試合終了:ペイサーズvsブレイザーズ スクリメージ No.1【NBA_Pacers】

2020年07月24日 05:23

昨日のスクリメージもいくつか視聴しましたが、
とうとうペイサーズが戻ってきました。

ターナー、ドマス、ゴガが欠場でスターターは
ブログドン、オラディポ、ウォレン、アルゼイ、ジャカーという
変則スターター。昨日のナゲッツとは真逆のスモールです。

放送開始からデナリさんとクインの顔も見られ放送方式も大満足。

第1Q
ウォレンのスティールからアルゼイのレイアップでスタート。
オラディポが2本外し、ブログドンも外すと、絞ってきたカーメロが
お得意のターンアラウンドを決めて6−2でPORリード。

ここで打開できるのはシーズンを通してウォレン。
アルゼイはしっかりとリバウンドに絡みますが、オラディポは3本目もミス。

タイムアウト後、ウォレンが3PTを決めて9−7。
キレキレのカーメロに攻められてジャカーファウル。
FTを決められて11−7。

ボールを回してからウォレンが切り込み2点を追加。
しっかりと組み立てられているのはPOR。
INDはとにかくシュートが入らず、せっかくスティールしたボールも
ロングパスですぐに失ってしまう。
15−9でボールが出たところでタイムアウト。

メンバーチェンジがあり、マコーネル、アーロン、マクダーモット、
ジャスティン、リーフとフルチェンジ。
とにかくビッグマンが足りませんが、こちらの方が噛み合いそう。

組み立ては自体は楽になったように見られたものの、マカラム、リラードに
3PTを決められ点差は23−12と開いてしまう。
ジャスティン、アーロンが続けて3PTを決めるものの、
ヌルキッチの高さに対抗できず。
マクダーモットがレイアップを決めてアンド1、その後お互いに決めて
29−20で第1Q終了。やはり一人くらいはビッグマンが欲しい。

第2Q
ジャスティンの3PTが決まりますが、ゲイリー・トレントの
ステップバック3PTでお返しされます。
リーフがゴール下で苦しみながらも粘りFTを獲得。
これを2本決めて32−25。
マコーネルとジャスティンの連動が良く見える。
アーロンが3PTを決めてもゴールしたでアンド1を決められ詰められず。

マクダーモットが両エンドで頑張り、ジャスティンのダンクで35−32。
マコーネルが素晴らしく動けている。

6分17秒、タイムアウト後も同じメンバーで続行。
サムナーが出てこない。
リーフがゴール下でもらうものの動きが遅くボールを失う。
ルーキーシーズンからこういうところが弱い。
その次のオフェンスもリバウンドは取るけど押し込めない。
タイラー・ハンズブローの方がもうちょっとやれていたかも。

5分を過ぎて最初のスターターのアルゼイとサムナーを変えた5人を投入。
オラディポがようやく3PTを決めて39−35。
サムナーがブロックをした後、オフェンスではファウルをもらいFTで2点追加。
出てきてすぐに点を取れるのは良い兆候。

ブログドンのアイソレーションは失敗しましたが、ジャカーが
リバウンドを取って押し込みカウント。ジャカーのブロックも決まりましたが、 最終的には決められて43−40。
するとブログドンがようやく2点を決めて再び1点差。

ウォレンがファウルをもらい、FTを1本決めて43−43。
サムナーがスティールから一人で攻めましたがハンブル。
これを決められたら大きかった。

その後PORに1本決められ、オラディポがチャージング。
ウォレンのナイスDが見られましたが、45−43の2点ビハインドで前半終了。
ウォレン以外のスターターがいまいちパッとせず。
久しぶりの実戦なので怪我をしないということが最優先事項。

第3Q
サムナーが頭から出場。
ウォレンがミドルを決めて同点。
更にブログドン、オラディポが続けて3PTを決めて45−51と逆転。

ウォレンがFTを1本追加し、45−52。
メロのレイアップは防いだものの、ヌルキッチにリバウンドを取られ押し込まれます。
ゴール下のカーメロにボールを送られ、決められますが、
ブログドンが2本目、更に3本目の3PTを決め、ファストブレイクで
オラディポからパスをもらったサムナーがFT獲得。
一気に動きが変わりました。高さへのディフェンスは苦戦中ですが、
よく手が出るようになりました。

サムナーが2本のFTを決めて49−60。
PORは徹底して高さを使ったオフェンス。
オラディポがフローターを決め、ウォレンが突っ込みファウルをもらいます。
まだFTではないものの、こういったプレイができるのが大きい。
オフェンスでもディフェンスでも献身的。

ジャカーがゴール下でうまくレイアップを決め51−64。
ヌルキッチにFT2本を決められますが、カーメロ得意の
ポストは防いでブログドンtoジャカーのイージーバスケット。

サムナーがゴール下でまたしてもハンブル。
ここはもったいない。マカラムのダンクミスを詰めていたカーメロに
押し込まれて57−66。

タイムアウト中にロッカーに下がるウォレンと少し離れた場所に
スタッフと座るオラディポが映される。
オラディポは右足を少し気にしているようにも見えたので心配。

再びセカンドユニットとフルチェンジとなり、
ヘゾニアの3PTで60−66となったところでマクダーモットがお返しの3PT。

少し攻め手に困っているように見えたものの、アーロンが
レイアップを決め、ディフェンスも機能。
ジャスティンがFTで2点、ヘゾニアの2本目の3PTが決まり、
65−73で第3Q終了。

第4Q
お互いにミスをした後、マコーネルがファストブレイクで
レイアップを決めアンド1。65−76で再び二桁差。
リーフのキックアウトからマクダーモットの3PT、
ディフェンスでもリーフが頑張るものの、得点にはつながらず。
外してはいけないダンクを華麗に外す。全くジャンプできていない。
自分でも飛んでからおかしいと思ったのではという浮力のなさ。

69−79でタイムアウト。
さすがに下げられるリーフ。。。替わりにサンプソンが登場。

マコーネルとサムナーも交代し、ジャスティンが3PTを決めて69−82。
アーロンが速さを活かしてレイアップアンド1。
ゴール下がガラ空きになるところは気になるものの、
なんとか二桁リードはキープ。アーロンが自由にプレイできている。

ブライアン・ボウエンIIとナズ・ミトゥルー・ロングが出てきてクロージングタイム。
リーフとアルゼイ、サムナーの5人で、相手も控えを出し始めると
レイアップを決められるリーフ。

3PTまで打つ余裕を見せ始めるリーフ、しかしミス。
逆に3PTを決められターンオーバー。更にナズ君が3PTへのファウルで
84−89まで詰められる。1本外してくれたので5点差。
残り2分半を乗り切れるか。

ナズ君が運ぶものの大苦戦。サムナーもミスをして決められますが、
ファストブレイクでナズがレイアップを決めてお返し。
ボウエンはナイスDを見せ、残り1分。

ナズはゲームメイクよりも自分で行くことが多く、若さが見られる。
存在感を示さないといけないのでここらへんは仕方がない。
アルゼイもオフェンスで焦りトラベリング。
流石にこのメンバーだとしっかりと組み立てることができない。
リーフはスクリーンに行っても外がある訳でもなく、
動きも少ないのでそこからオフェンスが派生せず。
最後時間を使って良いところでも無理にレイアップに行ってミス。
何か良いところを見つけたい。。。

最後はお互いに超ド級のグダグダで試合終了。
最後オーバータイムにならなくてよかった。。。

POR 88 - 91 IND

LOVE THIS TEAM - ブレイザーズ戦【NBA_Pacers】

2020年02月28日 17:14

今日はTNT放送でレジー・ミラー凱旋の日。
怪我で休んでいたオラディポも復帰し、最後はマイルズ・ターナーの3PT。

マッキーもスミッツもいて、
現地で観戦していた友人達が素晴らしい体験を出来たようで
羨ましくもありつつ、自分の事のように本当に嬉しいです。

POR 100 - 106 IND

特に友人の一人は夢を叶えることができたとの事。
彼が切り開いて来た人脈と観戦の歴史は色々な人に影響を与えています。

友人の夢を叶えさせてくれた球団、スタッフの方々、
そしてレジー、ありがとう。

本当にこのチームのファンになることができて良かったと思います。

またいつか、観に行きます。

uno - ブレイザーズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月27日 11:24

No words...
Tribute to Kobe Bryant.

tribute.png

IND BOX SCORE POR

ATL-PORトレード【NBA】

2019年06月26日 15:01

そういえばホークスとブレイザーズでトレードが起こっていました。

ATL-POR
 ATL獲得 Evan Turner
 POR獲得 Kent Bazemore

ベイズモアは来シーズンが契約最終年で19M
ターナーも同様に最終年で18.6M。

ターナーが一番ぱっとしなかったのはIND時代だと思いますが、
その後それなりに活躍はしているように見えました。
どうも安定の地が見つからないようです。

Game71:vsブレイザーズ【NBA_Pacers】

2019年03月19日 14:30

強敵との連戦が続くロードトリップですが、今日はブレイザーズ戦。
前の試合と同じ様に出だしは好調で、追いつかれて逆転されて
最後にまた少し追い上げて結局逆転できずに終了。

と、似たような流れでしたが、今日はターナーが0ブロックながら
28pts、10rebと健闘。OR5も素晴らしかったです。
本当は1ブロックだったと思うのですが、レフリーに笛を吹かれて
FTを3本も与えてしまいました。スーパーレイトコールといい、
イライラもあると思いますが、ボヤンとCoJoが復調してくれれば。

結果的に負けはしましたが、良く戦えています。
最後まで気持ちを切らさずに戦い抜いているのも良いです。
しかし勝ちに繋がらないと色々切れてきてしまうものが
あるかもしれないので、やはり勝ちきる力が欲しいです。

IND 98 - 106 POR

Game7:vsトレイルブレイザーズ【NBA_Pacers】

2018年10月30日 10:52

久しぶりにホームに戻って来て相手は苦手ブレイザーズ。
今シーズン平均30点オーバーしているリラードをいかに止めるかが
鍵となりそうなこの試合でしたが、リラードとマコーラムの2枚看板の
合計で33点と不調でいてくれました。

しかし、ペイサーズは自慢のベンチ陣が不発。
前半の終わり方は最高でしたが、リバウンドが今日も取れず。
スワニガンといった伏兵にダブルダブルをやられ、
IND時代は特に仕事をしなかったエヴァン・ターナーに
上手い事やられてしまいました。

タイリークは最初の3PTを決めたまでは良かったですが、
結局7点止まり。既にチームメイトに謝罪は済ませましたが
プレイでチームを助ける事はできませんでした。
ここで彼に救世主になって欲しかった。

エース二人が普段通りのプレイを出来なくても
他のメンバーで補い合えたPORが何枚も上手でした。

タフな敗戦でしたが、下を向いていないで前を向いて
対応していくのが今のチームの良い所だと思いますし、
昨年みたいな「大量ビハインドを跳ね返せるチーム」という
幻想は一回捨てて、しっかりと自分達の持ち味を活かしていって欲しいです。

POR 103 - 93 IND

開幕勝利の後2連敗【NBA_Pacers】

2017年10月22日 18:58

ゲーム2、3とターナーが脳震盪で欠場。
代わりにスターターに入ったのはサドやんに
「サンダーからスティールした」と言わせたサボニス。

流石に大黒柱を抜いての2試合は厳しかったですが
良い部分も結構あるので開幕直後くらいはそういうところに
目を向けていきたいものです。

まずはオラディポですが間違いなくオフェンスのリーダーと
なれる逸材ですね。過去のIND戦でも見せたクラッチの
強さは元々期待していましたが、ドライブ、3に加え、
暴投と思われたアリウープパスを見事に決める
ミスターアグレッシブ。今日はビッグブロックもありました。

不調が続くランスと共にどんどん
リムにアタックしてもらいたいです。

リムアタックといえばサボニスも。
リバウンドも頑張りますし、スクリーンのセットも
昨年のターナーよりうまいのでは。

ターナー不在でチームを勝たせられる力は今は
ないかもしれませんが、オラディポとサボニスを
獲得できたのはラッキーでした。

今日の試合では3ファウルにも関わらずベンチに下げられず
すぐさま4ファウルになって下がるという事態に陥りましたが
ターナーがいればもうちょっと負担も軽減できますし、
彼らが残り3,4年契約が残っているというのは素晴らしいですね。
Foul.jpeg
コーリー・ジョセフもコーチの信用を勝ち取っている様で
敵として嫌だった部分がペイサーズの一員として発揮されているのは
喜ばしい限り。ランスの不調が続く間は彼のプレイタイムも増えそう。

ブレイザーズ戦で早くも二桁の17点を取ったルーキーのリーフ。
これがシーズンハイとなる可能性もあるかもしれませんが、
GR3が復帰してからもウィルキンスに負けない様頑張ってもらいたい。

ボヤンは今の所外のシュートというよりもドライブが多目ですが、
こういったプレイもできるというのは選択肢が増えていいですね。

次は現地24日のウルヴズ戦。
個対個のタレントでは負けますが、開幕戦でみせた様な
チームとしての戦いをみせてもらいたいです。

ティーグのいなくなった悲しさはありますが。。。


New