3/30 13ゲーム【NBA】

2011年03月31日 17:38

今日はイースト8位争いの3チームが揃って勝利。
ウエストは今日もグリズリーズが勝ち、着実に近付いていますが、
ペイサーズはいつ決められる事でしょう。。。

キャブス対ボブキャッツの終盤だけ見ていたのですが、
最後お互いにシュート外さずに得点を重ねるシーンがあって
これが下位チームなのか?と思うほどでした。
CLEは最後の最後で決めることが出来ませんでしたが
惜しかったですね。先日のMIA戦の疲れがあったのかもしれませんが
勢いも引き続き持っていた気がします。

 ORL 82 - 85 ATL
 CLE 97 - 98 CHA
 DET 101 - 111 IND
 HOU 97 - 108 PHI
 MIL 104 - 98 TOR
 MIA 123 - 107 WAS
 NJN 116 - 120 NYK
 GSW 91 - 110 MEM
 CHI 108 - 91 MIN
 POR 91 - 95 NOH
 SAC 90 - 104 DEN
 OKC 116 - 98 PHX
 DAL 106 - 100 LAC

マブス:5連勝で53-21
サンダー:5連勝で50-24
ナゲッツ:4連勝で45-29
ボブキャッツ:4連勝で32-42
ホークス:3連勝で43-32
サンズ:4連敗で36-38
ネッツ:4連敗で23-51
ラプターズ:5連敗で20-54
ウルブズ:8連敗で17-58

ポイントリーダー
 C.アンソニー(NYK)、J.クロフォード(WAS) 39 / L.ジェームズ(MIA) 35
アシストリーダー
 D.J.オーガスティン(CHA)、C.ポール(NOH)、J.ホリデー(PHI) 12
リバウンドリーダー
 B.グリフィン(LAC) 17 / L.オルドリッジ(POR)、ネネイ(DEN) 15

続きでイーストのプレイオフ争いについて。
[3/30 13ゲーム【NBA】]の続きを読む

雑記-20110331

2011年03月31日 16:27

地震による福島の原発問題の影響でテレビ東京で放送予定だった
24 TWENTY FOURが放送延期になったとのこと。自分はDVDで
見てしまいましたが、これは残念。確かに核が題材にされていて
燃料棒とかめちゃくちゃタイムリーな内容ではありましたが、
まさか延期になるとは。

代わりにシーズン5を放送するとのこと。
最高傑作なのでこれはこれでいいのですが。。。

で、参議院議員の松田公太氏が管に24のシーズン2を見てください
と言っているらしい。忙しいけど1話位見れるでしょ?という事ですが
このサイトでは危機管理が勉強になるといってますが、
どの1話を見て欲しいと思ってるんですかね?
メイソンが核爆弾持って砂漠に特攻する所としか思えないのですが。
---
明日からNHK BSが変わるようでビックリ。
今まではBS1、BS2、BS-hiの3種類でしたが、4月1日の朝6時から
BS1とBSプレミアムの2番組になるそうです。
NBAはBS1で流れるそうですが、いろんな番組が終わってしまうので
しょうかね。いつの間にかERの放送も終わっていたようですが、
シーズン14の頭だけ録り逃してしまったので地上派での放送を
待っています。

ゲーム76 vsピストンズ【NBA_Pacers】

2011年03月31日 14:42

今日は先日デトロイトで負けた借りを返すべく、ホームで
ピストンズ戦。今シーズン1勝2敗で、その1勝も1点差でギリギリ勝利
(ラッシュのダンクが決勝点)という相性の悪さ。

ボブキャッツの今の勢いを考えると絶対に落とせない試合であります。

第1Q、ハンズブローのショットが相変わらず決まらない。
しかし、コリソンやヒバートで繋ぎ、27-24の3点ビハインドで終了。
今日からMDJが怪我から復帰。シュートとFT2本は決めましたが
ちょっと彼の所でTOが多めでした。左手親指にまだテーピングが
巻かれているのでちょっと痛々しいですが、プレイしているので
平気なのでしょうね。
DETにはインサイドで簡単にポイントを取られている印象が強かったです。

第2Qは、DETに先にポイントを許し5点差にされましたが、
MDJの外した3PTをジェフがファールされながらもティップイン。
FTを沈めて2点差へ。続くDETのオフェンスをスティールし、
今度はプライスの3PTが外れた所をMcBobがリバウンドを取って
ポイント、更にファールのおまけ付きで3ポイントプレー。
29-30と逆転に成功。その後はお互いに点を取り合いましたが、
プライスが3PTを決めて33-39。McBobとジェフがよくリバウンドを
拾い、点数にも繋げていきます。プライスがもう1本の3PTを決め、
ダニーも2本のFTを決めて残り5分で37-46と9点リード。
McBobはこの時点で7ポイント7リバウンドと活躍。

INDは残り5秒でコリソンがシュートを決め、47-59で前半終了。
前半はファストブレイクがDET10に対し、INDは0。
セカンドチャンスがDET2に対し、INDが13と両極端。
アシストはDETが14、INDが7で、FGも51%と50%。
INDがリード出来ているのが不思議な位でした。

後半はINDがスティールからファストブレイクでダニーのダンク。
続くDETのオフェンスも失敗し、また速攻気味にダニーのレイアップ。
更にコリソンがスティールでポールがファールを貰い、FT2本。
3連続得点で47-65とリードを広げました。
プリンスが1本返した後に、コリソンtoポールのアリウープが決まり、
DETがタイムアウト。DETはFGが入らなくなり、INDは得点を
重ね、一時映像の乱れがありましたが51-74とリード。
コリソンのシュートとレイアップが安定していると強いですね。

そのコリソンはスティールからの速攻で3ポイントプレイも成功させ
残り5分で56-81。直後にブロックにいったヒバートがモンローと
接触し、床に叩き付けられ相当痛がっていました。お腹を打ったのか
どこが痛かったのかよく分かりませんが、歩いていましたし、
ベンチでラッシュと話ながら笑っていたので大丈夫かと思われます。
この時期の怪我はチームにとって大きなマイナスになりますので
ヒヤッとしました。この際、ラッシュはヒバートの頭に付いた糸くず(?)を
取っていてほほえましかったです。

相変わらずTOが減らないのが気になりますが、ポールのナイスムーブや
MDJのナイスパス等があり、70-91で第3Q終了。
[ゲーム76 vsピストンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New