Game8:vsニックス【NBA_Pacers】

2018年11月01日 10:21

今日はMSGでニックスと対戦。
ニックスとペイサーズと言えばレジーとスパイク・リーですが、
ヒバートのメロへのブロックも忘れてはいけない大事な場面となりました。
月日が流れるのは早いです。

第1Qはとにかくドマスのうまさが光る展開でした。
6分で13ポイント、4リバウンドと、ポストして良し、
タイリークとのコミュニケーションも良し、リバウンドは
本当に良い所にいますね。

ターナーもポストで点をとったり、DCとのピック&ロールで
派手にダンクを決めたり、ブロックにはならなくても
良いディフェンスをしていました。

しかしオラディポが5点ながらも2ファウル。全体的に相手のディフェンスを
振り切れず、しっかりフリーで打てる場面も少なく感じた第1Qでした。

対するニックスはオラディポの同期、ティム・ハーダウェイJrが
本当に上手くなりましたね。
ポルジンギスがいない間は彼がチームを引っ張る事になると思いますが、
今年のドラフト外のアロンゾ・トリアーもサマーリーグに引き続き好調の様子。
(1試合しか観てませんが)

前にポール・ジョージをほぼ押さえ込まれたロン・ベイカーも
気になる存在です。

2ndQはうまく突き放せないでいる間に逆転されてしまいました。
最後はTHJのレイアップをブロックしてDCがレイアップをねじ込み
50-52で前半終了。
今シーズンは良い時と悪い時の差が激しく出ますが、こういう試合を
きっちり勝てるようになって欲しい所です。

第3Q、オラディポのパスミスとボーギーのトラベリングで
もたもたしている所にTHJの3PTが連続で決まり、リードを広げ始めます。

タイムアウト明け、INDがスティールを連発し、作戦オラディポで同点に追いつきますが、
THJがここでも3PTを決めて66-69。アキローさんTHJすごい

ドマスがコートに入り、ここから追い上げたい所ですが、
どうもボールが手につかないオラディポ。痛いところでTO。
4点差で済んでるのがラッキーに感じます。

オラディポがまたボールを失いかけましたが、なんとか繋いで
ドマスのダンクを演出。
更にFTで点を重ね、ジョセフからのアシストでレイアップを決めて
FG10/10、FT3/4で23得点、74-74と同点に追いつきました。

トリアーとドットソンに5点を決められますが、
ここでもドマスがアンド1を決めてなんとか2点差で食らいつきます。
しかしタイリークがTHJにFTを与えてしまい、結局77-81の4点ビハインドで
第3Qが終わりました。
タイリークは挽回したい所なのですけどね・・・

と言ってたら本当にタイリークが個人技で突っ込んでレイアップを決めて
87-85と逆転に成功。ここでNYKのタイムアウト。
この間、ジョセフとドマスが頑張ってくれました。ここからですね。

すぐに同点に追いつかれ、THJの3PTでまた持って行かれます。
INDはディフェンスを頑張り、Thadのフックで逆転しましたが、
THJのロングジャンパーとドットソンの3PTで残り4分半で91-95。
ティフェンスを頑張ってもコミュニケーションミスのパスミスはいけません。

タイムアウト明け、ここまで眠っていたボーギー様の3PT。
次のディフェンスはジャンプボールに持ち込み、INDボールへ。
確実に点を取りたいINDはここでタイムアウト。試合時間残り3分40秒。
この試合をTHJのハイライトゲームにしてしまうのか、それともオラディポが
それを阻止するのか。ドキドキの時間帯となってきました。

INDはボーギーの3PTを選択しましたが、ミス。
THJにミドルを決められてまた3点ビハインド。
困った時のドマス頼みでしたが、3点プレイとはならず。
それでもFTをしっかり2本決めてまた96-97の1点ビハインドへ。

そしてここで来ました大エースオラディポ。
スティールからのダンクを決めて98-97。NYKは3PTを外し、
ゴール下でThadが決めて100-97と3点リード。
ドマスのナイスパスをよく沈めました。

NYKはもちろんTHJが3PTを打ってきましたが、これをミス。
逆にオラディポが3PTを沈めて一気に6点差。

この帳尻合わせ感、最後だけ仕事をすれば感、
色々と思い出されるものがありますが、感服です。
が、まだ試合は終わっていません。あと1分23秒。

THJが切り込んできた所でドマスがファウルをとられファウルアウト。
この試合を支えてきてくれたドマスが無念の退場ですが、
あとはターナーに託したい所。ですが、トリアーが切り込んできて2点。
リードが2点まで減ってしまいました。まだリードしていて
INDポゼッションなので優位には立っていますが、今日のTHJは
何をしてくれるか分かりません。要注意です。

残り41秒103-101のタイムアウト明け、ボーギーが打った3PTがエアボールでしたが、
Thadがそれをレスキューし、オラディポへパスすると3PTを決めました。
THJ、ヴォンレーが3PTを外し、Thadがリバウンド。
ここでのThadの活躍は見事でした。

ここからファウルゲームとなり、結果的にオラディポがFTを貰いましたが、
ここでも1/2と今シーズンは本当に決まりません。

しかしながら苦しいゲームをよく自分達の展開にもっていけました。

ドマスは終わってみればFG 12/12で30点10リバウンドのモンスターゲーム
THJにはFG 10/19、3PT 7/11で37点取られましたが、終盤は全員がそれぞれ
活躍を見せて見事な逆転勝利となりました。

IND 107 - 101 NYK

本日試合を決めたオラディポさん。
前半5点(FG 2/6)、後半19点(FG 8/12)。
新たなニックスキラーの誕生です。

と、IND界隈では大盛り上がり必須なこの試合ですが、
デリック・ローズ復活の50点ゲームのおかげで影は薄そうです。

Game10-ポルポルポルポル【NBA_Pacers】

2017年11月06日 16:26

途中まで勝ち試合と思っていただけに敗戦のショックはそれなりに大きいです。

あの大きさで走り回ってブロックも3PTも決められるポルジンギスを
褒めるべきでしょう。40pts、8reb、6blkでした。

この試合からスターターへ戻ったターナーでしたが、ファウルトラブルで
早々にドマスと交代。38分出たポルジンギスに対し24分ではちょっと
物足りないですね。15pt、4reb、1blkと完敗です。
この二人はIND-NYKということもありますし、ドラフト同年のライバルとして
長きに渡って切磋琢磨してもらいたいものです。

オラディポには最後再逆転してスパイク・リーをがっかりさせたかったですが、
毎試合都合良くクラッチが決まるわけもなく。17pts、5reb、3astと
数字はそれなりですが、君ならもっと決められるはず。
次に期待。

ドマスはダブルダブルこそ逃したものの、29分出場して
16pts、8reb、3ast。安定感ありますね。

次はまたビッグマンの強いペリカンズ戦です。

IND 101 - 108 NYK

ニックス戦【NBA_Pacers】

2016年12月21日 12:00

10点以上のリードを一気に溶かして敗戦。
終盤のメロとポルジンギスは凄すぎた。

ポール仕事せず。
ターナーは途中までポルジンギスとの2年目対決に
勝っていたものの、終わってみたら指名順通りの結果。
インバウンズをカットされて同点にされるまでは
勝てると信じていました。

今年のペイサーズ、勝ちきれないのはモンテのせいに
する傾向がありましたが、関係ありませんね。

今日はそれぞれ良いプレイも出ていただけに、
終盤失速して負けるのはもったいない。

連戦の2戦目はこれで1勝6敗とのこと。
スモールラインアップに変えて選手を走らせたら
次の試合もたないとかそういう事でしょうか・・・

不定期適当ニュース【NBA】

2014年06月23日 16:58

【怪我】
OKC ニック・コリソン 左膝の手術成功 復帰まで4-6週間

【噂話など】
NYK カーメロ・アンットニー オプトアウトでFAへ
   (NYKとの再契約も可能)
NYK アンドレア・バルニャーニ PO行使で12Mゲットへ
NYK アマレ・スタウダマイヤー PO行使で23.4Mゲットへ
MIA レブロン・ジェームズはマイケル・ビーズリーのバスケへの
   取り組み方に不満を持っていたとのこと
SAC ルディ・ゲイ PO行使で残留へ
GSW クレイ・トンプソンを出してでもケビン・ラブを狙うとか狙わないとか
    そこにLALの7位指名権が絡むとか絡まないとか。
DAL 「パウ・ガソルが欲しい」
CHI カーメロ獲りの噂の一方でアーロン・アフラロにも興味ありとのこと
   日本での別名、オフローロ氏は15-16シーズンがPOとなる残り2年15Mの契約
BKN ショウン・リビングストンとの再契約失敗に備えて
   CLEのジャレット・ジャックとのトレードを画策中
   対象はマーカス・ソーントン
LAC ダニー・グレンジャーは来季の1.3MのPOを行使するつもりはないが
   チームに残る事には興味がある様子

Game68 @ニックス【NBA_Pacers】

2014年03月20日 11:59

今日は6連勝と勢いのある中、フィル・ジャクソンが社長就任と
良い事だらけのニューヨーク・ニックスと対戦。

出だしからオフェンスリバウンドを与え続け、FG%では勝っているのに
12点ビハインドとなる酷い試合でした。
それでも第3Qにヒバートが奮起し、メロと点を取り合い、
第4Qにはポールが決めて1点差に迫りますが、そこからまた突き放され、
最後はミス連発の後、ポールの最後っ屁が放たれましたが
ファウルゲームもむなしく敗戦。

最大16点ビハインドを追い上げたと良いところもありましたが、
この試合、ポールが大不調。入らない3PTを打ち、メロには
ボコボコにやられてしまいました。
痛いところでプリジオーニやフェルトンにも決められました。

ポールは決まるのが遅すぎましたね。
数ポゼッション前に決めていれば、最後の粘りがあったので
どうなるか分かりませんでしたが、まだまだですね。

ウエストも8点、ベンチからの援護もなく、次がブルズ戦というのが
不安ですが、幸い今日はセルティックスがヒートを破ってくれました。
ゲーム差が縮まらずに済んだのは運が良かったです。

IND 86 - 92 NYK 19812

Game38 vsニックス【NBA_Pacers】

2014年01月17日 13:51

今日はTNT放送で、実況席にレジー・ミラー凱旋のニューヨーク・ニックス戦と
これ以上ないシチュエーションでした。

開始6分で18-10とメロにいきなり9点を許しますが、
今日もバランスアタックでポール、ダニーが3PTを決め、
ワトソンの3PTで26-28と逆転に成功。最後はカーメロに
ブザービーター3PTを決められて31-30となりましたが、
最初の12分の内に立て直せたのは大きかったです。

第2Qはミスが続きましたが、スコラの2連続ミドルで逆転。
第1Qで18点取られたメロを2点に抑え、プレイオフと同じ様に
ダンクに来たメロをヒバートがブロックというシーンもありました。
INDのオフェンスはランスを中心に良く決まり、最後はSAC戦と同じ様なセットで
ウエストのイージーレイアップをアシストして48-63で前半終了。

ポール、ランスが共に17点とインディアナにしては珍しく
オフェンス爆発の前半となりました。

第3Qにはいるとポールのダンクと3PTで一気に20点差へ。
フェルトンのドライブとチャンドラーのアリウープで
56-72と少し詰められます。しかし今日のINDはここでも強さを発揮。
ランスが3PTを決めると、ヒルがフルコートディフェンスでボールを奪取、
ポールが戻ってきてフリーの3PTを決めて56-78とした所で
NYKがタイムアウト。少し雑になる部分もありましたが、ヒルの3ポイントプレイや
ウエストの落ち着いたミドルでリードをキープ。

ケニオン・マーティンが試合中に負傷退場しましたが、アマレも
ヒバートの足に乗っかってしまって足首を捻りました。
FTは打ちましたが、その後試合には戻らず。チャンドラーが戻って来たと
思ったら二人のビッグマンが怪我。重傷でないことを願います。

得点は若者二人が目立ちましたが、元エースはパスが冴え、
ポストでのプレイもなかなか見事でした。
役割を受け入れたダニーは優勝へのキーとなるかもしれません。

第4Qもランスがやりたい放題でキャリアハイの28点。
スティールからJ.R.スミスのファウルを貰いながらレイアップを決め、
FTも決めた後にすぐさま相手にファウルをして時間を止め、
ベンチに下がっていきました。

残り5分からのガベージタイムでしたが、元NYKのクリス・コープランドが
お手玉リバウンドからの3PTを決め、観客を沸かせます。
オーランドもドナルト・スローンも得点を決め、
バトラーを除いて全員得点でNYKに快勝で3連勝となりました。

NYK 89 - 117 IND 18165
 ランス 35min 28pts(10/17) 4reb 4ast
 ポール 33min 25pts(8/17) 7reb 3ast

5TOと前半の63点はシーズンハイ。
ベンチからダニーとスコラがそれぞれ二桁得点。
twitterで頂いた情報ですが、チームスタッツで
FG50%、3PT43%、FT91%の50-40-90をクリア。
これがどの位の頻度で起こるか分かりませんが、今日のINDは
かなり調子が良かったということですね。

FTの90%は難しいかもしれませんが、マイアミなんかは
軽く50-40はクリアしていそうですね。そもそもチーム平均の
FG%が5割を楽に越しているチームですし・・・

Game11 @ニックス【NBA_Pacers】

2013年11月21日 13:04

今日はここの所不調のニューヨーク・ニックスとMSGで対戦。
タイソン・チャンドラー、フェルトン、アマレが欠場。
開始5分で13-0のランを仕掛けられ、第4Qの残り5秒までは
今日の試合に関しては「FT」の一言で終えるつもりでした。

ホームでの連敗を止めたいNYKは気迫が違い、
酷いゲームをしていたINDが何とか追いつくのですが、
その度にまたリードを奪われてしまいました。

特にメロ対ポールはポストで全く守れず、やられ放題。
IND自慢のフロントコートも仕事をさせてもらえず、
どちらがディフェンスチームなのか分かりませんでした。

終盤、ヒルはFTを貰いますが1/4と低迷。
何故か3PTは決めますが、それならFTも決めて貰いたい。
ポールも1/2と決めきれないでいると、残り9秒にメロが
FTを2本決めて86-89。ラストプレイにかけることになりました。

この前のプレイはINDはリバウンドを取り、時間もあったのですが、
ヒルが2本の3PTをミス。ボーゲルもタイムアウトを取らないという
地獄のような時間でした。

INDのラストプレイ、ポールがボールを持ち、3PTを放つと
シャンパートにシューティングファールが吹かれます。
これまた微妙な判定でしたが、試合後、マイク・ウッドソンHCは
「ビデオで確認したが、イマンは肘を触っていた。正しい笛だ。」
とコメント。

INDファンから見ても微妙な笛でしたが、ここまでFTを外して来ている為、
あまり期待していませんでした。
しかしポールはこの3本を決めきったのでした。
タイムアウト明け、NYKはメロがミドルレンジから打ち、
JRがチップインを狙いますが外れてオーバータイム。
延長戦にもつれ込むことになりました。

OT、両者共にミスをすると、カーメロのレイアップをヒバートがブロック。
その後のオフェンスでポールが3PTを決めて92-89としました。
ここからまたミスが続き、メロがフックを決めると、ポールが
プルアップジャンパーでお返し。

ケニオン・マーティンがミスをすると、ポールがドライブにいって
バルニャーニを6ファールで退場させます。このFTを2本しっかり決め、
リバウンドに行ったヒバートをマーティンが押した事で笛。
ヒバートがFTを1本決めて97-91とリードを広げました。

この後、メロがフェイダウェイで30点目を決めますが、
ポールもフェイダウェイで35点目を決め、更にメロで攻めますが
ウエストがブロック。NYKがボールを拾い、JRが3PTを打ちますがミス。

ヒルがファールを貰ってFT2本、シャンパートの3PTが外れ、
最後はヒバートもFTを2本しっかり決めて安全圏へ。
JRは終了間際に3PTを決めてきましたが、その前に決められなくて良かったです。

微妙な判定があり、素直に喜べませんが、延長でのポールの
活躍はまさにエースそのものでした。
それまでの過程は修正点も多いですし、FTさえ決めていれば
楽な展開に持って行けた可能性もありました。

NYKは連戦でしたので延長は厳しかったかもしれません。

ポールはディフェンスが良いと言われますが、メロやレブロンの
ポストを抑えるのは無理ですね。そこはヘルプだったり
チーム全体で抑えなければなりません。

IND 103 - 96 NYK 19812

ポール 49min 35pts(12-26) 5reb 4ast 5stl
ヒル 43min 23pts(7/18) 8reb 3ast
ランス 42min 9pts(3/10) 9reb 5ast
---
ちなみに今日のレフリーは17番、ジョーイ・クロフォードでした。


New