ポールはオールNBAチームに選出されず【NBA_Pacers】

2017年05月19日 04:16

タイトルの通り、ペイサーズにとって向かい風が吹き始めました。
プレイオフでキャヴスが負け無し街道を進む中、そこそこ善戦した
INDに集まるのが近道なのではないかとほくそえんでいましたが、
そもそもの大黒柱を引き止める頼みの綱が切れてしまいました。

ポールはオールNBAに選出される事で、他のチームよりも1年多く、
計70M程多く稼げるという契約が可能になるところでしたが、
それに届かず。

今となると、移籍先候補として挙げられるレイカーズにいけば
CMやらなんやらでその差は結構埋められるのではないかと思います。

オフにコービーとのワークアウト予定が入っているようですが、
そのコービーと比べられる事、インディアナにいる時とは比べ物に
ならないほどメディアで取り上げられる事に耐えられるのであれば
頑張ってみればいいじゃないですか、という感じでしょうか。
レフリー批判だったり、コメント上手とも言えない部分が
見受けられるのでそういった部分は少し心配です。
叩かれた時に活躍できるメンタルもこれから鍛えないといけません。

インディアナに残ればハッピーという訳でもないので
引き止める手だてはないかもしれませんね。
どうせ出て行くならINDで最大限の契約をしてから
サイン&トレードで送ってあげたいものですが、
また例年9位のチームを見るのも嫌なのでKPの手腕に期待です。

と、出て行く事ばかりを想定して書いてみましたが、
ポールに大金を払わなくて済むという事はその分のお金で
FAに手が出せるという事に繋がります。(ポール分かってる?)

幸いランスはあと2年格安で働いてくれる事ですし、
ターナーの成長見込みと、FA加入で今年よりも
打倒レブロンに近づく様な気がしますが、ポールが
それを容認できるかどうか。

今年ですらヘルプが足りないと感じていた事でしょうし、
ポールがペイサーズで優勝を目指す場合、
他にお金を回せる状況でないといけません。

優勝する為にはこれ以外に道はないと言えます。

バード最大の置き土産、ランス・スティーヴンソンが
ペイサーズにいる限り、観戦する楽しみは十分にあるので
来季もリーグパスは契約すると思います。
[ポールはオールNBAチームに選出されず【NBA_Pacers】]の続きを読む

今ポールに思う事【NBA_Pacers】

2017年05月08日 12:57

今日の明け方、キャヴスが無傷でイースタンカンファレンスファイナル進出を
決めた訳ですが、ラウリーの怪我があったとは言え、戦えるメンツを揃えた
ラプターズがこうも一方的にやられてしまうあたり、CLEの完成度が
昨年よりも増している気がします。

アーヴィング一人でチームを勝たせられるか、というのはまた別問題ですが、
彼の能力は自分が思っていたよりもはるか上を行っていて、
それがレブロンと組んでる時点でINDに勝ち目は本当にあったのかと
疑いたくもなります。

プレイオフ4試合合計の得失点差が451-435でマイナス16。
TORは4試合合計で465-404でマイナス61。

TOR-CLEシリーズが始まる前から思っていましたが、
シーズン終盤のペイサーズって戦えるチームになっていた気がします。
それが今日、もうちょっと強まりました。

ウォーリアーズやスパーズに入るならまだしも、
どこかのチームに移籍してもレブロンを倒せるチームってそこまで
多くない気がします。まだ戦っていないセルティックスに入ったら
若干可能性あるような気もしますが。。。

そんな中で晩年でもない今、打倒CLEをスローガンとして
チームを作れる可能性があるINDで戦いたいという意志が
ポールにあれば嬉しいですね。

もちろんお金のあるチームに比べて補強はうまく進まないと思いますが、
再建チームに入って今までINDでやってきた様な経験を一から積むよりは
若干基礎の出来つつあるINDで頑張った方が結果的に近道な気がします。

といってもレブロンがレブロンである内は正直難しいと思うので
彼が衰えるまでもう少し耐える必要はあるかもしれません。

INDファンでチームに思い入れもある、いちファンの感想なので
プレイヤー自身が持つ感想とは大きなズレはあると思います。

それでもポールが他のチームでプレイしたいという気持ちが
強いのであれば、バードからチームを託されたKPがどんなトレードを
行ってもそれはそれで仕方がないと受け入れられる気がします。

バード勇退の件は全く触れませんでしたが、
この数年間、一緒にやってきたケヴィン・プリチャードが
引き継ぎ、バードもアドバイザーとしてチームに残るようなので
あまり心配していません。(心配する程フロントの実力を詳しく知らないだけですが)

という訳で悪い意味ではなく、今後つきまとうであろうポールの移籍話は
本人の最終決定をただ受け入れるだけになりそうです。
インディアナで勝ちたいというエースにチームを引っ張って貰いたいですし、
プレイして欲しいです。

ポールはクラッチタイム活躍はできますが、
「これを決めれば試合を終わらせる事ができるショット」を決めるイメージが
そこまでありません。レブロンのあの3PTもそうですが、相手をお膳立てする
場面を作るだけで終わる事が多い気がします。

終盤10秒までは同点に追いつく事ができると信じられますが、
残り2秒で勝ち越しのブザービーターを決められるプレイヤーではない気がしています。

リラードなんかは決められる人ですね。
分かりにくい説明で終わります。

ネイト・マクミラン会見【NBA_Pacers】

2017年04月28日 11:16

ネイト・マクミランがシーズン終了の記者会見を行いました。

42勝40敗の7位でプレイオフ進出、一回戦をスイープ負けの今シーズン。
シーズン前のオフに色々動いた割に、昨年よりも3勝少なく、プレイオフでは
1勝も出来ずに終了。正直期待外れと言われても仕方のないシーズンでしたが、
レギュラーシーズン最後の10試合は5連勝を含む5勝5敗。
負けた相手はディフェンディングチャンピオンのみ。
その全てが接戦(実力差は雲泥の差ですが)という事もあり、あっけなく終わって
しまったのに、どこか期待が持てるような終わり方でした。

マクミラン
「今シーズンの目標はプレイオフに進出する事だった。再建ではない。
 その第一目標は達成できた。もっと一貫したプレイをする必要がある。
 我々にはそれができるはずだ。」

と、自分では確認してませんが、シーズン前には「セントラルでトップに立つ」
が目標と言っていたとかなんとか。。。いきなりあれれですね。

「もっとタフにならないといけない。リバウンドを取らなければいけないし、
 そのエリアを改善する必要がある。また、13勝28敗で終わったロードでの
 試合ももっと取らなければいけない。」

ーランスは来シーズンスターターで使うのか?
「ロスターのバランスを取りながら考えるからまだオープンだよ。
 ランスは以前もポールと一緒にプレイしていたし、一緒に良い
 プレイをしていたので、もちろんその可能性は十分にある。」

ーポール・ジョージの来シーズンは?
「ポールは契約下にある。良い話し合いが出来たし、
 彼は勝つことを望んでおり、チームも同じ事を望んでいる。
 私のプランではもちろん彼は戻ってくるよ。」

ーFAになるジェフ・ティーグとの今後は?
「ジェフとも良い話し合いができた。とても興奮していたよ。
 彼は本当に戻りたがってくれている。シーズンを通して
 成長を続けて終盤にはよくプレイしてくれた。
 カイリーに対しても良くチャレンジしてくれた。
 我々はもっと強くなれると思うよ。」

ーマイルズ・ターナーは4番と5番のどちらが適していると思いますか?
「両方ともプレイできるだろう。ラリーはまだマイルズのオフシーズンに
 ついて話をしていないけど、4番でも5番でもプレイできるだろう。
 去年イアン・マヒンミがいたように、別のビッグマンがいれば
 また話が変わってくるけど彼は多才だ。
 彼にはこのオフ、強さを身につけてもらいたい。一緒に計画を立てる
 予定だよ。まだまだ成長も続くだろうけど、まずは強さが必要だ。」

オフには元ペイサーズのジャーメイン・オニールとの特訓も約束されているターナー。
強さとゴール下での器用さを身につけて貰いたいものです。

ーランス・スティーヴンソンのチームへの影響はどうだった?
「ランスの加入は良いムーブだった。我々はエナジーや
 ブースト、情熱が必要と感じていた。シーズンを通して
 少し静かだし、もっとパッションが欲しいと思っていたけど
 彼がチームメイトの助けとなってくれたね。」

ーポール・ジョージの終盤のプレイレベルについて
「それはまさに話し合った事だった。
 新しいプレイヤーとのシーズンが始まって、一緒にプレイする事について
 少し時間が必要だった。バックコートにはボールを支配できるジェフが
 加入したし、4番にはサディアス、マイルズはセンターとしては
 初の試みだった。最初は手探りな部分もあったけど、お互いを感じるように
 なって来たと感じている。

 ポールが感じていたようにもっと上のレベルに進まなければいけない。
 来季はここからスタートできるし、ラッセル・ウエストブルックや
 ジェームズ・ハーデンの様にMVPレベルでプレイできると思うよ。」

シーズンが終わったばかりで、FAもトレードの話もない中なので、
特に真新しい話もなく、当たり障りのない会見となりましたが、
ティーグが戻りたがっているというのが本当であれば嬉しいですね。

ホームタウンでプレイする事の喜びに触れると、「じゃあポールもカリフォルニアだね」
となってもおかしくありませんけど。

週明けにはラリー・バードが会見を行います。
オールスター誘致にも積極的になっていますが、まぁこのオフは
天国と地獄の別れ目のスタート地点とも言えます。
まずは来季もマクミランでいくのか?が最初の注目点でしょうか。

パッションが足らないってあなた自身が淡々としすぎの気もしますが
そこはどうなんでしょうね。ヴォーゲルまでは必要ないですが、
ラリー・バードほどの深みを持ったポーカーフェイスとは違いますし、
もうちょっと態度で見せてくれてもいいのかなと感じました。
実際にプレイヤーがどう思ってるかは分かりませんが。

彼を辞めさせてくれと言うわけではありませんが、
そろそろマーク・ジャクソンをHCとして見てみたいんですね。


New