1st ラウンド Game 4 vs キャヴァリアーズ【NBA_Pacers】

2017年04月24日 11:42

2001-02シーズン振りに現地観戦を達成できた今シーズン。
色んな思い入れもありましたが、レブロンキャヴスに粉砕されました。
せめてホームで一勝できればと思いましたが、点差以上に完敗でした。

それでも競えたのはランスのおかげでしたね。
彼の加入がなければプレイオフ進出も危うかったですし、
4試合ブローアウト負けの可能性が高かったと思います。

3年12Mという契約ですが、既に満額分の活躍をしてくれたと思います。

ここまでの3試合はポールが絶好調でチームを引っ張って来ましたが、
今日はさっぱり。替わりにここまでダメだったターナーに当たりが来ましたが
最後の逆転を活かすことができず。

ファストブレイク失敗ともう一つのTOが致命的でした。
あの場面で決めきれないのが今のペイサーズなのでしょう。

特にサドやんがTOとなった場面。
完璧に手詰まりになっていたのであそこはパスを出す前にタイムアウトでしょう。
これはコーチの責任大かと思います。
ゲーム3でもタイムが遅いと感じる所がありました。
プレイヤーに任せるのも大事だと思いますが、ここぞと言うときは
コーチが前に出る場面があっても良いと思います。

ヴォーゲルは前に出すぎでテクニカル取られる事も多く、
それはそれで悩ましい部分もありましたが、マクミランは
大人しすぎですね。もっとアピールしても良いと思います。

ランスを信じて使い続けた部分だけはありがたかったです。

レギュラーシーズンの最後6試合から、それまでのチームとは
全く別の勢いを持ったチームへと生まれ変わり、プレイオフでも
チャンピオンチーム相手に良く戦ってくれたと思います。

それぞれに思うことはもちろんありますが、
プレイオフという舞台を楽しませてくれたチームとプレイヤーに感謝です。

今後、ポールがどうなるかという一大イベントが当分の間
ついて回ると思いますが、どうなろうとペイサーズを応援する事に
変わりはなさそうです。ランスも後2年は居ることですし。
[1st ラウンド Game 4 vs キャヴァリアーズ【NBA_Pacers】 ]の続きを読む

1st ラウンド Game 3 vs キャヴァリアーズ【NBA_Pacers】

2017年04月21日 15:39

2連敗の後、舞台はインディアナへ。

前半は間違いなく今シーズンベストゲームでした。
第1Qのセラフィン、GRは言う事無しの大活躍。
特にセラフィンは完璧でした。

そしてランスは3PTは決まらないだろうとスペースを存分に
与えられますが、ホームではしっかりと決めてしまいます。
これが後半仇となったワンシーンもありましたが。。。
しかし3本も決めてくれれば文句など言えません。

第2Qはポールが21得点の大爆発。
キャヴス相手に前半で74-49と25点ものリードを奪いました。

第3Q、一度詰められますが再度ランスの3PTで20点差へ
押し戻し、今度こそ快勝モードかと思いきや、、、

さすがチャンプといいますか、レブロンと言いますか。
見事にひっくり返されて3連敗となりました。

ホームの客の盛り上がりが最高だったので
是非とも勝利してあわよくば次も取る位の勢いを
付けたい所でしたが、甘かったようです。

一部ルール改正を切に願う部分もありますが、
前半出来たことを後半もキープできれば負けなかった訳ですし、
勝っているのに攻め急いだ、安易に3PTを打ちすぎたというのが
大きく響きました。

相手がCLEでなければこのファーストラウンドどうだったのかと
思ってしまいますが、この順位を決めるための82試合ですからね。
内弁慶なのは分かっているのですから、絶対にHCAを取らないと
いけませんし、初戦からチャンピオンチームに当たっては
いけません。

こういうことを含めて経験というのかもしれませんが、
それにしても今日の敗戦はタフ過ぎますね。

心情的にはブルズとのシリーズを思い出します。
どれだけ良いゲームをやっても最後の最後で持って行かれる。

ただ、その後コンテンダーチームに成り上がっていったので
今回も無駄ではないと思います。
まずは次の1戦取ること。負けたら終わりですから
悔いの残らないよう持てる力を全てぶつけてもらいたいです。

1st ラウンド Game 2 @クリーヴランド【NBA_Pacers】

2017年04月18日 16:50

本日行われたゲーム2、大雑把に言えばゲーム1と似たような
試合展開となり、2連敗でインディアナに帰ることになりました。

最大18点差付いた差を、終盤で5点差まで詰めるという
レギュラーシーズンのペイサーズでは考えられないような
あきらめの悪さと底意地を見せてくれた気がします。

第4Qを33-21というのは次のホームに向けて
胸を張って帰って来ていいのではないでしょうかね。
何と言ってもホームでは強いですし、苦手なアウェイで
チャンピオンチーム相手に戦ったこの2試合は良い意味で
期待を裏切ってくれています。

実際には終盤に危うい事をやってもしっかりと勝ちきる
キャヴスとの力の差は果てしないのでしょうけど、
どうせならポジティブに捉えたいものなのでホーム2連勝できるぞ位の
気持ちで頑張って貰いたいです。ファンもそのつもりで応援します。

今日はポールの32ポイント、8リバウンド、7アシストに加えて
ティーグが23ポイント、4リバウンド、4アシストと援護。
サドやんも16点、6スティールと頑張りましたが、
1本絶対に決めて欲しいゴール下のファストブレイクを決めきれませんでした。
あれをダンクにいける力強いビッグマンがINDには必要ですね。

ターナーは相変わらずびびってます。そんな中で3ブロックは
よく頑張っていると思いますが、彼が飛躍しない事にはINDに
勝利は呼び込めません。
2年目の若造には厳しすぎるシリーズですが、彼にとってこれも
プラスとなることを願います。

ランスはラヴ相手にファウルしかできない時間もありましたが、
13ポイント、4アシストと結果は残しています。

この試合で久しぶりに実戦投入となったGRも最初の3PTを決めたり
前半終了間際にFTを獲得するなど、今後の試合で十分使っていけそうな
イメージを残してくれました。

このシリーズを見ているFAの皆さん。
ポールと一緒にプレイして優勝を目指したい、というお便りを
お待ちしておりますよ。(誰が目玉FAか分かりませんけど)

Season End - Game 7 @ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年05月02日 13:24

色々と書きたい事もありますがとりあえず結果だけ。
最後まで戦ってくれて良かったです。

長いシーズンお疲れ様でした。
ポール・ジョージが本格的に復帰、81試合に出場し、
プレイオフでスーパースターモードを見せてくれたのと、
ルーキーのマイルズ・ターナーが最終戦では若さを見せたものの、
これからが楽しみな若者であることも分かりました。

満点とはいかなくとも、怪我人が続出する中で、
プレイオフに出場、2位相手に7戦まで奮闘と素晴らしいシーズンでした。

IND 84 - 89 TOR
[Season End - Game 7 @ラプターズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

1stR Game vs ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年05月01日 07:29

Win or Go Home.
出だしの空気に飲まれたのはペイサーズでした。
ポールはボールを捌くだけでシュートにいけず。
18-6のランで下手するとこのまま試合が終わるのではないかという
重苦しいスタートでした。

このプレイオフで高額契約のチケットをてにしつつある
ソロモン・ヒルが3PTを決め、マヒンミの8点、そして
Qの最後にポール・ジョージの初得点となるFTを決めて22-20で終了。
ここはよくリカバリーできました。

が、伏兵コーリー・ジョセフに2連続3PTを決められ、
主導権を握られてしまいますが、残り2分を切ってからエリスのカウント、
ポールの3PTで2点差に戻しました。
デローザンのFTで4点ビハインドとなり、最後はTORオフェンスとなりましたが、
ポールがデローザンからスティール。そこからのオフェンスは
失敗しましたが、素晴らしい締め方でした。

そして第3Q。
モンテの3PTにスティールからヒルのレイアップ、
ターナーのブロックの後、ターナーのジャンパーで遂に逆転。
すぐに逆転されますが、ヒルの3PTやFTでリードを広げます。
TORの勢いが止まった様に見えましたが、残り1分49秒には1点差まで
追い上げてきます。

ポールがFTを2本沈め、マヒンミのブロック、キャロルの3PTミスの後、
スタッキーが自信なさげなジャンパーをようやく決めて5点リードへ。
ヒルもFTを沈めて6点連取となりましたが、ここから起こる18-0のランの
始まりに過ぎませんでした。
[1stR Game vs ラプターズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

1stR Game 5 @ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月27日 10:37

色々書きたい事はありますが、その気になったら書くかもしれません。
ポールの奮闘、ソロモンの最後の頑張りもありましたが、
フランク・ヴォーゲルが自ら試合を捨ててしまいました。

IND 99 - 102 TOR

今日取れていれば次のホームは最高に盛り上がったと思いますが、
次も「ケチャップ」が多く紛れ込む会場となるのでしょう。
やってはいけない試合をここ一番でやる、それが今季の
インディアナ・ペイサーズなのでしょう。

1stR Game 4vsラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月24日 06:53

負けるとかなり厳しい事になる第4戦でしたが、
出だしからパーフェクトとも言って良い展開で、
結果的に一度もリードを奪われる事無く快勝。

チームメイトを信じるといったポール・ジョージの言葉通り、
ヒルとマヒンミが、特にマヒンミが驚きのスーパースターモード。
テンディングぽかったですが、ミスを押し込むダンクに
ディフェンスを振り切ってのダンクと素晴らしかったです。

ヒルもアグレッシブで9/11という高確率。
ディフェンスで締めて相手TOを多く引き出し、
詰められそうにあるシーンはありましたが、10点差の壁を
破らせる事はありませんでした。

ターナーも2/13ではありましたが、ブロックにリバウンド
そしてヴァランチュナスを相手によくがんばりました。

後はやはりソロモンでしょうかね。
2本の3PTと数字には現れない部分のディフェンスだったり
リバウンドへの絡みだったりと、かなりピンチを救ってくれました。

3PTの当たりは今日も来なかったものの、第3Q終了間際の
チップインを決めたC.J.マイルズ。モンテだけは大人しかったですが、
ヒルとマヒンミがこれだけ活躍してくれると無理な話しかもしれません。

朝起きたかいがあったというものです。
あと、スコラありがとう。

TOR 83 - 100 IND


New