黒い雨 / 井伏鱒二

2012年09月27日 13:56

井伏鱒二の「黒い雨」を読んだ。

ここの所、百田尚樹の永遠のゼロや、阿川弘之の雲の墓標
横山秀夫の出口のない海など、戦争に関する本を読むことが多かったですが、
黒い雨は、軍人視点ではなく、一般市民視点で語られる。

あらすじ
 一瞬の閃光とともに焦土と化したヒロシマ。不安な日々をおくる
 閑間重松とその家族… 彼らの被爆日記をもとに描かれた悲劇の実相。
 原爆をとらえ得た世界最初の文学的名作。

 

小説ではあるものの、被爆者・重松静馬の『重松日記』と
被爆軍医・岩竹博の『岩竹手記』を基にした作品であり、
主人公の名前も重松静馬の名を基にしている。とのこと。

怪我の状況とかは結構きつい表現がされていますが、これが現実に
起こった事だと思うと何とも言えない気分になりますね。
原爆投下時、多くの人が一瞬にして亡くなってしまったけど、
生き延びた人、苦しんで死んでいった人など悲惨という一言では
表現しきれません。

この小説でも直接原子爆弾の被害に遭っていないにも関わらず、
その後の広島を歩き回り、黒い雨に打たれ、傷を負ったことから
爆撃に遭った重松よりもひどい原爆症が症状がでる姪の矢須子が登場します。

この事は本の終盤で明かされますが、重松が軽い原爆症でありながらも
生き続けているにも関わらず、上の状況だった矢須子の方が苦しむという
原子爆弾の恐ろしさがひしひしと伝わってきます。

そして当時は敗戦=植民地化されるという意識が強いので
日本男子は全員去勢されてしまうのではないか、言論統制よりも
もっとひどい状況が待っていると思っていた国民。
言葉で言うと軽いですが、とても不安だったと思います。

敗戦は悔しいが、これでもう爆弾を落とされずに済むという台詞も
最もだと思います。

小説の内容も最後まで厳しい現状が続きますが、これが現実。
戦争は外交の失敗と言われます。今、日本は厳しい立場にいますが
(その理由については何とも言えませんが・・・)今の世で、
そして今後も戦争が起こらないことを願います。

永遠の0(ゼロ) / 百田尚樹

2012年08月30日 16:39

百田尚樹の永遠のゼロを読み終えました。
amazonのレビューを見ると比較的評価は高いけど、不満な人は
とことん不満な様子。受け取る側によって分かれるのは仕方ないですね。
それなので自分も思った通りの感想を。ネタバレを含みます。

あらすじ
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、
 なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は
 死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、
 1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

 
この作品は2013年に映画化されるそうですね。
山崎貴監督、岡田准一、井上真央、三浦春馬主演だそうです。

阿川弘之さん雲の墓標を読んだ際に、偉くなれば良い食事が食べられる印象を
受けましたが、戦地では全く別の話でした。
[永遠の0(ゼロ) / 百田尚樹]の続きを読む

雲の墓標 / 阿川 弘之

2012年08月23日 17:22

阿川弘之さんの「雲の墓標」を読み終えました。
1956年に出版され、戦後間もない頃の本という事を読んだ後に知りました。

あらすじ
 太平洋戦争末期、南方諸島の日本軍が次々に玉砕し、本土決戦が叫ばれていた頃、
 海軍予備学生たちは特攻隊員として、空や海の果てに消えていった……。
 一特攻学徒兵吉野次郎の日記の形をとり、大空に散った彼ら若人たちの、
 生への執着と死の恐怖に身をもだえる真実の姿を描く。

 
自身が海軍出身ということもあり、本の内容も事実に近いのでしょうかね。
上下関係の厳しさや訓練の厳しさも書かれていますが、淡々と書かれていて
次々に読むことができます。

以下ネタバレを含む感想。
[雲の墓標 / 阿川 弘之]の続きを読む

あるキング / 伊坂幸太郎

2012年08月08日 13:38

伊坂幸太郎の「あるキング」が文庫化されたので購入。
後書きによると、雑誌、単行本、文庫で結構な修正がされているようですね。

と、話がいきなり飛びますが、これを読む前に
横山秀夫の「出口のない海」を再読しました。昨年も8月前後に
読んだ記憶がありますが、この時期に読むと心への響き方が
増すような気がします。表現するのは難しいですが、いろんな感情が
浮かび上がってくるこの本。戦争は忘れてはいけないですね。
井伏鱒二の「黒い雨」や百田尚樹の「永遠の0」も読んでみたいとです。

さて、あるキングに話を戻します。
あらすじ
 天才が同時代、同空間に存在する時、周りの人間に何をもたらすのか?野球選手になるべく
 運命づけられたある天才の物語。
 山田王求はプロ野球仙醍キングスの熱烈ファンの両親のもとで、
 生まれた時から野球選手になるべく育てられ、とてつもない才能と
 力が備わった凄い選手になった。
 王求の生まれる瞬間から、幼児期、少年期、青年期のそれぞれのストーリーが、
 王求の周囲の者によって語られる。
 わくわくしつつ、ちょっぴり痛い、とっておきの物語。
 
今作でも言葉遊びが多彩で、王と求で「球」だったり、
「おーく、おおくをもとめるがいい」的な発言や他にも
少し笑える文章というのが散りばめられています。

王(キングス)に求められる、王が求めるという意味合いから付けられた名前。
しかし王というものは妬まれ、邪魔者扱いされるものでもある。

以下ネタバレを含む感想。
[あるキング / 伊坂幸太郎]の続きを読む

再読2冊 東野圭吾、我孫子武丸

2012年07月19日 16:33

東野圭吾のゲームの名は誘拐と我孫子武丸の殺戮にいたる病を再読してみた。

「ゲームの名は誘拐」は藤木直人と仲間由紀恵によって映画化されて
いたようだけど、見る機会はいまだに無い。最後だけどんなだったか
忘れてたので電車の中で良い退屈凌ぎになった。

「殺戮にいたる病」はやはり表現がエグいながらも、結末を知ってから
注意深く読んでも中々面白い。が、内容的には人を選ぶと思うので
おすすめしにくいのも確か。とにかくグロテスク。
叙述トリックを上手く使っており、最初に読んだ時は
ラストを2回位読んでようやく納得できるくらいだった。

伊坂幸太郎の「あるキング」が8月に文庫化される事を知ったので
また楽しみができてよかった。

ふたりの距離の概算 / 米澤穂信

2012年07月17日 15:41

米澤穂信の古典部シリーズ第5作目、ふたりの距離の概算を読了。

あらすじ
 春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの“古典部”に新入生・大日向友子が仮入部する。
 千反田えるたちともすぐに馴染んだ大日向だが、ある日、謎の言葉を残し、
 入部はしないと告げる。部室での千反田との会話が原因のようだが、奉太郎は納得できない。
 あいつは他人を傷つけるような性格ではない―。
 奉太郎は、入部締め切り日に開催されたマラソン大会を走りながら、
 心変わりの真相を推理する!

 

5作目になりホータロー達は2年生に進級。
いつまで経っても同学年のサザエさんのようなシリーズではなく
しっかりと成長しています。

マラソン大会中に思い出しながら真相を探るという内容。
悪くはないですが、特別面白いということもありませんでした。

現在雑誌などに掲載した古典部シリーズは2作たまっているとのこと。
あと数回出して単行本、そして文庫となるのには結構な時間を要しそうです。
次が待ち遠しい。

再読 古典部シリーズ / 米澤穂信

2012年05月28日 14:47

米澤穂信の古典部シリーズ4冊を一気に再読してみた。
・氷菓
・愚者のエンドロール
・クドリャフカの順番
・遠回りする雛

そしてこれを読み終わった所で、5作目、
ふたりの距離の概算 」が文庫で6/22に発売とのこと。

いやー嬉しいですね。
今アニメでも氷菓やってますが一応流し見しています。

氷菓のI scream部分に共感をして好きになったこのシリーズですが、
この先も楽しみです。


New