Story Seller 2を読んだ

2010年11月30日 16:36

7人の作家さんの短編集を収録したStory Seller 2を読みました。
これの1で米澤穂信に出会い、ハマりました。今作も伊坂幸太郎と
米澤さんの両名が収録されていることもあり、楽しんで読めました。

△ マリーとメアリー ポーカーフェイス:沢木耕太郎
 物語ではなくエッセイのようです。お酒の面白い話。
 
○ 合コンの話:伊坂幸太郎
 面白い書き方のこの物語。最初はん?って思ったけど
 徐々に面白くなってきたし、やっぱり伊坂作品が好きだと思った。
 
○ レミング:近藤史恵
 1に続き、ロードレースの話。結構面白いんだけど、
 短編だから続きが気になってちょうどいい感じ。
 他の作品を読みたいと思える程ではない。

○ ヒトモドキ:有川浩
 人の怖さを見事に表現していて、読みながら感情移入ができた。
 ゴミ屋敷が登場したけど、1の時も出て来たような。。。
 違ったかな。

○ リカーシブル―リブート:米澤穂信
 1の玉野五十鈴の誉れ程ではなかったけど、やはり好き。
 登場人物に親しみを持てる。ラストで、複雑な関係の弟、
 に対する感情は 俗にいうツンデレ化ということ?
 弟の今後が気になる所だけど姉弟で
 乗り越えて行ってくれる事でしょう。

× 444のイッペン:佐藤友哉
 やはりどうもこの方の文章はなじめない。
 主人公の土江田に関する情報も結構出てきましたが、
 中途半端な情報開示。だから何?という感じがする。
 むしろ土江田の過去の設定がない方が面白く読める気がする。
 それにしても333も444もトリックが残念すぎる。

○ 日曜日のヤドカリ:本多孝好
 父と再婚した母の連れ子の関係が面白い。
 暗い方向へ進んで行くかと思いきや、そうでもなく。
 ある意味良い家族の話。展開が面白かった。

Story Seller〈2〉 (新潮文庫)

11/29 4ゲーム【NBA】

2010年11月30日 13:49

マジックがメロかCP3を得る為ならドワイト以外の全てが
トレード要員みたいな噂があるそうです。
マジックはタイトルを狙っており、セルティックスやヒート、
レイカーズに勝つ為にはスコアラーかプレイメイカーの獲得が
必要と考えているようです。ナゲッツorホーネッツは
カーター、ネルソン、ピートラス、ゴータット、バス、レディック
から好きな選手を選ぶ事ができます。
噂として受け止めておきますが、マジックはいいトレード要員が
たくさんありますね。
金額やロスター枠が絡んできますので一概には言えませんけど。

 WAS 94 - 105 MIA
 NOH 89 - 95 OKC
 HOU 91 - 101 DAL
 MIL 88 - 109 UTA

ジョン・ウォールが欠場中のウィザーズ対ヒート戦は少々
荒れたようですね。ジュワン・ハワードのプッシュが強烈でしたが、
その前のフレグラントファールも危険でした。

また、バックスはアンドリュー・ボーガット、カルロス・デルフィノ、
ドリュー・グッデンが怪我で欠場と万全な状態になれず。今シーズン
思わぬ苦戦を強いられていますが、怪我人が戻る事で順位も
上げることができるでしょうか。

ポイントリーダー
 L.ジェームズ(MIA) 30 / B.ジェニングス(MIL) 27 / D.ウェイド(MIA)他 26
アシストリーダー
 C.ポール(NOH) 14 / J.キッド(DAL)、R.ウエストブルック(OKC) 11
リバウンドリーダー
 E.オカフォー(NOH)、S.イバカ(OKC)、K.デュラント(OKC)他 11

ちょっとちょっと!フアン・シナって(笑)【WWE】

2010年11月30日 08:06

ハウスショーでジョン・シナのメキシコの従兄弟、フアン・シナ(Juan Cena)
がデビューしたそうですが、その映像こちらです。

You can't see meに5シャッフルナックルズ、AAと思いっきりジョンじゃないですか。
そしてテーマ曲。まるっきり一緒(笑)この路線だったのか。
もうちょっと隠すのかと思ったら思いっきりバレバレでいくのですね。
笑いました。

ブロック・レスナーとかだとタトゥーが入っててできませんが、彼なら別人と
言えなくもないですね。
技、テーマでバレバレですが。

ゲーム15 @L.A.レイカーズ【NBA_Pacers】

2010年11月29日 14:51

レジーのいた時代からステイプルズセンターで勝利したことの
ないペイサーズ。第1Qはなんとかくらいつきながらの
23-26の3点ビハインド。ヒバートが6ポイント、ダニー5ポイント
と好調な中、続いたのはなんとソロモン・ジョーンズ。
ジャンプショットとダンクで4ポイントと予想外の活躍。

第2Qに入っても最初に得点したのはソロモン。FTを2本
きちんと沈めました。残り6分49秒、ヒバートのターンアラウンド
フックショットで32-31とすると、次はフォードが3PTを決めて
4点差へ。(この後フォードはフリーのレイアップを外します)

するとバーンズとオドムがポイントを重ねて35-35。
ダニーが2点を入れると今度はオドムが3PT。(37-38)
コリソンが2点を決めればまたオドムがレイアップ。(39-40)
点差を離されないだけでも十分でしたが、リードを奪う事も
なかなかできず。

するとポージーが3PTをヒット。
続くフィッシャーの3PTは外れ、ダニーがファールを貰い
2本のFTを決めて44-40。コービーが2点を入れると今度は
ヒバートがファールを貰いました。2本のFTを決め、次はフックショット、
またFTを貰い今度は1/2。一人で5ポイントを連取し、49-42と
なりましたが、残り10秒でコービーが3PT。この時点で既に
18ポイントを挙げていました。前半のラストプレイはコリソンが
見事に決めて51-45と6点リードで終える事ができました。
Hibbert at LAL
[ゲーム15 @L.A.レイカーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

パワー25 ~11/27【WWE】

2010年11月29日 11:23

サバイバーシリーズが終り、翌週のRAW、SMACKDOWNが終わった
段階でのランキングです。

1. ザ・ミズ
2. エッジ
3. ケイン
4. ランディ・オートン
5. ビッグショー
6. アルベルト・デル・リオ
7. ネクサス
8. ダニエル・ブライアン(ブライアン・ダニエルソン)
9. シェイマス
10. レイ・ミステリオ

11. ドルフ・ジグラー
12. コーディ・ローデス
13. ドリュー・マッキンタイア
14. コフィ・キングストン
15. ナタリヤ
16. ジョン・モリソン
17. エゼキエル・ジャクソン
18. ジャック・スワガー
19. サンティーノ・マレラ & ウラジミール・コズロフ
20. ベス・フェニックス

21. レイクール
22. ゴールダスト
23. MVP
24. ケリー・ケリー
25. マーク・ヘンリー

見事MITBの権利で王座に輝いたミズが1位に。
失敗という噂も流れていたようですが成功しましたね。

個人的にはモリソンがもうちょっと目立ってくれると嬉しいです。
ブライアン・ダニエルソンとのUS王座でも面白いかな~と
思います。

そして当たり前ですが、ジョン・シナの名前は消えています。
フアン・シナのマスクマンとしての活動は本当なのでしょうか。

11/28 8ゲーム【NBA】

2010年11月29日 10:21

本日は8ゲームが行われています。
ペイサーズ対レイカーズは日本時間の11時半開始予定。
ゆっくりなので、既に終わっている試合の結果をメモ。

スパーズ対ホーネッツの頂上決戦があり、
LAC、LALが時間差でホームゲームを行う予定です。

 ATL 96 - 78 TOR
 NYK 125 - 116 DET
 SAS 109 - 95 NOH
 UTA 109 - 97 LAC
 POR 96 - 98 NJN
 OKC 98 - 99 HOU
 PHX 133 - 138 DEN
 IND 95 - 92 LAL

 レイカーズは今シーズンホームで8勝1敗と好調。
 ステイプルズセンターでのペイサーズ戦は11連勝中。
 過去18試合の対戦で17勝とペイサーズにとっては厳しい数字が
 ずらりと並んでいます。

 1999年の2月14日以降勝ちがないそうですが
 この記録を破る事ができるでしょうか。

ホークスは3連勝で11勝7敗
ジャズが5連勝で13勝5敗
ブレイザーズは3連敗で8勝8敗
ナゲッツは4連勝で10勝6敗

ポイントリーダー
 K.ブライアント(LAL) 41 / J.リチャードソン(PHX) 39 / A.スタウダマイヤー(NYK) 37
アシストリーダー
 R.フェルトン(NYK)、S.ナッシュ(PHX) 11 / J.スミス(ATL)他 10
リバウンドリーダー
 A.スタウダマイヤー(NYK) 15 / B.グリフィン(LAC) 14 / J.スミス(ATL) 13
[11/28 8ゲーム【NBA】]の続きを読む

11/27 8ゲーム【NBA】

2010年11月28日 15:53

ボブ猫さんの所のJAXさんが第1Qの序盤に審判に
抗議をした為、退場になったそうです。今シーズンのルール変更で
もっと多くの退場者がでると予想していましたが、そこまで
いませんね。プレイヤーは我慢しているようです。
いつか間違った方向で爆発しなければいいですが。。。

 ATL 99 - 90 NYK
 ORL 100 - 99 WAS
 MEM 86 - 92 CLE
 NJN 86 - 102 PHI
 GSW 104 - 94 MIN
 MIA 95 - DAL 106
 CHA 101 - 104 MIL
 CHI 96 - 85 SAC

ニックスの連勝は5でストップし、8勝9敗
ホークスは2連勝で10勝7敗
マジックは3連勝で12勝4敗
シクサーズは連敗を3でストップし、4勝13敗
グリズリーズの連勝は3でストップ、7勝10敗
ウォリアーズは連敗を5でストップさせ、8勝9敗
ウルブズは4連敗で4勝13敗
マブスは5連勝で12勝4敗
バックスが連敗を5でストップ、6勝10敗
キングスが4連敗で4勝11敗

ポイントリーダー
 B.ジェニングス(MIL)、D.ハワード(ORL) 32 / G.アリーナス(WAS) 31
アシストリーダー
 J.キッド(DAL)、J.ホリデー(PHI) 13 / M.ウィリアムズ(CLE) 12
リバウンドリーダー
 K.ラブ(MIN) 22 / T.チャンドラー(DAL) 17 / D.マグワイヤ(CHA)他 15

ラブはリバウンドすごいですね~20リバウンド以上が4試合、
更にその4試合全てで20ポイント以上を獲得しています。


New