ゴガのいない日々 - マジック戦【NBA_Pacers】

2019年11月11日 12:32

No Lamb、No Turner、No Gogaという厳しいロスター状況が
続きますが、今日もブログドン、アーロン、ウォレン、ジャカー、ドマスという
布陣でマジックに挑みました。

ブーチェビッチとゴードンに2枚看板に加え、ワールドカップでも好調だった
フォーニエ、そしてINDの天敵テレンス・ロスがいる為、苦労する事になるだろうと
思いましたが、立ち上がりはまさに苦戦。ORLの3PTが絶好調で二桁リードを許しました。

しかし、3PTを決められている割には絶望的な展開に陥るまででもなく。
相手の3PTさえ落ちてくればなんとかなるかも、という内容でした。

ハーフタイムでダン・バーグACの説教があったらしく、
後半開始から点を重ね逆転に成功するIND。
ORLもチームとして3PTを打ってくるのですが、序盤の高確率を
キープする事はできず、落ち始めるとINDペースになりました。
インサイド2枚を使ってゴリゴリやられた方が脅威に感じるので
そこを徹底的に突いて来なかったのはラッキーでした。

終盤にORLの3PTがまた決まりはじめ、安心しての勝利とは
なりませんでしたが、チームプレイで確実に点を取り続けたINDが勝利。

点を取るバランスが本当に素晴らしいこの頃の試合です。

ドマス 21pts 16reb 7ast
ウォレン 19pts
ブログドン 19pts 6reb 8ast
アーロン 11pts 3ast
マクダーモット 18pts 6reb
マコーネル 12pts 3reb 8ast

少し前にマコーネルと周りの連携が心配と書きましたが、
ドマスを中心としてかなり良いコンビネーションを見せるように
なってきました。マクダーモットも良く動きますし、マコーネル自身が
ロングシュートはなくてもアタックしてからのミドルを良く決めてくれます。

インサイド不足なのでどうしてもドマスのプレイタイムが長くなってしまいますが、
マコーネルが安定してくれているのでブログドンを29分の出場に抑える事が
できました。

アルゼイも10分だけでしたが、リバウンドで持ち味を出してくれましたし、
兄デーも5点ながらアーロン・ゴードンをしっかり抑えるディフェンスを見せ、
相変わらず頼りになる兄ちゃんでいてくれています。

ドマスもまだふくらはぎの状態が完璧ではないらしいので、
そろそろターナーがゴガのどちらかにでも戻って来て貰わないと。

IND 109 - 102 ORL

Day 1【NBA 18-19 Playoffs】

2019年04月14日 09:35

18−19シーズンのプレイオフ初戦が始まりました。
休みという事もあり、イースタンの2試合を観戦。
ずっとしっかりと観ていた訳でもありませんが、
早起きしたかいのある2試合となりました。

BKN 111 - 102 PHI
 エンビードがインサイドを支配し、ジャレット・アレンが早々に2ファウル。
 エンビードがベンチで休んでいてもそのままアレンを出し続け、
 第1Qで3ファウルになり、どう影響するのかと思いましたが
 ネッツのベンチ陣の頼もしさが出た試合となりました。
 ディンウィディー 18pts、ラバート 23pts
 そしてエド・デイビスが12pts、16rebの大活躍。
 出だしは苦しんだラッセルも終わってみれば26ptsとエースっぷりを発揮。

 一方のシクサーズはレディックとベン・シモンズが空気。
 トバイアスも目立つ事なく、バトラーが36pts、9rebと
 彼が出ていた時間は追い上げたりしていましたが、
 勝ちにはつながらず。ボバンが調子良く、エンビードを休ませる事が
 出来ましたが、スターター5人ががっちり噛み合う、というところは
 見ることができず。

 3PTがBKNが42%、PHIが12%とここで大きな差がつきました。
 次の試合でレディックが通常運転になるだけでも
 変わると思いますし、BKNもこのまま勢いを落とさずに
 戦うことができたら面白くなりそうなシリーズです。

ORL 104 - 101 TOR
 IND戦でいつも活躍するテレンス・ロスに注目していましたが、
 シュートは不調で10pts。ダブルダブル連発のブーチェビッチも
 11pts、8rebとスタッツ上は目立たず。
 
 TORはシアカムが24pts、レナードがクラッチタイムに
 ビッグショットを決める25pts、ベンチからバンブリートが
 14ptsと活躍。

 終盤まで競り続け、ゴードンのナイスディフェンスの上から
 決めるレナードで逆転したTORでしたが、最後はオーガスティンに
 決められて敗戦。マジックが見事初戦を取りました。
 オーガスティンはFG 9/13の25pts。
 素晴らしいクラッチショットでした。

Game77:vsマジック【NBA_Pacers】

2019年03月31日 11:02

ボストンからホームへ移動してのマジック戦。
前半は互角の戦い。第3Qに3PTが良く決まり
、 リードを広げましたが、マジックがMCWを出してきた頃を
きっかけにオフェンスが手詰まり、ディフェンスも崩壊し、
リードを奪われたまま終盤へ。

そのまま打開することができずに痛い敗戦。
ネッツがセルティックスを破っていてくれたため、
ゲーム差は変わりませんでしたが、勝っておきたいゲームでした。

それにしてもマジック戦で毎回やられるテレンス・ロス。
今日は16点でしたが、後半の連続3PTでやられました。

INDもひどかった訳ではありませんでしたが、
相変わらず落とすFT(11/17)
TOの差IND:15、ORL:7
そして何よりもORLの勝利への執念がINDのそれを
上回った感じだったかもしれません。

次はホーム&アウェイでDET戦、そしてホームでBOS戦と
続きます。

ORL 121 - 116 IND

Game64:vsマジック【NBA_Pacers】

2019年03月03日 11:22

敗因:リバウンド、テレンス・ロス

ORL 117 - 112 IND

Game51:vsマジック【NBA_Pacers】

2019年02月01日 11:22

ワシントンからオーランドへ移動して連戦のマジック戦。
スターターをサムナーからCoJoに変え、昨日よりは
良い戦いができた感じがします。

しかしドマスのスランプが続き、ベンチ全員で16点。
今までのドマスであれば一人で稼げた得点でした。
彼が通常運転であれば勝機はあったかと思います。

出だしから0-11のランを食らった時はまたか、と思いましたが、
すぐに13-13に追いつけたのは見ていて楽しかったです。
その後またリードを広げられていきましたが、前半終了時には
3点差に迫り、第3Qには逆転に成功しましたが、ここ一番で
決めきれず。連戦で30分オーバーというのも厳しかったかもしれません。

CoJoが37分は良いゲームプランとは思えませんし。
ターナーが27pts、7reb、DCが16pts、10ast
ボヤンも3PTは1/5ながら21ptsでした。

最近相手のベンチメンバーに爆発されてしまうことが
多い気がしますが、今日はテレンス・ロスに3PT5/8で30ptsを
奪われました。ローテーションが崩れてる時点でディフェンスも
難しくなってると思いますが、元INDのオーガスティンにも
20ptsを取られ敗戦。

オラディポの病室に寄ることができれば何かが変わるかもしれませんが、
その時間は取れるのでしょうか。
次は1日空けてヒート戦です。

IND 100 - 107 ORL

Game25:vsマジック【NBA_Pacers】

2018年12月08日 12:39

オラディポが欠場、マジックにドラフトされたドマスは
食中毒で試合に出られず。元マジックの二人がいないなか、
オーランドでの試合。

もう一人元マジックがいるのを忘れてはいけませんでした。

元々ボーギーのチームだったかの様に点を重ねて行くエース代理。
ターナーもよくシュートを決めていましたが、ファウルトラブルで
21分しか出場せず。ドマスがいないなかでフロントコートどうするかと
おもいきやチームを救ったのは元マジックのカイル・オクイン。
彼が試合を決めたとかいう訳ではありませんが、12pts、10rebと
久しぶりに試合に出たにも関わらず見事にドマスの代役を
こなします。最初はシュートが入らず不安でしたが、慣れ親しんだ
会場なのか、徐々に調子を上げて行きました。

久しぶりにプレイタイムをもらったリーフは16分出場で
8pts、6reb。オフェンシブリバウンド3個とは見事。

ドマス欠場でいつもより気合いが入っていたのがジョセフ。
いつもはあまりやらない様なドリブルでの個人技からの
ショットなど、ドマスへ捧げる15pts。
さすが互助精神の先駆者。

リバウンドも53-47と競り勝ち、TOも9まで減らせました。
Thadは3ポイント2本で14ptsでしたが、一番の見せ場は
アーロン・ゴードンへのディフェンスだったかもしれません。

トータルで20点は取られましたが、終盤の
あるポゼッションのディフェンスは凄まじかったです。
ペイントへの侵入を許さず外へ押し出したあのディフェンス。
彼もまた復調間近かもしれません。

じっくり映像を見ていた訳ではないので
夜にでもまた見直そうかと思います。

IND 112 - 90 ORL

ヴォーゲル凱旋のマジック戦【NBA_Pacers】

2016年11月15日 11:56

恩師フランク・ヴォーゲルとの対戦。
試合前のイントロでヴォーゲルには暖かい拍手が送られていて安心。

開始直前にもポール、モンテ、ターナーはマジックベンチへ
ハグしにヴォーゲルの元へ。これだけで満足しそうな今日の試合。

でしたが、ORLは1/11というシュートスランプの中、
アドバンテージを奪えないペイサーズ。
相手は連戦で移動してきてるのに恥ずかしい。

ベンチからCJが3PTやらスティールからのダンクやらで
追い上げてくれ、ディフェンスがイマイチなアルジェファに変わって
出てきたセラフィンのおかげなのか、失点だけは止まりました。
オフェンスも止まっているのでリードを奪えず泥仕合でしたが、
前半は何とかリードして終えることができました。

ポールはシュートが全く入らず、アシストで貢献してくれましたが
笛も吹かれないのでフラストレーションが心配でした。


後半、ようやくリードを奪うことに成功し、疲れの残るORLは
調子の上がらないまま。INDは伏兵セラフィンのかゆい所に手が届く
活躍もあり、逃げ切りに成功しました。

ポールはあまり笛を貰えませんでしたが、ティーグと共によく
切り込みました。

今日は相手の不調に助けられましたが、セラフィンは
良かったですね。ベンチに戻ったCJも16点とゲームハイ。

ポールのシュートは決まりませんでしたが、13点、6リバウンド、5アシストと
チームメイトを活かして貢献。ターナーは序盤のファウルトラブルが響き、
後半はセラフィン様々だった為、出番が少なく、9点7リバウンドに終わりましたが
ベンチに戻るセラフィンを熱く歓迎していました。

ORL 69 - 88 IND


New