11/18 3ゲーム【NBA】

2010年11月19日 16:00

今日の試合は全てホームチームの勝利となりました。
サンズはナッシュが欠場、ブレイザーズはロイが欠場と
チームのキープレイヤーに怪我人が増えてきているようです。

 LAC 80 - 107 IND
 PHX 89 - 105 ORL
 DEN 83 - 86 POR

クリッパーズは8連敗で1勝12敗。ロードでは0勝7敗。

ポイントリーダー
 L.オルドリッジ(POR) 24 / D.グレンジャー(IND) 22 / G.ヒル(PHX) 21
アシストリーダー
 J.ネルソン(ORL) 12 / A.ミラー(POR)、A.J.プライス(IND) 6
リバウンドリーダー
 M.キャンビー(POR) 14 / D.ハワード(ORL) 12 / A.アフラロ(DEN) 11

ゲーム10 vsクリッパーズ【NBA_Pacers】

2010年11月19日 11:07

本日はホームでLAクリッパーズと対戦です。
ここまでのペイサーズは日程に余裕があり、ホームの試合が
多いので楽なはずですが、4勝5敗と負け越し。
LACはロード2連戦で1勝11敗と調子を落としているので
ぜひとも勝っておきたい試合です。

ボーガットを欠くバックス、ヤオを欠くロケッツに敗戦。
ケイマンを欠くクリッパーズにも負けてしまうと
こういった負の流れが完成してしまいそうです。

今日はMDJがベイビー誕生の為お休み。変わってラッシュがスターター。
コリソンはまだ欠場の為、ランスに出番が回ってくるかと思いましたが、
今日もスーツを着ていました。

=1stQ=
 試合開始後、前回と同様に7-0のランを仕掛けられてしまいました。
 流れ悪いな~と思っていると、ラッシュが3PTを決めて7-3、更に
 1本決めて11-7とすると、ヒバートのフック、フォードのFTで
 13-11と2点差まで追い上げました。
 ダニーも3PTを沈めて16-14にして、これで一安心かなと思っていると、
 クリッパーズの連続得点で20-14になってしまいました。

 その後はハンズブロー、プライスが点を決めて、25-22と
 3点のリードを許して第1Q終了。
Jim OBrien 1118vsLAC
=2ndQ=
 プライスが立て続けにシュートと3TPを決めて27-27の同点に。
 ヒバートのダンクとフックシュートで33-33とすると、ダニーの
 3PT、ヒバートの2本のショットで2-9のランで35-40と逆転に成功。

 さらにヒバートが止まらず、2本追加、フォードも1本、ハンズブローが
 FT1本、ヒバートのダンクと続き、40-49とリードを広げます。
 第2Q終盤のペイサーズのディフェンスは素晴らしく、ブロックとスティールが
 良く出ていました。クリッパーズのラストプレイもうまくボールを奪い、
 フォードが走って時間ギリギリのレイアップ。43-53とリードを
 10点に広げて前半終了となりました。

 出だしはどうなるかと思いましたが、ディフェンス頑張ってます。
 ダニーも最近はかなり頑張ってる様に見受けられますね。

 ポールは久しぶりの登場ながら早々と3ファール。
 ハンズブローはFGに繋がらないものの、自分でリバウンドを獲ったり
 奮起しています。プライスもいいシュートが打てていて、プレシーズンの
 勢いがまだ残っていました。

 そして、ジェフ
 現在のMr.ペイサーズが帰ってきました。
 おかえり!早速オフェンスファールを貰う等のダーティーワークを
 こなしています。ポージーとのベテランコンビも楽しみですし、
 ジェフ&クロージアを彷彿とさせる、ジェフ&ブローなんて使い方にも
 期待です。
[ゲーム10 vsクリッパーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New