Day 1【NBA 18-19 Playoffs】

2019年04月14日 09:35

18−19シーズンのプレイオフ初戦が始まりました。
休みという事もあり、イースタンの2試合を観戦。
ずっとしっかりと観ていた訳でもありませんが、
早起きしたかいのある2試合となりました。

BKN 111 - 102 PHI
 エンビードがインサイドを支配し、ジャレット・アレンが早々に2ファウル。
 エンビードがベンチで休んでいてもそのままアレンを出し続け、
 第1Qで3ファウルになり、どう影響するのかと思いましたが
 ネッツのベンチ陣の頼もしさが出た試合となりました。
 ディンウィディー 18pts、ラバート 23pts
 そしてエド・デイビスが12pts、16rebの大活躍。
 出だしは苦しんだラッセルも終わってみれば26ptsとエースっぷりを発揮。

 一方のシクサーズはレディックとベン・シモンズが空気。
 トバイアスも目立つ事なく、バトラーが36pts、9rebと
 彼が出ていた時間は追い上げたりしていましたが、
 勝ちにはつながらず。ボバンが調子良く、エンビードを休ませる事が
 出来ましたが、スターター5人ががっちり噛み合う、というところは
 見ることができず。

 3PTがBKNが42%、PHIが12%とここで大きな差がつきました。
 次の試合でレディックが通常運転になるだけでも
 変わると思いますし、BKNもこのまま勢いを落とさずに
 戦うことができたら面白くなりそうなシリーズです。

ORL 104 - 101 TOR
 IND戦でいつも活躍するテレンス・ロスに注目していましたが、
 シュートは不調で10pts。ダブルダブル連発のブーチェビッチも
 11pts、8rebとスタッツ上は目立たず。
 
 TORはシアカムが24pts、レナードがクラッチタイムに
 ビッグショットを決める25pts、ベンチからバンブリートが
 14ptsと活躍。

 終盤まで競り続け、ゴードンのナイスディフェンスの上から
 決めるレナードで逆転したTORでしたが、最後はオーガスティンに
 決められて敗戦。マジックが見事初戦を取りました。
 オーガスティンはFG 9/13の25pts。
 素晴らしいクラッチショットでした。

Game67:vs76ers【NBA_Pacers】

2019年03月12日 12:31

ペイサーズはドマスが復帰しましたが、
シクサーズもエンビードが復帰してしまいました。
タイミングの悪さ、というかPHIも上位を狙う為に
ここで復活させたのでしょう。

相手に本気を出させるIND偉い(違う)

前半は良い感じだったようですが、第3Qに崩れ、
そのままズルズルとという事みたいですね。
最近全く試合を観ることができていないので、
敢えて負け試合を観戦することもないかもしれません。

ドマスはまだ足痛いみたいなので
あまり無理をさせずにプレイオフまでに完治してほしいです。

IND 89 - 106 PHI

Game44:vs 76ers【NBA_Pacers】

2019年01月18日 11:26

TNT放送でレジー・ミラーが解説席に座るという、
今日のお客さんはラッキーだったシクサーズ戦。

腰痛で辛そうだったエンビードにインサイドを制され、
前回不在だったバトラーに好き放題やられ、
レディックが6/9、マスからが3/4で3PTを決め、
レジーが会場にいた事以外見所がなかったと言っても
過言ではない程やられました。

オラディポは第2Qに入ってシクサーズに先行されてから
3PTを2本決めましたが、あれが第1Qで入っていれば
もう少し違った展開に持って行けたかもしれません。

スタートだけは良かったのですが、第1Q中に追い抜かれ、
第2Qは何とか粘っていましたが、後半は最終的に
突き放されてしまうという元気のないゲームとなりました。

Thadが27ptsと奮闘しましたが、彼がチームハイというのは
チームの本来のプランではないはず。オラディポ15点、
タイリーク13点で二桁得点は3人のみ。

リバウンドが取れず、TOは12とそれほど多くはありませんでしたが、
FGが4割、3PTが3割と決めきれず。PHIには両方とも5割越えで
決められてしまいました。

プレイオフ争いをする上でホームでは負けてはいけない試合でしたが、
完敗でした。マクダーモットには憧れのレジーの前での試合で、
2点に終わり残念。バトラーが出ている時間帯にアルゼイを出して
相手を惑わせる作戦もなく。

PHI 120 - 96 IND

Game29:vsシクサーズ【NBA_Pacers】

2018年12月16日 12:06

オラディポ復帰のMIL戦の次はPHIという東の強敵との
試合が続いたペイサーズ。

いきなり10-0のランを食らい、その後もエンビードに試合を試合されますが、
この日のセカンドユニットはとても頼りになり、なんとか耐えてくれました。
エンビードのいない時間になんとか追いつくという感じではありましたが、
ターナーとオラディポは前半仕事をさせて貰えず。

10点ビハインドで迎えた第3Q、INDのディフェンスがよくなり、
点差を縮めて行くと、オラディポのドライブからキックアウトでターナーの3PT、
直後にブロックと仕事をし始めます。
ターナーはファウルトラブルもあり、相当イライラしていて、
8pts、5rebで17分の出場で終わりましたが、
この流れを作ったのはとても良かったです。

その後逆転しますが、レディックの3PTで69-72と再逆転されます。
更にエンビードにオフェンスリバウンドから得点を決められ、
5点ビハインドになりますが、ボーギーが冷静にレイアップを決め、
更に3PTを沈めて74-74の同点としました。

PHIは当たり前のようにレディックが決めてきましたが、
こちらはボーギーが自信を持って3PTを打っていました。
これはオラディポの不在時に得た自信かもしれません。

そのボーギーがさらにもう一本の3PTを決めて3点リード。
すぐに追いつかれますが、今度はジョセフがうまいショットを決めて
ブレット・ブラウンHCのテクニカルをボーギーが決めて80-77で第3Q終了。
このQを31-18で逆転に成功しました。

第4Qは何度も突き放しにかかりますが、その度にレディックが
決めて来て、残り6分15秒時点で90-89と接戦。

すると眠っていたオラディポがミドルを決めます。
お互いにシュートを外した後、シモンズのFTが1/2で92-90。
更オラディポが1本のミドルを決め、Thadのポストオフェンスで
外から入って来たサボニスが合わせて技ありのレイアップで6点リード。

PHIのタイムアウト明け、シモンズがオフェンスファウルで
INDポゼッションとなります。ここでこの試合既にオフェンスリバウンドや
タフなディフェンスでファンを惚れさせていたThadが
ファウルを貰いながらレイアップを決めて3ポイントプレイで99-90。

残り4分強で3レディックで追いつかれてしまうので安心できませんでしたが、
エンビードのFTで99-92。オラディポが3PTを決めますが、
ここでもThadがリバウンドをとり、それがボーギーの3PTへと
繋がりました。コークマズという謎のプレイヤーに3PTを返され102-95。

INDのタイムアウト明け、オラディポのミドルでま9点差へ。
エンビードがFTとオフェンスリバウンドからのチップインで4点取られますが、
こちらもThadのミスショットをドマスがチップイン。

更にThadがシモンズがからテイクチャージで、オラディポからの
キラーパスを受けてThadがレイアップ。PHIのターンオーバーの
後、またしてもオラディポからのハイライトパスを受けてThadが
レイアップを決めて110-99。このターンオーバーもThadの
ハッスルによるものでした。

最後にオラディポのスティールから
ジョセフのとどめの3PTで試合を決定づけました。

とにかくThadがすばらしかったこの試合でしたが、
クラッチタイムに3本のミドルを決め、2本の素晴らしいアシストをした
オラディポはさすがでした。

これまでオラディポが点を取るしかなかった時間帯で、
ボーギーやThadが点を取り、それをお膳立てできるエースが
いるというのは心強いです。

今日はジミー・バトラーが欠場という事もあり、
次も同じ様にとはいかないと思いますが、
ヤニスを止め、PHI相手にいじめ抜いたサディアス・ヤング。
プレイヤーオブザウィークを受賞してもおかしくありませんが、
リーグはこういった縁の下の力持ちに目を向けているでしょうか。

既に縁の下では隠れきれずに、この試合ではチームハイの26ptsでした。
ターナーの不調をベンチからドマスが14pts、16rebで支えていたり、
DCも引き続き10アシストとfor the Team精神で頑張ってくれています。

エンビードには40pts、21rebとやられましたので
次はもうちょっと大人しくさせたいですね。

IND 113 - 101 PHI

レヴァートの怪我とかメロとかジミーちゃんの事【NBA】

2018年11月13日 13:58

4日間もペイサーズの試合がない為、他のチームにも目を向けてみたいと
思いましたが、嬉しくないニュースが舞い込んできました。

レヴァートの怪我
ネッツのカリス・レヴァートが今日のミネソタ戦で深刻な怪我を負ったとの事。
映像は見ていませんが、ヘイワードと同類の怪我という事で、今後も映像は探しません。

レヴァートはINDがピックしましたが、Thadとのトレードでネッツへ。
その後も何となく気にはしていましたが、今シーズンは平均得点を12.1から19まで
上げて順調に成長を遂げている所でした。

泣きそうなチームメイトや、顔を下げる者、タオルで顔を隠す者、
敵味方関係無く、非常に悲しい空間となっていました。
最後まで試合を戦い抜いた両チームの皆様、お疲れ様でした。

カーメロの動向
既にロケッツとしての最後の試合を終えたと言われているカーメロ・アンソニー。
スターターに拘っていた彼が新天地ロケッツでベンチを受け入れたと思ったら
10試合でそれも終わってしまったようです。どちらの言い分でこうなったかまで
調べていませんが、負け先行で始まったシーズンとは言え、優勝を狙えるチームにいても
こうだと彼を獲得したいと思うチームは出てこないかもしれません。

ジミーちゃんはフィットするのか
シクサーズへ移籍する事となったジミー・バトラー。
エンビード、シモンズがいて3PT職人のレディックもいます。
クラッチに強いとは言え、ちょっと癖の強い人のイメージが付いてしまった
ジミーちゃんにラストショットを打つチャンスは回ってくるのか。
自分がボールを保持してラストショットを打った時にチームメイトや
ファンが納得してくれるのか。本人も元々そのつもりしかないでしょうけど、
結果を出す他ありません。せっかく西へ行ったのに東に戻って来なくても
良かったのに。IND的にはあまり相性良くない選手なのでシクサーズが
更に苦手になってかもしれません。

Game12:vsシクサーズ【NBA_Pacers】

2018年11月08日 12:52

東のプレイオフ争いをする上で
ホームでは勝っておきたいシクサーズとの一戦でしたが、
スタートからシュートが入らずミス続き。
オラディポしか点が取れないペイサーズでしたが、
前半はなんとか同点まで追いつきました。

しかし第3Q最後の1分でコヴィントンに6連続得点を許し、
結局そのままズルズルと終わりました。
最後は少し反撃に出ましたが、ちょっと遅すぎました。

オラディポは前半キャリアハイペースで点を重ねて行き、
36点、6リバウンド、7アシストと頑張りましたが、
ドマス(16点、11リバウンド)以外のサポートがなく、
シクサーズのバランス良いオフェンスの前に散りました。

タイリークは同点に追いつき、逆転する所までは良かったですが、
その後は鳴かず飛ばず。マクダーモットの活用方法も見いだせていません。

出だしからスッキリしないのが続くので、一回ターナーとドマスを
入れ替えてみても良いかもしれませんね。
ベンチタイムで圧倒する作戦は捨てがたいですが、
試合開始と共にリードを奪われてからでは
ちょっと流れが悪すぎて耐えられません。
せっかく同点にしても後半の開始でまたグダグダでは勿体ないです。

後は今シーズンの課題でもありますが、
FTはきっちり決めましょう。マクダーモットも少ないチャンスの中で
FTを外していてはいけません。

今日はレディックが3PT 0/7というINDにとってはラッキーデーだったはずが、
シャリッチに4本、ルーキーのシャメットに3本決められました。
シャメットはINDにもワークアウトに参加していましたが、ここまで
平均20分弱のプレイタイムを貰えています。
きっとINDに来てもプレイタイムは貰えなかったでしょうし、
ルーキーにとってはピックされるチームによって本当に将来が変わりそうです。

PHI 100 - 94 IND

Game9-ベン・シモンズの凄みを知ったシクサーズ戦【NBA_Pacers】

2017年11月04日 20:29

今日からマイルズ・ターナーが復帰しましたが、ベンチスタート。
ドマスが引き続きスターターとして出場しましたが、
この層の厚さは今後の強みとなりそうです。

結果的にドマスはファウルトラブルで思う存分プレイできず、
ターナーはFGは4/14でしたが、復帰戦としてはまずまずの
11pts、9reb、3blk。ツインタワーとしても見てみたいですが、
交互に出てくる事で相手へのダメージは大きいかもしれません。

DCはレフリーに笛を吹いてもらえず、突っ込み損で終わる事が多く、
リーフもファストブレイクで足を捻ってた以上。ジョセフ(ヤング)も
エンビードにアタックを食らった後出てきませんでしたが大丈夫だったでしょうか。

全体的に笛に恵まれない事が多かった様に感じましたが、
23Mのレディックにはやられました。ステフ並の決め方でしたね。
エンビードはゴール下に入られたら太刀打ちできませんでしたが、
18pts、9rebなら結構抑えた方じゃないですかね。

シクサーズには最初から気持ちよく3PTを打たせ続けてしまったことと、
シモンズのミスマッチを付いたオフェンスやらパスの派生で
うまいことやられ、14pts、11reb、11astとトリプルダブルを
食らいました。

負けたものの、クラッチタイムはオラディポという共通認識が
早くも生まれているのは良いですね。
チーム構築にはもうちょっと時間がかかると思いましたが、
思ったより早くチームの方向性が見いだせそうです。

ここらへんは一気にロスターをいじったKPの思惑通りなのでしょうか。
KP恐るべし。
IND 110 - 121 PHI


New