Game69:vsサンダー【NBA_Pacers】

2019年03月15日 15:39

自分の中では既にポール・ジョージへのブーイング期間は終了。
会場内のファンも歓声とブーイングが入り交じった感じでした。

MVP候補に挙げられるようになった今シーズン。
ジョージは第2Qに本領発揮。隙を見ては3PTを沈め
サンダーのリードを広げていくのでありました。

最大18点のビハインドとなりましたが、第3Qに少し詰めると、
最後はCoJoのハーフラインからのブザービーターが決まり
88-81と7点差で第4Qを迎える事になりました。

第4Q残り5分39秒、ドマスが2本のFTを決めて6点差に迫った所で
ジョージの3PTが決まります。若干心が折れるシーンですが、
マシューズとボヤンの連続3PTが決まり99-96。
今度はジョージが3PTを外し、DCが決めて遂に1点差。
よくここまで頑張りました。

タイムアウト明け、ウエストブルックに決められますが、
シュルーダーの手がドマスの顔をヒットしたことでフレグラント。
FTとポゼッションを手にします。

今日のドマスはノエル相手にポストで無双したり、
FTをしっかり決める活躍でここもしっかり2本決めました。

マシューズとウエストブルックが共に外した後、
ボヤンからのパスを受けたターナーがダンクを決めて遂に逆転。
更にボヤンのドライブで相手ディフェンスのコミュニケーションミスから
ガラ空きとなりレイアップを決めて101-104と3点リードとなりました。

が、ここで終わらせてくれないジョージ。
3PTを決め同点にすると、ファウルを貰ってFT2本決めてOKCが2点リード。

この試合、インサイドを支配してきたドマスがここでも
上手いポストプレイで同点に追いつきます。
トレード対象者同士のやりあい。オラディポがいない為、
ドマスが一人で立ち向かいましたが、今日は見事に結果を残しました。

その後お互いにパスミスというちょっと気の抜けた展開となりました。
タイムアウト明け、ボヤンが放ったミドルは外れましたが、
マシューズがリバウンドをとり、そのままねじ込みました。

残り1.8秒を残して再逆転。
シュートを打つには十分な時間を残してしまいましたがビッグプレイ。

最後のOKCのオフェンスはウエストブルックの3PTでしたが、
これが外れてくれてなんとか勝利。
旅立ったジョージの成長を見る事が出来て、チームは勝利。
最高の試合となりました。

ドマスはチームハイの26ポイント。内12点がFTによるもので
良くインサイドを攻めてくれました。
ターナーもポイントは10点でしたが、スクリーンで身体を張ったり
数字に出ない所でも頑張ってくれました。

そしてこの試合、最後Thadが出ていませんが、
ターナーとドマスのプレイを見た本人が
マクミランに「このままいこう」と伝えたとの事。

期待に応えた二人はもちろんですが、
リーダーとして的確な状況判断をしたThad。
どこまで格好いいのでしょうかこの人は。

本当にみんな残したまままた来シーズンを戦いたいです。

OKC 106 - 108 IND

ひと味違うポール・ジョージ【NBA】

2019年01月23日 14:06

開幕から一桁得点で終わった試合はなく、
30点オーバーを連発、12月には2試合連続43点
ここ3試合連続30点オーバーと契約延長で安心したのか
高レベルで安定したプレイを見せているようです。

平均得点もこれまでの最高は16-17シーズンの23.7でしたが、
今シーズンは26.8ptsへと上げ、リバウンドも7.9のキャリアハイペース、
スティールも過去最高の平均2.3と成長しています。

先日は勝利をもぎ取るクラッチ4ポイントプレイを決め、
我々の知っていたポール・ジョージはもういないようです。

やはりウエストブルックには人に何かを与える力があるのかも
しれません。デュラント、ハーデンを始め、1年しか一緒にいなかった
オラディポでさえ、ウエストブルックの姿勢から学ぶことは
多かったようですし、偶然とは思えません。

ドマスもルーキーシーズンの多くの時間をスターターとして
出場してきた中で得るものは多かったかもしれません。

今は6thマンとしてどっしり構えて貰っていますが、
あのルーキーシーズンの過ごし方ってドマスにとっては
財産だったのかなと感じます。全ドマスファンはOKCに感謝してると思います。

ジョージがインディアナでの試合でのブーイングを
覚悟してるみたいな発言をしていましたが、現地のINDファンももう
ブーイングなしで、自分達の応援だけに力を入れて貰いたいです。

トレードの対価に満足しているというのももちろんありますが、
更にもう一段階上に行った感じのあるジョージにブーイングしたところで
何の意味もない気がします。オラディポとドマスが来てくれただけで
もう過去のあれこれはどうでも良くなっています。

といっても、ジョージ自身が妙な発言をしたりするんですよね・・・
お互いに変な意識を止められたら最高です。

柱譲二節【NBA】

2018年07月04日 09:00

オクラホマシティ・サンダーと4年137Mで延長し、
男を上げたとも言われていたポール・ジョージ氏。
黙っていればいいのにということを今も繰り返しているようで。

「そりゃもうプンプンよ。レイカーネイションも
ボクちゃんに来て欲しいと思ってると信じてたんだから。
去年はLAに行きたいと思ってたのに
ここにトレードされちゃったんだよ。レイカーズが
ボクちゃんを奪いに来てくれなかった訳。
でもそれがボクちゃんにとっては良かったのかもね。」

ここからはサンダーとオクラホマシティの皆さんの
ジョージへの愛ある対応でジョージの心を掴んだお話。
これはまぎれもない事実ですが、せっかく仲間が最高だって
言って延長したのにこれ話さなくても良くない?

正直自分にはレイカーズを見限ったのが去年の時点なのか
今年のオフなのかが分かりません。分かろうとする
必要もないのですが、レイカーズにとってもサンダーに
とってもこれで良かったのかもしれませんね。

Game5-元エースのいるサンダー戦【NBA_Pacers】

2017年10月26日 12:41

ミネソタからオクラホマシティへ移動して連戦。
今日はポール・ジョージとの対戦、そしてオラディポとドマスの
凱旋試合でした。

ターナーが今日もお休みの為、元サンダーの二人がスターターとして出場。
選手紹介の際には大声援を貰っていました。そしてOKCの選手紹介で
最後に呼ばれたのはジョージ。これ普段はウエストブルックなのですかね?
今日だけ入れ替えだとしたらサンダーは良い演出してくれました。

が、気負いすぎたのかファウルトラブルの末のファウルアウト。
メンタル弱い事もありますが、サンダーファンは君を見捨てたりしないだろうし
今後も頑張ってね。次のインディアナでの試合も活躍はしないように。

一方でインディアナに来たオラディポ様はエース街道まっしぐら。
FG11/18の35pts、5rebと疲れ知らず。
DCとサドやんも頑張ってくれましたが、ボヤンは昨日の反動かFG0本。
ドマスはファウルトラブルで、FGも1/9でしたが19分の出場で11reb。
ここ数年抱えていたリバウンド問題はドマスが答えかもしれません。

昨日と比べるとみんな大人しい結果となりましたが、(新エース様とDC以外)
アニボグ君に出場機会が与えられたのは良かったです。
たった2分でしたが、先輩13番へ新13番をお披露目できました。

IND 96 - 114 OKC

熱烈歓迎を受けたジョージ【NBA_Pacers】

2017年07月12日 12:46

会見の為にオクラホマシティへ飛んだポール・ジョージ。
空港のフェンスの外にはジョージを歓迎するたくさんのファン。

想像通りというか想像以上に熱いサンダーファン。
会場内外問わず本当に熱心なファンのいるチームへトレードされたのは、
ジョージ本人にとって幸運だ。

親友のKDからは「オクラホマシティは素晴らしい場所だ」と
アドバイスを受けたらしいジョージ。
日本のサンダーファンも直接関わった事はないけど、かなり熱い。
この一年、彼らはジョージの長期契約に向けて全力でサポートしてくれるだろう。

ペイサーズについては、大雑把に言えば再建が進むなかで
方向性の違いを感じたとでも言えばいいですかね。
インディアナで優勝したかった事、勝つことが全てという事、
そしてそれが適わずに申し訳ない気持ちがあるという事。
レイカーズ希望というのはちょっと周りが騒ぎすぎてるという事。

まぁ、新天地に着いてすぐに「来季はレイカーズ行くっス」とかいうはずも
なく、本当は何を考えているか分からないけど、このままOKCに残る
可能性も0ではないのではないかと感る。

バードが迷走したのはファンの目にも明らかで、
インディアナで優勝するのは難しいと感じたのはやはり事実だったようで。

これってすなわちレジーの言葉を借りれば
「王様が自分の国を捨てた」って事なんだろう。

結果的にレジーは最後まで自分の国で戦って、守り抜いて
最後は後継者まで育てた。途中で移籍の可能性もあったり、
本当に結果論でしかないけど、インディアナのファンが求めるのは
こういった王様なのかもしれない。

一見ハードルが高いようだけど、ポール・ジョージであれば
その壁を乗り越えられると本気で信じていた。

しかし、その本人が「自分中心のチームでは勝てない」と認めた。
「オクラホマシティでは大きな助けを借りる事ができる」の助けは君自身だ。
来シーズンは君がウエストブルックの助っ人としてオクラホマを救うんだよ。

スーパーチームが流行る今、GSWかCLEであってもどちらかは
優勝できないという事実。そんな中で自分以外のスター選手がいない
INDではどうにもならないと感じてしまっても仕方がない。
だってスター選手来ないからね。
自分がラストピースとなって他に行くしかないという結論に
もう何も口だしできなかった。

INDポールとOKCジョージは自分の中ではもう別物。
NBAファンとして見ればウエストブルック-ジョージのデュオは楽しみ。
でも悪いけど君たちの成功を願う事はできない。
もちろん失敗を望む訳ではないけど。

臨機応援に対応できないペイサーズファンだから。

来季OKC最高とか言っておきながら本当にLAL移籍して
OKCファンをずっこけさせる可能性が0ではないと思う、とだけ書いておく。

PG、CJアウトの@ OKC【NBA_Pacers】

2016年11月22日 08:59

ポールが足首、CJが膝負傷のため欠場となったサンダー戦。
序盤からリードを奪うまさかの展開でしたがやはり追いつかれる。

後半も一旦は14点リードとしたものの、追いつかれて
最後はウエストブルックの3PTで同点、オーバータイムへ。

OTではティーグが奮起。
GRをうまく使い、自らも3PTとFTで点を重ねて
逃げ切り。今シーズンロード初勝利を手にしました。

今日はボールへの意識が今までと全然違うように見えました。
リバウンドで競り負ける部分はありましたが、
ルーズボールへの反応が良く、特にサドやんは
3回もリバウンドをキープ。OTでの1つは
ティーグのFTへ繋げる貴重なプレイとなりました。

そしてこの試合は何と言ってもそのティーグ。
出だしから点を重ね、クラッチFTをミスすることなく
決め続けた精神力。さすが60勝チームを率いた司令塔。
30pts、5reb、9ast、6stl

前半はうまくウエストブルックを抑えました。
彼から出るアシストまで対応することは出来ませんでしたが、
彼に好き勝手やられると厳しい展開になると思っていたので
驚きました。

GR3がとても良いプレイで二人の得点源の不在を
見事に埋めてくれました。ダブルダブルとリバウンドでも貢献。
3PTにファストブレイクのダンクと勢いをつけてくれ
チームに波が生まれました。

サドやんはハッスルに加えリムアタックを忘れず、
外からも援護。

ブルックスはタフショットが相変わらず得意な様子。

モンテは良いプレイもたくさんあったのですが、
終盤トラベリングと誰もいないところへの
パスという致命的なミス。勝てたから良かったものの
彼が落ち着いてくれないと困ります。

今日のGS戦は足を痛めたターナーまでも離脱。
相当厳しい試合となりそうです。

それにしてもティーグが早くも馴染んできましたかね。
動きも速く、パスもできる。延長が楽しみです。

不定期適当ニュース【NBA】

2014年06月23日 16:58

【怪我】
OKC ニック・コリソン 左膝の手術成功 復帰まで4-6週間

【噂話など】
NYK カーメロ・アンットニー オプトアウトでFAへ
   (NYKとの再契約も可能)
NYK アンドレア・バルニャーニ PO行使で12Mゲットへ
NYK アマレ・スタウダマイヤー PO行使で23.4Mゲットへ
MIA レブロン・ジェームズはマイケル・ビーズリーのバスケへの
   取り組み方に不満を持っていたとのこと
SAC ルディ・ゲイ PO行使で残留へ
GSW クレイ・トンプソンを出してでもケビン・ラブを狙うとか狙わないとか
    そこにLALの7位指名権が絡むとか絡まないとか。
DAL 「パウ・ガソルが欲しい」
CHI カーメロ獲りの噂の一方でアーロン・アフラロにも興味ありとのこと
   日本での別名、オフローロ氏は15-16シーズンがPOとなる残り2年15Mの契約
BKN ショウン・リビングストンとの再契約失敗に備えて
   CLEのジャレット・ジャックとのトレードを画策中
   対象はマーカス・ソーントン
LAC ダニー・グレンジャーは来季の1.3MのPOを行使するつもりはないが
   チームに残る事には興味がある様子


New