Game33:シクサーズ戦【NBA_Pacers】

2021年03月02日 13:19

気が付くと4連敗でプレイオフ圏外と下降しているペイサーズ。
1Qは互角でしたが、2Qで離され、3Qには一桁差に追い上げたと思ったら
そこから一気に30点ビハインドへ持っていく安定の弱さ。

ガベージタイムへの入りも遅く、この試合展開で34分も使われてしまうドマス。
ドマスが肘を使ってしまうとフレグラントになる事が多いですが、
やられてもコモンファウルだったり、今日はマクダーモットが
ベン・シモンズの肘により歯を折る場面がありましたが、何も吹かれず。

いや、シモンズがワザとやった訳ではないのは100も承知ですが、
あまりに不安定なジャッジには呆れるばかり。
ドマスは貴族なので肘を使うなんてはしたないというフレグラントと理解しておきます。

故意、故意でないだけではない判断基準が分かりません。

とは言え、今日はそれは試合結果にはなんの関係もありません。
ただの実力差です。

今シーズンのジャスティン、マクダーモットの働きには感謝しかありませんが、
セカンドユニットとして出てきてこその強みという部分もあるので、
単純にルバートやウォレンがいない影響が大きそうですね。
彼らが復帰した時に多岐にわたるオフェンスというのを期待します。

今日はサムナーが28分出場し、シーズンハイの18pts。
彼のアタックはもっと他の試合でも見たいです。

INDPHI.png
IND 114 - 130 PHI

キャシアス・スタンリーがダンクコンテスト参戦【NBA_Pacers】

2021年03月01日 09:02

チームとしてはあまり明るい話題のないペイサーズですが、
ルーキーのキャシアス・スタンリーのダンクコンテスト参加が発表となりました。

参加者は他に、
POR アンファニー・シモンズ
NYK オビ・トッピン
が発表済。

今年のダンクコンテストはオールスター本戦のハーフタイムに行われるとのこと。
現地3/7が本番となります。
8位のトッピンと54位のキャシーちゃんが同じ舞台に立てるとは
良い機会をもらえてラッキーですね。
オールスターが楽しみになってきました。

ドマスもいるので安心してオールスターを楽しんできてもらいたいです。

Game32:ニックス戦【NBA_Pacers】

2021年02月28日 15:12

サムナーのこのプレイかっこよかったなー


INDNYK.png
IND 107 - 110 NYK

Game31:セルティックス戦【NBA_Pacers】

2021年02月27日 11:00

デュラントが怪我の為オールスター欠場となり、スターターに昇格した
ジェイソン・テイタムとリザーブに繰り上げ当選したドマスのオールスター対決。

セルティックスがなぜこの順位にいるのかわかりませんが、
どうせシーズンが終わる頃には浮上してきていることでしょう。
ヒートといい、良くわかりませんが、ペイサーズが今の所4位にいるのも
不思議な今シーズン。

ドマス 6pts(2/4)、6ast
テイタム 2pts(1/7)、4reb、2ast
ブラウン 9pts(3/7)、2reb、2ast

頑張れオールスターズな前半は60−61でBOSが1点リードで終了。


ジャスティンの3PTで助けられていくものの、自力で離されていくIND。
終盤ブログドンとドマスの合わせによる良いオフェンスが見られたものの、
84−92で3Q終了

ドマス 17pts(5/9)、5reb、9ast
テイタム 7pts(3/13)、5reb、3ast
ブラウン 11pts(4/10)、5reb、4ast

4Q、アーロン、ラム、サムナーの頑張りで1点差に詰めたものの、
ケンバの連続得点で97−102。

終盤3点差追いつき、同点のチャンスもありましたが、
ジャスティンの3PTが外れ、タイスに決められてほぼ試合終了。
ファウルゲームとなりましたが覆らず。

色々と不満はありますが、負けは負け。
Eric Lewis, Mark Lindsay, Aaron Smithこの組み合わせは地獄とだけメモ。

INDBOS.png
IND 112 - 118 BOS

久しぶりの試合はウォリアーズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月25日 10:49

約1週間のお休み明けのホームでウォリアーズ戦。
ペイサーズからは誰もオールスターに選出されなかったので
大型連休が続くことになりそうです。

開始6分はステフのシュートが決まらず、助けられるものの、
ディフェンスを崩されてからの失点が多い印象。
ジャスティンとターナーの3PTが決まりますが、マクダーモットは決められず。
ターナーが早々に2ファウルとなりますがそのままコートに残りました。
残り4分、ついにステフの3PTが決まり、ドマスがチャージングで2ファウル。
二つともオフェンスでのファウルはちょっと厳しい感じ。

INDリードからGSWリードに変わり、コートに入ったマコネルのハッスルが目立ちます。
1Qからゴガが投入されますが、GSWがリードを広げ、23−16。
そのゴガ、ワイズマンを飛ばし、イージーバスケかと思ったらベイズモアにブロックされ
得点ならず。惜しいプレイでした。

最後はマコネルのインバウンズ泥棒から時間をキープして
うまく合わせで入ってきたサムナーのレイアップで2点を追加し、25−22で1Q終了。
最後の2ポゼッションは良いオフェンスができました。


2Q、マコネルのパスからドマスとマクダーモットが連続でFTを獲得。
4本決まって25−26と逆転。1Q終わりから8−0のラン。
ドマスのFT中心に得点を重ね、残り8分でペナルティとなります。
ワイズマン相手だと積極的に攻めていくドマスがファウルをよく引き出しました。。
アーロンの3PTで40−40とすると、マコネルのパスをドマスがうまくキャッチして
そのままレイアップ。危ういプレイでしたが見事に決めました。

しばらくGSWリードの時間が続きましたが、ブログドンの2連続レイアップで50−53。
ステフのFTで1点リードとなりますが、ターナーが体を当てながらシュートをねじ込みアンド1。
GSWはステフのフローターで点を重ね、56−58の2点リードで前半終了。

[久しぶりの試合はウォリアーズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む

2試合延期でプチ休暇のペイサーズ【NBA_Pacers】

2021年02月20日 08:37

ペイサーズの2試合が延期となりました。
 2/20 @ ロケッツ 悪天候
 2/22 vs スパーズ NBA’s Health and Safety Protocols.

これにより、前のウルブズ戦から次のウォリアーズ戦まで6日間のオフとなりました。
ブルズ戦から2試合オーバータイムでプレイタイムの多くなっていたブログドン、
ドマス、マコネルや、膝負傷から復帰していたマクダーモットにとっても良い休養となりそうです。

しばらく試合がないのは残念ですし、オラディポとの再会も延期となってしまったので
ドマスががっかりしていないか心配です。

この2試合が今後どこかに組まれることを考えると
手放しで喜べる訳ではありませんが、ひとまず体を休めて前半戦の最後を
乗り切ってもらいたいです。
postponed.png

2試合連続の・・・ウルブズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月18日 20:52

ブログドンがインサイドでもアウトサイドでも得点を取り、
最近の不調から脱出してきた様子。INDがセカンドチャンスからの得点を
伸ばすという珍しい展開で前半途中までは良い流れでしたが、途中から一転。
MINにセカンドチャンスからの得点を増やされ、ルビオのコントロールによる得点や
ナズ・リードが目立つ試合となります。

ルーキーのアンソニー・エドワーズにも派手にダンクを決められるなどして、
4Qには二桁リードを許しますが、アーロンが奮起。タフショットやリムアタックから
FTを獲得し、2本決めて残り7分12秒で95−100。

ブログドンが3PTを決め、2点差とすると、インバウンド時にラムがファウルされ
FT1本獲得、これを決めさらにブログドンの3PTがヒットし、102−100と逆転に成功。
すぐにタイに戻されますが、ラムのFTとドマスの見事なスピンムーブで107−102。
一気に勝ちモードへ。しかしエドワーズの3PTミスをMINに拾われ、タウンズがFT。
ここを防いでもう1本決めていきたいところでしたが、突き放せず。

ラムのショットで3点リードとしますが、マクダニエルズに3PTを決められて同点。
その後もリードを奪い合う展開になりますが、残り1分21秒、タウンズが3PTを決めて
114−119とMINがリードを広げました。

かなりきつくなったINDでしたが、ブログドンが珍しいボースハンドダンク。
ペイント内でタウンズに楽に決められ再び5点ビハインドになったところで
今日プレイタイムの伸びていたラムが3PT。2点差とし、リビオのショットが外れると
タイムアウトの残っていないINDはそのまま攻め、厳しいディフェンスに合いながらも
ドマスがゴール下でFT獲得。これを2本決め、最後はMINのオフェンス。
エドワーズの3PTが危うく決まりそうになりますがリムから弾かれてオーバータイムへ。

[2試合連続の・・・ウルブズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む


New