ゲーム15 @L.A.レイカーズ【NBA_Pacers】

2010年11月29日 14:51

レジーのいた時代からステイプルズセンターで勝利したことの
ないペイサーズ。第1Qはなんとかくらいつきながらの
23-26の3点ビハインド。ヒバートが6ポイント、ダニー5ポイント
と好調な中、続いたのはなんとソロモン・ジョーンズ。
ジャンプショットとダンクで4ポイントと予想外の活躍。

第2Qに入っても最初に得点したのはソロモン。FTを2本
きちんと沈めました。残り6分49秒、ヒバートのターンアラウンド
フックショットで32-31とすると、次はフォードが3PTを決めて
4点差へ。(この後フォードはフリーのレイアップを外します)

するとバーンズとオドムがポイントを重ねて35-35。
ダニーが2点を入れると今度はオドムが3PT。(37-38)
コリソンが2点を決めればまたオドムがレイアップ。(39-40)
点差を離されないだけでも十分でしたが、リードを奪う事も
なかなかできず。

するとポージーが3PTをヒット。
続くフィッシャーの3PTは外れ、ダニーがファールを貰い
2本のFTを決めて44-40。コービーが2点を入れると今度は
ヒバートがファールを貰いました。2本のFTを決め、次はフックショット、
またFTを貰い今度は1/2。一人で5ポイントを連取し、49-42と
なりましたが、残り10秒でコービーが3PT。この時点で既に
18ポイントを挙げていました。前半のラストプレイはコリソンが
見事に決めて51-45と6点リードで終える事ができました。
Hibbert at LAL
[ゲーム15 @L.A.レイカーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

パワー25 ~11/27【WWE】

2010年11月29日 11:23

サバイバーシリーズが終り、翌週のRAW、SMACKDOWNが終わった
段階でのランキングです。

1. ザ・ミズ
2. エッジ
3. ケイン
4. ランディ・オートン
5. ビッグショー
6. アルベルト・デル・リオ
7. ネクサス
8. ダニエル・ブライアン(ブライアン・ダニエルソン)
9. シェイマス
10. レイ・ミステリオ

11. ドルフ・ジグラー
12. コーディ・ローデス
13. ドリュー・マッキンタイア
14. コフィ・キングストン
15. ナタリヤ
16. ジョン・モリソン
17. エゼキエル・ジャクソン
18. ジャック・スワガー
19. サンティーノ・マレラ & ウラジミール・コズロフ
20. ベス・フェニックス

21. レイクール
22. ゴールダスト
23. MVP
24. ケリー・ケリー
25. マーク・ヘンリー

見事MITBの権利で王座に輝いたミズが1位に。
失敗という噂も流れていたようですが成功しましたね。

個人的にはモリソンがもうちょっと目立ってくれると嬉しいです。
ブライアン・ダニエルソンとのUS王座でも面白いかな~と
思います。

そして当たり前ですが、ジョン・シナの名前は消えています。
フアン・シナのマスクマンとしての活動は本当なのでしょうか。

11/28 8ゲーム【NBA】

2010年11月29日 10:21

本日は8ゲームが行われています。
ペイサーズ対レイカーズは日本時間の11時半開始予定。
ゆっくりなので、既に終わっている試合の結果をメモ。

スパーズ対ホーネッツの頂上決戦があり、
LAC、LALが時間差でホームゲームを行う予定です。

 ATL 96 - 78 TOR
 NYK 125 - 116 DET
 SAS 109 - 95 NOH
 UTA 109 - 97 LAC
 POR 96 - 98 NJN
 OKC 98 - 99 HOU
 PHX 133 - 138 DEN
 IND 95 - 92 LAL

 レイカーズは今シーズンホームで8勝1敗と好調。
 ステイプルズセンターでのペイサーズ戦は11連勝中。
 過去18試合の対戦で17勝とペイサーズにとっては厳しい数字が
 ずらりと並んでいます。

 1999年の2月14日以降勝ちがないそうですが
 この記録を破る事ができるでしょうか。

ホークスは3連勝で11勝7敗
ジャズが5連勝で13勝5敗
ブレイザーズは3連敗で8勝8敗
ナゲッツは4連勝で10勝6敗

ポイントリーダー
 K.ブライアント(LAL) 41 / J.リチャードソン(PHX) 39 / A.スタウダマイヤー(NYK) 37
アシストリーダー
 R.フェルトン(NYK)、S.ナッシュ(PHX) 11 / J.スミス(ATL)他 10
リバウンドリーダー
 A.スタウダマイヤー(NYK) 15 / B.グリフィン(LAC) 14 / J.スミス(ATL) 13
[11/28 8ゲーム【NBA】]の続きを読む


New