【NBA】今後の変化【Pacers】

2010年04月14日 22:57

シーズン終盤にすごい勢いで勝ち星を増やしましたが、
今のロスターで戦うのも明日の試合が最後となります。

契約最終年の選手は
Earl Watson
Luther Head
の二人。プレイヤーオプションでT.J.Ford もチームを去る可能性があります。

さて、このフォードですが、シーズン途中に18試合ベンチに置かれたり、
シャーロットにトレードされそうになったりと散々な年でした。
おそらくチームを去る事になるでしょうね。

ワトソンももっと勝ち星を見込めるチームを求めて行くかもしれません。

また、Murphy、MDJ、Foster、Solomon は来季が契約最終年となります。

そんな彼らの夏のトレードの可能性が書かれていたのでメモしてみました。
Pacers' dreadful season ends tonight, and roster changes to follow

Troy Murphy
 実際にトレードの打診のあったマーフィー。ダブルダブルを見込めて、
 シュートレンジも広い、相手のPFを外に引き出せる能力は彼のディデンス力の
 なさを十分カバーできる。しかし、HCのオブライエンは彼の3PTをこよなく
 愛している。また、さらに良い条件でトレードする為に2月の
 デッドラインまでトレードを保留するかもしれない。
 トレードの可能性:60%

T.J.Ford
 オブライエンのシステムを理解していないらしい。
 ラプターズとペイサーズにおいて、Jose Calderon、Jarrett Jack、
 Earl Watson にその場を追いやられるという辛い人生。
 トレードの可能性90%

Mike Dunleavy
 多才ではあるが、なにせ給料が高い。受け取り先を見つかられるかが心配。
 来季1060万ドルを手にするプレイオフ未経験プレイヤー。
 ペイサーズに来てから怪我に悩まされ、その半額の価値も活躍したか微妙な所。
 ただ、確かに能力は高い。でも怪我がち、波があるので金額とは釣り合わず。
[【NBA】今後の変化【Pacers】]の続きを読む

[NBA]2チームがシーズン終了

2010年04月14日 14:01

ペイサーズの日程が全て終了後にこちらの更新開始と書きましたが、
シーズン終了してしまうとペイサーズ関連のニュースがなくなり、
ペイサーズの応援ブログとしてのスタートとしてどうか、ということで
今日からこちらで更新することにしました。

明日でレギュラーシーズンが全て終了となりますが、早くも2チームが
今日のゲームでシーズンを終えました。
ナゲッツとキングスです。ナゲッツはプレイオフがありますが、
キングスは文字通り今シーズン終了です。

ルーキーTyreke Evans の活躍により、一時は話題を集めましたが
今年も下位グループへ。しかし、そのEvans ですが、
20.3pts 5.3reb 5.8ast でルーキーオブザイヤーの最有力者とされています。
ルーキーシーズンに20ポイント5リバウンド5アシストを記録したのは
オスカー・ロバートソン、マイケル・ジョーダン、レブロン・ジェームズに次いで
4人目とのこと。これはものすごい記録ですね。今後のEvans に期待です。

本日の試合結果
 セルティックス 93 - 101 ブルズ
 ジャズ 103 - 94 ウォリアーズ
 キングス 100 - 106 レイカーズ
 ナゲッツ 101 - 123 サンズ

ジャズ、サンズが勝ってナゲッツが負けということで、
3位 UTA 53-28
4位 PHX 53-28
5位 DEN 53-29
となりました。明日の勝敗でまた順位が変動しそうですね。


New