がっとぱんちは遠い過去へ - サンダー戦【NBA_Pacers】

2019年11月13日 14:23

今日はホームでサンダー戦。
ポール・ジョージさんがいなくなり、トレード相手として
バチバチやりあう理由が無くなってしまったサンダー。

クリス・ポールの巧さや、スティーブン・アダムスの強さを
見るシーンもありましたが、INDディフェンスにより
相手の良い所を多く出させない事に成功。

・ブログドンの多才な点の取り方
・ドマスのインサイドでの強さ
・ウォレンの安定したショット
・砲台として優秀なアーロンとそんな
 アーロンへの愛情表現を忘れないマコーネルの存在
・ちょいちょいカメラに抜かれてリアクションを披露するオラディポ

第3Q終盤、マコーネルがチームメイトを活かして点を取った後の
客を煽るシーンは今日一番の見所かもしれません。エース様もご満悦でした。

第4Q出だし、ディフェンスが素晴らしく、リードを広げていきます。
リーフのダンクに大盛り上がりのベンチ。
マコーネルも更にキレキレの動きを見せ、マクダーモットが3PTを
決めると天との交信をはじめるオラディポ。

毎試合の様に出るアーロンのテイクチャージ。
タフなレイアップもねじ込み、鉄砲玉アーロンとしての役割を
思い出していきます。
自分で打つだけでなく、ファストブレイクで走ってきたマクダーモットに
しっかりとパスを出しレイアップをお膳立て。決めたマクダーモットも
偉いですが、しっかり状況を判断しているアーロンも偉いです。

残り3分を切り、アーロンが2回目のテイクチャージを取った所で
本格的にガベージタイムへ。ボーウェンIIとミトロ君出場。
NAZ MITROU-LONG、ちょっと発音怪しいのでナズ君で良いですかね。

ドマス 18pts、16reb
ウォレン 23pts、3reb、3ast
ブログドン 20pts、6reb、5ast
アーロン 17pts、3reb、4ast

この2試合、TO無しでパーフェクトだったマコーネルが4TOでしたが、
6pts、6reb、3ast。マクダーモットの連続二桁得点は途絶え、
3PTも1/6と低迷しましたが、9pts、3reb。うまく連携を取って
点を取るシーンが目立ちました。

リーフは5点ながらブロックにダンクと見せ場を作り、
これを続けていければ、といった所。
アルゼイはリバウンドの強さを見せ、アンド1で3pts。

ジャスティンはFG0/6で不調の3ptsでしたが、ディフェンスではしっかりと。
6リバウンドも助かりました。

インサイド2枚とラムの欠場という本来厳しい状況の中
3連敗後、7勝1敗と素晴らしい切り返しを見せています。

次から対戦相手も厳しくなってくるので、どこまでこのペースで
いけるか分かりませんが、怪我人も戻って来れば十分チャンスはありそう。

オラディポもまさかのマッドアンツで調整をしていくそうで
焦る必要はありませんが、確実に復帰の日が近付いている事を実感。
調整というか練習しただけっぽいですね。

ゴガも早く見たいです。

OKC 85 - 111 IND

オクラホマシティ【NBA_Pacers】

2019年07月14日 09:11

今年のオフはトレードやFA移籍が多く、全く情報を終えていませんが、
サンダーが一気に解体となったきっかけの一つがジョージらしくて
何とも言えない感じです。

レナードに誘われてトレード要求そして実際にトレードという事
で合ってますかね?しっかりソース確認してないですけども。

トレード要求したジョージはなんでしょうね。
もう言うこともありませんが、サンダーとしては要求通りに
LACに送らなくても良い中で、一番メリットがあると感じたトレードに
踏み切ったということだと思うのできっかけを作ったのは
レナードであり、ジョージかもしれませんが、決断は球団が
している訳ですから外野がどうこういう必要もなさそうです。

チームを出たがっている高額サラリーマンを抱える方が
影響悪そうですしね。

そしてレナードとジョージの両獲りに成功したクリッパーズ。
そういうトレードを実行できるセットを見つけることができたのは
会心の一手でした。

が、レナードは年数も金額もマックスだと思っていたら
結局3年契約で、ジョージと同時にFAになれるんだとか。
それでも契約しないわけにはいかないでしょうし、
大成功とも呼べなくなっています。2年で結果出せばいいんですけどね。
なかなかプレッシャーのかかるシーズンが始まりそうです。

そしてサンダーはそれだけで終わらず、ウエストブルックまでもが
チームを去ることに。双方が望んだということみたいですが、
こんな形で契約残っている中でチームの象徴が出て行くことになるとは。

相手はロケッツのクリス・ポール。
CP3とハーデンの不仲説みたいなのもありましたし、
ハーデンとウエストブルックのコンビがまた見られるのは
NBAファンとしては楽しみですが、CP3やサンダーファンの心境を
考えると何とも。。。

この二つのビッグトレードでサンダーが得たもの

HOU Shai Gilgeous-Alexander
HOU Danilo Gallinari
HOU 2021年1巡目 (プロテクトなしvia MIA)
HOU 2022年1巡目 (プロテクトなし)
HOU 2023年1巡目 (プロテクト付きvia MIA)
HOU 2023年1巡目 (プロテクトなし交換権)
HOU 2024年1巡目 (プロテクトなし)
HOU 2025年1巡目 (プロテクトなし交換権)
HOU 2026年1巡目 (プロテクトなし)

OKC Chris Paul
OKC 2021年 (交換権)
OKC 2024年1巡目
OKC 2025年1巡目
OKC 2026年1巡目

Game75:vsサンダー【NBA_Pacers】

2019年03月28日 11:48

今日は苦手のアウェイでサンダー戦。
先日ホームで大逆転勝利を奪った相手だけに、
あちらさんも気合いが入っていたと思われます。

前半終了までは良い形で試合を進められていました。
オクラホマシティで育ったとも言えるドマスが
良い動きをみせ、ターナーもリバウンドをよく奪っていました。

が、後半に突然24-0のランと大ブレーキ。
ここでもう少し何とか出来ていればもうちょっと
違う展開が待っていたと思いますが、仕方ありません。

もしかしたら、という点差までは追いつけませんでしたが、
最後まで戦い抜くこのチームの良さが出ていたので
大丈夫でしょう。

ターナーが前半の勢いを後半に持ち越せなかったのは
残念でしたが、4ブロックで今シーズンのブロック王への
大きな一歩となっています。

後2試合残っているBOSとの直接対決が鍵になるかと思いますが、
次はそのボストンでの試合となります。

ボヤンがこの調子でいてくれる事を願います。

IND 99 - 107 OKC

Game69:vsサンダー【NBA_Pacers】

2019年03月15日 15:39

自分の中では既にポール・ジョージへのブーイング期間は終了。
会場内のファンも歓声とブーイングが入り交じった感じでした。

MVP候補に挙げられるようになった今シーズン。
ジョージは第2Qに本領発揮。隙を見ては3PTを沈め
サンダーのリードを広げていくのでありました。

最大18点のビハインドとなりましたが、第3Qに少し詰めると、
最後はCoJoのハーフラインからのブザービーターが決まり
88-81と7点差で第4Qを迎える事になりました。

第4Q残り5分39秒、ドマスが2本のFTを決めて6点差に迫った所で
ジョージの3PTが決まります。若干心が折れるシーンですが、
マシューズとボヤンの連続3PTが決まり99-96。
今度はジョージが3PTを外し、DCが決めて遂に1点差。
よくここまで頑張りました。

タイムアウト明け、ウエストブルックに決められますが、
シュルーダーの手がドマスの顔をヒットしたことでフレグラント。
FTとポゼッションを手にします。

今日のドマスはノエル相手にポストで無双したり、
FTをしっかり決める活躍でここもしっかり2本決めました。

マシューズとウエストブルックが共に外した後、
ボヤンからのパスを受けたターナーがダンクを決めて遂に逆転。
更にボヤンのドライブで相手ディフェンスのコミュニケーションミスから
ガラ空きとなりレイアップを決めて101-104と3点リードとなりました。

が、ここで終わらせてくれないジョージ。
3PTを決め同点にすると、ファウルを貰ってFT2本決めてOKCが2点リード。

この試合、インサイドを支配してきたドマスがここでも
上手いポストプレイで同点に追いつきます。
トレード対象者同士のやりあい。オラディポがいない為、
ドマスが一人で立ち向かいましたが、今日は見事に結果を残しました。

その後お互いにパスミスというちょっと気の抜けた展開となりました。
タイムアウト明け、ボヤンが放ったミドルは外れましたが、
マシューズがリバウンドをとり、そのままねじ込みました。

残り1.8秒を残して再逆転。
シュートを打つには十分な時間を残してしまいましたがビッグプレイ。

最後のOKCのオフェンスはウエストブルックの3PTでしたが、
これが外れてくれてなんとか勝利。
旅立ったジョージの成長を見る事が出来て、チームは勝利。
最高の試合となりました。

ドマスはチームハイの26ポイント。内12点がFTによるもので
良くインサイドを攻めてくれました。
ターナーもポイントは10点でしたが、スクリーンで身体を張ったり
数字に出ない所でも頑張ってくれました。

そしてこの試合、最後Thadが出ていませんが、
ターナーとドマスのプレイを見た本人が
マクミランに「このままいこう」と伝えたとの事。

期待に応えた二人はもちろんですが、
リーダーとして的確な状況判断をしたThad。
どこまで格好いいのでしょうかこの人は。

本当にみんな残したまままた来シーズンを戦いたいです。

OKC 106 - 108 IND

ひと味違うポール・ジョージ【NBA】

2019年01月23日 14:06

開幕から一桁得点で終わった試合はなく、
30点オーバーを連発、12月には2試合連続43点
ここ3試合連続30点オーバーと契約延長で安心したのか
高レベルで安定したプレイを見せているようです。

平均得点もこれまでの最高は16-17シーズンの23.7でしたが、
今シーズンは26.8ptsへと上げ、リバウンドも7.9のキャリアハイペース、
スティールも過去最高の平均2.3と成長しています。

先日は勝利をもぎ取るクラッチ4ポイントプレイを決め、
我々の知っていたポール・ジョージはもういないようです。

やはりウエストブルックには人に何かを与える力があるのかも
しれません。デュラント、ハーデンを始め、1年しか一緒にいなかった
オラディポでさえ、ウエストブルックの姿勢から学ぶことは
多かったようですし、偶然とは思えません。

ドマスもルーキーシーズンの多くの時間をスターターとして
出場してきた中で得るものは多かったかもしれません。

今は6thマンとしてどっしり構えて貰っていますが、
あのルーキーシーズンの過ごし方ってドマスにとっては
財産だったのかなと感じます。全ドマスファンはOKCに感謝してると思います。

ジョージがインディアナでの試合でのブーイングを
覚悟してるみたいな発言をしていましたが、現地のINDファンももう
ブーイングなしで、自分達の応援だけに力を入れて貰いたいです。

トレードの対価に満足しているというのももちろんありますが、
更にもう一段階上に行った感じのあるジョージにブーイングしたところで
何の意味もない気がします。オラディポとドマスが来てくれただけで
もう過去のあれこれはどうでも良くなっています。

といっても、ジョージ自身が妙な発言をしたりするんですよね・・・
お互いに変な意識を止められたら最高です。

柱譲二節【NBA】

2018年07月04日 09:00

オクラホマシティ・サンダーと4年137Mで延長し、
男を上げたとも言われていたポール・ジョージ氏。
黙っていればいいのにということを今も繰り返しているようで。

「そりゃもうプンプンよ。レイカーネイションも
ボクちゃんに来て欲しいと思ってると信じてたんだから。
去年はLAに行きたいと思ってたのに
ここにトレードされちゃったんだよ。レイカーズが
ボクちゃんを奪いに来てくれなかった訳。
でもそれがボクちゃんにとっては良かったのかもね。」

ここからはサンダーとオクラホマシティの皆さんの
ジョージへの愛ある対応でジョージの心を掴んだお話。
これはまぎれもない事実ですが、せっかく仲間が最高だって
言って延長したのにこれ話さなくても良くない?

正直自分にはレイカーズを見限ったのが去年の時点なのか
今年のオフなのかが分かりません。分かろうとする
必要もないのですが、レイカーズにとってもサンダーに
とってもこれで良かったのかもしれませんね。

Game5-元エースのいるサンダー戦【NBA_Pacers】

2017年10月26日 12:41

ミネソタからオクラホマシティへ移動して連戦。
今日はポール・ジョージとの対戦、そしてオラディポとドマスの
凱旋試合でした。

ターナーが今日もお休みの為、元サンダーの二人がスターターとして出場。
選手紹介の際には大声援を貰っていました。そしてOKCの選手紹介で
最後に呼ばれたのはジョージ。これ普段はウエストブルックなのですかね?
今日だけ入れ替えだとしたらサンダーは良い演出してくれました。

が、気負いすぎたのかファウルトラブルの末のファウルアウト。
メンタル弱い事もありますが、サンダーファンは君を見捨てたりしないだろうし
今後も頑張ってね。次のインディアナでの試合も活躍はしないように。

一方でインディアナに来たオラディポ様はエース街道まっしぐら。
FG11/18の35pts、5rebと疲れ知らず。
DCとサドやんも頑張ってくれましたが、ボヤンは昨日の反動かFG0本。
ドマスはファウルトラブルで、FGも1/9でしたが19分の出場で11reb。
ここ数年抱えていたリバウンド問題はドマスが答えかもしれません。

昨日と比べるとみんな大人しい結果となりましたが、(新エース様とDC以外)
アニボグ君に出場機会が与えられたのは良かったです。
たった2分でしたが、先輩13番へ新13番をお披露目できました。

IND 96 - 114 OKC


New