試合終了:ぼやぁぁぁぁん凱旋のジャズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月08日 03:37

ドマス、ドマス、ラム、ターナーの3PTが決まり、
6−12でジャズがタイムアウト。ジャズも元ペイサーズのボヤン・ボグダノビッチが
見事に3PTを決めてきました。

どちらも良いディフェンスを見せますが、ジャズの方が厳しいディフェンスをしている印象。
特にドマスはインサイドで何もさせてもらえません。
外の入らなくなったINDはすぐに14−14に追いつかれ、クラークソンの3PTで
17−14と逆転されてタイムアウト。

ラムの3PTで同点にすると、ドノバン・ミッチェルの3PT。
リーグ最強の3PTチーム対リーグ最弱の被3PTチームの力量が分かりやすく出ます。

そして元INDのジョージ・ニヤンにも3PTを決められ、
ドライブを試みるもののなかなか得点に結びつかないIND。
ゴベアだけではなく、チームのディフェンスが固いUTA。

前の試合素晴らしかったゴガ・ビターゼもローテ入り。
早速3PTを放ちますがミス。ゴベアとのリバウンド争いには勝ちました。

25−20で1Q終了。この点差で済んだのが奇跡的でした。


2Q、マコネルのリム付近のショットで2点決めると、ゴベアのダンク。
マクダーモットがカウントのチャンスを得ますが、FTはミス。
流れからのオフェンスが増え、ゴガのダンクで1点差に迫りますが、
フェイバースのアンド1で33−29。
アーロンからの難しいパスからタフレイアップを決めるゴガ。
与えられる時間も増え、着実に成長を見せていきます。

タイムアウト明け、UTAのインバウンドをスティールし、
ブログドンからゴール下のターナーへパスを通しFT獲得。
これを2本決めて33−33。

ミッチェルが個人技で2点を取ると、マクダーモットがレイアップ。
ブログドンもドライブからレイアップをねじ込んで35-37と逆転。

ターナーがゴール下で強さを見せ4点取ると、ラムtoドマスの
イージーバスケットで37−43とリードを広げます。
ミッチェルのパスミスからマクダーモットが3PTを狙いますがこれは決まらず。
ドライブに対してはきっちり守りを見せますが、キックアウトの3PTを連発される
INDのディフェンス。この時間はUTAのミスが続き、リードを保ちます。

ブログドンのパスミスからミッチェルの3PTで42−43。
ロイス・オニールの3PTが決まり、8−0のランで逆転されます。
ここはラムがミドルを決めて45−45。
セカンドチャンスからマクダーモットが2点追加しますが、
ゴベアが楽にダンクを決め再び同点。
最後はオニールの3PTが外れ、ボヤンのプットバックがミスしたところで
47−47で前半終了。

前半スタッツ
ドマス 9pts、5reb
ターナー 9pts、5reb
ブログドン 4pts、5ast
ラム 10pts
ジャスティン 0pt、3reb
ゴガ 4pts、2reb、1blk

[試合終了:ぼやぁぁぁぁん凱旋のジャズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む

強くて長いペリカンズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月06日 10:14

今日はアダムス、ザイオン、イングラムのフロントコートが脅威のペリカンズとの対戦。

ラムの3PTで試合開始。
2連続でレイアップを許すという緩い立ち上がりになりましたが、
ドマスのオフェンスリバウンドからターナーがザイオンのファウルを引き出します。

ラムがラッキーなバンク3を決めたり、プットバックを決めたりと
バックス戦から吹っ切れた様子。ターナーもザイオンをブロックし、
今日はオフェンスリバウンドをよく取れています。
アダムスのダンクにターナーがチャレンジしチャージングを奪うナイスD。

フェイダウェイを会得したドマスが16−16の同点弾を決めますが、
イングラムの3PTが決まり、3点ビハインド。
内容は決して悪くないのですが、NOPが一歩先を行く展開。

イングラムのレイアップで5点差にされたところでジャスティンが3PTを決めますが、
ザイオンの3ポイントプレイ失敗からのセカンドチャンスでダンクを決められ25−19。

ザイオンはキャリア1,000ポイントを突破し、ペイサーズは彼への
答えが見つからないまま、ベンチで休憩に入られました。

ターナーのポイントで25−23まで詰めると、マコネルのレイアップで同点。
イングラムの3PTが外れ、ジャスティンがファウルをもらいFTを決めて1点リード。
イングラムのFT、ラムのフローターと決め合い、マコネルが2点を決めて27−30。


2Q、レディックのタフ3PT、ハートのレイアップで逆転されると、マコネルがレイアップで34−34。
NOPが3PTを連続で決め、リードを広げますが、INDもドマスの強さと
マクダーモットの3PTで42−41まで追い上げることに成功。

しかし徐々にNOPがリードを広げ、ジャスティンの3PTは一向に決まらず。
2QのFGが64%対26%の割についていけていた方ですが、イングラムが
更に2点追加で9点ビハインド。

ブログドンのレイアップも外れ、ターナーはチャージングで3ファウル。
ゴガが投入されます。
ゴガがザイオンのダンクをブロックという奇跡が起きますが、
57−48で9点ビハインドのまま前半が終わりました。

GBZ.png
前半スタッツ
ドマス 7pts(3/11)、4reb
ターナー 9pts、6reb
ブログドン 5pts、3ast
ラム 14pts、4reb
ジャスティン 4pts
 マコネル 6pts、3ast
 ゴガ 1blk


[強くて長いペリカンズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む

ホリデー3兄弟集結とブログドンの古巣バックス戦【NBA_Pacers】

2021年02月05日 08:03

昨日行われたバックス戦は、連戦でお疲れだったのか
ボコボコにやられました。色々と消耗した日になかなかの負け試合を
してくれたのでさらっと。

この試合はブログドンの凱旋試合と、ホリデー家集結が
見所でありました。試合前のこれが最大のハイライトです。


ドマスは31分ながらも33点のキャリアハイを達成。
そしてゴガ・ビターぜは13分に出場。
FGパーフェクトで6pts、5reb、2blkと
先輩ターナーの3pts、2reb、1blkを越えました。

これからも頼むぞゴガ!

IND 110 - 130 MIL

気持ちを入れ替えて挑むグリズリーズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月03日 10:37

11勝9敗で迎えたホームでのグリズリーズ戦。
失意の大逆転負けからどのように立て直してくるのか。

ジャスティン、ブログドンが立て続けに3PTを決め、ジャスティンが
更に1本追加で2−9スタート。しかしその両名が開始1分半で1つずつファウル。
ブログドンの無理やりドライブで2点を追加。
ターナーとラムは3PTを外し、6−11となったところで、
ターナーがフリーのドマスへパスを出してイージーレイアップ。
MEMがタイムアウト。

ターナーがスティールし、今度はドマスからターナーへパス。
ファウルをもらいます。ブログドンがボールを失いかけますが、
ターナーが3PTを決めてリカバーに成功。
しかし3ポイントプレイを決められて9−16。

ジャスティンが2つ目のファウルを取られますがコートに残ったまま。
またしても時間ギリギリのオフェンスとなりますが、今度はラムがFT獲得。
ドマスがミスしたフックを自ら拾ってプットバックダンク。
更に3PTを決めて15−25とリードを広げます。

ラムに替わりマコネル投入。いきなりインバウンドのスティールを狙っていきます。
早速マコネルtoジャスティンの合わせが決まると、2回目のインバウンドで
スティール成功。ターナーのダンクを演出し15−29でMEMがタイムアウト。

オフェンスリバウンドを与え、スティールもされますが、2点の失点で済みました。
マクダーモットもゴール下への良い動きでイージーレイアップ。
ターナーに替えて前の試合好調だったアーロン投入。

しかしMEMにフリーで打たれることが増え、ペイサーズはターンオーバーが増え
23−33と点差が少し詰まった所でINDがタイムアウト。

アーロンのミスをゴガとマクダーモットが救い2点を決めますが、ジャスティンが3ファウル。
サムナーではなく、ラムを再投入するビヨークレン。
再びターンオーバーからモラントのレイアップで27−35となりますが、
最後はマコネルがミドルを決めて10点リードで1Q終了。

悪くはありませんが、どこか危うさを感じる終わり方でした。


2Q、引き続きセカンドチャンスを与えますが、
INDもセカンドチャンスからラムが3PTを決め、
更にロングレンジの3PTも決めて36−48。

ドマスからのパスが防がれそうになりますが、マクダーモットの
ナイスキャッチでレイアップ。プットバックをされたら
ドマスもプットバック返しで38−52。

相手のオフェンスリバウンドをもっと抑えていきたい所です。

タイムアウト明け、スティールからドマスのインサイドで得点。
3PTとタフレイアップを決められ43−54になりますが、ブログドンの
3PTミスをターナーが広い、ドマスがFTを獲得。
残り5分7秒、43−56で3ファウルのジャスティンをコートに戻します。

早速ディフェンスが成功し、ブログドンがリバースレイアップ。
更にドマスがオフェンスリバウンドを2回広い、放り投げたボールがリングに
吸い込まれ43−60。リバウンドの意識が格段に上がっている気がします。

ドマスが2本目の3PTを決め、46−65。
しかしジャスティンが4つ目のファウル。
モラントのドライブをターナーがブロック、気づかない内に3つ目でした。

ドマスが再びプットバックを決め、FG9/10で22pts、11reb。
オフェンスリバウンド4が光ります。

モラントがボールを運ぶ所をマコネルとターナーで囲みジャンプボール。
今日はモラントに目立つ活躍を許していません。(今の所)
INDポゼッションとなり、ターナーがゴール下でフリーのドマスを見つけイージーバスケット。
最後はMEMにも決められましたが、50−71で前半を終えました。

前半スタッツ
ドマス 24pts、11reb
ターナー 5pts、5reb、3blk
ブログドン 13pts、3ast
ラム 8pts、4reb
ジャスティン 8pts
 マクダーモット 9pts、5reb
 ゴガ 2pts


[気持ちを入れ替えて挑むグリズリーズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む

お帰りダン・バークとポパイ - シクサーズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月01日 20:46

今日はマコネルの古巣でもあり、
インディアナのディフェンスの魂でもあったダン・バークの凱旋試合でした。

エンビードが欠場しており、前半は良い形で終わり、
後半の入りも良かったのですが何かが起こったようです。
本来であればチェックするべきなのでしょうが
今日はちょっと忙しかったのでスルーです。

実は後半は荒天で中止になったという噂もありますが
こういうプレイがあったということだけは忘れないでおきたいと思います。


進化を続ける渡邊雄太をやはり応援してしまう【NBA】

2021年01月30日 22:28

ペイサーズ戦の活躍、主にディフェンス面でのいやらしさから、
IND戦では一切の応援をすることができなくなってしまった渡邊雄太君。

MIL戦、SAC戦と非常に良い動きを見せている様です。
今シーズンは元々ディフェンスの良さが話題になっていましたが、
INDとの2戦が更に上昇するきっかけとなったのであればそれはそれで嬉しいものです。

まずはINDとの連戦の2試合目の話から。

2日で同じ相手と2試合というのもなかなか珍しく、
彼のプレイをしっかり観る良い機会となりました。
1日目の話はこちら。
渡邊雄太を無条件では応援できなくなった日【NBA】

1Q残り1分12秒タイムアウト明け、コートイン。ラムへのマッチアップ。
アーロンのレイアップミスを拾いますが、アウトオブバンズ。
ディフェンスのローテが遅れ、目の前でゴガにレイアップを決められます。
残り23秒、コーナーで待っていた渡邊にパスが来て、フリーで3PTを
打ちますがミス。その後は特に何も起こらず1Q終了。

2Q、最初のオフェンスはTOとなり、ラムがレイアップを決めますが、
次のオフェンスではトップから一気に加速してリムアタック。
これはゴガがファウル覚悟のブロックに飛び、FT2本となりましたが、
もう少しでキャリアのハイライトに残るダンクされるところでした。
FTは2本しっかり決め32−35。INDが3点リードとなりました。

その後、ディフェンスのコミュニケーションミスで3秒バイオレーションを取られると
ブーシェイ、渡邊、バンブリートで三者面談をしていました。

10分48秒にはブーシェイのシュートミスのオフェンスリバウンドに絡みますが、
得点はできず。ここはゴガの大きさが勝りました。
アーロンにマッチアップしたままプレイを続け、
8分41秒には少しばたついたオフェンスながらも
バンブリートのレイアップをアシスト。

ファストブレイクのサムナーのレイアップにチャレンジしミスを誘ったり
ディフェンスのチェックがとても早いです。

ラムが3PTを決めて40−48となり、次のプレイが切れたところで渡邊はベンチへ下がりました。


3Qは残り4:32、83−86の場面でアヌノビーに替わりコートイン。
お互いにしばらく外した後、3PTラインの外で待っていた渡邊。
インサイドで攻め切れず、時間ギリギリでキックアウトのパスが回ってくると
ブロックに飛んでくるジャスティンを交わして横に移動しながらの3PTを放ち、
これが決まって86−86の同点に追いつきました。

このビッグプレイに対して冷静に3PTをお返しするラム。
すると、今度はフリーで3PTを打つ機会を得た渡邊でしたがここはミス。
外れて良かったというINDファンの心理と、これを決めていけば
本契約に近づけるという思いが交錯しました。

その後、アーロンが渡邊越しのフローターを決め86−93。
前の試合でやられたアーロンもしっかりやり返します。

残り30秒、サムナーの2本目のFTが外れたところのリバウンド争いで
ゴガにファウルをしてしまいFTを与えてしまった渡邊。
2本決まって93−98となりますが、残り8秒にマコネルがラウリーの
レイアップをブロックしますが、それをそのままプットバック。
更にINDがパスミスでTOし、ラウリーが最後に打ったシュートの
リバウンドを競い、残り0.1秒でFTを獲得するという嫌らしさ全開の渡邊。
2本とも決めて97−98で3Qが終わりました。

前の試合ではディフェンスばかりが目立ちましたが、
この試合はオフェンスも向上させてきました。

4Qもそのまま試合に残り、残り8分、102−103の場面で
コーナーから3PTを打ちますがミス。直後にブログドンが3PTを決めて
102−106とINDがリードを広げました。
残り6:51ベンチへ下がり、試合は114−129でINDが勝利。
2連戦は1勝1敗となりました。


Yuta Watanabeは16分に出場し9pts、5reb、1stlの成績を残しました。
FG2/6、3PT 1/4でしたが獲得したFTは4本全て決め、オフェンスリバウンド3も
褒めていい数字だと思います。
次のバックス戦でも通常のローテ入りで試合に出場していました。

ラウリーからパスバックが来ても良い場面で、逆にパスをされてターンオーバーという
場面がありましたが、特にフリーでは決めていかないと味方からも
パスが来なくなってしまうかもしれません。
スクリーンに行っても使われなかったりという場面もありました。

しかし今日のラプターズ戦。
ハイライトと試合終盤しか見れていないのですが
クラッチタイムに1点差に迫るドライブを決め、そのまま最後まで
試合に出続けるという偉業を達成。
結果的に試合には負けましたが、先日のIND戦を超えるキャリアゲーム。

24分出場し、12pts、6reb、2ast、2stl。
FG 4/5、3PT 2/3とオフェンス面の改善も見られました。


INDとの試合に限っては渡邊のシュートは外れろと願ってしまいましたが、
他ではどんどん決めてもらいたい。
そして自分のように他チームのファンからどんどん嫌がられて欲しいです。

いつか育成枠を乗り越えて、自分の居場所を確保してもらいたいです。
ジャスティン・ホリデーがインディアナという居住地を見つけたように、
最初はチームを転々とすることになるかもしれませんが、
いつか必要とされる場所が見つかることを楽しみにしています。

引き続きホーネッツ戦【NBA_Pacers】

2021年01月30日 10:11

この前のラプターズ戦の様に2試合連続同じ場所で同じ対戦相手。
今回は1日休みが入りましたが、移動しなくて済むのであれば
チームにとっても悪くないのかもしれません。

出だしはペイサーズの3PTが3連続で決まりましたが、
途中からホーネッツの3PTが止まらなくなり、一時は12点ビハインドとなりましたが、
60−64と4点差まで詰めて前半終了。

INDはマクダーモットとゴガが良い動きを見せています。
特にマクダーモットはチームメイトの合わせやプットバックなど
3PTだけでなくインサイドで得点を重ねてくれました。
しかし右手の親指を痛めロッカールームへ。試合に戻るかは不明です。

そしてゴガ。ダンク2本に冷静なインサイドでの得点と4/4。
ディフェンスももう少し慣れてくれると助かりますが、
ドマスの2ファウルをうまく補ってくれました。

一方のCHAはロジアーの3PT4/5も厄介ですが、なんといってもラメロ・ボール。
オフェンスの押し上げも早く、ドライブからのパスも効いていて非常に守りにくいです。
25本のFGに対してアシストが21とパスがよく回るホーネッツ。
後半なんとかしのいでもらいたいです。

前半スタッツ
 ドマス 13pts、5reb、4ast
 ターナー 10pts、1blk
 ブログドン 10pts、3reb、5ast
  マクダーモット 9pts、4reb

後半、ラムが顎を縫う負傷を負ったため、マクダーモットが替わりにスタート。
CHAの3PTは衰えず、再び二桁リードにされ、INDはミスが続きます。

ジャスティンとブログドンが3PTを決め70−77。
連続で良いディフェンスが見られた後に少し追い上げることに成功。

タイムアウト明け、マコネル、ブログドン、ラム、ジャスティン、ドマスのスモールを
選択したビヨークレンHC。相手3PTへのチェックを早めていきます。

ラメロのプットバックダンク、グレアム3PT、ラメロtoブリッジスのアリウープと
やられたい放題。INDは攻めきれずブログドンが3PTを放ちますがミス。
最後はラメロにFTを与え80−89で3Q終了。


3連続ターンオーバーで始まった4Q。
CHAに圧倒されている訳ではないのに追いつけないもどかしさ。

ゴガとドマスを同時に出してみるビヨークレン。
アーロンtoジャスティンの兄弟キックアウトが外れますが、
ドマスがアンド1を決めて86−92。
CHAのパスミスから再びアーロンtoジャスティンのキックアウト、
今度は決まり89−92と3点差まで追い上げました。

ゴガがディフェンスで良いアクセントとなり、ドマスが決めて1点差にすると
更にディフェンスを締めて得点を許さず。
ドマスとアーロンの逆転を狙ったショットが外れ、CHAが2点追加。

タイムアウト明け、危うくラメロにスティールされそうになりますがなんとかセーブ。
時間ギリギリでジャスティンが3PTを打つことになりましたが、ターナーが
リバウンドを取り、チャンスが続きましたが、シュートは外れます。
CHAもターンオーバーをし、今度はブログドンが3PTを決めて94−94の同点。

しかしラメロtoゼラーの合わせが綺麗に決まります。
敵ながらラメロ本当に素晴らしい。
ターナーが3PTを外し、ラメロtoゼラーのタッチダウンパスが通りますが
ターナーがブロック。逆にドマスがインサイドで決めて再び同点。

CHAはラメロ一辺倒。ドライブを仕掛け今度は決めてきます。
すると今度はドマスtoターナーの合わせが決まり、お互いによく決めてきます。

残り3分22秒、98−98。
ジャスティンがハンブルしてボールを失いかけますが、ターナーが拾って決め、
CHAオフェンスもなんとかしのぎます。

しかしドマスが外し、今度はゼラーにイージーバスケットを許し同点。
ゼラーの連続得点で逆転されると元ホーネッツのラムが3PTを決めて再逆転。

セカンドチャンスを与えてしまい、そこから3PTを決められると、ラムがブロックされ グレアムが3PTを決めて102−108。一気に点差が離れます。
ここでブログドンが無理やりレイアップをねじ込み3点ビハインド。

CHAは時間を使い攻めてきますが、ヘイワードがパスミスで残り20秒INDポゼッション。

すぐに3PTを打ちたいところでしたが、なかなか打てず、
コーナーでジャスティンが持ったところでゼラーが突っ込んできてファウル。
最後はブログドンが3PTを狙いますが、ミス。
少し時間が残りましたが、何も起こらず終了。
試合を通してロングリバウンドを含め、セカンドチャンスを与えすぎてしまいました。

IND 105 - 108 CHA



New