2/27 10ゲーム【NBA】

2011年02月28日 15:58

サンズ-ペイサーズもなかなか熾烈でしたが、
ニックス-ヒートの終盤も見応えがありましたね。
NYK1点リード残り12秒程からのオフェンスがアウトオブバウンズ。
MIAはレブロンのレイアップに行きましたが、アマレがブロック。
ファールゲームになってNYKがそのまま逆転勝利でした。

ニックスはアマレとメロの元ウエストオールスターコンビ
ヒートは例の3人のオールスタートリオ。何とも豪華な試合でしたね。

シクサーズはついに貯金生活へ突入。
ボブキャッツがマジックに破れた為、INDはなんとか8位を
キープですが首の皮一枚ですね。そろそろ日程も厳しくなってきますし
勝てる試合はきちんとものにしていきたいです。

 PHX 110 - 108 IND
 LAL 90 - 87 OKC
 PHI 95 - 91 CLE
 GSW 123 - 126 MIN
 CHA 86 - 100 ORL
 DAL 114 - 96 TOR
 HOU 91 - 89 NOH
 MEM 88 - 95 SAS
 NYK 91 - 86 MIA
 ATL 90 - 83 POR

暫定チャンピオン:アトランタ・ホークス(New)

マブス:6連勝で43-16
レイカーズ:4連勝で42-19
シクサーズ:4連勝で30-29
ロケッツ:4連勝で30-31
スパーズ:3連勝で49-10
サンズ:3連勝で30-27
サンダー:3連敗で36-22
ウォリアーズ:3連敗で26-32

ポイントリーダー
 K.ラブ(MIN) 37 / M.ジノビリ(SAS)、S.ジャクソン(CHA) 35
アシストリーダー
 S.ナッシュ(PHX) 13 / C.ポール(NOH) 12 / R.セッションズ(CLE) 10
リバウンドリーダー
 K.ラブ(MIN) 23 / Z.ランドルフ(MEM) 17 / J.J.ヒクソン(CLE) 16

ゲーム58 vsサンズ【NBA_Pacers】

2011年02月28日 05:09

遂にランス・スティーブンソンがNBAデビューを果たしました。
第1Q残り2分10秒に投入され、アシストも記録、FTを2本決めて
NBA初得点も決めました。
Lance Stephenson
という訳で今日はホームでサンズと対戦がありました。
序盤はいい感じで打ち合っていましたが、PHXは38歳のグラント・ヒルが
絶好調。徐々に点を離され、一時期は10点差まで開きました。
何とか詰めて33-29で第1Qを終了したのですが、第2Qに入っても
TOが増え続け、点差は開きます。

ヒバートが4ブロックと貢献するものの、オフェンスリバウンドを
取られまくり、ピック&ロールにも対応出来ず。
60-51で前半を終了させるのがやっとでした。
最後のダニーのシュートをブロックしたのもヒルでした。

第3Qは最初の4分で2回も24秒バイオレーションを取られ
オフェンスのリズムが掴めず。ヒルはこのQも点を重ね29ポイント。
INDのFG%は悪くないものの、TOの多さからPHXに19本も
多くシュートを打たれています。

最大15点のリードを奪われましたが
最後はPHXもシュートを外し始め、82-72で第3Qを終了。

第4Qに入るとINDは最初の5本のFGを全て決めて、
9分35秒にプライスの3PTで87-83と4点差に詰めました。

更にプライスが3PTを沈めて89-86と迫るとPHXは
バックコートバイオレーションでINDの攻撃。しかしこれは
得点に繋げる事ができませんでした。

ここでヒルがシーズンハイの31ポイント目。
続くINDの攻撃はTOでミス。掴みかけた流れを手放してしまいました。

なんとか4点ビハインドのまま食らいついていると
ゴータットのダンクをMcBobがブロック、やダニーの
スティールでディフェンスを踏ん張り、
3分15秒またもやプライスの3PTがヒットし96-95と
1点差まで詰めよりました。次のPHXのオフェンスはゴータットが
スクリーンの所でオフェンシブファール。

タイムアウト後、ダニーが打ちましたが外れて逆転ならず。
しかしPHXも決めきれないでいると、2分6秒にジェフのレイアップで
96-97とついに逆転に成功。

次のディフェンスも成功しましたが、INDはこの試合4回目の
24秒バイオレーションでリードを広げる事ができません。
続くPHXのシュートは外れリバウンド争いでダドリーにファール。
ダニーが2本のFTを獲得し2本とも成功。96-99とリード。

しかし残り44秒、この日絶好調のヒルがここで3PTをヒット。
99-99の同点となってしまいました。

INDはジェフがミドルを打ちましたがショート。
PHXがリバウンドを取って残り27秒でタイムアウト。
PHXのオフェンスはなんと24秒バイオレーションで失敗。

残り4.1秒を残してINDのラストプレイのチャンスが訪れます。
が、ダニーのシュートは外れてオーバータイムへ。

ここMcBobがパサーでコートにはプライス、ラッシュ、ダニー、
ジェフがいたのですがもうちょっとやり方無かったですかね?
ジェフが貰ってMcBobへ返し、ダニーへ渡して3PTでしたが
3点打つ必要なんてなかったんですよ。少しでも近い所から
打てばファールも貰えたかもしれませんし。
ヒバートでも入れておけば注意そっちにも向きますよね。
なんかもったいないラストプレイでした。
[ゲーム58 vsサンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

レジーコレクション【NBA_Pacers】

2011年02月27日 16:04

部屋を片付けていたら懐かしい物が出て来ました。
NBAにはまり始めた頃、同時にトレーディングカードにも
はまり、サインカードやジャージカードを目指した物です。

自分で一番最初に当てたのはskyboxの安いカードシリーズの
もので提督デビッド・ロビンソンでした。
その後、いつしかボックスで買うようになり、バロン・デイビスの
ジャージ等も当てる事に成功。

トレードやオークションなどでレジー・ミラーもののカードも集め、
オート、ジャージ、コート、ボールなどを揃えました。
当時はベケットでの値段を気にしていましたが
今どのくらいの価値があるのでしょうね~

レブロンやコービーのオートやジャージが
どれくらいの価値なのかも気になります。

97-98 Skybox Autograph Reggie Miller
Autograph.jpg

UPPER DECK Game Jersey GJ16 Reggie Miller
Jersey.jpg

2/26 6ゲーム【NBA】

2011年02月27日 15:23

トレードデッドラインが過ぎて間もなく、バイアウトのデッドラインも
来るようです。詳しい時間は分かりませんが、まだバイアウトのニュースが
流れて来ていないのでまだ期限切れではないとは思われますが。。。

候補としては
GSWへトレードされたトロイ・マーフィー
INDのT.J.フォード
HOUのジャレッド・ジェフリーズ
PHIのジェイソン・カポノ
とされています。

 UTA 116 - 120 DET
 DAL 105 - 99 WAS
 SAC 92 - 120 MEM
 NJN 108 - 123 HOU
 CHI 83 - 75 MIL
 BOS 99 - 92 LAC

暫定チャンピオン:ポートランド・トレイルブレイザーズ(1試合:本日試合なし)

マブス:5連勝で42-16
ロケッツ:3連勝で29-31
クリッパーズ:4連敗で21-38
ネッツ:5連敗で17-42
ウィザーズ:5連敗で15-43

ポイントリーダー
 R.フォイ(LAC) 32 / K.マーティン(HOU) 30 / R.スタッキー(DET) 28
アシストリーダー
 D.ウィリアムズ(NJN) 17 / J.キッド(DAL) 14 / D.ハリス(UTA) 12
リバウンドリーダー
 J.ノア(CHI) 17 / G.モンロー(DET)、A.ボーガット(MIL) 16
[2/26 6ゲーム【NBA】]の続きを読む

2/25 12ゲーム【NBA】

2011年02月26日 23:58

ジャズ戦の記事でも書きましたが、CHAとPHIがそれぞれ快勝。
INDのプレイオフ争いはまだまだ苦戦が強いられそうです。
特にPHIは3連勝で5割復帰。INDは借金5、CHAは借金6。

 SAC 98 - 110 CHA
 UTA 95 - 84 IND
 DET 94 - 110 PHI
 PHX 110 - 92 TOR
 NYK 109 - 115 CLE
 WAS 113 - 121 MIA
 OKC 88 - 111 ORL
 NOH 95 - 81 MIN
 NJN 96 - 106 SAS
 ATL 95 - 79 GSW
 LAC 95 - 108 LAL
 DEN 106 - 107 POR

暫定チャンピオン:ポートランド・トレイルブレイザーズ(New)

レイカーズ:3連勝で41-19
シクサーズ:3連勝で29-29
ピストンズ:3連敗で21-39
クリッパーズ:3連敗で21-38
ネッツ:4連敗で17-41
ウィザーズ:4連敗で15-42
ウルブズ:7連敗で13-46

ゲーム57 vsジャズ【NBA_Pacers】

2011年02月26日 11:31

今日のペイサーズはホームでジャズと対戦しました。
HC、PGが代わり、再建モードかと思われたUTAでしたが、
インサイドの厚みがものすごいですね。ブロック地獄でした。

INDがインサイドにアタックしてもブロックされるか
笛を吹いてもらえない状況で点数を重ねる事が出来ず。
ダニーはFT2本しか打てませんでした。

ヒバートは5個もブロックを食らっています。
ダブルチームにうまく対応出来なかったオフェンスが
まずかったですね。FGも34.8%と不調です。

一時期26-13というダブルスコアまで落ち込みましたが、
INDはベンチタイムでなんとか持ち直します。
同点のチャンスも何度かありましたし、逆転もしたのですが
その後すぐにやられてしまいました。

ダニーの4TOが酷かったですね。数としても多いのですが
内容も酷かったです。インバウンドパスを誰もいない所に
投げるとか集中力が足りていない証拠です。
コリソンも終盤こそ得点を重ねましたが、レイアップを
ブロックされたり失敗したり、ミドルも入らなかったりと
散々でした。

ジャズはルーキーのゴードン・ヘイワード登場で大歓声。
人気がすごかったですね。いつもより4000人程多い
客が入っていますが、それほどの人気とは。

ミルサップとジェファーソンにインサイドを支配され、
INDをはね除けました。

残り2分で10点差ついていたのでランス・スティーブンソンの
デビューを期待したのですが、出てきませんでした。
試合が決まっていても何故かファールゲームをして相手の
得点を増やすばかり。何がしたかったのか分かりません。。。
[ゲーム57 vsジャズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

締め出し

2011年02月25日 21:06


飲み屋の中を伺う猫に遭遇。


New