ヴォーゲル凱旋のマジック戦【NBA_Pacers】

2016年11月15日 11:56

恩師フランク・ヴォーゲルとの対戦。
試合前のイントロでヴォーゲルには暖かい拍手が送られていて安心。

開始直前にもポール、モンテ、ターナーはマジックベンチへ
ハグしにヴォーゲルの元へ。これだけで満足しそうな今日の試合。

でしたが、ORLは1/11というシュートスランプの中、
アドバンテージを奪えないペイサーズ。
相手は連戦で移動してきてるのに恥ずかしい。

ベンチからCJが3PTやらスティールからのダンクやらで
追い上げてくれ、ディフェンスがイマイチなアルジェファに変わって
出てきたセラフィンのおかげなのか、失点だけは止まりました。
オフェンスも止まっているのでリードを奪えず泥仕合でしたが、
前半は何とかリードして終えることができました。

ポールはシュートが全く入らず、アシストで貢献してくれましたが
笛も吹かれないのでフラストレーションが心配でした。


後半、ようやくリードを奪うことに成功し、疲れの残るORLは
調子の上がらないまま。INDは伏兵セラフィンのかゆい所に手が届く
活躍もあり、逃げ切りに成功しました。

ポールはあまり笛を貰えませんでしたが、ティーグと共によく
切り込みました。

今日は相手の不調に助けられましたが、セラフィンは
良かったですね。ベンチに戻ったCJも16点とゲームハイ。

ポールのシュートは決まりませんでしたが、13点、6リバウンド、5アシストと
チームメイトを活かして貢献。ターナーは序盤のファウルトラブルが響き、
後半はセラフィン様々だった為、出番が少なく、9点7リバウンドに終わりましたが
ベンチに戻るセラフィンを熱く歓迎していました。

ORL 69 - 88 IND

3勝4敗同士のマジック戦【NBA_Pacers】

2015年11月11日 19:56

この試合からマイルズがスターター復帰、そしてスタッキーも戻ってきました。
一方のマジックはヴーチェヴィッチを欠いてのゲームとなりました。

第1Q、ポールが絶好調でFG6/9,FT5/5でチーム25点の内、19点を獲得。
マヒンミも難しいレイアップを決める等しますが、ダンヒルの2点の他は
無得点となりました。

スタッキーがドライブで点を決めたり、ディフェンスで思いっきり走るなか、
痛めていた右足首を再度捻るというアクシデント。
また当分離れることになるかと思いましたが、後半には戻ってきました。

試合を通してヒルの3PTが絶好調、そしてチェイス・バディンガーが
インディアナに来て始めて活躍をみせました。
ルーキーのパイナップルターナーは10点を取りましたが、フライおじさんを
フリーにしてしまうディフェンスは良くありませんでしたね。
4/9で沈められてしまいました。

ポールは結局27点、4リバウンド、7アシストで終了。6TOは多すぎました。
ヒルが23点、7リバウンドとG2ZONEの日でした。

ORL 84 - 97 IND

結果のみ - Game16-18 vsマジック、@キャヴス、@サンズ【NBA_Pacers】

2014年12月04日 10:51

ここ3試合の結果をまとめて。
ORL 83 - 98 IND 18165
IND 97 - 109 CLE 20562
IND 99 - 116 PHX 15059

マジック戦からウエストが復帰し、8/17で18点。スタッキーも24点。
リバウンドを53-32と圧倒して勝利。昨年オラディポにやられたので
ここで勝ててよかった。これ以上苦手チームを作りたくない。

キャブス戦はラヴにやられたようで。
カイリー24pts-10reb、ラヴ28pts-10reb、レブロン19pts-7astと
これだけやられてますが、実はトリスタン・トンプソンの13pts-11rebが
地味に痛かったそうです。

サンズ戦は前半良く戦っていましたが、最後に2点差まで詰められ、
後半走られるという予想通りのパターンでした。
グリーンはそろそろIND戦で大人しくしていてくれないだろうか。
ドラギッチ34ptsとブレッドソー27ptsのバックコートコンビに完敗。
後はプラムリーにオフェンスリバウンドを取られすぎ。

この試合から4試合振りにヒバートが復帰。
15pts-10rebと成績だけをみれば上出来だがそのままの評価は難しい。
マイルズが初と言っても良い好調を見せ、今後に期待。
ベンチからワトソンが14pts-7astというのは好材料。
本来であればワトソンがスターターでスローンがベンチに戻るはずだったと思うけど、
思いの外スローンが頑張って来たのでワトソンは本来の役割であるセカンドユニットへ。

対サンズ戦はここ10試合で2勝8敗、19試合で4勝15敗とATL並に苦手な相手のようです。

2014FA解禁直前【NBA】

2014年07月01日 10:15

オフシーズンのドラフトの次の楽しみ、FA解禁があと数時間後に
迫っております。
QOを提示された選手、されなかった選手も明かになってきておりますね。
噂レベルのものも交じっているかもしれませんが
取りあえず拾っていこうと思います。

【解雇】
ORL ジャミーア・ネルソン、ドロン・ラム 

【契約】
ORL ウィリー・グリーン LACからウェイヴされたグリーンを獲得

【QO提示】
ATL シェルヴィン・マック
ATL マイク・絵文字・スコット

【QOなし】
NOP ダリウス・ミラー
MIL エクペ・ユドー
GSW ジョーダン・クロフォード
LAL ケント・ベイズモア
MEM エド・デイビス

【願望】
NBA ジョーイ・クロフォードを追放

Game82 @マジック【NBA_Pacers】

2014年04月17日 12:52

レギュラーシーズン最終戦は開幕戦の相手でもあるオーランド・マジック。
ペイサーズは1位通過を決めているため、ランス・スティーブンソン、ポール・ジョージ
デビッド・ウエストがお休みとなりました。

INDは11-12シーズンはロックアウトで66試合、そして昨シーズンは
ボストンマラソンの影響で@BOSの試合が中止となり81試合でしたので、
3シーズン振りの82試合を消化しました。

ジョージ・ヒルとロイ・ヒバートは前半のみ出場。
ヒバートは相変わらずFGが低迷していますが、リバウンドとディフェンスは
それなりに存在感を示していました。

ラスール・バトラーがシーズンハイの19点でディフェンスを抜いての
ボースハンドダンクもあり、ベンチのチームメイトを湧かせていました。
試合後のインタビューではランスに水をかけられるお馴染みのお邪魔。
FG8/13と素晴らしかったです。

スターターとして出場したルイス・スコラは24分で10pts-8reb-4ast。
変なヘッドバンドの付け方をしていたエバン・ターナーは
14pts-8reb-6astと安定感がありました。

ルーキーのソロモン・ヒルは第1Q終了時に3PTブザービーターを決め、
5pts-5reb。恐らくプレイオフでは出番がないでしょうから実質シーズン終了ですかね。

そしてクリス・コープランド。プレイオフでも時間を与えてみる価値はありそうな
3PT5/11の19pts。ディフェンスに関しては良い部分も悪い部分もありますが、
ダブルチームに来られがちなヒバートとのセットでコーナーに彼を置くのは
面白いかもしれません。ヒバートがパスを出せればですが。

ドナルド・スローンもワトソンの不在を感じさせない13pts-4reb-3astの活躍。
ドライブに勢いがありました。

ラボイ・アレンはそれほど目立った印象は無かったのですが、
12pts-11reb-3astとダブルダブルを達成。案外プレイオフで
重要な役割を果たすかもしれません。

前回活躍されたオラディポはプレイタイムも少なく、4ptsで終了でした。

IND 101 - 86 ORL 18846

Game50 @マジック【NBA_Pacers】

2014年02月10日 11:30

IND 92 - 93 ORL 16366

13-14シーズン Rookie of the year
 ビクター・オラディポ
[Game50 @マジック【NBA_Pacers】]の続きを読む

Game47 vsマジック【NBA_Pacers】

2014年02月04日 12:38

今シーズンの開幕戦カード、ビクター・オラディポの2回目となるインディアナ凱旋でしたが、
久しぶりにペイサーズがディフェンス力を見せて圧勝となりました。

前半はORLのシュートが好調で、FG.500、3PT.677でしたが、
INDはシュートの確立は下回るものの、FTで着実に点をとり、50-59で
折り返しました。第1Q終了時にはポールが3PTでのファウルを貰い、
3本の3PTを打ちましたが、確認の為にジョーイ・クロフォードが
モニターチェックに行った際、実況のクイン・バックナーが「行くな行くな」と
言っていました。今日は荒れるジャッジはありませんでしたが、
彼への恐怖心は全世界共通のようです。

後半、INDはシュートが全く入らなくなり、ブーチェビッチのアンドワンで
1点差に迫られそうになりますが、FTをミスして58-60。ORLにとっては
この1点を詰められなかったのが命取りになりました。

第3Qも6分を過ぎた所で、ランスがタフなレイアップを決め、このQ初の
FGを決めるとファウルも貰ってアンド1。58-63とすると、アフラロが
3PTを外し、INDはオフェンスリバウンドからポールが3PTを沈め58-66。
ここで少しオフェンスも停滞しますが、ダニーが3PTとジャンパーを決め、
更にチャージングを獲られたアフラロがテクニカルでFT1本追加。
63-75と一気にたたみかけることに成功しました。

第4Qはランス以外のスターターはほぼお休み。マヒンミが肩を痛めた時に
少しヒバートが出ましたが、1分半でコープランドと交代。
今日はベンチの活躍がすさまじく、ダニーとワトソンがやってくれました。

全体的にボールの動きも良かったですし、明日は苦手なアトランタでの試合。
移動付きの連戦はハードですが、スターターが休めたのは良かったですね。

ポールのシュートは相変わらず精度が低いですが、今日は良い部分で3PTも決めましたし、
最後は全く出る必要が無かったのでスタッツ的にもランス以外のスターターは
少し寂しいですが問題ありません。ヒルの1/8はちょっと気になりますが。

ダニーがチームハイの16pts、スコラとワトソンもベンチから二桁得点。
特にダニーは+26と攻守に渡って頑張ってくれました。ワトソンとマヒンミも+23。

前半だけで18点を獲ったアフラロでしたが、後半は2点止まり。
彼を抑えられたのが大きかったです。

ORL 79 - 98 IND 16266


New