まぐれじゃなかったっぽいCLE戦の激闘【NBA_Pacers】

2017年04月05日 21:26

前半は良い所なかったし、結果論ですがランス・エフェクトは実在するようです。
Lance Tan salt

第1Qランスが準備を始めたときと、コートに入った時の
BLFの客の歓声は凄まじかったです。

最悪の出だしと厳しい前半でしたが、最大19点差を11点に縮めて前半終了。
試合後のインタビューではランスはちょっとナーバスになっていた模様。

第3Qはラプターズのミスもあり、ペイサーズがどんどん追い上げて
モンテの3とティーグの3でこの試合初のリードを奪う事に成功。
それでもデローザンがINDディフェンスをものともせず決め続けます。

そしてベンチから出てくるランス。
デローザンにマッチアップしますが、結局は止められず。
しかしデローザンはしかめっ面が増えた気がします。

ポールはランスからのアシストを受けて4ポイントプレイを決めたり、
3PTやジャンパーを積極的に決めました。
デローザンvsポールは先日のvsレブロンに続いて見応え十分でした。

ランスもジャンパーを決め、アウトサイドが不調のターナーへパス。
ターナーがこの3PTを見事に決めるとはしゃぐランス。
その後、ティーグがドリブルを細かく刻み個人技でレイアップを決めて
感情を爆発させて叫びます。

客の声援先導で次々に良いプレイが産まれました。

ティーグがランスにボールを預け、独特のドライブから
サドやんへの絶妙なアシスト。(これは決めたサドやんも見事)
試合が決まってからのレイアップでTOR選手と揉める最後も
ありましたが、チームや会場全体が活気づいてるのがよく分かりました。

ポールの3PTが決まった時にターナーが喜びをめいいっぱい表現したり
ベンチメンバーも立ち上がって応援。
ランスもベンチにいる時は良く立ち上がってチームメイトを
今もって客を煽っていました。

今シーズン1本しか決めていない3PTを2本決めたランス。
サドやんも左手首の怪我が少しずつ良くなっている様で
ゴール下も入る様になってきました。

そして何よりもランスがディフェンスで相手エースに立ち向かえるため
ポールが一人でオフェンスもディフェンスもやらなくて良くなったのが
最近のオフェンスの好調に現れているのかもしれません。
(ランスが相手を抑えているとは言っていません)

チームメイトの感情表現が豊かになった気がします。
ランスの影響がどこまであるのか分かりませんが、少なくとも
twitter上のINDファンも、今日の現地ファンも確実に熱が加わってます。

出場時間も25分とモンテの23分より多く、マクミランも評価している模様。
CJもティーグもランスに積極的にボールを回したり、チームメイトとの
関係も今の所良好の様子。

INDを出て行ってからの事をランスが忘れずに頑張る事ができれば
インディアナにとってかなり大きい補強となるかもしれません。
3年12Mの次はもっと大きな契約を結べるように頑張ってもらいたいです。

Season End - Game 7 @ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年05月02日 13:24

色々と書きたい事もありますがとりあえず結果だけ。
最後まで戦ってくれて良かったです。

長いシーズンお疲れ様でした。
ポール・ジョージが本格的に復帰、81試合に出場し、
プレイオフでスーパースターモードを見せてくれたのと、
ルーキーのマイルズ・ターナーが最終戦では若さを見せたものの、
これからが楽しみな若者であることも分かりました。

満点とはいかなくとも、怪我人が続出する中で、
プレイオフに出場、2位相手に7戦まで奮闘と素晴らしいシーズンでした。

IND 84 - 89 TOR
[Season End - Game 7 @ラプターズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

1stR Game vs ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年05月01日 07:29

Win or Go Home.
出だしの空気に飲まれたのはペイサーズでした。
ポールはボールを捌くだけでシュートにいけず。
18-6のランで下手するとこのまま試合が終わるのではないかという
重苦しいスタートでした。

このプレイオフで高額契約のチケットをてにしつつある
ソロモン・ヒルが3PTを決め、マヒンミの8点、そして
Qの最後にポール・ジョージの初得点となるFTを決めて22-20で終了。
ここはよくリカバリーできました。

が、伏兵コーリー・ジョセフに2連続3PTを決められ、
主導権を握られてしまいますが、残り2分を切ってからエリスのカウント、
ポールの3PTで2点差に戻しました。
デローザンのFTで4点ビハインドとなり、最後はTORオフェンスとなりましたが、
ポールがデローザンからスティール。そこからのオフェンスは
失敗しましたが、素晴らしい締め方でした。

そして第3Q。
モンテの3PTにスティールからヒルのレイアップ、
ターナーのブロックの後、ターナーのジャンパーで遂に逆転。
すぐに逆転されますが、ヒルの3PTやFTでリードを広げます。
TORの勢いが止まった様に見えましたが、残り1分49秒には1点差まで
追い上げてきます。

ポールがFTを2本沈め、マヒンミのブロック、キャロルの3PTミスの後、
スタッキーが自信なさげなジャンパーをようやく決めて5点リードへ。
ヒルもFTを沈めて6点連取となりましたが、ここから起こる18-0のランの
始まりに過ぎませんでした。
[1stR Game vs ラプターズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

1stR Game 5 @ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月27日 10:37

色々書きたい事はありますが、その気になったら書くかもしれません。
ポールの奮闘、ソロモンの最後の頑張りもありましたが、
フランク・ヴォーゲルが自ら試合を捨ててしまいました。

IND 99 - 102 TOR

今日取れていれば次のホームは最高に盛り上がったと思いますが、
次も「ケチャップ」が多く紛れ込む会場となるのでしょう。
やってはいけない試合をここ一番でやる、それが今季の
インディアナ・ペイサーズなのでしょう。

1stR Game 4vsラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月24日 06:53

負けるとかなり厳しい事になる第4戦でしたが、
出だしからパーフェクトとも言って良い展開で、
結果的に一度もリードを奪われる事無く快勝。

チームメイトを信じるといったポール・ジョージの言葉通り、
ヒルとマヒンミが、特にマヒンミが驚きのスーパースターモード。
テンディングぽかったですが、ミスを押し込むダンクに
ディフェンスを振り切ってのダンクと素晴らしかったです。

ヒルもアグレッシブで9/11という高確率。
ディフェンスで締めて相手TOを多く引き出し、
詰められそうにあるシーンはありましたが、10点差の壁を
破らせる事はありませんでした。

ターナーも2/13ではありましたが、ブロックにリバウンド
そしてヴァランチュナスを相手によくがんばりました。

後はやはりソロモンでしょうかね。
2本の3PTと数字には現れない部分のディフェンスだったり
リバウンドへの絡みだったりと、かなりピンチを救ってくれました。

3PTの当たりは今日も来なかったものの、第3Q終了間際の
チップインを決めたC.J.マイルズ。モンテだけは大人しかったですが、
ヒルとマヒンミがこれだけ活躍してくれると無理な話しかもしれません。

朝起きたかいがあったというものです。
あと、スコラありがとう。

TOR 83 - 100 IND

1stR Game 3vsラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月22日 12:09

前半しか見ていないので詳しくは書けませんが、
・せっかくヴァランチュナスを2ファウルに追いやる事ができたのにいかせず
・突っ込んでも、スクリーンで動かれても笛を吹かれない事にイライラ
 相手のディフェンスが良い事も相まってイライラ
 ゴール下で全く点が取れず、イージーバスケットもミス
 →ポール、スタッキーがテクニカル
・デローザン復活

で、後半もやり返せずにやられたという感じでしょうか。
ホームコートアドバンテージもまた相手に移ってしまいました。
もう一回くらいペイサーズが勝つところを見たいです。

TOR 101 - 85 IND

1stR Game 2@ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月19日 11:29

後半を見ていないので詳しく分かりませんが、デローザン以外の
TORの良さが出た試合となったでしょうかね。

前半はヴァランチュナス無双で好き放題やられ、
INDフロントコートは為す術なし。
更にマヒンミもターナーも腰を痛めるという悪循環。

前半はラウリーもデローザンも不調でしたが、
ラウリーはアシストで貢献、そして後半は復活したようです。

TOR圧倒の前半だった感じでしたが、5点差で終わったので
また何かが起こるかもしれないと期待しましたが、
さすがに地力でINDを抑えたようです。

ペイサーズはベンチが大人しく、ポールとモンテ以外の
得点が伸びませんでした。マイルズの3PTが当たってくれれば
もう少し競ることができると思うのですけどね。

一方のラプターズはコーリー・ジョセフが相変わらず素晴らしい。
パトリック・パターソンも厄介ですね。

次から2試合はインディアナでの試合です。

IND 87 - 98 TOR


New