・ボウエンIIとナズ・ミツロウ・ロングもいく予定だが、
まだ変更の可能性は残しているとのこと。

KP
「コーチ達やプレイヤー達と話し合ったんだ。
 ここにいる17名全員が参加することがとても重要なのかもしれない。
 この時間を一緒に過ごし、来年に繋がる絆を築くことができる
 機会かもしれない。それを達成できるように計画しているところだよ。」

各チームのロスター再調整【NBA】

2020年06月30日 15:24

シーズン再開に向けて各チームのロスター調整の時期となりました。
まず選手個人がフロリダキャンパスに参加するかどうかの締め切り(現地6/24)があり、
その次にチームのロスター確定の締め切り(現地7/1)があります。

BKN
 Tyler Johnsonと合意
 Theo Pinson ウェイブ
 Spencer Dinwiddie 新型コロナウイルス陽性
 DeAndre Jordan 新型コロナウイルス陽性、再開シーズン不参加
 Justin Anderson 契約
 Wilson Chandler 再開シーズン不参加

CLE
 Andre Drummond 20-21シーズンの28.75Mのプレイヤーオプション行使
 Jordan Bell 2年契約
 Dean Wade 2way契約から複数年契約へ移行

DAL
 Trey Burke シーズン終了までの契約で合意
 Willie Cauley-Stein 再開シーズン不参加

DEN
 Nikola Jokic 新型コロナウイルス陽性 セルビア滞在で渡米延期

HOU
 David Nwaba 2年契約に合意

IND
 Victor Oladipo 再開シーズンは怪我の様子を見て決める
 Justin Holiday 再開シーズンに出場するか考え中
 Gerald Green 獲得の噂
 Malcolm Brogdon 新型コロナウイルス陽性

MIA
 Derrick Jones Jr 新型コロナウイルス陽性

MEM
 Anthony Tolliver 残りのシーズン契約に合意

LAC
 Joakim Noah 2年契約

LAL
 Avery Bradley 再開シーズン不参加
 JR Smith 残りのシーズン契約へ

PHI
 Ryan Broekhoff 契約へ

POR
 Trevor Aliza 再開シーズン不参加
 Jaylen Adams アリーザの代わりに契約の可能性

SAC
 Corey Brewer 残りのシーズン契約に合意
 Jabari Parker 新型コロナウイルス陽性
 Alex Len 新型コロナウイルス陽性
 Buddy Hield 新型コロナウイルス陽性

SAS
 Tyler Zeller 残りのシーズン契約に合意
WAS
 Davis Bertans 再開シーズン不参加

再開シーズンのスケジュール確定【NBA_Pacers】

2020年06月28日 21:56

およそ1ヶ月後に再開する19−20シーズンの
8試合のスケジュールが確定しました。
全て現地時間です。

8/1 PHI 19:00
8/3 WAS 16:00
8/4 ORL 18:00
8/6 PHX 16:00
8/8 LAL 18:00
8/10 MIA 20:00
8/12 HOU 16:00
8/14 MIA 未定

連戦が1回でレイカーズ戦がTNT放送、ロケッツ戦がNBA TVでの
放送予定とのこと。FSIでの放送の方が嬉しいので6試合も
デナリさん&クインコンビで見られるのが嬉しいです。

短縮シーズンに始まり短縮シーズンに終わるビンス・カーター【NBA】

2020年06月26日 13:51

自分がNBAを本格的に見始めた98−99シーズンの
ルーキーだったビンス・カーター。
最初はダンクのすごい人という印象が強すぎたけど
こんなに息の長い選手になるとは思いもしませんでした。

ロックアウトの影響で50試合の短縮シーズンに
デビューを果たしたカーター。ラプターズ、ネッツ、マジック、
サンズ、マブス、グリズリーズ、キングスを経て最後はホークス。
22シーズンという長い旅路に終止符が打たれました。

ホークスがプレイオフ圏内であればまだその姿を見ることが
できたというのは残念でなりませんが、
90年代、00年代、10年代、20年代という4つの年代をまたいで
プレイを続けた偉大なプレイヤーとなりました。

カーターはアメリカ代表としてさいたまスーパーアリーナで
来日した時に観戦できたのと、2001年12月19日
インディアナでペイサーズ対ラプターズでその姿を見ることができました。

102対90でTORが勝利した試合で、
カーターは45分に出場し、23pts、3reb、6astの活躍でした。

当時のTORにはアントニオ・デイビスもいて、
この試合では出場しませんでしたがあのオラジュワンとデル・カリーも
所属しておりました。

1998年ドラフトは個人的にも思い入れが強く、
ジェイソン・ウィリアムス、ダーク・ノビツキー、マイク・ビビー、
ポール・ピアースというスターが多く誕生した組でもありました。
最高額さんなんていうあだ名のついたラシャード・ルイスも
この年のドラフトだったようです。すっかり忘れていましたが。

ビンス・カーター、お疲れ様でした。
規格外のダンクと衝撃を与えてくれてありがとうございました。

ブログドンがコロナウイルスに感染【NBA_Pacers】

2020年06月25日 08:05

昨日はヨキッチがコロナウイルスに感染していた事が明らかになりましたが、
ペイサーズのマルコム・ブログドンも陽性と発表されました。
何事もなく復活できることを願うのみです。

ブログドン
「調子も良いし、経過も良好だ。
 (許可がでたら)シーズン再開とプレイオフの為にオーランドに
 行ってチームメイトに合流するつもりだ。」

ヨキッチ以外にもサンズや他の西のチームにも感染者が出たという
ニュースもありましたが、再開に向けての検査でもっと増えてくるかもしれません。

チームとしても何かあった時の為のロスター再構築が
必要になってくるかもしれません。

INDはジェラルド・グリーンに興味を持っているという話がありましたが、
ここでもう一回ランスとかないですかね。。。

ジョージ君再来【NBA_Pacers】

2020年06月24日 10:51

何度目か分からないこれ関連の記事。
元インディアナ・ペイサーズのスーパースター、次世代スーパーエース、
ミスターNBA、ミスターインディアナ(これくらい言っておけば満足ですか?)
のポール・ジョージさんがまたペイサーズに対して何か言っているそうです。

最早記事の内容を確認する気も起こりませんが、
ADの様なPFのスーパースターを読んでくれれば僕は・・・
という内容で合ってますかね?

どういった経緯で今回の記事が出て来たのか分かりませんが、
まだ言う?

今のLACで満足しているんではないですか?
今更あの時フロントは勝とうとしてなかったとか言われても
あなた移籍先のOKCで再契約したのにそれすらもふいにしたじゃないですか。

そもそも「僕ちゃんPFやりたくない。マイルズ(CJ)兄ちゃんやって。」
って職場放棄した上に「俺が勝たせる」ではなくて
「強い相棒がいてくれたら勝てる」ってそりゃないわ。

そんなに未練たらたらなら戻って来れば?
と思ったけどあれこれ喋られて迷惑掛かりそうなので他で頑張って。

プレイヤーとしては今も一流だけど、今はもう魅力を感じない選手。
でもインディアナにいた頃に君はとても輝いていたよ。
OKCファンの為にもLACファンの為にもあまり口を開かない方がいいと思う。

INDファンは今のペイサーズに満足丼です。



New