マイクロフラクチャー手術を受けた選手達【NBA】

2010年11月18日 17:03

医学的な事は分かりませんので省略しますが、対象となる骨に
小さな傷を作り、軟骨を修復させる手術だそうです。その傷から
でた血栓(super-clot)が新しい軟骨を作るのだとか。

よく言われるのは「自然治癒力に任せた手法なので、
100%治るかは分からない」ということですね。

ペニーやジェイソン・キッド、アラン・ヒューストン等も
この手術を受けた事があるそうで、復帰して今も
活躍している人もいれば治らずに引退してしまった人もいますね。

ジェイソン・キッド(2004)、ジョン・ストックトン(1997)、
ケニヨン・マーティン(2005)、ザック・ランドルフ、アマレ・スタウダマイヤー
らは復帰を果たしました。

ブライアン・グラント、クリス・ウェバー(2003)、アラン・ヒューストン(2004)、
ペニー・ハーダウェイ(2000 or 01)は復帰は果たしたものの、力を取り戻す事は出来ず。

ジャマール・マッシュバーン(2004)とテレル・ブランドンは完治せず
そのまま引退に追いやられてしまいました。

T-Mac(2009)も二つ目のグループに属される事になってしまいそうですし、
今回の話題の元となっているグレッグ・オデン(2007)はどうなるでしょうか。

その他にもケビン・ジョンソン、ケリー・キトルズ、エイドリアン・グリフィン
マット・ハープリング、パット・ギャリティー、カール・マローン、
アルビン・ウィリアムス、アンドリュー・デクラーク(懐かしい!)
ボブ・スーラ、ブライヨン・ラッセル、ディオン・グローバー、
ダリウス・マイルズらがマイクロフラクチャー手術を受けているそうです。
手術は行ったがマイクロ~かどうかは定かではないという人も混ざっている
そうなので全員かは分かりません。
 :NBA Microfracture surgery History

11/17 10ゲーム【NBA】

2010年11月18日 14:44

本日の結果の前に衝撃ニュースを。。。
ブレイザーズのグレッグ・オデンが
2度目の左膝マイクロフラクチャー手術の為今シーズン終了の見込み。
チームから契約延長のオファーも貰えませんでしたし、来シーズン以降
NBAの舞台で彼を見れるかが心配です。
 :Blazers' Oden to have second microfracture surgery

本日の結果
 PHX 96 - 123 MIA
 TOR 94 - 86 PHI
 WAS 83 - 114 BOS
 LAL 103 - 90 DET
 LAC 111 - 113 MIN
 DAL 97 - 99 NOH
 HOU 99 - 116 OKC
 NJN 88 - 98 UTA
 CHI 94 - 103 SAS
 NYK 113 - 106 SAC

TOR-PHIはイーストの最下位対決でしたがシクサーズが5連敗
レイカーズが2連勝でリーグで10勝一番乗り(10勝2敗)
スパーズがブルズを破り8連勝で9勝1敗(ホーネッツとタイ)
ニックスが連敗を6でストップさせ、4勝8敗
キングスは6連敗で3勝7敗

今まであまり目立たなかったボッシュが35ポイントと爆発
レブロンは20pts、8reb、9astとトリプルWにあと一歩
ウェイドも17pts、6reb、6astと活躍

ポイントリーダー
 C.ボッシュ(MIA) 35 / M.ビーズリー(MIN)、D.ローズ(CHI)他 33
アシストリーダー
 R.ロンド(BOS) 13 / R.ウエストブルック(OKC) 12 / C.ポール(NOH) 11
リバウンドリーダー
 T.ダンカン(SAS) 18 / B.グリフィン(LAC) 17 / P.ミルサップ(UTA)他 15
[11/17 10ゲーム【NBA】]の続きを読む


New