Day58_NBAファイナル2011 ゲーム6【NBA】

2011年06月13日 13:58

結果から言ってしまうと、マブスがヒートを倒して
フランチャイズ初優勝を飾り、今シーズンが終了しました。
プレイオフも約2ヶ月に渡り、熱戦を繰り広げてきましたが
それも今日で終了です。

第4Q頭にまたDALが崩れかけたかな、と思いましたが、
バレアの3PTで84-77と踏ん張り、残り8分12秒には
89-77と二桁リードまで広げることに成功。

なかなか点数が縮まらず、時間だけが過ぎていき、気がつけば
残り2分を切って101-89とDALが優勝目前。レブロンが3PTを
決め、その後2回もオフェンスのチャンスを得ましたが、
レブロンとウェイドが3PTをミス。ここで決まっていれば
MIAの底力でどうにかできたかもしれませんが、ノビツキーが
キッドからのアシストを貰ってレイアップ。残り30秒で
103-92。MIAはパスを細かく繋ぎすぎてしまい、TO。
キッドへファールをしましたが、2本FTを決めて105-92。
最後にチャルマーズが3PTを決めましたが、すでに試合は
決まっていました。

ノビツキーは涙を見せたくないのか、時間が残っているときから
さっさとロッカーへ引き上げてしまいました。授賞式には
戻ってきましたが、いろいろ有ったとは言え、MIA選手と
お互いに健闘をたたえても良かったのではないかなと思います。

と言うことでダラス・マーベリックスがブレイザーズ、
レイカーズ、サンダー、そしてヒートを倒して
2011年のNBAチャンピオンに輝きました。
FinalsG6_1.jpg

トロフィーに集まるDAL一団
FinalsG6_3.jpg

ジェイソン・キッドもうれしそう
FinalsG6_4.jpg
[Day58_NBAファイナル2011 ゲーム6【NBA】]の続きを読む

Day55_NBAファイナル2011 ゲーム5【NBA】

2011年06月10日 14:23

勝った方が王手という非常に大切なNBAファイナル第5戦。
この後の2試合はマイアミで行われる為、マブスはなんとしても
勝っておきたい試合でした。

そのマブスが第4Q開始時点で84-79とリードしていましたが、
残り5分16秒にウェイドのナイスパスからハスレムがダンクを
決めて96-95と逆転されてしまいます。
更にノビツキーのショットが外れ、ウェイドが3PT。
一気に4点リードに成功したヒート。

しかし3分24秒にテリーが3PTを決めて100-100の同点。
またしても接戦で終盤を迎えることになりました。

レブロンのショットが外れた後、DALはノビツキーが
ゴール下に入っていってダンク。100-102。
続くMIAのオフェンスはレブロンのチャージングでTO。
お互いにオフェンスを失敗した後にキッドが3PTを
決めて100-105と5点リード。残りは1分26秒。

56秒にボッシュがFTを貰いましたが、2投目を外してしまい
101-105。3点差にできなかったのも厳しかったですが、
この後テリーがちょっと遠い位置から3PTを決めて
試合を決定付けてしまいました。
FinalsG5_1.png
ファールゲームを試みましたがキッドとテリーは
2投ずつ決めて逃げ切り。DALが3勝2敗で敵地マイアミに
乗り込むことになりました。

ここまであまり調子の良くなかったバレアが遂に爆発。
テリーもベンチから21ptsと層の厚さがようやく出ました。

一方のMIAはレブロンが17-10-10でトリプルダブル、
ボッシュも19-10でダブルダブル、ウェイドも23-8astと
活躍は見せていましたが、ウェイドは腰を痛めてロッカーへ
下がっている時間などもあり、レブロンが中心の時間が
多かったでしょうかね。ベンチからハスレムが10pts、チャルマーズも
15ptsと点は取っていますが、層の厚さ勝負ではDALに適わず。

やはりMIAはまだウェイドのチームですね。
[Day55_NBAファイナル2011 ゲーム5【NBA】]の続きを読む

Day53_NBAファイナル2011 ゲーム4【NBA】

2011年06月08日 18:17

NBAファイナル第4戦がダラスで行われました。
今日ヒートが勝つと王手ということでマブスにとっても
プレッシャーの掛かる試合でしたが、第4Q序盤、
いつもと同じように9点リードを奪われてしまいます。

何かこの時間へこたれる事が多いですね。今日は
序盤、ウェイドのFGが不調で、そこで点差を開いて
おけなかったり、ゲームを通じてレブロンがポイントでの
活躍ができていないのに接戦だったりとどうもぱっとしません。

それもそのはず、エースノビツキーが高熱だったからだそうです。
38℃とか39℃とか言われていましたが、マイケル・ジョーダンを
思い出してしまいますね。食中毒と高熱で38ポイントと取った
ジョーダン。ノビにも期待がかかりましたが、第4Qまでで
取ったポイントはなんと11点。明らかに不調です。

しかしテリーが繋ぎ、チャンドラーがリバウンドを取り続けます。
第4Q残り5分43秒、そのチャンドラーがプットバックレイアップで
78-77と1点差に詰め寄ると、チャンドラーがボッシュから
スティールしファストブレイクでテリーがレイアップを決めて
78-79と逆転。

更にMIAはウェイドもTOで、FTによる失点が1追加。
4分36秒からお互いにシュートが決まらず、2分16秒に
ノビツキーがFTで2点追加、78-82となりました。
その後、ボッシュもFT2本を決めて80-82。

またお互いに外し続けます。残り35秒にスティーブンソンが
3PTを打ちましたがミス、速攻に走ったウェイドへのパスが
見事通りましたがキッドがファール。大事なFTとなりましたが、
ウェイドが2本目をミスして81-82と
同点にすることができませんでした。

結果的にここが勝負の別れ目だったかもしれません。
残り30秒でDALは時間を使い切って攻撃するかと思いきや、
ショットクロックも10秒ほど残した段階でノビツキーが
レイアップに行き見事決めます。ここまで散々外して来ましたが、
ここぞという場面でしっかり決めたエース。

しかしMIAに残されたのは14秒。いろいろなケースが
考えられましたが、3PTを狙うのではなく、少ない時間で
2ポイントを確実に取ってきました。ボールを貰ったウェイドが
ダンクで83-84、残り9秒。ファールゲームとしてはDALにも
プレッシャーのかかる展開となりました。
そしてファールを貰ったのは今日好調だったテリー。
残り6.7秒でFT2本を決めて再度3点リード。
MIAの作戦は失敗に終わりました。

とは言っても3点差なので3PTを決めれば同点です。まだまだ分かりません。
そう、分からないはずでした。

タイムアウト明け、インバウンドパスを受けにいったウェイドが
まさかのキャッチミス。TOにはせずに何とかマイク・ミラーへ
パスを繋ぎましたが、無理な体勢から打った為、エアボールで
そのまま試合終了。何ともあっけない終わり方になってしまいました。
[Day53_NBAファイナル2011 ゲーム4【NBA】]の続きを読む

Day51_NBAファイナル2011 ゲーム3【NBA】

2011年06月06日 15:04

マイアミからダラスに場所を変えてのNBAファイナル第3戦。
ここから3戦連続でダラスホームの為、一気に3連勝で
優勝というシナリオも十分考えられました。

しかし第1Q終盤からペースを握ったのはヒートでした。
一時は14点リードを奪われたマブスでしたが、前半は
47-42と5点差まで追いついて終了。

しかし第3Q開始と共に8-0のランとされ、再び55-42と
二桁リードを許してしまいます。すると今度はDALが反撃、
キッドとノビツキーが連続3PT。55-51と点差を4点にします。
更にDALは攻撃の手を休めず、残り4分37秒にマリオンの
レイアップで57-57の同点に追いつきます。

テリーのショットで58-59と逆転に成功しましたが、
MIAはレブロンとチャルマーズの連続3PTで64-59。
DALはテリーが3PTをお返しし、64-62と接戦が続きます。

67-64とMIA3点リードで迎えた第4Q。
DALのオフェンスでしたが、レブロンのスティールから速攻で
ダンク。69-64。しかしバレアの3PTが決まり、なかなか突き放せません。

第4Q序盤にコートに飲み物がこぼれて一時中断。
後ろで変顔をする若者が登場。
FinalsG3_1.png

しかし「俺を映せよ」とばかりに前に出るナイスミドル。
FinalsG3_2.png

ノビツキーの3PTで70-70の同点、ボッシュのダンクで72-70、
バレアのフローティングジャンプショットで72-72、ボッシュのショットで
74-72とここでも一進一退の攻防が続きます。

すると、お互いにTO連発で1分半程、ポイントが止まります。
残り7分54秒ハスレムが2点を決めると、テリーは3PTをミス、
チャルマーズが3PTを決めて79-72とここで7点リードに成功。

このままMIAが勢いに乗るかと思いましたが、DALも
チャンドラーのプットバックダンクやノビツキーのレイアップなどで
ポイントを重ね、81-78まで追いつきます。
[Day51_NBAファイナル2011 ゲーム3【NBA】]の続きを読む

Day48_NBAファイナル2011 ゲーム2【NBA】

2011年06月03日 14:33

第4Q残り7分14秒、ウェイドが3PTを決めてヒートが
73-88と15点リードに成功。お互いにクラッチプレイヤーが
いるため、マブスが頑張ってもMIA有利かと思っていました。
これまでここぞという所で真価を発揮できなかったノビツキー。
今プレイオフ、ここまで何度も勝負強いところを見せてきましたが、
まさかここまでやる男だったとは。。。
FinalsG2_1.png
マブスvsヒートのNBAファイナルゲーム2は
ものすごい試合になりました。
途中見ている感じでは、とにかくMIAのディフェンスが素早い。
DALがいくらボール回しをしてもフリーを作らせない場面が
多く目立ちました。これまでMIAをオフェンス一辺倒だと
思っていましたが、それだけでここまで上がってこられるはずは
ありませんでしたね。BIG3に注目が集まりがちですが、
ディフェンスに関してはその他のプレイヤーも素晴らしいですね。

さて、先ほどの続きとなりますが、
15点リードされたDALはテリーがFT2本を含む6連続ポイントで
9点差まで詰め寄ります。マリオンとレブロンがポイントを決めた後、
今度はキッドが3PTを決めて84-90。残り4分近くを残して6点差。
ここまで来れば射程距離内。MIAはその勢いに飲まれたのか、
シュートが決まりません。
テリーが決めた後、ボッシュがTOでミス、そしてノビツキーが
2点を決めて88-90の2点差へ。

DALのディフェンスが機能してきたのか、BIG3がシュートを打てず
ハスレムがジャンプショットを放ちますがミス。
DALの追い上げモードとなりましたが、ノビのシュートはレブロンが
ブロック、キッドがリバウンドを取ったものの、ハスレムにスティール。

残り1分31秒、レブロンが3PTを打ちましたがミス。しかしリバウンドは
MIA。時間を使ってもう一度レブロンが3PTを打ちましたが、今度もミス。
更にハスレムがリバウンドを取りましたが、今度はテリーがスティール。

3対1のファストブレイクとなり、ノビツキーがレイアップを決めて
残り57秒で90-90の同点になりました。
タイムアウトが終わり、今度はレブロンではなくウェイドが
3PTを打ちましたがミス。残り35秒でDALボールとなります。
ゆっくり時間をかけるのかと思いきや残り26秒を残し、
ノビツキーが3PTをヒット。ここにきて逆転に成功します。
[Day48_NBAファイナル2011 ゲーム2【NBA】]の続きを読む

Day46_NBAファイナル2011 ゲーム1【NBA】

2011年06月01日 15:34

先ほどもティップオフまでの様子をアップしましたが、
ついにNBAファイナルが始まりました。ノビツキーの
神懸かり的なプレイでカンファレンスファイナルを制した
マブス。そして同じ様にレブロンも信じられないような
追い上げでイーストを制したヒート。
このようなクラッチ時に強いプレイヤーがいる者同士の
対決なので最後の最後まで気を抜けませんが、ヒートには
レブロンとウェイド、2つの選択肢が有る分、僅差で終盤を
迎えたらMIAが有利かもしれません。

さて、実際の試合はあまり集中して見ていませんでした。
思ったより興味が沸かなかったというのもあります。

苦労してきたベテランのキッドとノビツキーに
リングをあげたい、アンチヒートだからダラスに優勝して欲しい。
と、どちらのファンでも無い場合、DAL側に付く人が多いようです。

マイアミのチーム作りについて賛否両論というのは何度も
書いてきましたが、実際にはマブスもリーグ2位のチームサラリーで
ほぼ思う通りの補強が出来るチーム訳ですから、チーム作りについては
どっちもどっちだと思ってます。
その為、どちらかを応援という気分にもなれず。

これも何回も書いていますが、マイアミの成功によって
有力選手が集まるのが流行になるとリーグ全体を通してNBAが
つまらなくなるんじゃないかという思いで、ヒートの優勝は
ちょっと・・・と思ってきましたが、試合を見てると
やはりすごいプレイをしてます。DALよりMIAの方が
頂点に近いんじゃないかなと感じます。

と、試合とは全くかけ離れた内容になってしまいましたが、
そんな感じであまり見ていません(汗)
ヒートのディフェンスがお見事だったようですね。
まだ1戦目ですし、MIAのホームですから1敗は仕方ないかと思います。
第2戦でDALが取ればイーブンでホーム3連戦に望めるわけですし、
まだまだ分かりませんね。

DAL 84 - 92 MIA☆ BOX
Final2011_G1.png
[Day46_NBAファイナル2011 ゲーム1【NBA】]の続きを読む

NBAファイナル2011 ティップオフ【NBA】

2011年06月01日 10:23

とうとう始まりました。
マイアミ・ヒート対ダラス・マーベリックスによる
NBAファイナル2011。

NHKやその他の放送に比べてLPBBはやはりちょっと遅れての
放送のようなのでtwitterで眺めながら見てると時差があるそうです。
開始までの画像で雰囲気を楽しみましょう。

DAL:リック・カーライルHC
Rick Carlisle

MIA:エリック・スポルストラHC
Erik Spoelstra

試合前のヒートの闘魂注入
FinalsG1_1.png

ティップオフ
FinalsG1_2.png
DAL:キッド、スティーブンソン、マリオン、ノビツキー、チャンドラー
MIA;ビビー、ウェイド、レブロン、ボッシュ、ジョエルさん


New