ゴールデンスランバー / 伊坂幸太郎

2011年01月24日 14:26

伊坂幸太郎のゴールデンスランバーを読み終えました。
コインロッカー・ベイビーズは時間が掛かりすぎましたが、
比較的早く読み終わりました。今は米澤穂信の
「遠まわりする雛」を読み始めました。

 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、
 青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。
 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。
 訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」
 「金田はパレード中に暗殺される」「逃げろ!オズワルドにされるぞ」
 と、鬼気迫る調子で訴えた。と、遠くで爆音がし、折しも現れた警官は、
 青柳に向かって拳銃を構えた―。

 精緻極まる伏線、忘れがたい会話、構築度の高い物語世界―、
 伊坂幸太郎のエッセンスを濃密にちりばめた、現時点での集大成。


政府(とは書かれていませんが)や自分の手に負えないものが敵という設定は
結構ありがちですが、実際にこうなったら為す術なく
罠にはまってしまうんだろうな~と思う。
ケネディ暗殺が例えられていますが、日本で実際に起こった事件で
こういうことがあるのに実は誰も知らない、なんてことがあったら怖いですね。

伊坂さんの作品には主人公とは別に脇役として強烈なキャラがいることが多いですが、
今回は森田君ですかね?砂漠でいう西嶋やオーデュボンの日比野程ではありませんが、
中々良いキャラクターをしていました。
ゴールデンスランバー (新潮文庫) ゴールデンスランバー [DVD]<
以下ネタバレ含む感想です。
[ゴールデンスランバー / 伊坂幸太郎]の続きを読む

ゲーム41 @デンバー【NBA_Pacers】

2011年01月24日 12:31

今シーズンのペイサーズ対ナゲッツはお互いのホームで
快勝ということになりました。序盤はリードを奪えていたのですが、
逆転されてからはどんどん離され、詰めることなく終わりました。

INDもこういう勝ち方を覚えないといけないのですが、
この2,3シーズン同じ展開で逆転負けという試合が増えています。
本当にコーチ変えてもらいたいですね。

第4Qの大半はお互いに主力を下げていましたから
INDとしてはランス・スティーブンソンをアクティブロスターに
しておくべきでしたね。
オブライエンはこんな所まで采配が冴えません。

ロード4試合の最後の試合、しかも昨日ポートランドで試合を終えて
移動してのゲームでしたから疲れはたまっていたでしょうけど、
最初は良い感じだったのでもったいなかったですね。

つまらないTOが多すぎました。連携もあまり良くなさそうでしたし。
この試合で良かった点はハンズブローとポールがそれぞれキャリアハイを
達成ということでした。ブローは前半から積極的にオフェンスリバウンドに
参加していましたし、ポールは後半スタートから出ていました。
スティールも2本決めていて、もう少し成長してくれれば十分戦力に
なってくれそうですね。

一方ここの所比較的好調だったダニーが8ポイント止まり。FGも2/10です。
また、コリソンも5ポイント、2アシストで2/10。
どちらかがシュート決めていればもうちょっと面白い試合になったかもしれませんね。

取りあえずロードトリップは4連敗、トータルでも5連敗と
定位置に戻ってきてしまいました。これでペイサーズはシーズンの半分を消化。
単純計算で32勝50敗ではプレイオフは厳しいですね。
[ゲーム41 @デンバー【NBA_Pacers】]の続きを読む

東京スカイツリー建設中51

2011年01月24日 08:38


559メートルになっているそうですが上が見えません。
上で作業してる人は怖くないですかね?


New