10-11シーズン予想【NBA_Pacers】

2010年10月12日 16:21

いろんなブログさんでシーズン予想・展望等を書かれていましたので
ペイサーズに関する部分を抜粋。みなさん他のチームの事まで
手が回ってすごいです。ペイサーズに関する予想というか妄想なら
できますが、他チームの事までいろいろ考えられません。
今シーズンは移籍情報も途中までまとめてみましたが頭に入っていませんし。

何はともあれシーズンが始まる前にシーズン予想をしておくことにしました。
プレイヤーのイン/アウトについては省略。オフの動きは
 ・コリソン獲得
 ・3人のルーキー
 ・ヒバートの特訓
 ・ダニー、バスケットボール世界選手権での空気
位でしょうか。

プライスの怪我からの復帰が早かったのは好材料。
ハンズブローもプレイできていますし、ジェフも走っています。
そして何より初めて好調な所を見せる事ができそうなMDJ。

彼はシーズンオフ、恐らくペイサーズにはいないと思われますが、
トレード価値を上げる事で2月中旬にもうひと動きが期待できます。
それが成功すると来シーズンを待たずしてプレイオフ進出も
夢ではありません。オールスターまでにプレイオフ圏外チームに
ならないように頑張ってもらう必要もあります。

何気にキープレイヤーはMDJではないでしょうか。

ペイサーズの核はPG:コリソン、SF:ダニー、C:ヒバートで
間違いありませんが、この中で誰がファーストオプションになるかというと
やはりダニーなのでしょう。個人的には3等分してもらいたいくらいですが、
個人的にはヒバートを優先的にオフェンスで使ってもらいたいです。

インサイドが弱点な分、逆にインサイドで攻めて相手チームに
ファールトラブルを巻き起こすという、博打要素たっぷりな戦略。
それに確実にインサイドで点を取ってこそのアウトサイドではないかなと。
逆もありでしょうけど、3PTは水物とも言われますしね。

どうもダニーはこれ以上の伸び白があるように思えません。
とは言え、ドラフト1巡目中旬でここまで伸びてくれたのは脅威的。
彼を支えるという意味でもダニーしか攻められない状況は
好ましくありません。

そうなるとピック&ロールでコリソン-ヒバートラインが
楽しみな訳でありますが、コーチがこれを許すかどうかですね。
3PTを撃たせるならインサイドに収縮してからパスアウトでも
いいと思うのですが。。。オブライエンの思惑はいかに。
[10-11シーズン予想【NBA_Pacers】]の続きを読む

インシテミル / 米澤穂信

2010年10月12日 12:47

何度か触れてきましたが、米澤穂信のインシテミルを読み終えました。

 「ある人文科学的実験の被験者」になり、7日24時間監視付きで
 隔離生活するだけで時給11万2000円がもらえるという募集に釣られ、
 何も知らずに〈暗鬼館〉に集った、年齢も性別も様々な12人の男女。
 彼らに知らされた実験の内容とは、より多くの報酬を巡って参加者同士が
 殺し合う殺人ゲームだった。


映画化でも話題になっていますね。続きが気になる内容で
一気に読み終えてしまいました。夜、報酬に関するルールによる
縛りや制限も面白さの一環でした。

以下ネタバレ含みます。

インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)
(2010/06/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る
[インシテミル / 米澤穂信]の続きを読む

レッスルマニア24のDVDを観た【WWE】

2010年10月12日 11:37

2週間程前ですが、WM24のDVDを観たのでメモ。

JBL vs フィンレー
 なんかJBLの体がブヨブヨだった。
 ホーンスワグルの乱入もむなしくJBLの餌食に。

マネー・イン・ザ・バンク
 シェルトン・ベンジャミン、クリス・ジェリコ、カリート、CMパンク
 Mr.ケネディ、ジョン・モリソン、MVP
  自分が観たWMのMITB戦の中で一番退屈だった。
  マットの乱入以外あまり見せ場もなく、カリートがうろうろしてた印象。
  CMパンクがおいしい所を持っていきました。

バティスタ vs ウマガ
 今となっては復帰もささやかれるバティスタですが、辞める当時、
 「シナばっかり優遇しやがって」みたいなことを言っていた記憶があります。
 シナは王座戦でsバティスタは普通の対戦カード。
 この辺りから不満あったのでしょうかね?

ECW王座戦
 チャボ・ゲレロ vs ケイン
  ダークマッチの24人バトルロワイヤルの優勝者が挑戦者というカード。
  ケインが優勝し、チャボの入場後、後ろから現れて襲撃。即終了。

リック・フレアー vs ショーン・マイケルズ
 これ目的でこのDVDを買ったと言っても過言ではありません。
 一見の価値ありですよね。フレアーは滞空時間の長いブレーンバスターや
 コーナーからのダイブ、4の字固めにチョップ。対するHBKはロープを使った
 ムーンサルトの失敗(痛そう)もありました。
 何度もスイートチンを放つのを躊躇うHBK。見かねたフレアーが
 打ってこいのジェスチャー。
 "I'm sorry, I love you"後のスチートチン・ミュージックに沈んだネイチ。
 3カウント後即フレアーに近寄り言葉を交わし、去っていくHBK。
 リングでファンと向き合い、リングサイドの家族と包容して去るフレアー。
[レッスルマニア24のDVDを観た【WWE】]の続きを読む

ジェフ・ハーディーがチャンピオン【TNA】

2010年10月12日 08:16

ジェフがチャンプになったというのでTNAの動画を見てみた。
王座戦はジェフ・ハーディーvsカート・アングルvsMr.アンダーソンという
元WWEスターが揃っていました。

終盤、エリック・ビショフがイスを持って登場。
追いかけるようにハルク・ホーガンが松葉杖で登場。
ジェフが松葉杖を受け取り、二人を殴打。そしてジェフが
チャンプになりましたが、リングにはゴミが投げ入れられていました。

どういう流れなのか分かりませんが、メンツは豪華ですね~

ジェフとマットの動画がありました。仲良さそう。

ここまでのFG%【NBA_Pacers】

2010年10月12日 00:42

ペイサーズのこれまでのFG%が出ていたのでメモ。
チームトータルで39.0%、3PT29.2%と0勝3敗を表してます。

10本以上アテンプトがある選手のみ抜粋。
ハンズブロー 6/10 60%
MDJ 8/14 57.1% 3PT 4/6 66.7%
プライス 11/21 52.4% 3PT 5/10 50%
ヒバート 20/40 50%
コリソン 11/29 37.9% 3PT 1/4 25%
ダニー 12/36 33.3% 3PT 3/13 23/1%
ラッシュ 3/10 30%
ランス 4/14 28.6% 3PT 1/6 17%
ソロモン 3/11 27.3%
ポージー 2/11 18.2% 3PT 2/10 20%
ポール 3/21 14.3% 3PT 1/7 14.3%

僅差ですが、アテンプト1位がヒバート、2位がダニーという結果に。
出場時間の差もありますが、インサイドで勝負しているという事で
相手のファールも誘いながらのプレイになってくると面白いかもしれません。

MDJの好調っぷりがすごいです。
シーズンが開幕してもこの調子で頑張ってくれるといいですね~

個人的にはまだ10本ですが、ハンズブローのFG%が上がってて嬉しいです。
スターターも経験し、プレイできそうな感じなので今シーズンの
成長に期待です。


New