ゲーム67 vsニックス【NBA_Pacers】

2011年03月16日 13:18

2日前にニューヨークでまさかの勝利を収めたペイサーズ。
今日はインディアナでニックスを迎え撃ちました。
今日はインフルエンザ明けのダニーも復活。チーム状態が
良いところへの参加ということでケミストリーが気になりましたが
エース復活です。

最大15点リードを奪いながらも終盤追いつかれ、逆転まで
許しました。NYKの3PTがよく入ったのと、INDのTOが今日も
多かったのが原因ですね。

しかし第4Qまでよく逆転されずに持ちましたし、
粘り強いチームになってきましたね。ダニー、コリソン、ヒバートが
好調な上に、ハンズブローの急成長もあります。
先日達成したキャリアハイを今日も更新し、30ポイントあげています。

残り3分12秒、元ペイサーズのショーン・ウィリアムスが3PTを
決めて110-106とリードを4点にされてしまいました。
コリソンが何とか決めて110-108。するとビラップスがTOで
またINDの攻撃へ。コリソンのショットは外れましたが、ヒバートが
リバウンドを取ってファールを貰いFT2本成功。残り2分で110-110の
同点へ。

さらにアマレのレイアップをヒバートがブロック。
オフェンスでもヒバートのフックが決まり1分45秒に110-112と逆転。

カーメロとヒバートがそれぞれレイアップを決めると
41秒にダグラスの3PTがきまりなんとここにきて115-114と
再逆転されてしまいました。

いつもならこのまま勢いに飲まれてしまう所でしたが
今日は好調だったコリソンがシュートを決めて115-116。
NYKのオフェンスはビラップスがまたしてもTO。ゴール下への
パスをミスり、ポールがスティール。すぐさまファール。

しかし、ポールは1本しか決められず。タイムアウト明けのNYKは
カーメロが簡単にレイアップを決めて117-117の同点となりました。
TOさえしなければ最悪オーバータイムで済むという残り7.8秒。

INDはダニー(仮エース)にボールを託します。
不安ながら見ていると、なんと残り0.03秒を残し、ステップバックで
ジャンプショットを決めました。プライスやランスがベンチから
飛び出してお出迎え。
Dannys clutch
残り0.03秒でNYKは何もすることができず試合終了。
今シーズン初のクラッチショットを決めたダニー。
エース復活です。
[ゲーム67 vsニックス【NBA_Pacers】]の続きを読む


New