ブザービーター勝利をYOUTUBEで漁っていると【NBA】

2010年12月22日 17:51

最終的にレジー・ミラーの動画に辿り着きます。
何度見たか分かりませんが、「すげー」の一言ですね。

対スパイク・リーも楽しいですが、その後も含めた動画をチェック。

8.9秒で8点とか、残り18.7秒から8点を取って逆転勝利で知られるシーン。
1995年のカンファレンス・ファイナル、ペイサーズ@ニューヨークの出来事です。

99-105で6点ビハインドのペイサーズ。
INDのインバウンドでレジーが3PTを沈め、続くNYKのインバウンドパスで
渡す相手がいなく、無理に投げたらレジーにボールが渡り、3PTラインまで
わざわざ下がって3PTを決めるという名シーンです。これで同点。

ほとんどの場合このシーンだけが映されるのですが、実は続きがあります。
続くNYKのインバウンドの際にスティールを狙ったINDの選手がスタークスに
ファール。リアルタイムで見ていたら、「せっかく同点にしたのに」という
NYKにとってはラッキーな出来事。しかもFTラインに立つのは当時の
中心選手です。

そんな中、スタークスはFTを2本とも外してしまいます。
しかし、リバウンドを取ったのはユーイング。ボールを取ってすぐに
シュートを打つものの、外れてボールはレジーの手に。
ここでレジーに対するファールがあり、2本のFTを得ます。

先ほど2本外したスタークスとは対照的に、2本とも沈めるレジー。
残り7.5秒からオフェンスを始めるニックスでしたが、ボールを
運ぶ途中で転んでしまい、タイムアップ。

ニックスは勝つチャンスがいくつかありながらも自らのミスで
台無しにしてしまったのです。もしこれらのプレイを
ニックスがきちんとやっていたらこのシーンは今ほど有名では
なかったのかもしれません。

下の動画で終盤のすべてをチェックすることができます。
[ブザービーター勝利をYOUTUBEで漁っていると【NBA】]の続きを読む

12/21 6ゲーム【NBA】

2010年12月22日 15:50

大きなトレードを行ったマジックですが、まだ本調子になりません。
レイカーズもバックス相手にホームで惨敗。
一方ブルズはシクサーズ相手に圧勝。

 OKC 99 - 81 CHA
 DAL 105 - 99 ORL
 PHI 76 - 121 CHI
 NJN 101 - 94 MEM
 GSW 117 - 109 SAC
 MIL 98 - 79 LAL

マブス:4連勝で23-5
グリズリーズ:3連敗で12-17
マジック:4連敗で16-12
ボブキャッツ:5連敗で9-19
キングス:6連敗で5-21

ポイントリーダー
 M.エリス(GSW) 36 / B.ウードリック(SAC) 34 / K.デュラント(OKC) 32
アシストリーダー
 J.キッド(DAL)、D.ローズ(CHI) 12 / B.ディアウ(CHA)他 8
リバウンドリーダー
 D.ハワード(ORL) 23 / K.ハンフリーズ(NJN) 15 / Z.ランドルフ(MEM) 14

シクサーズ対ブルズが45点差というものすごい結果になっています。
シクサーズはイグダラがFG8/12で17ポイントながら-41。
その他のチームメイトのFGが20/68と低く、まさに孤軍奮闘状態。

一方のブルズはチーム全体でもFG64.5%と絶好調。
良い状態のチームと悪い状態のチームが重なってしまった感じでしょうか。
ブーザーの次はノアを欠いていますが、イースト3位をキープです。

怪我人ニュースやPOW等【NBA】

2010年12月22日 10:46

情報としてはちょっと古いですが、いくつかニュースをチェック。

■プレイヤー・オブ・ザ・ウィーク(12/13-19)
 東:ポール・ピアース 21.7pts 8.7ast 8.3reb 2.3stl
 西:トニー・パーカー 25.7pts 8.7ast 
 候補者:プリンス(DET)、グリフィン(LAC)、レブロン(MIA)、デュラント(POR)
     オルドリッジ(POR)、ジノビリ(SAS)

■バックスのブランドン・ジェニングスが4-6週間離脱
 昨シーズン急成長を見せたバックスですが、今シーズンは
 怪我人もいてあまり元気がありませんでした。そんな中、チームの中心人物でも
 ある2年目のジェニングスが左足の骨折で1ヶ月強欠場とのこと。
 小指に繋がる長い骨を骨折ということでしょうか?

■ビンス・カーターは手術が必要?
 サンズに移籍したカーターですが、左膝の関節鏡視下手術を検討しているとのこと。
 手術をすると1ヶ月程度出場できないようですが、メインスコアラーの
 抜けたサンズにとっては必要な人材ですから、今急がなくても医者のそろった
 フェニックスで万全を期してデビューしてもらいたいですね。

■マイク・ミラーが今シーズン初登場
 レブロンのジャージに引っかかって親指(でしたっけ?)の手術をしたミラー。
 今期初登場もむなしく連勝ストップの敗戦となりましたが、
 プレイオフに向けては時間がありますので、ケミストリーの問題は
 あまりないと思われます。

■ダレン・コリソンの足首は問題なし
 昨日は元気にプレイしていましたが、終盤足を引きづってベンチに下がりました。
 どうやら足首をひねっていたそうですが、問題無しとのことです。


New