ジョー・ヤングLAL入りの確率アップ?【NBA】

2019年06月28日 11:53

アンソニー・デイビスのトレードにWASが参戦。

LAL-NOP-WAS
 LAL獲得 Anthony Davis
 NOP獲得 Lonzo Ball、Brandon Ingram、Josh Hart
      4位指名権 (De’Andre Hunter)→ホークスへ
      21年1巡目指名権
      23年1巡目指名権(LALとNOPの高い方への交換権付)
      24年1巡目指名権(25年とどちらか選択可能)
 WAS獲得 Moritz Wagner、Isaac Bonga、Jemerrio Jones
      将来の2巡目指名権

LALとNOPによるADのトレードですが、WASが入りLALの
人員を更に放出、そしてADがトレードキッカーを放棄することで
32Mのキャップスペースを捻出したようです。

あと一人MAXオファーをかけられるようですが、
レブロン、AD、クズマのみとなったロスター+FAに
サラリー安くても良いと来てくれる人を探す事になるのでしょうか。

しかしこうなってくるとサマーリーグに参加するジョー・ヤングには
追い風の様な気もします。ボーゲルがHCですし、中国では
大活躍してきましたからね。大金を求めることもないはずです。
これはINDファンにとってはちょっと嬉しい一面ではあります。



New