リンキンパークと米澤穂信とダークナイト

2012年06月26日 15:27

NBAもシーズンが終わってドラフト後のFA解禁まで一休み。
先週はいろんな発売ラッシュでした。

LINKIN PARK / LIVING THINGS

前作から約2年ぶりのニューアルバム。
Burn It DownがTNTのプレイオフ映像として使われていて、NBAファンとしても
リンキンファンとしても嬉しい所だったけど、1曲目の" LOST IN THE ECHO"での
映像も見てみたかったなという印象。

---
続いて読書。米澤穂信の古典部シリーズ第5弾、
ふたりの距離の概算が発売されました。
アニメの氷菓の評判も良いみたいで、ファンが増えると嬉しいですね。

ハードカバーは2010年に発売されていて、6作目は現在出ていないので、
次を読めるのは相当先の事になってしまうのが残念。
---
最後に日曜日にテレビでやっていたダークナイト。
これまでバットマンシリーズをしっかり見たこともなく、なじみもなかったので
あまり気にせず見ていましたが、序盤見ただけで引き込まれました。
マホーンが出ていたからとかそういうのではなく、吹き替えでも
違和感なく見ることができました。ヒース・レジャーのジョーカーは
素晴らしかったですが、ジャック・ニコルソンのジョーカーも見てみたくなりました。

バットマンの乗っていたバイクがCGではなく実際に乗れるものとか、
病院爆破のシーンは本物でなかなか爆破されなかったのはトラブルで
あそこらへんの演技はアドリブだったとかいう話を聞いてますます虜に。

ジャッキー・チェンシリーズ以外でDVD/ブルーレイを買うことはほぼありませんが
買ってしまいました。amazonで2枚3000円ということだったので、
あと一枚も敵役が不気味な存在感を醸し出すノーカントリーをチョイス。
ダークナイトと似てるセブンでも良かったんだけど、ノーカントリーも
欲しかったので丁度良かったです。
 

クレイジーモンキー 笑拳

2011年11月20日 09:28

ジャッキー・チェン初監督作品のクレイジーモンキー 笑拳を観ました。

唐突な始まり方ではありますが、ストーリーがしっかりあり、
カンフーもしっかり見せてくれて酔拳系の笑える映画となっています。
追っ手のヤムの年齢が分かりませんが、おそらく白髪なので
それなりに年を取っていると思うのですが、行意門の老人達は
老いて弱くなっているのに対し、ヤムは強い強い。

途中で刀を持った刺客と戦うシーンがありますが、
切られてバシッと音が出ているのに普通に生きている謎の設定。

ジャッキーの筋肉も全盛期なのか、細マッチョの究極をいった様な
すごい絞り方。椅子のシーンや箸のシーンも見所ですが、この映画の
主題である笑拳、喜怒哀楽を最大限に表現する拳法で、
修行シーンも戦闘シーンも怪しいです。完全におかしいです。

哀拳では敵の協力がなければ成り立ちませんが、お笑い有りの
ジャッキーの面白さが出ています。
古い映画ではありますが今でもそれなりに観れました。

ゴールデンハーベストではなくてGoodyear Movieとありました。
この後ゴールデンハーベストに移るようですね。

ベスト・キッド (ジャッキー&ジェイデン)

2011年10月31日 16:44

ジャッキー・チェン、ジェイデン・スミスの
ベスト・キッドのブルーレイを購入したので観ました。

この映画のジャパンプレミアに行き、ジャッキーとジェイデンの
サインを貰い、映画館にも観に行きましたが、その時は吹き替えで
観てしまったので今回は字幕で。

ジェイデンの演技とか、股割り等の影の努力もこの映画のいいところ
なのですが、敵役の男の子の演技が最高だと思います。
あの憎たらしさを醸し出すのは相当ですよ。
その彼、チェンウェイ・ワンとワン・ツェンウェイの2種類の表記があり、
どちらが正しいのか分かりませんが、彼は素晴らしいです。

ブルーレイにはもう一つのエンディングとして試合後に
師匠同士の戦いもあります。本編では子供達しか相手にしていなかったので
これは嬉しい特典ですね。

もう一つの特典映像にジャパンプレミアの時の映像があり、
しっかりそこに映り込んでいました。ラッキーです。

この映画の気になるポイントはもう一つ。
バイオリンのオーディションのシーンで、メイの出番の前の子が
ピアノで弾いている曲があの呪いの館で流れている名曲でした。

オープニングじゃなくてプレイ中の方の音楽です。

七福星を見た

2011年09月13日 09:59

昨日ジャッキーのブルーレイの話題に触れたのに影響されて
七福星のDVDを見ました。といってもコレはサモハンの映画なので
ジャッキーは準主役で最後は「動けるデブ」っぷりが十分堪能できます。

そしてこの映画ジャッキーより目立っているのがユン・ピョウ。
この映画でのキレはなかなかのものです。スパルタンXでもキレキレでしたが
彼のアクションは本当にすごいですね。

で、ストーリーは置いておき、大福星ではいなくなった人も再登場。
三作目とあって豪華です。
ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウというと
プロジェクトAやスパルタンX、サイクロンZが有名ですが、
この福星シリーズも捨てられません。

エリック・ツァン、リチャード・ン、ジョン・シャムが良い味を出しています。
アンディ・ラウや倉田保昭も出てきます。

途中でオカマ軍団vsサモハンというシーンがありますが、武器を持った敵相手に
サモハンはカンフーで戦うのに味方の女刑事は容赦なく銃で撃っていくという
温度差が妙におかしかったりします。

この映画のすごい所は、ラストシーンで大暴れしたホテル(?)のロビーの
エレベーターが開き、中から延々と人が「何があったんだ?」と
言いながら出てくるところ。
エレベーターなのにどんだけ人が乗ってるんだ?
というのが突っ込みどころでは無く、香港映画を観たことがある人なら、
あれ、見たことあるな~という人ばかりが出てくる。
このシーンにしか出てこない人もいるそうなので、
当時のサモハンの力の強さが伝わってくる。

ジャッキー映画ブルーレイで登場

2011年09月12日 14:00

昨年はジャッキー・チェンのDVDデジタルリマスターで歓喜しましたが、
今年はBlu-rayで登場とのこと。シリーズ毎にボックスセットになっていたり、
日本公開版やそれに限りなく近づけたバージョン、日本語収録と
石丸ジャッキーにこだわりのある人は見逃せませんね。

自分はどちらかというとジャッキーの吹き替えよりも
サモハンの吹き替えに興味があるので、サイクロンZ、スパルタンX辺りは
ちょっと気になってしまいます。

プロジェクトA & A2 BOX SET 11/11発売
 

サンダーアーム & プロジェクト・イーグル BOX SET 11/11発売


スパルタンX & サイクロンZ BOX SET 12/9発売


その他、プロテクター(12/9)、新ポリス・ストーリー(12/9)、キャノンボール(12/9)
奇蹟 ミラクル(11/11)が発売予定となっています。
TWENTY FOUR ジャック・バウアー ブロック・レスナー マイケル・ジョーダン

重力ピエロ(映画)を観た

2011年08月12日 14:02

伊坂幸太郎原作の重力ピエロを観ました。
ほとんどの伊坂作品は2回以上読み直していますが、
この作品だけ再読していないことに気がつきました。

それなのでおおまかな内容は分かっていましたが、
映画を見終わった時に、こんな映画だったっけ?と
不思議な感じに。原作で蜂蜜作りが出ていたか覚えていませんが、
最後は蜂蜜甘いって笑うよりも親父の葬儀場で
空(煙?)を眺めながら語ってる原作の方が良かった気がする。

泉水:加瀬亮
春:岡田将生
父:小日向文世
母:鈴木京香
夏子さん:吉高由里子
葛城:渡部篤郎

小日向さんの若い頃はもうちょっとなんとかならなかったのか。
ギャグ映画かと勘違いしそうになった。
映画も原作も触れてない人は原作を読んだ方が良いと思う。

ER最終回を観た

2011年07月26日 16:54

先日とうとうERシーズン15の最終回を見終わりました。
最終シーズンまで放送してくれたNHK BSには感謝。
まぁ最後は録画に失敗して(延長バージョンだった)レンタルだったけど。
特番も見たかったな~

カーターが教わったグリーン先生。その娘に指導をして終わるという
歴史を感じる良ドラマだった。最終シーズンは過去シーズンに出てきた
人達もたくさん出てきてくれて懐かしい気分で終わらせてくれた。

カーター達が出なくなって視聴率が稼げなくなったようだけど
15シーズンも続けばすごいよな~と思う。最初から観たいけど
15×23話前後というのはなかなか厳しい・・・


New