2連敗 vsPOR、vsUTA【NBA_Pacers】

2015年12月06日 16:01

この2試合、あまりチェックできていないのですが、
連勝が止まって連敗となりました。

IND 111 - 123 POR
ポール絶不調の4/17で11点。連続20点オーバーもストップ。
替わりにマイルズが9/14で27ポイント、ヒルも18ポイント記録したものの
急成長中のマコーラム21点、リラード26点に加え、クラブが謎の大当たりで18点。
移動ありの連戦が言い訳になるかは分かりませんが、こんな日もありますね。

IND 119 - 122 UTA OT
ポールキャリアハイの48点も勝利で飾れず。
途中のグダグダを考えれば上出来かもしれませんが、
勝てた試合なので落としたのは痛いです。

スタッキーがベンチから23点ですが他が伸びず。
ジャズの方が良いオフェンスしてましたし、ペイサーズも
外頼りではなくてピック&ロールとかポップとか
もっと確実に点を取りにいけるシステムを構築しないと
勢いだけで終わってしまいそうです。

2014 Playoffs 2nd Roundメモ【NBA】

2014年05月16日 18:49

East------------- 
IND 4 - 2 WAS  
 Game1 96 - 102 
 Game2 86 - 82 
 Game3 85 - 63 
 Game4 95 - 92 
 Game5 79 - 102 
 Game6 93 - 80 
   --- 
MIA 4 - 1 BKN  
 Game1 107 - 86 
 Game2 94 - 82 
 Game3 90 - 104 
 Game4 102 - 96 
 Game5 96 - 94 
   
West------------- 
SAS 4 - 1 POR  
 Game1 116 - 92 
 Game2 114 - 97  
 Game3 118 - 103 
 Game4 92 - 103 
 Game5 104 - 82 
 --- 
OKC 4 - 2 LAC  
 Game1 105 - 122
 Game2 112 - 101
 Game3 118 - 112
 Game4 99 - 101
 Game5 105 - 104
 Game6 104 - 98
2014 Playoffs 1st Roundメモ【NBA】
 

Game65 @シクサーズ【NBA_Pacers】

2014年03月15日 10:47

今日明日とアウェイで連戦となります。今日は
フィラデルフィア・76ersと対戦。

ターナー、ラボイ・アレン、バイナムの古巣となりますが、
バイナムは明日に備えて欠場で、大ブーイングを避けました。

マヒンミが肋骨負傷の為、ラボイが変わりに出ましたが、
これが大当たり。得点もフォローも素晴らしかったです。
一方のターナーは活躍できず、登場時もブーイングが混ざりました。

試合の方は点差を付けたり詰められたりと安定しませんでしたし、
終盤に追いつめられる等、危うい場面もありましたが、久しぶりに
インサイドのディフェンスが機能しており、一度もタイゲームに
なることなく勝利を収める事ができました。

ポールは第3Qの強さを見せ、ヒバートは4得点、3リバウンドながらも
5ブロックとリムプロテクターっぷりをアピール。
ウエスト、ヒルも二桁得点でランスはダブルダブル。
ベンチからはスコラが9点、ラボイが13点と頑張ってくれました。

チーム全体で21TOとここは相変わらず酷いですが、それ以外は
見ていてスカっとする試合でした。

IND 101 - 94 PHI 14754

Game49 vsブレイザーズ【NBA_Pacers】

2014年02月08日 13:18

今日はホームでポートランド・トレイルブレイザーズと対戦。
前の試合で腰から落ちたランスが欠場となり、ダニーがスターター。
ペイサーズは出だしからシュートが決まらず、リバウンドも取れない中、
28-16と第1Q終了時点で二桁差を付けられました。

第2Qはラスール・バトラーが3PTを決めるなどして、一時3点差に
追いつめますが、最後にまずいディフェンスでリラードに
20点目となるレイアップを決められて50-45で終了。

第3Qに入ると、ヒルがアグレッシブに攻め、FTで51-51のタイゲームへ。
一度逃げられますが、今度はウエストが決めて59-60とこの試合初のリード。
最後にリラードがレイアップに4ポイントプレイと決め続け、
最後はヒルのジャンパーで2点を返しましたが、良くない流れで
77-71となりました。

第4Q、本当にイライラする笛の中、離され始め、これは厳しいと思いました。
ポールとヒバートは空気で、ウエストとヒルが頑張っている状況でした。
途中でバトラーが2本目の3PTを決めたり、久しぶりに出た試合で
二桁得点を記録するなど、ポールは今日の試合分のサラリーを
バトラーに譲るべきとも思いました。

時間だけは残っていたのでチャンスは残っていました。
ウエストのジャンパーで89-85とすると、リラードのミスの後、
INDはオフェンスリバウンドから、ダニーのエアボールをカバーして
ヒルがレイアップを決め2点差。更にオルドリッジもターンアラウンドを外し、
ヒルがリバウンドからそのままフローターを決めて89-89の同点となりました。

その後、マシューズに3PTを決められ、逆転されますが、またしても
オフェンスリバウンドからウエストがプットバック。
しかしここでマシューズの3PTに対してファウルが取られ、
残り2分15秒で97-95となりましたが、ここでもウエストのミドルが決まり、
再び同点。今日のヒルとウエストは神懸かり的でした。

そしてマシューズもまた落とさず。1点ビハインドとなった所で、
ようやく仕事をしたポール・ジョージ。ここで3PTを沈めます。
が、マシューズターンアラウンドで101-100で残り1分となりました。

この攻防、両者のファンにとっては胃が痛くなるものだったと思いますが、
それ以外の方は面白かったでしょうね。

ポールはドライブしても相変わらずファウルは貰えず、マシューズと
リラードに3PTを打たれますがミス。残り35秒でINDがタイムアウト。

その後のプレイはポールがドライブしますが、打てず、サイドにいたダニーへ
パスアウト。しかしダニーがラインを踏んでしまいターンオーバー。
熱が一気に逃げて行くかのようでした。。。

残り24秒を切っていたのですぐさまファウルゲームとなりますが、
バトゥームは2本とも決めて103-100。タイムアウト明け、ポールが
3PTを打ちましたが、ミス。しかしヒバートがリバウンドを拾い、
ヒルに渡すとそのまま3PTを放ち、これがリングを通過して場内大騒ぎ。

残り8秒を残してリラードを相手にするのはドキドキしましたが、ポールとヒバートが
うまく防ぎ、バトゥームに打たせてミス。オーバータイムとなりました。

OT開始後、すぐにバトゥームにレイアップを決められますが、ウエストが
ミドルでお返し。PORのTOのあと、ダニーが外してリバウンドを取られますが、
ポールが粘ってスティールに成功。戻りを待たずに3PTをミスしますが、自らリバウンド。
ゴール下でヒルとボールをうまく回してポールのダンクで105−107のリードに成功。

残り2分46秒にリラードがステップバックジャンパーを決めて同点とされますが、
ヒルもお返しのバンクショットを決めて再びリード。

両者ミスの後、LA12が危うい体制でディフェンスリバウンドを取り、
パスの出し先を探してふらふらしますが、出せず。
何とか投げた先がゴール下にいたウエストで、そのままダンク。
ここは思わず声が出ました。107-111となり、PORがタイムアウト。

ここまで決めて来たマシューズも外し、INDは一度ボールが出た後、
インバウンドからヒバートが4点目となるフックを決めて107-113。
ここで映したポールとヒバートのハイファイブからのアームクロスは最高でした。
PG_RH.png
[Game49 vsブレイザーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

Game18 @ブレイザーズ【NBA_Pacers】

2013年12月03日 16:37

今日は現時点での東西トップ対決、ポートランド・トレイルブレイザーズと
対戦がありました。今日は他の試合も熱戦が多かったようですが、
この試合も最後まで見せてくれました。

良いところがあったとはいえ、敗戦なのでざっくりと書きますが、
・序盤のリードを守れなかった(突き放せなかった)
・終盤追いつかれてリードを広げられる間、ヒルのセレクションの悪い
 ショットが多かった。特に何の工夫もしないスクリーンからの
 3PTはダメでしたね。5点ビハインドでしたし、確実に2点を
 取りに行くべきでした。
・第2Qにはオルドリッジとミドル合戦を演じたウエストが
 後半ほぼ穴に。シュートも入らず、ディフェンスでは何度も
 LA12に抜かれてヒバートがファールを吹かれて急所を蹴られるという
 結果に。(2回)
・悪いランス。
 プレイ的にも態度的にも。ファールアウトでイラッとして
 机を叩いたシーンがありましたが、テクニカルを吹かれなかったのは
 奇跡でした。まぁファール取られすぎだとは思いましたが。(FT17対33)
・ポールが残り3分で5本の3PTを決めるという追い上げを見せましたが
 少し遅かったですね。LAはミドルもFTも落とさず、96-98とした
 場面ではリラードにチャレンジ3PTを決められるという結果に。
 ポールがタフ3PTを決めた後だったのでダメージがでかかったです。
 ポールはその後にも3PTを決め、インバウンズをヒルがスティールして
 再度ポールが打つという、まさにレジールックの場面でしたは
 これは外れてしまいファールゲームへ。リラードに2本決められます。
 タイムアウト明け、ポールの3PTはブロックされましたが、
 ヒバートが拾って再度ポールに渡すとここでも3PTを決めて102-105。
・最後はバトゥームがFT1/2でしたが、万策尽きてここまででした。

第2Qにはスコラも点を重ねたりと、良い場面はあったのですが、
やはりスターターを下げた時の落ち込みが酷い。今日はランスが
全く何もさせて貰えなかった為、その分の穴が大きかったです。

点数ペース的にもPORのものでしたし、最後のポールの
バカ当たりが無ければあっさりと敗戦した試合ではありましたが、
最後まで諦めないその姿勢は見ていて熱かったです。

東西1位対決にふさわしい盛り上がりを見せたのではないでしょうか。

それにしてもLA12のシュートの軌道は綺麗ですし、今日は
本当に正確でしたね。ウエストとは身長のミスマッチがあり、
ヒバートを付けても動きで翻弄されるので、調子の良い時の
彼を止めるのは本当に難しいです。

それに加えてリラードだったりモー・ウィリアムズだったりと、
ウエストが黙ってしまったINDでは力が足りませんでしたね。
この試合は両チーム共にFTの確立が高く、特に終盤もPORが
ミスしなかったので追いつけませんでした。

IND 102 - 106 POR 19023
---
ニコラ・バトゥーム
「彼のやりたいようにやられてしまった。ショットを決められた。
 彼はトップ5にはいるプレイヤーだと思うよ。これまでのMVPと
 言ってもいい。頑張って抑えようとしたのに何度もタフショットを
 決められた。彼は素晴らしいプレイをしたが、我々が勝てた。」

昨日のLACK戦の終盤にオフェンス面で何もできなかったポール。
悔やんでいたそうですが、今日は見事に仕事をしました。
勝利には足りませんでしたが、キャリアハイの43ポイントは圧巻でしたね。

まだOKCやSASといった強豪との試合が控えています。
一喜一憂せずにまずは一試合ずつ取り組んでいって貰いたいです。

ロスター情報 8月9日号【NBA】

2013年08月09日 13:28

【契約】
NYK ジェレミー・タイラー
NYK ベイノ・ウードリー 1年1.2Mで契約
POR モー・ウィリアムズ 2年5.6Mで契約
NOP ランス・トーマス 契約間近
CHA ジャネロ・パーゴ 1年1.4Mで契約

漏れていた分をチェック。
モーのPOR入りはビックリですが、背番号は元ブランドン・ロイの
7番を付けるそうです。

INDで例えれば10番をさらっと付けられてしまうような感じでしょうかね。

また、ペリカンズと契約するだろうと言われているトーマスですが、
INDも目を付けていたそうです。全く情報が出てきませんが、
やはり色々探ってはいるのですね。

FA解禁7日目【NBA】

2013年07月07日 09:39

ドワイトが決まった為か、ビッグネームも動き出しましたね。
HOUは4年87.6Mで契約したそうです。

【契約合意】
DET ジョシュ・スミス 4年56Mで合意
DAL デビン・ハリス 3年契約で合意間近
CLE ジャレット・ジャック 4年25Mで合意
SAC カール・ランドリー 4年26Mで合意
HOU オムリ・カスピ 2年2.6Mで合意
HOU フランシスコ・ガルシア 2年2.6Mで再契約に合意
POR ドレル・ライト 2年6Mで合意
BKN ショウン・リビングストン 1年ベテランズミニマムで合意
SAS ジェフ・ペンダーグラフ 2年契約で合意
POR アール・ワトソン 契約に合意
LAC ダレン・コリソン 2年契約に合意
MIL ザザ・パチュリア 3年15.6Mで合意

【噂】
DAL アンドリュー・バイナムに興味あり?
GSW、DAL ジャーメイン・オニールに興味あり


New