【NBA】各チーム応援ブログの状況

2010年04月16日 19:17

プレイオフに進出するチーム、しないチームの
応援ブログをのぞいてみました。

ペイサーズはこの後、トレードとかドラフトの話題が入るまで
あまりニュースになることはないと思うので、しばらくの間
情報を手に入れられる事ができるチームを応援してる方達が
ちょっとうらやましいです。

Clutch Timeさん
Post season

I Love Lakers! NBA BasketBlog.さん
レイカーズ プレーオフ一回戦ゲームスケージュール

Go New York Go!さん
NBAプレイオフ: 希望的予想

じゃずじゃが@NBAさん
プレーオフ第五位

ユタ・ジャズ信者のブログさん
レギュラーシーズンが終わりました

今後の展開について触れられているものをピックアップ。
やはりプレイオフ進出チームの場合は希望に満ちていて
良いですね。

【NBA】2010プレイオフ組み合わせ

2010年04月16日 14:26

今更ですが現地時間17日から始まるプレイオフの組み合わせをチェック。

と、その前に災難続きだったブレイザーズから止めの一発とも
言えるようなニュースが。。。

Roy to have knee surgery, will miss playoffs

ブランドン・ロイが膝の手術のため、プレイオフを欠場とのこと。
“This was not an easy decision to make,”というコメントを残しています。
復帰までに4~6週間かかる見込みだとか。

今シーズンのブレイザーズと言えば、Greg Oden、Joel Przybilla が
怪我で早々のシーズンエンドを迎えるという波乱ばかりでしたが、
最後の最後までついてないですね。

さて、プレイオフの組み合わせですが、まずは順位から。
      西       東
1位  LAL (57-25)  CLE (61-21)
2位  DAL (55-27)  ORL (59-23)
3位  PHX (54-28)  ATL (53-29)
4位  DEN (53-29)  BOS (50-32)
5位  UTA (53-29)  MIA (47-35)
6位  POR (50-32)  MIL (46-36)
7位  SAS (50-32)  CHA (44-38)
8位  OKC (50-32)  CHI (41-41)

サンズは一時期調子を落としてた印象があるのですが、終わってみれば3位。
アマレもトレード騒動から一転、残留となりましたが、
ナッシュとのホットラインは健在なのでしょうか。

イースタンではシーズン前はキャブス、マジック、セルティックスの3強と
いわれていましたが、ホークスが入り込み4強時代へ突入。
BOSはレイ・アレンにトレード話が浮上するなど、BIG3のラストシーズンの
可能性もありますが、王座奪回となりますかね。
[【NBA】2010プレイオフ組み合わせ]の続きを読む

死神の精度 / 伊坂幸太郎 再読

2010年04月16日 11:56

前回読んだのが去年の11月ということで
結構忘れてる部分もありながら楽しめました。

伊坂幸太郎の死神の精度。

やっぱり千葉さんはいい味出してますね。
魔王で出てきた時はそれほど存在感なかったけど
やはりこちらではその魅力をたっぷり醸し出しています。

今回ツボにはまったのは、
味覚が無いため、人に合わせて食べたりする彼ですが、
肉を頬張りながら
「これは」 「やばいくらいに」 「うますぎる」としゃべる盛岡。
それを真似して同じように
「これは」 「やばいくらいに」 「うますぎる」と、
人参を食べながらいう始末。

すかさず「バカにしてんのか?」との突っ込みが。
この他にも結構笑えるシーンがあって好きな本です。

そしてラストのジャケットとミュージックで一冊が繋がる所で感動。
前回も同じ事書いていたのに、オチを忘れてました。
次は何を読もうかな~

【NBA】09-10シーズンスタッツ【Pacers】

2010年04月16日 10:35

リーグの得点王とかも気になる所ですが、まずは
今シーズンのペイサーズのスタッツをおさらい。

Indiana Pacers 32勝50敗 (昨季:36勝46敗)
 1988-89シーズン以降のワーストレコード。
 ドラフト権は10位を獲得。オブライエンの続行は確定的。

皆勤賞 Brandon Rush
得点  Danny Granger 24.1
リバウンド  Troy Murphy 10.2
アシスト  Earl Watson 5.1
スティール  Danny Granger 1.52
ブロック  Roy Hibbert 1.62
ファール  Roy Hibbert 3.5

FG% トップ:McBob .521  最下位:Hansbrough .360(要改善)
FT% トップ:Granger .848  最下位:McBob .500

個別スタッツ
D.Granger 62G 36.7min 24.1pts 5.5reb 2.8ast 1.52stl 
T.Murphy 72G 32.6min 14.6pts 10.2reb 2.1ast 1.0stl
R.Hibbert 81G 25.1min 11.7pts 5.7reb 2.0ast 1.62blk
B.Rush 82G 30.4min 9.4pts 4.2reb 1.4ast
E.Watson 79G 29.4min 7.8pts 3.0reb 5.1ast 1.32stl 

T.Ford 47G 25.3min 10.3pts 3.2reb 3.8ast
D.Jones 76G 24.9min 10.2pts 3.0reb 2.0ast
M.Dunleavy 67G 22.2min 9.9pts 3.5reb 1.5ast 
T.Hansbrough 29min 17.6min 8.5pts 4.8reb 1.0ast
L.Head 47G 17.3min 7.6pts 1.7reb 1.5ast
A.Price 56G 15.4min 7.3pts 1.6reb 1.9ast
J.McRoberts 12.5min 4.3pts 3.0reb 1.0ast
S.Jones 52G 13.0min 4.0pts 2.8reb
J.Foster 16G 15.9min 3.1pts 5.1reb

昨シーズンとの比較とバードのコメントはまた別の機会に。


New