ロードトリップの初戦キングス戦【NBA_Pacers】

2021年01月12日 13:19

5試合のロードトリップの始まりは、
速い人:フォックス
3PTを打たせてはいけない人:ヒールド
イケメン:バグリー
のキングスと対戦。GR3やCoJoといった元INDもいます。

TOを奪い、6−0のスタートを切ったものの、警戒していたヒールドだけでなく、
ルーキーのハリバートンにも3PTを2/3ずつ決められ一時走られましたが、
ドマスを中心に点を重ね第1Qは結局30−30で収束を見せ終了。

第2Q、アーロン、オラディポ、サムナー、マクダーモット、サンプソンという
なかなか珍しい5人でスタート。
アーロンやサムナーが積極的にドライブし、得点を重ねると3PTも決めるサムナー。
6点リードにしましたが、すぐに追いついてくるSAC。
40−40となったところでサンプソンとドマスを交代。

マクダーモットがドライブにプットバックにインバウンド後の素早い得点と
非常に良い動きを見せてくれます。高校の同級生のハリソン・バーンズに
逆転されますが、マクダーモットがホワイトサイドからファウルをもらって44−43と再逆転。
高校時代の二人の写真が出た時に「ヤングダギー」といってクインが笑ってました。

オラディポがスティールからクリアパスのファウルをもらいFTを決めて52−52の同点、
バグリーにインサイドで決められた後、マクダーモットの3PTで55−54と逆転。
再びSACが逆転しますが、今度はドマスが決めて逆転。
マクダーモットがこの時点のチームハイ、15点を稼いでベンチへ。

タイムアウト明け、オラディポの3PTミスを拾い、ダンクを叩き込むターナー。
2連続で3PTを外し、SACが逆転すると、ブログドンからパスを受けたドマスがダンク。
お互いにリードを奪い返し続けます。

ブログドンが3PTを決め、フォックスも3PTを決めて64−65で前半終了。

IND FG 26/48、3PT 5/14、FT 7/9、18reb、15ast、6stl、5TO
ドマス 16pts、3reb、ブログドン 10pts、6ast、マクダーモット 15pts。

SAC FG 25/43、3PT 6/14、FT 9/10、20reb、14ast、3stl、9TO
バーンズ 15pts、フォックス 12pts。

後半見られず、終盤のみリアルタイムで追いつけたので観戦再開。

ホームズのブロックに、取らなければいけないリバウンドを取られ、
打たせてはいけないひとにボールが渡って3PTを打たれてしまい決定的に。

せっかく同点に追いついてからの展開が勿体なさすぎた。
オラディポで行くよりもブログドンに任せても良かったような。
第4Q調子が良かったので間違いではなかったけど、もう少し
誰でくるか読めない状況でオフェンスを仕掛けたかった。

ディフェンスしたい時にターナーがベンチにいたのも不完全燃焼の大きな要因。

明るい話題はジェレミー・ラムの復帰が近づいているというニュース。
オラディポも連戦のどちらかは休むケアがなされていますが、
はやく健康なメンバーが揃ったペイサーズを見たいです。

IND 122 - 127 SAC
ドマス 39min、28pts、11reb、3ast
ターナー 30min、6pts、6reb、4ast、3blk
ブログドン 38min、24pts、4reb、9ast
ジャスティン 34min、8pts、5reb
オラディポ 37min、21pts、4reb、4ast、6stl
 マクダーモット 30min、21pts、4reb

2020年トレード解禁日【NBA】

2020年11月17日 16:07

バックス - キングス
MIL獲得 Bogdan Bogdanovic
SAC獲得 Donte Divincenzo,、Ersan Ilyasova、DJ Wilson

バックスの再構築が止まりません。
ボヤンとのボグダノビッチの争いで激闘を見せたキングスのボグダンを獲得。
こちらはサイン&トレードになるそうです。

差し出すのはブログドンの後を継いでバックスを支えると思っていた
ディビチェンゾ。イリヤソバとDJウィルソンの3対1のトレード。

ヤニスを残す為にバックスの本気が伺えます。

11/19 追記
ボグダン・ボグダノビッチがトレードの話を聞いていなかったという事で
サインしない可能性が出てきたとのこと。

11/21追記
イリヤソバはウェイブされ、ボグダンはFA解禁初日には動かず。
ホークスのオファーシートにサインするという噂がありました。
こちらのトレードは破断となりました。


=====
バックス - ペリカンズ
MIL獲得 Jrue Holiday
NOP獲得 Eric Bledsoe、George Hill、20年24位指名権
     将来の1巡目指名権×2、指名スワップ権×2

ペイサーズフロントが望んでいたかは分かりませんが、
ジャスティン、ドリュー、アーロンの3人を同一チームで揃える夢が消えてしまいました。
ヤニスが残る限り、1巡目指名権の上位は見込めませんし、
ミドルトンを動かさずにドリュー・ホリデーを獲れたのは悪くないのでは。

ドリューのサラリーは残り2年で26Mと27Mの2年目がPO。
ブレッドソーは残り3年で16.8M、18M、19.3M、
ヒルは残り2年で9.5Mと10M。
ヤニスが来オフにFAとなりますが、ブレッドソーの長期契約がなくなることで
その後も動きやすくなりそうです。

ヤニスに出て行かれたら再建までに少し時間がかかりそうですけどね。

MILがブレッドソーではなく、ブログドンを選択していたら。。。

11/21追記
2チームとトレードからナゲッツ、サンダーを巻き込んだ大きなトレードへ。

=====
ロケッツ - ブレイザーズ
HOU獲得 Trevor Ariza、20年16位指名権、21年プロテクト付き1巡目
POR獲得 Robert Covinton

ハーデン、ウエストブルックが移籍希望を出していると言われるロケッツが
トレードで動きを見せました。ハーデンは残したい意向らしいけど
本人が大金を放棄してでも他に行きたがっているとか。

=====
サンダー - サンズ
OKC獲得 Ricky Rubio、Kelly Oubre Jr.、Ty Jerome
     Jalen Lecque、22年1巡目指名権
PHX獲得 Chris Paul、Abdel Nader

トレード解禁初日にビッグトレード。 バブルで8連勝のサンズがクリス・ポールを獲得。
エイトン覚醒が見込めそうです。


CP3の契約は20−21が41M、21−22が44Mでプレイヤーオプション。
ルビオは17Mと17.8Mの残り2年、ウーブレは今年が最終年で14.3M。
CP3がプレイヤーオプションを行使した場合、
21−22はブッカーと2人で75Mとなりますが、勝つにはこういった
勝負も必要なのかもしれません。

エイトンやミカル・ブリッジスの成長も期待できそうです。

一方のサンダーはシュルーダー放出が既定路線でCP3に変えて
ルビオとウーブレが加入、ガリナリはFAで2年連続の方向転換となりそうです。

サンダーはこれだけの指名権を抱えているそうですが、
うまく消化できるのでしょうか。。。

20勝到達 - キングス戦【NBA_Pacesr】

2019年12月23日 10:32

先日のキングス戦。

第1Qは点の決め合いで次第にSACがリードしていきますが、
ベンチから出て来たマコーネルがチームを救います。

ターナーも3PTやリムアタックと積極的に攻め、
ドマスもランスみたいな動きを見せたり、チームが乗り始めます。

前半のFGga64%で68-57。キングスも53%と確率が良かった為、
思った以上に離すことが出来ませんでしたが、ホームズのノーミスに対して
マコーネルがノーミスで対抗出来たのが非常に大きかったです。

第3Qは22点のリードを作り、そこからリードが溶けることもありましたが、
最終的にゴガを出す余裕も作れたINDが勝利。

ラムが右足の付け根の痛みで欠場となりましたが、
アーロンがスターターとして11pts、4astの活躍。
3PTは3/3で全て決めてくれました。

兄弟同時オンコートの時間が減ってしまったのは残念ですが、
どの役割で出ても結果を残せるようになってきました。

ドマス 15pts、9reb、6ast
ウォレン 23pts、4reb
ターナー 17pts、3reb、2blk
ブログドン 13pts、6reb、6ast
マクダーモット 13pts、6reb
マコーネル 15pts、3reb、8ast

ゴガ 4pts、2reb

二桁得点が7人と安定のバランスアタック。
ドマスのダブルダブルは途切れましたが、今日のMIL戦DTDに
なっていた事を考えると負担を減らす方が重要に思えます。

SAC 105 - 119 IND

インドゲーム2試合を終えて【NBA_Pacers】

2019年10月07日 10:28

1試合目はスターター、2試合目はセカンドユニットの活躍を
十分に堪能。INDファンのインド人がうらやましい。

2試合目のターナーは、これぞターナーというディフェンシブな
活躍で、彼を得点面だけで評価するのはやはり違うと再認識。

スターターの身長が大きくなっただけでなく、ウォレンもラムも
ディフェンスにリバウンドとボールへの意識が全体的に高く、
アルゼイはNBAでもリバウンドの強さを発揮。
昨年のリバウンド力不足は解消されるかも。

アミダ・ブリマーもブロックに跳べるビッグマンで、
ターナー、ゴガ、ブリマーと思った以上にビッグマン充実しそう。
サンプソンも良い。

そしてサムナー。今年のブレイクあるのでは。
3年契約を勝ち取り、今年こそという思いは強いはず。

1試合目あまり良くなかったアーロンも兄と一緒に二桁得点。
アルゼイは2連続3PTを沈め、チームを湧かせて17点。

更にここに加えて、リーフ、ゴガ、そしてオラディポの存在。
プレイヤー自身がプレイタイムを得るのも大変。
ドマスの延長、そしてオラディポの次の延長の時期に向けての
チーム土台作りの年かと思っていたら、今年から狙いにいっていいのでは、
と思える程の良いスタート。

とは言え、チームが良い状態の時よりも、負けが続いたり
勝てない時にどう盛り返すかが重要。
そこら辺はシンガーオラディポがいるのであまり心配しなくても
よいかもしれない。

SAC 106 - 130 IND

19−20シーズン プレシーズンGame 2 vsキングス【NBA_Pacers】

2019年10月06日 11:05

延長戦、連戦とNBAインディアゲームはなかなか過酷なスケジュール。
ターナーがいきなりブロック、ウォレンがand1を決めスタート。

ドマス⇨ターナー⇨ウォレンとボールが動き、3PTを決め、
早くもボヤンの代わりのシューターが埋まった印象を受ける。
ターナーが実力なのか運なのか判断の付きにくい華麗なターンレイアップを決め
5−8とリード。しかしディフェンスではバグリーには苦戦を強いられる。

ドマスは昨日の流血を受けて今日もヘッドバンドを着用してプレイ。
ターナーと一緒にヘッドバンドツインタワー。
本人が気に入ってシーズンをこれで通したりして。

タイムアウト明け、ラムがファウルを受けながら難しいショットを決めて
and1。さらにレイアップを決めていく。クインから7フッターと同じくらいの
ウイングスパンがあると紹介される。

6分半過ぎたところでドマスとサンプソンが入れ替わる。
サンプソンもお団子ヘアとヘッドバンド。
ファストブレイクでウォレンからパスを受けてレイアップを決めた。
ウォレンがファンブルしかけたからだったけど、ビッグマンが
あそこまで走っていることが重要。ナイスチームプレイ。

ブログドンは何本かシュートを放つものの決められず。
しかしターナーがバグリーをブロックし、サンプソンが4点目を獲得。
今度はブログドンからの完璧なタイミングでのパス。

タイムアウト開け、サムナーのレイアップは外れたけど
アグレッシブな動きで良い。ビエリーツァに3PTを決められ28−23とビハインド。

マクダーモットも珍しいブロックも拝め、30−25で第1Q終了。
ドマスが昨日ほどのインパクトを残せず。

第2Q、サムナーとドマスの合わせでダンクが決まり、
同じような動きから今度はドマス⇨マクダーモットへの
パスがつながったものの、3PTはミス。
マクダーモットは2本同じ位置から打ちましたが決められず。

リバウンド争いでもみくちゃになるドマスと
心配して声をかけるマコーネル。

サムナーがチャージングギリギリのところでファウルを誘う
うまさをみせる。うまさ、というかアグレッシブに行っていることが
本当に素晴らしい。
そしてマコーネルからパスを受けたアルゼイが3PTを沈めて
同点にしたところでボグダンの方のボグダノビッチにも3PTを返される。
しかし、アルゼイが2連続で決めて再び同点とすると、
ドマス⇨マクダーモットでイージーレイアップを決めて逆転。
すると、2本外してきたマクダーモットが3PTを決めて33−38。

タイムアウト明け、ジャスティンとアーロンのホリデー家が登場。
いきなり3PTを決めるアーロン。
マコーラムに出場順位を譲ってしまったけど
バックアップとして腐らずに頑張って欲しい。
兄ちゃんもメンターになってくれるはず。
ここの補強も実によくできている、のかもしれない。

気付ばセカンドユニットで15−3とし、逆転をしている良い流れ。
アーロンがブロックされてもリバウンドを奪い取りレイアップを
決めると、その直後のインバウンドでチャージングをもらい、
再びINDボール。いきなり素晴らしい活躍をすると。
今度はアーロン⇨ジャスティンへつなぎ3PT。更にフォックスの
レイアップをブロックするアーロン。アルゼイの位置どりが良かったのも
あったけど、いきなりスパークするアーロンに
次の試合の出場順序が難しくなりそう。

アルゼイがテイクチャージを狙ったものの、動いてしまいファウル。
実戦で覚えていくしかない。
アーロンが目立った後はサムナー。
スピンムーブからのレイアップを決め、スティール。
得点には繋がらなかったものの、動けている。

兄デーが2本目の3PTを決める。
SACがスターターを戻している中で、セカンドユニットを
試せているIND。サンプソンが相手オフェンスを防ぎ、
サムナーがレイアップを決める。

その後5点差まで詰められたところで、再びサムナーのレイアップ。
更にディフェンスを振り切ってのステップバック3まで披露。
レギュラーシーズンが始まっても15分くらいは出て欲しい。
更にサンプソンへのノールックパスまで決め、ディフェンスリバウンドにも
高く飛ぶサムナー。サンプソンの3PTをお膳立てするアシストし、
最後は前半のラストプレイでコーストtoコーストの
レイアップを決めて颯爽とロッカーへ帰って行きました。

結局2ndQはスターターを戻すことなく。
アーロンやサムナーが育ってくれるのは嬉しいです。

と、前半を見終わり、3rdQが始まって少ししたらこんなエラーが
出たのでとりあえずここまで。



19−20シーズン プレシーズン初戦 vsキングス【NBA_Pacers】

2019年10月05日 09:25

インドで行われたペイサーズ対キングスのプレシーズンマッチ。
観たかったゴガは足首の捻挫で欠場と残念な面もありましたが、
たかが1試合、されど1試合、ニューカマー達を愛するには十分な1ゲームでした。

後半まではリードされては少し、追いつき、また離されて
という例年通りの試合でした。SACの3PTがよく決まっていました。

ドマスは最初から進化を見せつけ、ブログドンとの合わせも
うまくいっていました。途中で流血するシーンもありましたが、
21pts、12rebでダブルダブル。

相方ターナーはやはりあたふたする場面が見受けられましたが、
11pts、13reb。ドマスと共に6 ORを奪い取り、
昨年までのリバウンドの弱さを改善できるかもしれません。
4Q終了間際のブロックはさすがでした。

ウォレンは出来過ぎだったのかもしれません。
そうであったとしてもINDファンの心を掴むには十分な
活躍を見せてくれました。3点ビハインドから体が流れながらの
3PTを決めてオーバータイムへ。
チームハイの30pts、3PTは5/6とオラディポの不在を感じさせない
オフェンス力を見せつけてくれました。サンズありがとう。

ラムも良い意味で空気を読まないというか、
自分でボールを運んだり、決めきれる選手。
FT 7/8は今後も続けていって欲しいです。

そして選手紹介でも最後に呼び込まれたマルコム・ブログドン。
何から書けばいいかわかりませんが、KPは本当に最高の仕事をしました。
自分でいくのか、パスなのか読みにくく、技ありレイアップも多数。
パスの精度も高く、15pts、14astで2TO。
OTに入り自ら3PTを決めてリードを広げるあたり、頼もしいです。
オラディポと組ませるのが本当に楽しみ。

ベンチからはサンプソンが23分出場。ゴガの代わりに多めに出ました。
最初はちょっと硬さを感じましたし、ゴール下のオフェンスで
2度ほどもたつく場面がありましたが、良いハッスルを見せてくれそう。

アーロンは昨年との違いをあまり見ることができませんでしたが、
アシストにならなかったパスも含めて悪くはなかったと思います。
ただ、サムナーに一歩リードを許しましたかね。
10分のアーロンに対し、サムナーは20分出場。
オーバータイムにも出場し、フォックスのディフェンスを任されていました。

アルゼイも若さ全開でしたが、1本決められたのは大きい。
兄デーこと兄ホリデーもディフェンスを締めたい場面で呼び込まれ、
最後も良いディフェンスを見せてくれました。脚細い。

マクダーモットはフリーは外し、タフショットを決めるという
謎の修行をしていました。

アミダ・ブリマーに関してはいつ出場していたのか気付かず。すまない。

マコーネルと互助による新旧ミスターチームメイト交流会も
無事に終わりました。チームメイトを起こしにいく姿に
昨年とメンバーが変わってもチームカルチャーは継続していると感じました。

そしてベンチのゴガがかわいいです。
早く試合を見たい。

2試合目は今日の夜、また10時半からです。

IND 132 - 131 SAC

Game26:vsキングス【NBA_Pacers】

2018年12月09日 12:03

オーランドから戻ってback to backでキングス戦。
食中毒からなんとか復活したドマスが出場、同じものを食べたらしい
マクミランは無事だったようです。(多少影響はあったらしいですが)

この試合9点だったターナーですが、最初から力強くリバウンドを取り、
4ブロックと自分の仕事を見事にしてくれました。
タイリークは出だし3PTを決め、2アシストと素晴らしい滑り出しでした。
ゴール下での強さも見せましたが、やはりとんでもない凡ミスもありました。
イマイチ乗り切れませんが、ゴール下での強さもあり、
3つのオフェンシブリバウンドをもぎ取りました。

ドマス最初に数本外しましたが、途中から急にエンジンがかかり、
攻守に渡ってチームを牽引。ジョセフも11pts、5reb、8astと
要所要所で素晴らしいプレイを見せてくれました。

ドマスとのナイスコンビネーションを見せたマクダーモット。
ダンクに、突き放しの3PTで10pts。あれが無かったら
SACに逆転を許していたかもしれません。

ボーギーは3PTは1本でしたが、18pts。
FTは7本全て決めてくれました。毎度助かります。

そして復活のThad。
昨日から好調の3PT1本目を決め、ディフェンスでの貢献に加えて
20pts、9reb。38分の出場でしたが、たくさんのファンを
惚れさせていました。

SACはヒールドの3PTが大当たりした序盤でしたが、最終的に4/12に落ち着き、
もっと決められた印象のあるボグダン・ボグダノヴィッチも11点止まり。
フリーの作り方と、そこからのミドルを外さなかったフォックスは
脅威でしたが、Thadの復調したINDディフェンスでビエリーツァには
オフェンスであまり仕事をさせず。

チームリバウンド52-43で競り勝ち、オフェンス分も15-12。
前回プットバックでやられた分をしっかりお返しできました。

アーロンは得点はありませんでしたが、ナイスディフェンスで
接戦だった今日の試合でもプレイタイムを16分まで伸ばしました。
3スティールは見事です。

試合中味方の応援で立ったり座ったりを繰り返すオラディポ。
アウトオブバウンズのボールを取りに行こうとするオラディポ。
試合が終わっていないのに、コートに入ろうとするオラディポ。

もう試合出てても一緒じゃないですかね?



New