山あり谷あり【NBA_Pacers】

2020年02月26日 12:00

IND 106 - 98 NYK
IND 81 - 127 TOR
CHA 80 - 119 IND

オールスター明け、ニックス相手に快勝ムードかと思いきや、
いつも通り面白い展開に持って行き、何とか勝利。
しかしオラディポが背中を痛めるというアクシデントあり。

トロントに移動してもラプターズ戦は試合内容も悪く、
ラムがACL断裂、半月板損傷、左膝の骨折というシーズンエンドの
大怪我を負ってしまう最悪の事態。
そんな怪我を負っていたにも関わらず、2本のFTを打ち、
決めてからロッカーに下がっていったラム。
眠そうな顔とは想像も付かない程、根性のある漢でした。
46点差での敗戦よりも、ラムの離脱が悔しい。

悪い流れを断ち切るべく(?)日本のペイサーズファン数名が
現地に乗り込んだ今日のホーネッツ戦。

ゴガが登場し、3PTを決める活躍もあり快勝。
40点差以上の敗戦の次の試合で40点差を付けて
勝ったチームは今までになかったそうですが、39点差での勝利。
惜しくも記録は作れませんでしたが、オラディポとサムナーが
欠場の中、ターナーがキャリアハイの8ブロック、
ブログドンがちょっと復調を見せ、ドマスもあと1アシストで
トリプルダブル達成という明るい兆しが見えました。

そして次のブレイザーズ戦はなんとTNT放送でレジー・ミラー凱旋です。
この試合を選んだ日本の応援団の引きの強さ。
後はオラディポが出場できれば200点満点ではないでしょうか。

既に接触に成功して、異次元の体験を達成されている方もおりますが
試合内容も試合外の報告もいろいろと楽しみです。

全員集合のニックス戦【NBA_Pacers】

2020年02月02日 18:04

オラディポが復帰し、ターナーの風邪も治り今シーズン初めて
フルメンバーが揃ったニックス戦でしたが、
試合の途中でウォレンが頭を打ったようで離脱。
その後病院へ行ったという情報がながれましたが、
長期離脱にならないか心配です。

試合内容はというと、序盤からシュートが決まらず、
リバウンドも取れず一方的にやられます。
後半に入り、ようやく3PTが決まり始め、
一度は逆転しましたが、最後にモリスにやられたい放題。

NYKがひどい出来にある程度付き合ってくれた内容だったので
後半持ち直せれば勝つチャンスはあったと思いますが、残念。

オラディポのシュートタッチはまだまだですが、
ブログドンとのアリウープに追い上げ時の3PTなど
復活2試合目としてはまずまず。

彼のタッチが戻ってくれるとチームも上向きになれそうです。

NYK 92 - 85 IND

ロードトリップ5戦目のニックス戦【NBA_Pacers】

2019年12月08日 18:42

ロード5試合の最終戦は連戦でニックス戦。

ブログドンが昨日の試合で小指を痛めたようで欠場。
デナリさんもご病気で代わりにパット・ボイラン氏が
クインのパートナーとして放送。

一方のニックスはHCのフィズデイルが解雇され、
代わりにマイク・ミラーが指揮。最初元ORL新人王の
ミラーかと思いましたが彼とは違う人でした。

出だしはあまり良いディフェンスができず、NYKリード。
点差を少し詰めていくものの、NYKペースは変わらず。
それでも徐々にディフェンスが良くなり、1点差に詰めたところで
マコーネルtoターナーのダンク。更にドマスがインサイドで
頑張って27−24とすると、スティールからウォレンの
レイアップで29−24。アンド1のチャンスでしたが、FTはミス。

残り1分25秒にゴガが登場。
兄デーの3PTが決まり、第1Qを13−3で締めくくり、32−27

===第2Q===
NYKが7−0スタート。
マコーネルがようやく決めて34−34。
お互いに決めあった後、マクダーモットの4ポイントプレイ。
残り8分にゴガがベンチへ。

第2Qはマコーネルが本当によく動き回り、
自ら得点したり、パスを回して得点に絡みます。
51−51となったところで、アーロンの3PT、
ラムも3PTを決めて61−55で前半終了

==第3Q===
2点差に詰められたところでウォレンの3PT。
更にスティールからFT獲得。ターナーがブロックから
ウォレンの3PTとINDペースになり74−66。
この時点でウォレン22ポイント。

続いてNYKのペースとなり、マーカス・モリスの
3PTが決まって76−77と逆転されます。
しかしここもウォレンがチームを救う3ポイントプレイ。

マクダーモットの3PTとロング2で89−81として
第3Q終了。良い終わり方でした。

===第4Q===
4Q頭からゴガが出ている。
兄デーのドライブからのパスでマクダーモットの3PT。

しかしNYKのランで94−92と詰められ、マコーネルのレイアップで4点リード。
その後リバウンド争いでウォレンが出血しロッカーへ。
体を張ったプレイをしてくれているからか、彼の出血シーンは
何度か見ているような。

残り6分、ランドルのFTが決まり98−98。

ここでアーロンの3PTとラムの3ポイントプレイが決まり、6点リード。
ウォレンがコートに戻ってきますが、ミッチェル・ロビンソンの
ブロックでINDが24秒バイオレーション。

NYKに何度もオフェンスリバウンドを取られるものの、得点を許さず。
アーロンとモリスがそれぞれ3PTを外し、1分55秒、104−100と
なったところでNYKタイムアウト。

連日のクラッチタイムクロージングテストのお時間となります。

モリスが2点をねじ込み104−102。アーロンが3PTをフリーで外しますが、
ターナーがブロック2連続でINDボール。
ラムがプルアップミスでペイトンがシュートを打ってきますが、
ブロックに飛んでいたターナーのおかげか、これをミス。

INDのラストオフェンス、ウォレンがシュートを外し
NYKが走りますが、ここでもターナーがブロック。
その後、残り0.1秒でランドルにファウルをしてしまいFTを
与えてしまいます。

2点差だったのがラッキーでした。
1本目は決めましたが、2本目をミス。
その時点でINDの勝利となりました。

運もありましたが、勝利を呼び込んだのは
間違いなくマイルズ・ターナーのディフェンスでした。

ポイントは7点だったかもしれませんが、
去年のブロック王争いのミッチェル・ロビンソンの3を超える
5ブロックは見事でした。

プレイオフでメロをブロックしたヒバートのように、
ブロックでチームを救う姿はINDファンにとってたまりません。

ドマス 19pts、15reb
ウォレン 25pts、4reb
ターナー 7pts、6reb、5blk
アーロン 12pts、4reb、5ast
ラム 13pts、4reb
マクダーモット 16pts、3ast

IND 104 - 103 NYK

Game68:vsニックス【NBA_Pacers】

2019年03月13日 14:33

久しぶりに観戦できたペイサーズの試合。

タイリークが欠場なので第1Qからアーロンが出場。
そのアーロンが第1Q最後にミドルを決める。良いショット。
でもムディエイに返されて2点ビハインドで終了。

第2Qは10点ビハインドになってから怒濤の攻撃で
逆転に成功。最後のCoJoのスティールからのシュートは惜しかった。
ドマスがブロックやらTOで得点を重ねられなかったのが
厳しかった。Thadのオシャレパスは見事だった。

後半もINDペースで進んだものの、終盤には接戦となり、
何とか逃げ切った形。ターナーのミドルがもう少し入っていれば
楽な展開でセカンドユニットのプレイタイムがもっと伸びたかな。
Thadが33分でDC以外のスターターが36分以上のプレイタイムは
INDがやりたいバスケとはちょっと違う。

DC様は最後のクラッチショットを決めるあたり流石でしたが、
こんな展開にならないように決めたい所。

試合前にはオラディポの映像が出て、
膝を使わずに3PTを決める練習を始めていた。
ストイックすぎる。
運動能力に関しては100%戻るのか分からないけど、
シュートに関しては前よりも上達して帰ってきそうな雰囲気。

早くオラディポのプレイが見たい。

NYK 98 - 103 IND

Game42:vsニックス【NBA_Pacers】

2019年01月13日 16:53

5試合のロードトリップ最終戦はニックス戦。
ターナーは引き続き欠場でしたが、出だしからディフェンスが
引き締まり、オラディポもボヤンも気合いの入ったダンクが
飛び出しました。気づけば31−22で9点リードして第1Q終了。

しかし、第2Qに入るとニックスが息を吹き返し、
コーネット、ヴォンレーに3PTを決められ、THJに連続3PTを
決められ逆転されました。ペイサーズが再び逆転したものの、
ノックスの3PTで残り2分13秒で52−52の同点となります。

するとここからINDにいきなりスイッチが入りました。
Thadとドマスが2点ずつ決めると、オラディポが2連続3PTを決め、
さらにボヤンがリバウンドから一人で走り、ダンクを決めて
12連続得点。最高の形で前半を締めました。

後半の立ち上がりも悪くありませんでしたが、
NYKはムディエイやドットソンの活躍があり、一気に突き放すことができず。

結局第4Qもスターターを戻さないと安全圏まで持っていくことができず、
サムナーやアルゼイ、アーロンたちは残り2分になるまで
試合に出ることができませんでした。

せっかくならもっと長い時間使ってみてほしいところ。
アルゼイはBリーグでのリバウンド能力がNBAでも通用するのか
試してほしいので、セカンドユニットに混ぜて試してみたり
してほしいです。

リーフが17分出場で6点でしたが、プットバックだったり
リバウンドで良い場所にいることが多いので彼が普通に
出られる様になってくると面白くなりそうです。

ドマスがFG 9/14で22pts、15reb、3astの活躍。
前回のMSGでの対戦でもFG 12/12で30pts、9reb、3astと
真ニックスキラーとも呼べそうな動きを見せていて
今後が楽しみです。

IND 121 - 106 NYK

Game30:vsニックス【NBA_Pacers】

2018年12月17日 12:34

試合開始時間を間違えて後半だけみたニックス戦。
接戦を演じて最後の最後はディフェンスからの得点で
勝利と最高の試合を見せてくれました。

タイリークがお休みでアーロンの出場があったのも良かったです。
14分で7点、3PTは0/6でしたが、これもまた経験。良いディフェンスをしている
場面もありました。

ドマスはファウルがかさんで21分の出場でしたが、しっかり13pts、12reb。
トラベリングギリギリのポストプレイもありましたが、
プットバックも含め良く頑張ってくれました。

そして開幕から苦労していたマクダーモットですが、
3本の3PTを沈めて9点。良い所で決めてくれましたし、
ボーギーが休めるのはでかいです。

今日はターナーとオラディポが当たり日で、
ターナーは24pts、6reb、そしてクラッチタイムの
ブロックがありました。あれで勢いを付けられましたし、
見ていて気持ちの良いブロックでした。

オラディポは3PTが5/8と好調で、最後はファウルゲームで
FTを重ねて26pts、8reb、7ast、5stl。FGアテンプトが13と少なめで
この活躍が出来るのは心強いです。

20点オーバーを連発していたThadは10pts、6rebと
スタッツ上は目立ちませんが、クラッチタイムの後ろ向きで
近付いていってのスティール。あれ何だったんですかね。
珍しいものを見ました。

NYK 99 - 110 IND

Game8:vsニックス【NBA_Pacers】

2018年11月01日 10:21

今日はMSGでニックスと対戦。
ニックスとペイサーズと言えばレジーとスパイク・リーですが、
ヒバートのメロへのブロックも忘れてはいけない大事な場面となりました。
月日が流れるのは早いです。

第1Qはとにかくドマスのうまさが光る展開でした。
6分で13ポイント、4リバウンドと、ポストして良し、
タイリークとのコミュニケーションも良し、リバウンドは
本当に良い所にいますね。

ターナーもポストで点をとったり、DCとのピック&ロールで
派手にダンクを決めたり、ブロックにはならなくても
良いディフェンスをしていました。

しかしオラディポが5点ながらも2ファウル。全体的に相手のディフェンスを
振り切れず、しっかりフリーで打てる場面も少なく感じた第1Qでした。

対するニックスはオラディポの同期、ティム・ハーダウェイJrが
本当に上手くなりましたね。
ポルジンギスがいない間は彼がチームを引っ張る事になると思いますが、
今年のドラフト外のアロンゾ・トリアーもサマーリーグに引き続き好調の様子。
(1試合しか観てませんが)

前にポール・ジョージをほぼ押さえ込まれたロン・ベイカーも
気になる存在です。

2ndQはうまく突き放せないでいる間に逆転されてしまいました。
最後はTHJのレイアップをブロックしてDCがレイアップをねじ込み
50-52で前半終了。
今シーズンは良い時と悪い時の差が激しく出ますが、こういう試合を
きっちり勝てるようになって欲しい所です。

第3Q、オラディポのパスミスとボーギーのトラベリングで
もたもたしている所にTHJの3PTが連続で決まり、リードを広げ始めます。

タイムアウト明け、INDがスティールを連発し、作戦オラディポで同点に追いつきますが、
THJがここでも3PTを決めて66-69。アキローさんTHJすごい

ドマスがコートに入り、ここから追い上げたい所ですが、
どうもボールが手につかないオラディポ。痛いところでTO。
4点差で済んでるのがラッキーに感じます。

オラディポがまたボールを失いかけましたが、なんとか繋いで
ドマスのダンクを演出。
更にFTで点を重ね、ジョセフからのアシストでレイアップを決めて
FG10/10、FT3/4で23得点、74-74と同点に追いつきました。

トリアーとドットソンに5点を決められますが、
ここでもドマスがアンド1を決めてなんとか2点差で食らいつきます。
しかしタイリークがTHJにFTを与えてしまい、結局77-81の4点ビハインドで
第3Qが終わりました。
タイリークは挽回したい所なのですけどね・・・

と言ってたら本当にタイリークが個人技で突っ込んでレイアップを決めて
87-85と逆転に成功。ここでNYKのタイムアウト。
この間、ジョセフとドマスが頑張ってくれました。ここからですね。

すぐに同点に追いつかれ、THJの3PTでまた持って行かれます。
INDはディフェンスを頑張り、Thadのフックで逆転しましたが、
THJのロングジャンパーとドットソンの3PTで残り4分半で91-95。
ティフェンスを頑張ってもコミュニケーションミスのパスミスはいけません。

タイムアウト明け、ここまで眠っていたボーギー様の3PT。
次のディフェンスはジャンプボールに持ち込み、INDボールへ。
確実に点を取りたいINDはここでタイムアウト。試合時間残り3分40秒。
この試合をTHJのハイライトゲームにしてしまうのか、それともオラディポが
それを阻止するのか。ドキドキの時間帯となってきました。

INDはボーギーの3PTを選択しましたが、ミス。
THJにミドルを決められてまた3点ビハインド。
困った時のドマス頼みでしたが、3点プレイとはならず。
それでもFTをしっかり2本決めてまた96-97の1点ビハインドへ。

そしてここで来ました大エースオラディポ。
スティールからのダンクを決めて98-97。NYKは3PTを外し、
ゴール下でThadが決めて100-97と3点リード。
ドマスのナイスパスをよく沈めました。

NYKはもちろんTHJが3PTを打ってきましたが、これをミス。
逆にオラディポが3PTを沈めて一気に6点差。

この帳尻合わせ感、最後だけ仕事をすれば感、
色々と思い出されるものがありますが、感服です。
が、まだ試合は終わっていません。あと1分23秒。

THJが切り込んできた所でドマスがファウルをとられファウルアウト。
この試合を支えてきてくれたドマスが無念の退場ですが、
あとはターナーに託したい所。ですが、トリアーが切り込んできて2点。
リードが2点まで減ってしまいました。まだリードしていて
INDポゼッションなので優位には立っていますが、今日のTHJは
何をしてくれるか分かりません。要注意です。

残り41秒103-101のタイムアウト明け、ボーギーが打った3PTがエアボールでしたが、
Thadがそれをレスキューし、オラディポへパスすると3PTを決めました。
THJ、ヴォンレーが3PTを外し、Thadがリバウンド。
ここでのThadの活躍は見事でした。

ここからファウルゲームとなり、結果的にオラディポがFTを貰いましたが、
ここでも1/2と今シーズンは本当に決まりません。

しかしながら苦しいゲームをよく自分達の展開にもっていけました。

ドマスは終わってみればFG 12/12で30点10リバウンドのモンスターゲーム
THJにはFG 10/19、3PT 7/11で37点取られましたが、終盤は全員がそれぞれ
活躍を見せて見事な逆転勝利となりました。

IND 107 - 101 NYK

本日試合を決めたオラディポさん。
前半5点(FG 2/6)、後半19点(FG 8/12)。
新たなニックスキラーの誕生です。

と、IND界隈では大盛り上がり必須なこの試合ですが、
デリック・ローズ復活の50点ゲームのおかげで影は薄そうです。



New