強くて長いペリカンズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月06日 10:14

今日はアダムス、ザイオン、イングラムのフロントコートが脅威のペリカンズとの対戦。

ラムの3PTで試合開始。
2連続でレイアップを許すという緩い立ち上がりになりましたが、
ドマスのオフェンスリバウンドからターナーがザイオンのファウルを引き出します。

ラムがラッキーなバンク3を決めたり、プットバックを決めたりと
バックス戦から吹っ切れた様子。ターナーもザイオンをブロックし、
今日はオフェンスリバウンドをよく取れています。
アダムスのダンクにターナーがチャレンジしチャージングを奪うナイスD。

フェイダウェイを会得したドマスが16−16の同点弾を決めますが、
イングラムの3PTが決まり、3点ビハインド。
内容は決して悪くないのですが、NOPが一歩先を行く展開。

イングラムのレイアップで5点差にされたところでジャスティンが3PTを決めますが、
ザイオンの3ポイントプレイ失敗からのセカンドチャンスでダンクを決められ25−19。

ザイオンはキャリア1,000ポイントを突破し、ペイサーズは彼への
答えが見つからないまま、ベンチで休憩に入られました。

ターナーのポイントで25−23まで詰めると、マコネルのレイアップで同点。
イングラムの3PTが外れ、ジャスティンがファウルをもらいFTを決めて1点リード。
イングラムのFT、ラムのフローターと決め合い、マコネルが2点を決めて27−30。


2Q、レディックのタフ3PT、ハートのレイアップで逆転されると、マコネルがレイアップで34−34。
NOPが3PTを連続で決め、リードを広げますが、INDもドマスの強さと
マクダーモットの3PTで42−41まで追い上げることに成功。

しかし徐々にNOPがリードを広げ、ジャスティンの3PTは一向に決まらず。
2QのFGが64%対26%の割についていけていた方ですが、イングラムが
更に2点追加で9点ビハインド。

ブログドンのレイアップも外れ、ターナーはチャージングで3ファウル。
ゴガが投入されます。
ゴガがザイオンのダンクをブロックという奇跡が起きますが、
57−48で9点ビハインドのまま前半が終わりました。

GBZ.png
前半スタッツ
ドマス 7pts(3/11)、4reb
ターナー 9pts、6reb
ブログドン 5pts、3ast
ラム 14pts、4reb
ジャスティン 4pts
 マコネル 6pts、3ast
 ゴガ 1blk


[強くて長いペリカンズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む

一進一退のペリカンズ戦【NBA_Pacers】

2021年01月05日 20:16

スティーブン・アダムス、ザイオン・ウイリアムソン、ブランドン・イングラムという
大きくて長いフロントコートを相手にどうやって戦うのか楽しみだったペリカンズ戦。

第1Q開始すぐに2ファウル、第3Q3分過ぎには5ファウルとなった
マイルズ・ターナーがチームを救うことになるとは思いもしませんでした。

ペイサーズのプレイヤーたちがよく頑張ったのはいうまでもありませんが、
イングラムが12/31、レディックが1/9とシュートの確率が悪かったのには助けられました。

それでもイングラムには31点も取られていますし、ディフェンスを
頑張っても対応しきれない面も多く見られました。
ザイオンにインサイドを攻められてファウルトラブルとなり、
結果的にファウルアウトしたドマスとターナー。

終盤のダンクミスと、ターナーのナイスディフェンスで
ザイオンを防ぐことができたのは良かったです。

アフロ時代が好きだったロンゾ・ボールも高確率でシュートを決めましたが、
最後の方はあまり存在感がありませんでした。
あっては困るので良いのですけど。

オフェンスリバウンド16、トータルも57リバウンドを取られてしまいましたが、
3PTによる勝利と言っても良いかもしれません。

山場はいくつかありましたが、第4Qのマコネル劇場。
インバウンドパスをマコネルがスティールし、走って戻ってきた
マクダーモットがダンク。続けてブレッドソーがボールを運ぶところに
うまく体をいれてテイクチャージに成功するマコネル。
ブログドンが3PTを決め、マクダーモットの3PTも決まり、92−85となったところで
勝ちパターンに持っていけるかと思いきや、残り2分22秒には96−106の10点ビハインド。

そこから4点詰めるものの、残り24秒。
ディフェンスリバウンドをジャスティンが広い、オラディポがロングレンジの3PTを決めて3点差。
その後のインバウンドをマクダーモットとオラディポがトラップをしかけてスティールに成功。
戻ってきたブログドンにパスをし、横に走ってきたターナーにパス。
パスフェイクを入れて完全にフリーになってから3PTを決めたターナー。

土壇場で106−106と同点に追いついてしまいました。
後1個ファウルをしたら退場というところから残り、ビッグプレイを見せたターナー。

オーバータイムでも今までではきょどって外していたようなレイアップを決め、
オラディポからパスをもらっても冷静に決め、アンド1をしっかり成功。

イングラムに決められて逆転を許しますが、今度はオラディポがレイアップを決め、
さらに3PTも沈めて116−112。
今度こそ勝ちきれるかと思いきや、オラディポのターンオーバーから
ロンゾのダンクで116−116。残り25秒、ミルウォーキー時代のチームメイト同士の対決となります。

ブログドン対ブレッドソーはブログドンに軍配。
タイミングをずらしてレイアップを決め、最後はNOPのロングパスとなりましたが、
うまく防いで時間を残すことなく試合終了。

苦しい展開から試合を取り戻し、5勝2敗となりました。

IND 118 - 116 NOP
ターナー 23min、17pts、3blk
ドマス 35min、19pts、11reb、7ast
ブログドン 46min、21pts、7reb、11ast、3stl
アーロン 20min、3pts
オラディポ 26min、25pts、5reb、6ast
 マクダーモット 29min、11pts、3reb
 ジャスティン 45min、9pts、7reb、5ast

ブログドンがイングラム、ジャスティンがイングラムやザイオンに
マッチアップできるのがどれほど心強かったか。
もちろん抑え切ることは難しいですが、彼らのおかげで
ターナー、ドマスのファウルトラブルをなんとか耐えることができました。
二人が退場となったあとも45分以上プレイしてきた二人が本当によく耐えてくれました。

そしてあまり出場チャンスのないサンプソンですが、
こういった試合に出てきて準備ができていることが素晴らしい。

2020年トレード解禁日【NBA】

2020年11月17日 16:07

バックス - キングス
MIL獲得 Bogdan Bogdanovic
SAC獲得 Donte Divincenzo,、Ersan Ilyasova、DJ Wilson

バックスの再構築が止まりません。
ボヤンとのボグダノビッチの争いで激闘を見せたキングスのボグダンを獲得。
こちらはサイン&トレードになるそうです。

差し出すのはブログドンの後を継いでバックスを支えると思っていた
ディビチェンゾ。イリヤソバとDJウィルソンの3対1のトレード。

ヤニスを残す為にバックスの本気が伺えます。

11/19 追記
ボグダン・ボグダノビッチがトレードの話を聞いていなかったという事で
サインしない可能性が出てきたとのこと。

11/21追記
イリヤソバはウェイブされ、ボグダンはFA解禁初日には動かず。
ホークスのオファーシートにサインするという噂がありました。
こちらのトレードは破断となりました。


=====
バックス - ペリカンズ
MIL獲得 Jrue Holiday
NOP獲得 Eric Bledsoe、George Hill、20年24位指名権
     将来の1巡目指名権×2、指名スワップ権×2

ペイサーズフロントが望んでいたかは分かりませんが、
ジャスティン、ドリュー、アーロンの3人を同一チームで揃える夢が消えてしまいました。
ヤニスが残る限り、1巡目指名権の上位は見込めませんし、
ミドルトンを動かさずにドリュー・ホリデーを獲れたのは悪くないのでは。

ドリューのサラリーは残り2年で26Mと27Mの2年目がPO。
ブレッドソーは残り3年で16.8M、18M、19.3M、
ヒルは残り2年で9.5Mと10M。
ヤニスが来オフにFAとなりますが、ブレッドソーの長期契約がなくなることで
その後も動きやすくなりそうです。

ヤニスに出て行かれたら再建までに少し時間がかかりそうですけどね。

MILがブレッドソーではなく、ブログドンを選択していたら。。。

11/21追記
2チームとトレードからナゲッツ、サンダーを巻き込んだ大きなトレードへ。

=====
ロケッツ - ブレイザーズ
HOU獲得 Trevor Ariza、20年16位指名権、21年プロテクト付き1巡目
POR獲得 Robert Covinton

ハーデン、ウエストブルックが移籍希望を出していると言われるロケッツが
トレードで動きを見せました。ハーデンは残したい意向らしいけど
本人が大金を放棄してでも他に行きたがっているとか。

=====
サンダー - サンズ
OKC獲得 Ricky Rubio、Kelly Oubre Jr.、Ty Jerome
     Jalen Lecque、22年1巡目指名権
PHX獲得 Chris Paul、Abdel Nader

トレード解禁初日にビッグトレード。 バブルで8連勝のサンズがクリス・ポールを獲得。
エイトン覚醒が見込めそうです。


CP3の契約は20−21が41M、21−22が44Mでプレイヤーオプション。
ルビオは17Mと17.8Mの残り2年、ウーブレは今年が最終年で14.3M。
CP3がプレイヤーオプションを行使した場合、
21−22はブッカーと2人で75Mとなりますが、勝つにはこういった
勝負も必要なのかもしれません。

エイトンやミカル・ブリッジスの成長も期待できそうです。

一方のサンダーはシュルーダー放出が既定路線でCP3に変えて
ルビオとウーブレが加入、ガリナリはFAで2年連続の方向転換となりそうです。

サンダーはこれだけの指名権を抱えているそうですが、
うまく消化できるのでしょうか。。。

ジャスティンVlog 5:ドリュー・ホリデーのバブル最終日【NBA_Pacers】

2020年08月20日 21:44

ジャスティンVlog5回目は再びペリカンズのドリュー・ホリデーの映像。
プレイオフに出場できなかったため、バブル最終日の様子。

グリズリーズ対ペリカンズの試合を見に行ったジャスティン。
バブルコートの観客席側の様子を伺うことができました。

・家に帰れるのはやはり嬉しい様子
・トレーナーがサプリを届けてくれる
・IND-HOUをテレビで観戦するドリュー
・名前を忘れられたサンプソン
・良い人そうな雰囲気を醸し出すデリック・フェイバース
・ザイオン・ウィリアムソン
・いそぎんちゃくヘッドのZylan Cheatham
・家に帰ったら何をしたいか談義
・家に帰る30分前の様子

試合に負けた悔しさもありつつ、家に帰って家族に会える喜びもあるという
不思議なプレイオフになりそうです。

ジャスティンVlog 4:ドリュー・ホリデーの1日【NBA_Pacers】

2020年08月18日 20:45

ジャスティン・ホリデーによるVlog4本目が届けられました。
今回はドリュー・ホリデーの回。

IND周辺の映像でないのは残念ですが、他のチームの様子が見られるのも
たまには良いかもしれません。

・毎日の酸素飽和度と体温チェック
・大量のお菓子
・ビタミン剤やサプリを摂取
・部屋はそこそこ乱雑になってきている様子
・ジャリル・オカフォーに遭遇
・ストレングストレーニング
・チーム練習
・JJレディックに遭遇
・マッサージ
・ブランドン・イングラムに遭遇(ドアギリギリの高さ)
・ギターヒーローにハマり中

ウォレン復帰のペリカンズ戦【NBA_Pacers】

2020年02月09日 12:08

脳震盪からウォレンが復帰
連戦の為オラディポ休養
ホリデー3兄弟勢揃い
ランスインディアナに観戦に来る

特にランスへはトリビュート映像が流れるという
激レアな所が1番の見どころでした。

ファンは見守るだけ。

NOP 124 - 117 IND

ホリデー三兄弟集結 - ペリカンズ戦【NBA_Pacers】

2019年12月29日 12:34

ジャスティン・ホリデー
ドリュー・ホリデー
アーロン・ホリデー
この三兄弟がついに同時にNBAのコートに立ちました。





ホリデー一家だけでなく、マクミランの息子さんも
NOPでアシスタントコートをしているとのことで
こちらも家族対決でした。

また、ロンゾ・ボールとアーロン、リーフらの
UCLA同窓会でもありました。

こういう心温まるものがあると試合結果なんて
どうでもよくなってしまいますね。
年末だからさぼっているわけではありません。

IND 98 - 120 NOP

みなさま良いお年を。


New