10/30 9ゲーム【NBA】

2010年10月31日 21:17

本日は9ゲームが行われました。
 WAS 95 - 99 ATL
 SAC 107 - 104 CLE
 POR 100 - 95 NYK
 PHI 86 - 99 IND
 DET 91 - 101 CHI
 MIN 89 - 109 MEM
 DEN 107 - 94 HOU
 CHA 88 - 98 MIL
 NOH 99 - 90 SAS

ポイントリーダー
 D.ローズ(CHI) 39 / B.ロイ(POR) 、O.J.メイヨ(MEM) 29
アシストリーダー
 M.コンリー(MEM) 、B.ウードリー(SAC) 11 / A.ミラー(POR) 10
リバウンドリーダー
 J.ノア(CHI) 17 / W.チャンドラー(NYK) 16 / R.ヒバート(IND) 13

気になる選手の個別スタッツ
 ジョン・ウォール(WAS)
  42分 28ポイント 5リバウンド 9アシスト 3TO

 タイリク・エヴァンス(SAC)
  41分 21ポイント 7リバウンド 6アシスト 2TO

 ウェイン・エリントン(MIN)
  29分 15ポイント

 ハシーム・サビート(MEM)
  7分 5PF

 クリス・ポール(NOH)
  31分 25ポイント 7リバウンド 5アシスト 3TO

 ブランドン・ジェニングス(MIL)
  40分 20ポイント 10リバウンド 10アシスト 3TO

PGは意図的にTO数を混ぜていますが、今日はみんな低めですね。
ジェニングスはトリプルダブルを達成。CP3も多くはないプレイタイムで
素晴らしい活躍しています。さすがですね、コリソンのお師匠さん。

エリントンはハンズブローの大学時代のチームメイト。
サビートはヒバートと似た名前の身長なので気になっていますが、
今日はちょっと残念な出来でした。

ゲーム3 vsシクサーズ【NBA_Pacers】

2010年10月31日 12:02

ペイサーズの3試合目はインディアナでホーム初戦、
相手はシクサーズ。ちなみに次の試合はフィラデルフィアでまた対戦です。
ハロウィンということもあり、こんなお客さんも。
パックマン

第2Qに一時13点のリードを奪われたものの、3分間で13-0のラン。
ラストプレイはフォードのワンマンプレイで決め、51-51の同点で前半終了。

第3Qに入ると、ダニーがジャンプショットと3PTを立て続けに決めて5点差。
コリソンがスティールからそのままダンクを決めたり、
ハンズブローのスティール→フォード→McBobのダンク&ファールで
このFTを外しましたが、MDJがリバウンドを拾ってそのままシュート。
結果的に4ポイントプレイとし、78-66で第3Qを終えました。

この第3Qのプレイが素晴らしかったです。
第4Qに入っても相手のオフェンシブファールを誘ったりと
ペイサーズボールになることが非常に多かったです。

途中で雑なプレイも混ざりましたが、ポールが3PTを決めたり、
オフェンスリバウンドを奪ったりと何とかリードを保ったまま
86-99でホーム初勝利&2連勝としました。

試合がほぼ決まったらすと1分半でしたが、ペイサーズが時間を使って
シュート→外れる→オフェンスリバウンドを繰り返し、
ファールゲームにすることも避けることができました。

McBobとハンズブローのインサイドはなかなか面白いですね。
[ゲーム3 vsシクサーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

10/29 12ゲーム【NBA】

2010年10月31日 09:58

昨日の分の結果とスタッツです。

 IND 104 - 101 CHA
 SAC 100 - 106 NJN
 ATL 104 - 101 PHI
 CLE 81 - 101 TOR
 NYK 101 - 105 BOS
 OKC 105 - 104 DET
 ORL 70 - 96 MIA
 MIL 85 - 96 MIN
 DEN 95 - NOH 101
 MEM 91 - 90 DAL
 LAC 91 - 109 GSW
 LAL 114 - 106 PHX

ポイントリーダー D.グレンジャー(IND) 33ポイント
アシストリーダー R.ロンド(BOS) 24アシスト
リバウンドリーダー L.オドム(LAL) 17リバウンド
 yahoo.comのデイリーリーダーを見逃した為トップのみです。

昨シーズン最下位のネッツが2連勝スタート。
若い役者は揃っていますし、今後また浮上してきますかね。

そしてセルティックスとヒートとサンズは早くも3ゲームを消化。
ヒートは若いからいいけどセルティックスのBIG3の疲労が
気になる所です。

ゲーム2 @シャーロット【NBA_Pacers】

2010年10月30日 11:17

今日は元ペイサーズのラリー・ブラウン率いる
シャーロット・ボブキャッツとの対戦。JAXもいますし、
ぜひとも勝っておきたい一戦でしたが、序盤から押されモード。

10点差になったりちょっと詰めたりを繰り返しながら
最終Qに。5点差~2点差まで追い上げるものの、そこから先が進まず。
そして91-96の5点ビハインドで迎えた残り3分でした。

ダニーが4ポイントプレーを得て、FTを見事に決めて1点差。
その後フォードがFTを1本決めてついに同点へ。

残り1分28秒には、ヒバートが2本のFTを決めて100-98。
次にウォレスが1本FTを外し、ダニーがリバウンド。
3点差とするショットを決めたのはハンズブロー!

このビッグショットは素晴らしかったです。
直後、ダニーがファールアウトになるも、ポージーIN。

トーマスが2本のFTを決めて1点差にされた所で
お互いに攻撃をミスし、残り10秒でリバウンドを奪ったハンズブローが
ファールを貰いました。

ここでもきっちり2本のFTを決めて3点差。
その後も攻撃のチャンスを2回与えてしまいましたがシャットアウト。
終盤の逆転大勝利で今シーズン初勝利です。

ハンズブローが素晴らしかった!
彼が出ている時間は+12となっています。
終盤ずっと使われていましたし、スターターを任される日は
そう遠くないかもしれません。

チーム内でMcBobと競争できるのも良い点。
ダニーが3PT6/11と絶好調でチームハイの33ポイントでした。
スタッツはまた後ほど。

気になった点
 ・終盤はコリソンを出さずにずっとフォード
 ・最初のセカンドユニットへの移行の意図が不明
[ゲーム2 @シャーロット【NBA_Pacers】]の続きを読む

香港映画のBIG3

2010年10月29日 17:12

香港映画のトリオ、BIG3と言えば、
ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウですが、
自分の中にはもう一つのトリオが存在します。

香港映画脇役BIG3
 ジョン・シャム   リチャード・ン   エリック・ツァン
ジョン・シャム_岑建勲 リチャード・ン_呉耀漢 エリック・ツァン_曾志偉

ジョン・シャム (岑建勲)
 五福星で初めて見て、その声と顔がツボに。モジャさんとして知られる彼は
 Newポリスストーリーにも出演していたようですが、気がつきませんでした。
 狼の墓場という映画がDVDで購入可能なのですが、買おうか迷っています。
  狼の墓場 [DVD]

リチャード・ン (呉耀漢)
 五福星、スパルタンX、大福星、奇蹟 ミラクルなどでジャッキーと競演。
 福星シリーズでの濃いキャラにやられてしまいました。特に五福星での
 ボクシング踊り。何回観ても笑えます。
  五福星 デジタル・リマスター版 [DVD]

エリック・ツァン (曾志偉)
 大福星でジョン・シャムの代わりに出てきたおじさん。
 ここでのキャラはアホっぽいいじられ役なんだけど、実は凄い人らしい。
 香港では知らない人がいないほどの知名度と人気があるそうです。
  香港発活劇エクスプレス 大福星〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]

上の二人はジャッキーの作品とは別物の「新・ポリスストーリー」という作品で
競演しているらしいです。観たい。。。

福星シリーズの3作目である七福星ではこの3人が勢揃い。
というか、本家本元のBIG3も合わせると6人が勢揃い。
素晴らしい作品です。まぁ、内容はそれなりですが(笑)

10/28 2ゲーム【NBA】

2010年10月29日 14:15

今日のNBAは2ゲームのみで少し寂しい感じ。
明日は12ゲームあり、ペイサーズはシャーロットに移動済みの様です。

今日は今年のNo1ピックルーキー、ジョン・ウォールのデビュー戦でした。
相手は強敵マジックということでどんな洗礼を受けるのかと思っていましたが、
想像以上に厳しい試合になりました。
ウォール自身はFG%の低さ以外に突っ込み所がないような気がしますが、
周りのフォローが足りなかったようです。

 WAS 83 - 112 ORL
 PHX 110 - 94 UTA

ポイントリーダー
 D.ハワード(ORL) 23 / A.ジェファーソン(UTA) 20 / P.ミルサップ(UTA) 19
アシストリーダー
 J.ウォール(WAS) 9 / G.ドラギッチ(PHX)、D.ウィリアムス(UTA)等 6
リバウンドリーダー
 P.ミルサップ(UTA) 13 / G.ヒル(PHX) 12 / H.ウォリック(PHX) 11

ジャズのスターターはアル・ジェファーソンがFGアテンプト18本で
あとの4人が12~13本とバランスが良いです。何かいいですね。

気になる選手のスタッツ
 ジョン・ウォール(WAS)
  35分 14ポイント(FG 6/19) 9アシスト 3スティール

 ジェイソン・ウィリアムス(ORL)
  7分 テクニカル2回で早速退場

 ゴードン・ヘイワード(UTA)
  25分 6ポイント 6リバウンド 3ブロック

そして、今日初めて知った選手。
ウィザーズのカルティエ・マーティンが23分、17ポイントで
チームトップの得点を稼いでいます。
カルティエにマーチンなんて高価な名前ですね。
[カルティエ] CARTIER 腕時計 タンキッシムSM WE7005MR レディース [並行輸入品] MARTIN D-28 Authentic 1937
amazon価格で締めて7,180,000円になります。

昨日のスパーズ戦【NBA_Pacers】

2010年10月29日 13:22

昨日のスパーズ戦はオフェンスが好調ながらもディフェンスの欠如と
TOの多さが原因で負けたという地元紙のHP。

23個のTOから32ポイントを献上したそうです。
せめて半分ならもうちょっと良い勝負になっていたかもしれない。

で、昨日はダンテイ・ジョーンズ、ランス・スティーブンソン、
A.J.プライスの3人がインアクティブリストに入っていたそうです。

ランスは納得、ダンテは準備不足とのことですが、
プレシーズンで絶好調だったプライスを外し、昨シーズン
干していたフォードを投入。
オブライエン曰く、「彼は健康でコリソンのバックアップを
十分やってくれる」とまさかの援護。

当初は、プライス、ジェフ、ハンズブローをインアクティブにする予定
でしたが、ジェフはディフェンスのクラッチ時に出て欲しいし、
ハンズブローはローテーションにはまだ入れないけど、チャンスがあれば
登場機会を与えるつもりだったとのこと。

結果的にディフェンスが必要な時もジェフは出てきませんでしたし、
プライスが入っていてもよかったのかな~と思います。


New