Game21:vsサンズ【NBA_Pacers】

2018年11月28日 12:08

連戦で移動してサンズ戦。
ボーギーが2ファウルで乗る前にベンチへ。

第1Qは一進一退の攻防が続いていましたが、
第2Qに入ってセカンドユニットが頑張ってくれました。
ホリデーはもう少しシュートが決まると楽になるのですが
今日はまだ1/4。

61-54と7点リードで前半を終えています。

タイリークは前半で8pts、3stlとオフェンス面で貢献しているものの、
球離れが悪く、スティール後に奪われてクリアパスで
失点以上のダメージを受ける事もあり、ドマス以外も
しっかり見てあげて欲しいです。

ターナーが8pts、6rebmドマスが14pts、8reb、3ast。
マクダーモットがFG4/6で12ptsというのは良い感じです。
DCが6ast、ジョセフが5astとPG陣は見事に役割を果たしています。

相手の3PTが4/16と外れている中での点差なので、
これを決められてくるとあっという間に逆転を許してしまいそうです。

エイトンはディフェンスでの脅威をそこまで感じませんが、
オフェンスに関しては押し負けないですし、粘り強さもあって
良いですね。FTが6/6というのもビッグマンとしては
武器になりそうです。

第3Q、お互いにシュートミスが続き、ボーギーが
エイトンにファウルを貰いながらアンド1を決めて64-54。

タイリークはシュートが決まらず、しょうもないパスミスまで
してしまい、少し点差が詰まります。エイトンにセカンドチャンスで
チップインされて8点差にされますが、ボーギーがこの試合初の3PTを
決めます。これで勢いに乗りたい所でしたが、ウォレンが2点を決め、
DCのTOからFTを与えてしまい、72-64。相手のFTミスに助けられます。

ターナーの好調は続き、第3Qの時点でダブルダブル達成。
今日のタイリークはボールの動きを止めてしまいますし、
オフボールでも動き続けるマクダーモットをスターターに混ぜてみた方が
機能するかもしれません。テクニカルまで取られました。
しかしDC、ジョセフ、タイリーク、ドマス、ターナーで
戦わせるマクミラン。一旦勢い付いたものの、結局77-68と
9点差に戻された所でタイムアウト。

残り3分17秒でタイムアウト明け、タイリークをマクダーモットに変えて
リスタート。ウォレンのレイアップをターナーが今日4つ目のブロック。
ターナーとDCに変えてアーロンとボーギーも入れますが、
どうにも点の取れないIND。
ドマスがファウルを貰い、FTを2本決めて79-70。
ジョシュ・ジャクソンのシュートが外れたものの、ホームズに
リバウンドを取られて2点を取られると、マクダーモットの3PTが外れ
ジャクソンに2点を追加されて79-74。

ボーギーが2点を返しますが、カナーンの3PTで81-77と徐々に詰められます。
最後ボーギーの3PTは決まらず第3Q終了。もう少し早めにメンバー交代を
しておけばと思う采配となりました。

第4Q、カナーンのシュートが外れますが、リバウンドを取られて失点。
ウォレンに3PTを決められてとうとう逆転された上に、またしても
リバウンドが取れずに失点。更にTOと第3Q残り5分からFGが
1本しか決まらないまま時間が過ぎて行きます。

この間、サンズに走られなかったのが奇跡です。
ドマスがセカンドチャンスでようやく2点を決めて83-85。
オラディポがいないなかで追いかける展開、クラッチタイム突入は
厳しいので避けたい所。

ジャマール・クロフォードにロングジャンパーを決められますが、
マクダーモットが3PTでお返し。86-87となります。
ちょいちょいFTを与えますが、ミスしてくれるサンズ。

ボーギーが同点のチャンスとなるFTを得ますが、1本ミス。
そのミスをドマスが取りましたがTOとなり、サンズがタイムアウト。
残り7分40秒、87-88で1点を追いかけます。

アーロンとボーギーを下げてDCとThadを投入。
サンズもブッカーを入れて勝負の時間帯となります。

するとそのブッカーが3PTを決めて87-91。
時間があるとは言え、厳しいショットを決められたと思いましたが
マクダーモットがお返しの3PT。
更にブッカーが30フィートという遠い位置から3PTを放ちますがミス。
ドマスのチップインで一旦は逆転しましたが、
今度はウォレンに3PTを決められた所でINDのタイムアウト。
残り5分33秒で92-94。

時間が進んだ分、先ほどより状況は悪化しています。

5分15秒、昨日のジャズ戦の勢いをそのまま持ってきた
マクダーモットが3PTを沈めて95-94と逆転。お互いにミスが続いた後、
今度はサンズがタイムアウト。

ここでジョセフとタイリークを入れ替えます。
するとそのタイリークがブッカーからスティールし、
Thadの2点に繋がり97-94と3点リードとなります。
ブッカーに2点を決められますが、DCのプルアップでお返し。
しかしここでアリーザに3PTを決められて99-99の同点。
タイリークの3PTは外れ、サンズのオフェンス。

ブッカーがシュートを打ちましたが、
4ブロックと調子の良かったターナーが5つ目のブロック。

DCがエイトンからファウルを貰い、FTをきちんと2本決めて再びリード。
エイトンに2点を決められ、残り1分となります。
DCとのピック%ポップで、トップでボールを貰ったターナーが3PTを決めて
104-101と3点リードへ。

勝利目前と喜んだのも束の間、ブッカーが3PTを決めて104-104へ。
これがなぜ4勝しかしてないチームなのか。
アウェイで連戦の疲れをあまり見せていないINDも流石に
厳しいかと思いましたが、ボーギーが決めてくれました。

オラディポの不在をしっかり守るボーギー。泣けます。
パスしたターナーも良く見えていましたね。

残り25秒、ブッカー対ターナーとなりますが、ファウルをせずに
守ったターナー。一瞬入ったかと思いましたが、リムから外れて
ボーギーがリバウンド。後はファウルゲームとなり、辛勝。

アウェイのback to backを2連勝となりました。
ターナー&ドマスのダブルダブルコンビに加え、
DCも11pts、11astの2試合連続二桁アシスト。
マクダーモットが3PT 5/7でチームハイの21pts。

最後もオラディポがいればオラディポで攻めていたでしょうけど、
ターナーとボーギーが上手い事決めてくれました。
特にターナーにとっては良い自信となるのではないでしょうか。
5ブロックも見事でした。

IND 109 - 104 PHX

ポール欠場、スタッキー復帰のサンズ戦【NBA_Pacers】

2016年11月19日 11:32

今日はポールがお休み、スタッキーが復帰という試合でしたが
CJがすぐに膝を負傷しアウト。ペイサーズの3PTという武器が失われました。

開始からリードを奪われ、一度は逆転したものの、
TOとオフェンスリバウンドを取られ過ぎにより敗戦。
特に第4Qでもう一度追い上げたいという時のTO連発は厳しかった。

ルーキーのNiangが出て来て一度はチームが落ち着いたシーンも
ありましたが、同じポンプフェイクに2回引っ掛かったりと
お勉強の試合となりました。

復帰のスタッキーが以前の仕上がりからは
程遠い動きだったのも厳しいですね。
CJは数試合欠場になる可能性があるかもしれませんし、
またまた辛い日々が始まりそうです。

停電発生のサンズ戦【NBA_Pacers】

2016年01月13日 12:40

実際の勝敗は数えていませんが、ナッシュだったりドラギッチに
やられる印象が強く苦手なサンズ戦。

しかしブレッドソーとナイトが欠場というサンズにとっては
厳しい試合となることが予想され、実際にペイサーズの14-3のランで
試合が始まりますが、そこは安定のINDクオリティで徐々に追いつかれて
19-25というちょっとリードできた、という位の点差に落ち着きました。

ポールが2ファウルとなってしまい、第2Q6分にコートに戻りますが、
すぐさまオフェンスチャージでGR3とチェンジ。
サンズはテレトヴィッチが良く3PTを決め、逆転されます。

たしかこの当たりで停電があり、20分位の中断がありましたが、
INDに取ってこれが良い転機になったようです。
マヒンミとラヴォイの二人の得点で逆転に成功すると
ヒルが3PTを決めて39-43。残り30秒にはマヒンミの
プットバックダンクがでて42-52と10点リードで前半終了。

第3Q、ポールが3PTを決め、13点リードとなりますが
すぐに4つ目のファウル。P.J.タッカーの3PTへのファウルを取られますが、
ヴォーゲルは下げずに使い続けます。

ここからPHXの怒濤の追い上げが始まり、2点差まで詰められます。
しかしポールがスティールからカウント付のレイアップを決め
引き離しにかかりますが、PHXは更にエンジンをかけ、
73-72と逆転、その後お互いに決め合い、ダンヒルのFTで
再逆転に成功すると、残り1.2秒からのインバウンドで
GR3がブザービーターのバンクショットを決めて76-80。
スクリーンをうまく使い、良い形でした。

第4Q、マイルズが16点目となり3PTを決めて76-83。
ポールのターンアラウンドジャンパーや、ヒルのレイアップ、
ポールの3ポイントプレイで82-92とリードを広げることに成功。

その後、今日は追い詰められることなく、ターナーやヤングを
出せる時間も作る事ができ快勝。

ファウルトラブルに陥ったポールがうまくプレイを続けられたのも
良かったですし、要所で得点を重ねてくれたヒルの活躍が光りました。

ポール21点、ヒル20点、マイルズ19点、モンテ14点と
バランス良く戦えました。

が、この試合でまたしてもスタッキーが負傷退場。
今シーズン続きますね。

この試合で一番目を引いたのはサンズのデヴィン・ブッカーでした。
19点と追い上げ時の主役になっていました。
またサンズにこういった苦手のガードが生まれるのは嫌ですね。
テレトヴィッチの5/8の3PTにも苦しめられました。

PHX 97 - 116 IND

結果のみ - Game16-18 vsマジック、@キャヴス、@サンズ【NBA_Pacers】

2014年12月04日 10:51

ここ3試合の結果をまとめて。
ORL 83 - 98 IND 18165
IND 97 - 109 CLE 20562
IND 99 - 116 PHX 15059

マジック戦からウエストが復帰し、8/17で18点。スタッキーも24点。
リバウンドを53-32と圧倒して勝利。昨年オラディポにやられたので
ここで勝ててよかった。これ以上苦手チームを作りたくない。

キャブス戦はラヴにやられたようで。
カイリー24pts-10reb、ラヴ28pts-10reb、レブロン19pts-7astと
これだけやられてますが、実はトリスタン・トンプソンの13pts-11rebが
地味に痛かったそうです。

サンズ戦は前半良く戦っていましたが、最後に2点差まで詰められ、
後半走られるという予想通りのパターンでした。
グリーンはそろそろIND戦で大人しくしていてくれないだろうか。
ドラギッチ34ptsとブレッドソー27ptsのバックコートコンビに完敗。
後はプラムリーにオフェンスリバウンドを取られすぎ。

この試合から4試合振りにヒバートが復帰。
15pts-10rebと成績だけをみれば上出来だがそのままの評価は難しい。
マイルズが初と言っても良い好調を見せ、今後に期待。
ベンチからワトソンが14pts-7astというのは好材料。
本来であればワトソンがスターターでスローンがベンチに戻るはずだったと思うけど、
思いの外スローンが頑張って来たのでワトソンは本来の役割であるセカンドユニットへ。

対サンズ戦はここ10試合で2勝8敗、19試合で4勝15敗とATL並に苦手な相手のようです。

怪我人続出 - Game13 vsサンズ【NBA_Pacers】

2014年11月24日 13:11

昨シーズンは一つも勝てなかったサンズ戦。
この試合もハーフまでは何とか試合になっていましたが、
ジェラルド・グリーン劇場となりました。

それよりもヒバートが足首、スタッキーが手首を負傷と
更に怪我人が増えました。そろそろウエストが復帰できそうという話しも
ある中、今シーズンは本当に苦労しそうです。

そしてポール・ジョージ。
そろそろ中年親父くらいには走れる様になるよとアピール。
8月頭に怪我をしてこんなに早く回復とは恐ろしい。
しかし今シーズン無理しても仕方ないですから、コーチやフロントは
責任をもって時期を見定めてもらいたいです。

PHX 106 - 83 IND 16870

ヒバートにトレードの噂【NBA_Pacers】

2014年08月11日 13:18

バードがジャバー塾に入れさせたロイ・ヒバートに
トレードの噂という事で2件上がっていました。
ヒバートに本腰を入れて再起してもらうつもりだと思っていたので
少々ビックリですが、信憑性は良く分かりません。

1つ目はサンズ
ペイサーズからはヒバート、コープランド、現金を差し出し、
サンズからゴラン・ドラギッチを獲得というもの。
PG獲得は魅力ですが、フロントコートをどうするつもりなのでしょうね。
PHX側が断ったとの事ですが、これにはあまり本気度を感じません。
このトレードだけでは勝てるチームが作れるとも思えませんしね。

2つ目はピストンズ
今後の行き先が気になるグレッグ・モンローとヒバートの交換というもの。
先ほどよりは大分現実味があると思いますが、残り2年30Mのヒバートに対し
今後MAXまたはそれに近い要求をしてくると言われるモンローの獲得は
正直得策とは思えません。ジョージタウン大同士のトレードは
なかなか面白いと思いますけどね。

急いでヒバートを出す必要はないと思います。
今って一番評価落ちてるときだと思いますし、昨年も序盤は
かなり良かっただけに、まだチャンスはあると思うのですけどね。

13-14シーズン各賞受賞者【NBA】

2014年06月05日 10:09

2013-14シーズンの各賞の受賞者のメモ

Defensive Player of the Year
 CHI ジョアキム・ノア  Media Voting Results

Coach of the Year
 SAS グレッグ・ポポビッチ  Media Voting Results

Most Improved Player
 PHX ゴラン・ドラギッチ  Media Voting Results

Rookie of the Year
 PHI マイケル・カーター-ウィリアムズ voting results

MVP
 OKC ケビン・デュラント voting results

Sixth Man Award
 LAC ジャマール・クロフォード voting results

2013-14 All-Rookie Team  First Team
  PHI マイケル・カーター-ウィリアムズ
  ORL ビクター・オラディポ
  UTA トレイ・バーク
  BKN メイソン・プラムリー
  NYK ティム・ハーダウェーJr

 Second Team
  BOS ケリー・オリニク
  MIL ギニアス・アンテトコウンポ
  MIN ゴーギー・ジェン
  CHA コーディ・ゼラー
  OKC スティーブン・アダムス

2014 All-Defensive Team
 First Team
  CHI ジョアキム・ノア
  IND ポール・ジョージ
  LAC クリス・ポール
  OKC サージ・イバカ
  GSW アンドレ・イグオダラ

 Second Team
  MIA レブロン・ジェームズ
  HOU パトリック・ビバリー
  CHI ジミー・バトラー
  SAS カワイ・レナード
  IND ロイ・ヒバート

2013-14 All-NBA Team
 First Team
  OKC ケビン・デュラント
  MIA レブロン・ジェームズ
  CHI ジョアキム・ノア
  HOU ジェームズ・ハーデン
  LAC クリス・ポール
 Second Team
  LAC ブレイク・グリフィン
  MIN ケビン・ラブ
  HOU ドワイト・ハワード
  GSW ステフ・カリー
  SAS トニー・パーカー
 Third Team
  IND ポール・ジョージ
  POR ラマーカス・オルドリッジ
  CHA アル・ジェファーソン
  PHX ゴラン・ドラギッチ
  POR デイミアン・リラード


New