Indiana Fever...2012 WNBA Champion!【WNBA_Fever】

2012年10月22日 11:59

WNBAファイナル、ミネソタ・リンクス vs インディアナ・フィーバーの
ゲーム4がインディアナポリスのBLFで行われました。

敵地で先勝した後、それぞれのホームで1勝ずつし、2勝1敗と
王手をかけて望んだ今日の試合。

序盤からフィーバーが優位に試合を進めました。
第3Qに56-56と一度追いつかれたものの、タミカの3PTで突き放し、
その後は接戦が続くものの、追いつかれることなく、87-78で勝利。

このシリーズで24.8ptsをあげたタミカ・キャッチングスがMVP受賞。
今日も25pts、4reb、8ast、3blkとオールマイティに活躍。
女版レブロンと言っても過言ではありません。
更に、ロンドンオリンピック金メダル、WNBAファイナルMVPの偉業を達成。
(シーズンではディフェンシブ・プレイヤー・オブザイヤーを獲得)

チームのNo.2スコアラーのケイティ・ダグラスを足首の捻挫により
欠いたファイナルとなりましたが、周りが奮起してチームを立て直しました。
そして今日の試合、残り3.2秒の場面でそのケイティをコートに送るコーチ。
大声援が送られたそうです。早くハイライトが見たいです。

Lynx 78 - 87 Fever 15213
---
会場にはポール、ヒル、ランスがコートサイド付近で観戦していた様子。
ヒバートも会場にはいたようです。

レジー・ミラーも会場にはいませんでしたが、情報は追っていたようで、
優勝が決まった直後にツイートしていました。



第3戦ではダニー、ヒル、ポール、ボーゲルが協力し、4000席を購入、
そしてファンにプレゼントするという太っ腹な一面を見せました。
こういったフランチャイズでの交流は素晴らしいですね。

フィーバー先勝!【WNBA_Fever】

2012年10月15日 17:19

Best of 5で行われるWNBA Finals 2012。
ミネソタ・リンクス vs インディアナ・フィーバーの対決となりました。

フィーバーはケイティ・ダグラスが左足首の捻挫でやはり出場できず。
穴を埋めたのはラーキンス(Erlana Larkins)でした。16ポイント、15リバウンドで
タミカの20ポイントに次ぐ稼ぎ頭となりました。

タミカも20ポイント、6リバウンド、3スティール、4ブロックと活躍。
正直フィーバーの選手も相手チームの選手もさっぱりですが、
映像を見るとやはり面白いですね。


この動画最初のダブルスクリーンはお見事。
ダンクとか派手なシーンがある訳ではありませんが、基本的に
身長が高くない日本人のバスケプレイヤーはNBAよりもWNBAを
お手本にした方が使える部分が多いかもしれませんね。

Indiana Fever 76 - 70 Minnesota Lynx 14322

INDのHC(リン・ダン=Lin Dunn)はこんなおばあちゃん。
201210142120768399271-p2.jpg(AP Photo/Stacy Bengs)

Indiana Fever goes to Finals【WNBA_Fever】

2012年10月12日 13:02

普段からWNBAを見ているという訳ではありませんが、
プレイオフともなるとインディアナ・フィーバー贔屓で
情報だけは追ってしまいます。

イースタンカンファレンスファイナルの第2戦で、
シャボンテ・ゼロウス(Shavonte Zellous)が残り0.5秒で
勝ち越しシュートを決めて1勝1敗のタイにして迎えた今日のゲーム3。

ケイティ・ダグラスが左足首を捻り病院へ直行という事故はありましたが、
エース、タミカ・キャッチングスがチームを引っ張り、
リードチェンジは第1Q最初の1回だけと圧勝。
87-71で2回目のWNBAファイナルへと駒を進めました。

タミカは22ポイント、13リバウンド、4アシスト。
今シーズンはDefensive Player of the Yearを受賞。
670636780.jpg@ScottAgness

今度こそ優勝してもらいたいですね。

パラリンピック車椅子バスケを観た

2012年09月03日 10:16

Eテレで放送されていたロンドンパラリンピック
車椅子バスケの日本対ドイツを観てみました。

すごく面白いですね。
コートは同じでFTラインも3PTラインも同じ場所。
車椅子に座ったまま決めるのは圧巻です。

そしてスクリーンはもう物理的に動けなくなるので
5人でどう動くかというのが特に重要になるようです。

クイックターンとかもすごい速さでする選手がいて
迫力満点でした。

ダブルドリブルはなくてドリブル中に
車椅子の操作ができるのは2回までというルールなのですが
正直早くて自分の目ではカウントできませんでした(笑)

ドイツの選手がパスカットをするシーンがあったのですが
それも腕が伸びてすごかったです。

昨日観た対ドイツ戦は第3Qまでは接戦だったのに
第4Qで一気にやられてしまい残念でした。

他の競技では走り幅跳びの選手が義足で踏切をしていたり、
想像以上に人間のすごさを実感できるパラリンピック。

もっと放送枠増やしてもいいと思います。
NHKはもちろんですが、24時間テレビを放送している日テレは
どうなのでしょうね。

最も稼いでいるアスリート

2012年06月25日 17:23

以前、最も稼いでいる30歳未満が発表され、レブロンが3位だった
というものがありましたが、今回はアスリートの稼ぎトップ100
というものを発見。

1.フロイド・メイウェザー 35歳 ボクシング 85ミリオン
2.マニー・パッキャオ 33歳 ボクシング 56ミリオン
3.タイガー・ウッズ 36歳 ゴルフ 59.4ミリオン
4.レブロン・ジェームズ 27歳 NBA 53ミリオン
 サラリー:13ミリオン 契約:40ミリオン(ナイキ、マクドナルド、コカ・コーラ等)
5.ロジャー・フェデラー 30歳 テニス 52.7ミリオン
6.コービー・ブライアント 33歳 NBA 52.3ミリオン
 サラリー:20.3ミリオン 契約等:32ミリオン
7.フィル・ミケルソン 41歳 ゴルフ 47.8ミリオン
8.デイビッド・ベッカム 37歳 サッカー 46ミリオン
9.クリスティアーノ・ロナウド 27歳 サッカー 42.5ミリオン
10.ペイトン・マニング 36歳 NFL 42.4ミリオン

33.ドワイト・ハワード 25.6ミリオン
 サラリー:14.6ミリオン 契約等:11ミリオン
34.ケビン・デュラント 25.5ミリオン
 サラリー:12.5ミリオン 契約等:13ミリオン
35.ドウェイン・ウェイド 24.7ミリオン
 サラリー:12.7ミリオン 契約等:12ミリオン
44.カーメロ・アンソニー 22.9ミリオン
 サラリー:14.9ミリオン 契約等:8ミリオン
46.アマレ・スタウダマイヤー 22.7ミリオン
 サラリー:14.7ミリオン 契約等:8ミリオン

NBAよりもNFLの方が平均的には高そうですが、レブロンが27歳にして
群を抜いています。名実共に手に入れた彼は今後どうなるのでしょうか。
今シーズンのダラスを見ると、連覇の難しさというものを痛感します。
まだ比較的若いので燃え尽き症候群とはならないでしょうが、これまでとは
違うモチベーションが必要となることでしょう。

Highest-Paid Athletes 2012

17連敗とオラジュワンの娘【WNBA】

2011年08月15日 15:19

昨シーズン、NBAではクリーブランド・キャバリアーズが
26連敗という不名誉な大記録を作ってしまいましたが、
現在WNBAでもタルサ・ショックがレコードタイの17連敗と
いうところまで来ているそうです。

元々はデトロイト・ショックだったこのチーム。
2003年に初優勝、2006年、2008年にも優勝を経験している
強豪でありましたが、2009年シーズンを最後にタルサへ移転。

昨シーズンには元陸上選手のマリオン・ジョーンズが
所属していたチームでもありますが、今年の7月21日に
解雇されています。

現在1勝22敗と非常に厳しい状態ですが、次の日曜日に
LAスパークスと対戦。この試合に負けてしまうとWNBA記録の
18連敗となってしまいます。

で、このチームの情報を見ていたら気になる名前がありました。
Abi Olajuwon
アビー・オラジュワン?そう、オラジュワンの娘さんだそうです。
2年目の選手で、今の所活躍はないようですが、
ちょっと期待してしまいますね。
Abi Olajuwon Tulsa Shock

Feverから二人がオールスター選出【WNBA_Fever】

2011年07月15日 17:30

WNBAのインディアナ・フィーバーから
Fのタミカ・キャッチングスとGのケイティ・ダグラスの二人が
オールスターのスターターに選出されたようです。
しかもタミカはトップ選出だそうです。素晴らしいですね。
おめでとうございます。

フィーバーのこの勢いにあやかってペイサーズも
浮上したいものです。
Catchings and Douglas
Tamika Catchings is Top Vote-Getter in 2011

フィーバーは現在10勝3敗で両リーグを通じてトップ。
イースタンの2位はニューヨークの8勝5敗なので
かなり調子がよいみたいですね。


New