ゴンザガ対決のウィザーズ戦【NBA_Pacers】

2021年03月30日 13:18

今日は八村君のウィザーズと対戦。
終始互角の対決となり、終盤に6点リードしてからずるずる崩れて敗戦。
取れる時に点を取れずリードを作れなかったのが響きました。

ブログドンは3PTを外さず決めていきましたが最終的に5/10。
悪くはありませんが、欲しい時に決められず。
ドマスもFTをもらい35点と奮起しましたが、どうもソフトな部分が
抜けきれず。12/19なのでこれ以上頑張れと言うのは酷ですが
やはり期待しているだけに辛い現状。

ジャスティンもターナーも終盤の3PTで一時リードを作るのに
貢献はしましたが、ルバートもシュートタッチが悪いままで
結局ブログドンとドマスの2人に頼るしかない試合でした。

そんな中、サムナーは引き続き良いプレイを見せましたし、
ゴガも7分という短い時間ながら8得点。もう少し長い時間任せても
良いと思います。プットバックもありますし、ブロックもできますからね。

ラムが途中足を痛めてロッカーへ。
マクダーモットも欠場している中、怪我人が増えていきます。

一方のウィザーズは最初から最後まで八村君が邪魔でした。(褒めてます)
良い所にいましたし、ミドルも上手い。ウエストブルックには
35pts、14reb、21astという異次元のトリプルダブルを達成されました。

また、元ブルズ組のギャフォードとハッチソンが非常に効いていました。
ギャフォードが途中で足を捻り車椅子で退場していったのが心配です。

勝ちたい試合でしたが、相手が強かった。

IND 124 - 132 WAS

ジェームズ・ハーデンはどうしてしまったのか【NBA】

2020年12月08日 08:23

他のチームの情報収拾どころかペイサーズの情報も追えていませんが、
ハーデンの文字を目にする機会が多く、何かと思ったら
キャンプに参加せず、コーチも居場所を把握していない状況とのこと。

大金を放棄してトレード要求などもありましたが、
結局トレードされたのはウエストブルックでした。

このトレード、特にウィザーズファンがジョン・ウォールの旅立ちを
悲しむツイートが多く見られましたが、チーム写真を見る限りでは
両名共元気そうです。

ウエストブルックは偉そうに座っている(様に見える)写真が出てきて笑わせてもらったり、
ウォールはチームメイトと既に溶け込んでいる様子。

とても良い写真です。

このままだとシーズンが始まって今まで通りの活躍ができたとしても
ハーデンに対する世間の見方が大きく変わってしまいそうです。

行く所全てで不満をぶちまけるポール・ジョージ君がかわいく見える前に
解決すると良いですね。

ハーデンの状況以外はウォールの入ったロケッツ、
ウエストブルックの入ったウィザーズは良いトレードをしたのではないでしょうか。

トレードとか契約延長とか【NBA】

2020年12月04日 09:03

トレードの動きも下火になっており、各チームこのままキャンプに
突入するものだと思っていたところに、昨日ビッグトレードが発生しました。

この2年怪我でプレイしていなかったジョン・ウォールと
ラッセル・ウエストブルックがトレード。八村君とどういうプレイをするか
観てみたかったですが、ウエストブルックとのプレイも楽しみです。

いろんな方のツイートで気付きましたが、
ウォールとカズンズはケンタッキー大の同期でした。
2010年ドラフトでウォールが1位、カズンズが5位で指名され、
10年経ってまた同じチームで合流。二人とも怪我明けという心配な部分はありますが、
ここからの復活に期待したいです。

また、レイカーズがレブロンと2年85M、アンソニー・デイビスと5年190Mの契約延長。
これであと残っているのはヤニスのスーパーマックスでしょうか。

元ペイサーズのグレン・ロビンソンIIIも無事キングスとの契約が発表されました。
GSWと契約したもののトレードで放出されるという辛い過去もありましたが、
ジャスティン・ホリデーがようやくホームと呼べる場所を見つけることができた、と
インディアナを選んでくれたように、今度こそ長く居られる場所になるといいですね。

シーズン再開 Game2/8:ウィザーズ戦【NBA_Pacers】

2020年08月04日 08:27

今日はオラディポが連戦には出場しない方針とのことで明日に備えてお休み。
前の試合欠場していたブログドンが出場。

連戦のウィザーズ相手にお付き合いをするスタートとなりましたが、
アーロンが八村君を抑え切ったり、ウォレンはディフェンスでも天才的なところを見せ
ターナーは早々にブロックと良い所は引き継ぎ、悪い所は修正できた様子。

八村君はバブルの天才得点王にマッチアップということで
なかなかの試練を与えられますが、これも良い経験になりそう。

ジャカーがベンチから4点を加え、20-21の1点ビハインドで第1Q終了。
ウォレンは少しシュートタッチに苦しんでいる様子。

第2Q
第1Q終盤から全く点の入らない両チームでしたが、
20−24とリードを広げられた所からようやく点が動き始めました。
チームとして3PTが全く決まっていなかった中、
サムナーがようやく3PTを決め得点を加えます。
しかしウィザーズも外がよく決まり、29−34でタイムアウト。

ブログドン、アーロン、マクダーモット、ジャスティン、サンプソンの5人。
ブログドンがFTを獲得した所でターナーとウォレンをコートに戻します。

アーロンが9点と序盤から好調を維持。
ウォレンのすごい所は、あれだけ得点が取れる事を証明したばかりなのに、
必要以上にボールを要求しない所。
自分で取りに行くところはしっかり攻めますが、この献身的な態度は
チームにとって大きな影響を与えそうです。

ブログドンが自分のショットミスを自ら拾い、レイアップを決めて39−38と逆転。
ジャスティンが八村君と交錯して肩から落ちましたが、そのまま試合に出場。
後で痛みが出てこないと良いのですが。

更にウォレンが決めてメンバーを変えてから10−0のラン。
八村君とスコフィールドのインサイドでの得点を防ぐと、
ウォレンがFTを獲得。第1Qでは少し苦労しましたが、
第2Qに入り、楽に得点を取るようになってきました。

ブログドンが3PTを沈め、46−40。
ブログドンとの合わせでターナーがダンク。
エンビード相手にはできない事ですが、こういうプレイが出るのは嬉しい事です。

ターナーはその後も3PTを決め、アーロンがプットバックレイアップを決めて
56−47で前半終了。
ウォレンとアーロンが11pts、ターナーが10pts、ブログドンが9ptsと続きました。

第3Q
ブログドンが3PTをミスしますが、リバウンドを取ったトーマス・ブライアントから
ボールを奪い取りレイアップを決めるウォレン。
八村君に得点をさせないディフェンスも素晴らしいです。

ターナーもディフェンスにリバウンドからの得点と前の試合とは別人。
単純にエンビードが苦手なだけだったのかもしれません。
プレイオフで当たった時には困りますが。。。

64−58となかなか突き放せないペイサーズ。
ブライアントに3PTを決められ、2点差に迫られますが、
ターナーのフェイクからのダンク、ウォレンのスティールからのアンド1で73−66。

ウォレンがファウルをもらいながらかなり難しいアンド1を決め、
この試合も23点で20点オーバー。
八村君にダンクを決められ78−68。

INDディフェンスが締まり、ターンオーバーを誘発したり、
ウォレンが2回もスティールからダンクを決め、最後は
ファストブレイクでサムナーのブーザービーターレイアップが決まり
90−68と一気に突き放して第3Q終了。

前半11ptsだったウォレンは第3Qだけで16ptsを取り27pts。
先ほども書きましたが、無理やりボールを要求する事なく
さらっとこの点数を取れるのは本格的にスコアラーとして
目覚めたのかもしれません。

第4Q
しかし急に得点の止まるIND。90−76と詰められ、タイムアウトを
取りますが、オフェンスはまたしても失敗。
ブログドン、アーロン、ウォレンをコートに戻します。
明日も試合なので本当であればもう休ませたかったところだと思います。

10−0と走られ、更にターンオーバーもありましたが、
ブログドンのFTでようやく得点を決めると、ウォレンの3PTで95−80。
ゴール下でもウォレンが強さを見せ、97−84。

先日トリプルダブルを達成したトロイ・ブラウンJrに3PTを決められ
10点差に詰められたところでターナーが3PTのお返し。

ボンガのFTミスを八村君が拾い、ジェローム・タケシ・ロビンソンが
3PTを決めて100−91。
タイムアウト後、ターナーがドライブしてレイアップをミスしますが、
ここでもチームを救うウォレン。リバウンドを取ってそのままレイアップ。
WASもロビンソンがまた決めてきますが、今度はブログドンが3PTでお返し。

最後まで楽に勝つことはできませんでしたが、致命的な展開になることもなく。
20点差くらいつけて後は若手に任せられるのが理想ではありますが、
最後の時間の使い方は久しぶりにうまかったです。

ターナーがファウルトラブルでないとリーフの出番はないということが
分かったこの試合。今日は少し出して様子を見てあげても良いかと
思いましたが、下を向かずに頑張ってもらいたいです。

IND 111 - 100 WAS
ウォレン 40min 34pts 11reb 4ast 3stl 4blk
ターナー 33min 17pts 9reb
ブログドン 35min 20pts 7reb 6ast
アーロン 36min 17pts
ジャスティン 2pts 8reb

八村君は9ptsということで前回の対戦の0点よりはあげましたが、
INDに苦手意識を持った可能性があります。
INDファンとしては嬉しくもあり、少し複雑ではありますが、
敵チームに所属しているからには対戦時は手放しで応援できません。
ネッツ戦に続き、個人でも不調、チームもバブル3連敗と
厳しい状況ですが、このアディショナルステージを経験できるだけでも
彼にとっては大きなプラスになると思います。

天才とジャスティンというグッドディフェンダーに付かれ、
ディフェンスでは天才を相手にしなければならなかったこの試合。
アーロンに抑えられたり、マコーネルに翻弄された部分もありましたが、
全て含めて経験です。頑張ってもらいたい。

ウォレンに関してはまさか2試合続けて30点を超えるとは予想を
遥かに超えてきました。
3PTが1本、FTが5本でも34点取れてしまう天才。
両エンドでチームに欠かせない存在となりました。
ターナーの復調も喜ばしいですし、あとはジャスティンがもう少し
オフェンスで、特に3PTの精度が上がってくるとオラディポや
ウォレンももっとやりやすくなりそうです。

バブル2連勝で良い再開を迎えられました。
明日はフロントコート対決に少し不安のあるマジック戦。
天敵テレンス・ロスも健在で気が抜けません。

12月に入ってからの八村塁【NBA】

2019年12月11日 12:10

12月に入ってからのウィザーズは1勝5敗とチーム状況は厳しいですが、
八村個人は安定しているようです。チームを勝ちに導くことが出来る
スーパールーキーとはなかなかいきませんが、凄いルーキーです。

12/2のLAC戦での30ptsゲームから、12月はここまでの6試合で
39.2min、20.6pts、FG.500、FT.947、7reb、2.6astのスタッツを残しています。

アテンプトも11月の9.8本から16.4本へ急上昇。
FTも1.6から3.8と打つ回数が増えています。
プレイタイムが25分弱から39分に伸びただけでなく、
しっかりと数字を残しているのは素晴らしい。

3PTに関しては3/15で21.4%とここは変わらず。
改善されたらリーグを代表するプレイヤーになれるかもしれません。

IND戦ではゴンザガの先輩ドマスとの会話が見られましたが、
先日のMIA戦ではオリニク先輩との絡みはあったのでしょうかね。

オリニクもネタにされガチではありますが、実力は割と優秀。
リバウンドを取るタイプのビッグマンではありませんが、
点もそこそこ取れて3PTを4割を越えています。
贔屓のチームにいないと応援できないタイプの選手ですが、
八村の良き先輩でいてもらいたいです。

それいけ八村塁【NBA】

2019年12月04日 12:47

今シーズンもペイサーズが楽し過ぎてあまり八村について
チェックを進めていませんでしたが、ようやくチェック。

19試合全てにスターター出場を果たし、
平均27.4min、13.3pts、5.6reb、1.6astをマーク。
キャリアハイは以下の通り。

最多得点 30
最多リバウンド 10
最多アシスト 4
最多ブロック 2
最多スティール 2

我らがゴガと比べてみましょう。
15試合に出場、平均13.4min、4.7pts、3.3reb、1.2blk。
キャリアハイは

得点 13
リバウンド 11
アシスト 4
ブロック 4
スティール 1

あれ、出場時間の割に意外と得点以外ではゴガ優秀だったり。。。

と、ゴガの話は置いておくとして、八村君がここまでやれるとは
正直驚きました。「日本人初の」という言葉を抜きにしても
NBAのルーキープレイヤーとして優秀な部類に入りそうです。

ルーキースタッツ
ポイント 
1 Ja Morant 18.6
2 Eric Paschall 17.3
3 Kendrick Nunn 16.1
4 RJ Barrett 14.7
5 Tyler Herro 14.4
6 Rui Hachimura 13.4

この6人の中でFG%が.487で2番目に高いですが、3PTは下から2番目の.211。
MIAのヒーロは平均5本打って4割越えていたり、ナンも6本近く打って.382。
八村は平均2本のアテンプトがありますが、ほぼ決まりません。

FT%は.844でトップだったりしますが、そもそものアテンプトが1.7と
2番目に少なく、バレットやモラントは5本以上貰えています。
チーム状況が違うので、八村のアテンプトを増やすのは彼の努力だけで
どうにかなるものではないかもしれませんが、3PTを改善する事で
オフェンスのバリエーションも増えそうです。

一桁得点でチームも負け、見たいなニュースもありますが、
NBAに入ってプレイしてるだけでも凄い事です。
インディアナ戦での0点はありましたが、点を取ってるだけでも
偉業という毎日を過ごしている八村。

先日のLAC戦での30ptsといい、これからも期待以上の
活躍を見せてくれそうです。

リバウンド
1 Brandon Clarke 5.9
2 Rui Hachimura 5.6
3 Eric Paschall 5.4

ザイオンが復帰してくるとまた色々と変わって来そうですが、
オールルーキー1stチームも狙えるかもしれません。

ゴガと八村、どっちを応援するのかという点については
ゴガに軍配があがりますが、IND戦以外は常に応援していきたいです。

ゴガ vs 八村塁のROY争奪戦 - ウィザーズ戦【NBA_Pacers】

2019年11月07日 13:16

連戦でホームに戻ってウィザーズと対戦。
ドマスが怪我から戻りましたが、ターナーは戻れず、ラムが欠場。
ブログドン、アーロン、ウォレン、サンプソン、ドマスがスタートでした。

ドマス対八村のゴンザガ対決や、ゴガ対八村のルーキー対決を
楽しみにしていました。

前半のゴガは楽にポイントを重ねていました。シュートの軌道が
とても綺麗です。WASは3PTが良く入り、嫌なパターンにはまるかと
思いましたが、マクダーモットが3PT好調、ウォレンも安定したオフェンスで
リードを奪っていきました。

アーロンも自分で全てを組み立てなくて良いからか、
彼の持ち味が出されていました。

ジャカーがリバウンドを取ってからコーストtoコーストで
八村相手にレイアップを決めたり、ドマス対八村のマッチアップでは
走り込んできたブログドンにナイスパスを出してレイアップをお膳立てしたり
八村君はオフェンスもディフェンスもあまり目立たず。

ビールのオフェンスを止める事は出来ませんでしたが、
相手ターンオーバーを誘発して自分達のペースに持って行けました。

第4Q、3PTを決められ83-94と、安全圏には入れず。
兄デーとマクダーモットを入れ替えます。
するとコートに残ったアーロンが3PTを決め、ホリデー家をアピール。
更にもう1本3PTを決めて、めっty(省略)
2本ともオフェンスリバウンドからのセカンドチャンスでした。

タイムアウト明け、CJマイルズお兄さんに3PTを2本返されます。
すると今度はマクダーモットとドマスの合わせでアンド1。
ドマスはここまで11pts、16reb、7astと先日更新したリバウンド自己記録更新と
トリプルダブルが視野に見えてきます。

89-103となり残り8分30秒。
昨日は二桁リードをあっさりと逆転されて負けているので安心できません。

ファストブレイクで走ったドマスに対し、ベルタンスが腕を肩に引っかけて
投げ飛ばすと、ドマスはすぐに立ち上がりベルタンスに向かうではなく
FTラインへ直行。ファウル直後二人ともポンポンと叩きあっており、
遺恨は残っていませんが、これはフレグラント1の判定。確かに危なかったです。

FTは1本しか決められず、次のオフェンスも失敗したのでここで一気に
決めにかかることもできず。WASもシュートを外すと今度は
ブログドンがドライブからファウルを貰いFT獲得。こちらは2本決めて89-106。

ドマスはよくイリーガルスクリーンを取られますが今日も取られます。
TDがかかっていましたが、ゴガと交代。見所がたくさんあって楽しいチームです。

その後がもすぐにファウルを取られてしまいます。
ヒバートも最初の数年はよくファウルトラブルに陥ってました。
ここら辺は試合に出て経験を積むしかありません。

マイルズお兄さんにレイアップを決められて残り6分で95-108。

いつの間にかヘッドバンドを外したビールにカウントを決められ10点差。
アーロンが3PTを外しますが、マクダーモットがリバウンドを取りFT獲得→2本成功。
更にブログドンのレイアップミスをゴガが拾いFT獲得→2本成功で100-114。

残り3分半、ここまでのINDはFG42本中、35アシストと
個人技ではなくチームとして戦えている情報が出てきます。

またしてもイリーガルスクリーンを取られるドマス。
ここでファウルアウトとなり、ゴガの出番。

アシストが云々書きましたが、ここでブログドンが時間をつかって3PTを沈めます。
104-119となり残りも2分。ほぼ決着がつきました。

前半にアルゼイが出て来て、難しめのファストブレイクを決めましたが、
最後は出番なし。ディフェンスは最後まで緩める事なく、106-121で決着。

そして最後は八村とドマスが肩を組んで仲良く話していました。
あまり接触しているのを見たことがありませんが、やはり先輩後輩の姿を
見ることが出来て嬉しかったです。

今日の八村君はFG0/5でキャリア初の0点ゲームとなってしまいましたが、
IND戦以外ではどんどん爆発しちゃって下さい。好調不調で色々言われる事も
あると思いますが、それも含めてのNBAプレイヤーです。

ゴガよりも優先順位は劣りますが、応援し続けます。
そのゴガは13pts、3reb。後半得点は伸びず、ブロックも0でしたが、
彼を加える事が出来たのはラッキーです。

昨日の悔しい敗戦から一点、しっかり勝つことができ、4勝4敗。
怪我人が多いなかでよく戦ってくれています。

ドマス 13pts 17reb 7ast
ジャカー 14pts 6reb
ウォレン 21pts 4reb
ブログドン 12pts 13reb
アーロン 18pts
マクダーモット 19pts 7reb

WAS 106 - 121 IND



New